末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

食物を正す


食養生の重要性

 
ここでは食養生の考え方における食事についての注意点を書いておきます。この食養生の食事を実践すれば、免疫力向上・体力維持と併せて、効果的に体質改善を行うことができ、真の健康体へ戻せると思います。勿論、健康な人が病気にならないために食養生の考えを取り入れるのも良い事だと思います。
 
ただ病中病後の方は、食養生の考え方を完璧に取り入れるよりは、何でもバランスよく食べる事(1日30品目以上)の方が大切だと私は思います。私の父の場合は、入院中および病後も体力回復が第1目標なので、食養生の徹底というよりは「 基本は何でも食べさせる事」「嫌いなモノ・美味しくないモノを無理に食べさせて、ストレスを発生させる事のないように」心掛けました。勿論、酸化した油脂・飽和脂肪酸の多い乳製品・添加物入り食品(加工食品)などは避け、塩分や動物性タンパク質 (赤身の良質な牛肉)などは適量摂取を心掛けています。
 
あと、ページ下に我が家が取り入れている日々の食生活の栄養バランスを補助するサプリメントを、ご参考までに記しておきます。
 

良い食物と悪い食物

 

たばこは絶対にダメ。

と言っている本人の父は全く言う事を聞かず、ずっとピースを吸い続けていましたが...皆さんは絶対に真似はしないで下さい。私の父のように「 A.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)を飲んでいればタバコを吸っても大丈夫」なんて絶対に思わないで下さい。
 

白砂糖はなるべく使わない

特に難病の場合は、白のみならず、黒砂糖、蜂蜜、みりんや、他の甘味料も禁止。難病でない場合は、黒砂糖ないし米アメか麦アメを一週間に1~3回とるくらいなら可。
 

酸化した油脂は絶対禁止

難病の場合、油そのものを避ける。酸化した油脂とは・・・

  1. 時間の経った油脂すべて(特に不飽和脂肪酸は、極めて短時間で酸化する)
  2. スナック菓子すべて(当然揚げたてのスナック菓子などありえない。例え揚げたてでも油そのものが酸化している可能性が高い)
  3. 煮干し、カツオぶし、マグロぶし、魚の干物、ちりめんジャコ、めざし、など(これらの食品は、よく健康に良いと言われるが、きわめて酸化していることに注目してほしい。またタンパク質は変成し、きわめて腐敗している)

 

過食、大食は絶対にダメ

「腹八分に医者いらず」と昔から言われるが、腹六~七分でちょうどよいくらい。どれほど体に良いと言われるものをとっていても、食べ過ぎてはなんにもなりません。つまり、消化不良を起こし、必ず腸内腐敗になり、それにともなう悪しき原因を生み出します。
 

牛乳、チーズのような飽和脂肪酸が多い乳製品はなるべく避ける

白砂糖などと比べればはるかにマシですが、飽和脂肪酸が多く、動脈硬化のもと。整腸作用目的でヨーグルトを食べる場合は、低脂肪タイプ・無脂肪タイプをセレクトして下さい。
 

夜食は絶対ダメ。また、食べて眠るのはダメ

人間の生理には、眠っているときは腸は働くが胃は働かない、という特徴があります。食べてすぐ眠ると、胃に食物がたまり、それが寝ているあいだに腐敗してしまう。食べたら必ず3~5時間は起きていましょう。
 

よく噛むこと

「鶴亀の齢願わば鶴々と 飲まず亀亀(噛め噛め)亀よ亀亀」という狂歌が江戸時代からあります。とにかく噛めば長生きをするということを言った狂歌ですが、やはりそのとおりだと思います。噛めば食物が微細化して、さらに唾液腺酵素が出現し、唾液腺ホルモンも出現し、消化が大変良くなります。栄養素はスムーズに入りやすくなるし、微細化した繊維素は便塊を多くつくり、腸内毒素の掃除につながります。また、噛むことは頭部全体の運動となるので、脳に良い刺激を与えるのです。
 

動物性タンパク質は少なく。特に肉・魚・卵は問題

これらは大変タンパク質が多いのですが、腸に入り分解する過程で、必ずアンモニア、アミン、硫化水素、ヒスタミン、フェノール、インドール、スカトールといった、体に有害な毒素を産生します。特に動物性タンパク質の過剰摂取は、さまざまな病気の原因になります。適量摂取を心がけて下さい。
 

主食は白米を避ける。また、白パン、白うどん、といった精製物は問題

玄米がベストだが、よく噛めない場合、かえって問題になるので、噛めない人は、三分づきか五分づきにします。酸化せず、発芽玄米粉が販売されているので、これを積極的にとります。
 

無添加、無農薬の食品を選ぶ

かまぽこ・ちくわ・はんぺん、ハム・ソーセージ、チーズなどの練りものは、ほとんど添加物だらけなので、なるべく避ける。
 

「身土不二」になるべく従う

身土不二とは、その土地のものを食べ、季節のものをなるべく摂りなさいということです。
 

穀物中心の食生活

「一物全体食」こそ健康のもとです。
 

醗酵食品を積極的にとる

よい味噌、よい醤油はきわめてすぐれた発酵(酵素)食品です。生野菜・果物も生きた酵素が多く含まれ良い。最近では植物発酵食品の治療補助用製品もあるので、入院時や食欲不振時はそういうもので補うと良い。
 

漬物は積極的にとる。

塩分の取り過ぎには十分ご注意を。
 

飲み水は、水道水はダメ

良い浄水・活水器を水道の蛇口につける。残留塩素ゼロが望ましい。さらに水を活性化してくれるものがお薦め。良い水については、別ページで詳しく記します。
 

酒類は、ほどほどに

絶対ダメというほどでもないが、たまに飲むくらいにしたほうが無難です。
 

睡眠はよくとる

体が酸化しにくくなると、必然的に睡眠は短時間で済むようになります。
 

病中病後の補助サプリメント

病中病後は、病院治療の副作用などでどうしても食欲がなかったり、特定の食べ物しか身体が受け付けなかったりします。でもそのままでは、栄養バランスが取れず体力も免疫力も低下し、再発や転移、その他の病気に罹る恐れも出てきます。本当に健康に戻れるかどうかは病中病後が一番大切な時期なので、積極的に栄養バランスを取るように心掛けて下さい。以下、我が家が取り入れている補助サプリメントです。ご参考にして下さい(一部入手困難なものもあります)。
 

①米国製マルチビタミン剤

アメリカの医師が健康維持に推奨する人気No1のマルチビタミン剤です。シルバー向製品もあります。1日1粒の服用で、成人が1日に必要なビタミンやミネラル等がほぼ補えます(必ず水分および食事と併用して下さい)。我が家はUCLA医学部卒の友人に依頼して輸入してもらっています。このマルチビタミン剤は父だけでなく、家族全員で健康維持のために服用しています。
 

②秋田県産波動焙煎発芽玄米粉(超微粉末)

現在のところ、まだ一般には販売されていない製品だそうです。こちらの製品はUCLA医学部卒の友人の知り合いの方が製造されている製品だそうで、ファンケルなどの発芽玄米粉と比べて、かなり新鮮で成分的に良いそうです。玄米の栄養価をより高めるために胚芽を発芽させてあります。白米・玄米に比べて、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富です。発芽させる事によって、特にγ(ガンマー)アミノ酪酸という血液の流れを活発にし、代謝機能を促す働きのあるアミノ酸が大幅に増えています。この製品は超微粉末の波動焙煎なので、1日30グラムで玄米100グラムを摂った事に等しく、少量で玄米の持つ栄養を十分に摂取出来ます。お米に混ぜて炊いたり、お好みの飲料に混ぜて飲んだり、小麦粉と同じように料理に使ったり出来ます。
 

③若返りアミノ酸製品

加齢により免疫力は低下していきます。これは自然の摂理なので避けようがありません。でも最近では若返りを可能とするアミノ酸製品が世に出ています。若返る事が出来れば、免疫力を高める幅も広げることが可能であるという事ですので、私の父は体力維持・向上と合わせて若返りも実践していました。
 

食物がもつ薬効と食品添加物の危険度

 
LinkIconひとつ上へ戻る