末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

Food Chemical News 記事詳細


表舞台に立つ代替医療

医薬品と食品の間をつめる「食品」の台頭がめざましい。特に欧米では、食品による体機能調節を期待する代替医療に大きな流れが出来つつある。代替医療でもっとも注目を集めるテーマの一つは抗癌作用を持つ機能性食品の開発。A.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)も体内の免疫機能を高め、癌治療を強力に補助する食品として注目されている。

摂取されるとNK免疫細胞を活性化して、癌細胞への攻撃力を高めるのがそのメカニズムだ。化学療法と併用すると進行した癌が完全に治癒したり、転移・再発を防いだとする事例が、米国UCLA/ドゥルー医科大学免疫学教授のM・ゴーナム博士らの臨床試験で多く得られている。行政規制も絡んで、日本国内の「代替医療食品」市場の広がりはこれから。しかし、昨年は金沢で第一回の代替医療学会が開かれるなど、研究レベルでは着々と将来の「芽」が育まれている。抗癌剤や放射線治療など化学療法は癌細胞を攻撃する一方で、健全な細胞も傷つけてしまう二律背反が本質。次第に化学療法の限界を見きわめ、副作用の無い免疫力強化食品の効果に注目する医者が国内でも増えてきた。

医と食が必要以上に乖離した現在の日本だが、化学的なデータに裏付けられた代替医療食品が、疾病治療や予防で21世紀に向けて表舞台に立つことになるのはまちがいないだろう。もともと、食による疾病予防、治療補助の考えが東洋文化に強く根付いていることを考えれば、当然の流れでもあるが。
 


 
LinkIconひとつ上へ戻る