余命3か月の末期がんと宣告された父が
免疫療法により僅か4か月で癌を完治させた体験記
末期癌克服への架け橋~難病末期癌からの生還~

HOME | 免疫療法(免疫賦活物質)資料室 | マクロファージ活性化物質HQ-LPS学術論文&臨床例

自然免疫活性化物質(マクロファージ活性)学術論文&臨床例

①日本・大阪 匿名 男性 65歳 病名:膵頭部および十二指腸乳頭部癌 改善事例

十二指腸乳頭部癌で平成19年膵胆管合流異常にて十二指腸乳頭形成術を受けた。

平成26年、主膵管結石と急性膵炎2回。
平成28年1月5日、膵頭部に腫瘍あり、2月17日膵頭部および十二指腸乳頭部癌の再発と診断を受けた。
CA19-9は123.6(正常37以下)であった。
 
平成28年3月24日当院初診。
末期癌治療補助用HQ-LPS(自然免疫賦活物質)を1日6カプセル、他の免疫サプリメント1日40mlを飲用し、急速温熱療法,ラドンミスト温浴を受けた。
平成28年6月28日にはCA19-9は16と正常値になった。
平成28年12月27日に抗P53抗体が21.60(正常1.3以下)と高値である事が判明。
以後、平成29年2月28日には17.60、平成29年7月25日には12.77と、着実に正常化している。
 
依然、抗P53抗体は陽性ではあるが、全身状態良好で無症状のまま経過している。
 

膵頭部+十二指腸乳頭部癌患者の血液検査データ

 

②日本・大阪 M.Kさん 男性 59歳 病名:前立腺癌 改善事例

病歴: 2012年5月、大阪府高槻市の病院で、膀胱癌の診断を受け、同月に内視鏡による摘出手術を受けた。以後3ヶ月ごとに受診していた。2013年1月特定健診にて、PSAが9.4と高値を指摘され、(正常4.0ng/dl以下)前立腺癌再発を告知された。2013年4月1日、大阪府茨木市の病院にて、放射線照射療法と、ホルモン剤(カソデックス1錠/日)服用開始。
 
2013年5月1日当院初診。同日より直ちに、獲得免疫賦活機能性素材の飲用と、発癌のメカニズムを考慮して作られた自然免疫活性化物質「HQ-LPS(自然免疫賦活物質/5カプセル/日)」の服用を開始した。同時に、高濃度水素水温浴療法を週2回開始した。
 
5月1日初診時の当院での採血データは、PSAは9.540ng/dlと、やはり高値であった。
 
当院での自然療法開始から約2ヶ月経過した6月25日の採血所見は、PSAは0.429ng/dl(正常4.0ng/dl以下)と、何事も無かったかの如く極めて正常値であった。追って今後、画像診断を進めて行く予定である。
 
当患者さん及び家族の安心と喜びはいかばかりか、想像出来るでありましょう。今後も今まで同様の自然医療を継続される所存である。蓮見ワクチン療法も近日中に併用される予定である。
 
前立腺がん患者のPSA値データ
前立腺がん患者の血液データ
 

③日本・大阪 M.Sさん 女性 46歳 病名:両側卵巣癌(術後)再発、両側癌性胸膜炎、胸水貯留、 癌性腹膜症、腹水貯留 改善事例

病歴:2007年より国立O病院にて子宮筋腫の経過観察をされていた。直腸部子宮内膜症の指摘有り、ディナゲストを内服するも、鬱症状が出現したため中止。その後、K病院にてチョコレート嚢腫の経過観察されていたが、サイズ著変は認めなかった。
 
2013年1月、帯下の増量を主訴に近医受診しエコーで左卵巣が5cmに腫大。充実性でCA125が71IU/ml、SCC抗原が2.1 ng/mlと上昇、同院にてMRI施行したところ左付属器にT2強調画像で不均一に造影される充実性腫瘍部分を認めたため左卵巣癌の疑いで、手術目的で2013年2月8日入院となった。入院時所見は、エコーにて左卵巣が55×54mm、内容は高輝度で不均一、同日の腫瘍マーカーはCA125が71 IU/ml、SCC抗原が8.6ng/ml、CEAが8.6ng/ml。
 
同年2月12日、開腹手術を受け、単純子宮全摘、両側付属器切除、骨盤内リンパ節、傍大動脈リンパ節切除、大網切除術施行。また術中迅速腹水細胞診が陽性であったため、腹腔内CDDP投与施行。術後診断は、左卵巣癌であった。術後すぐにTC療法(タキソール、カルボプラチン)とCPT-11投与施行。術後に著名な腹部膨満および右胸水貯留を認めた。右胸腔ドレナージ施行したところ、乳び胸水であったため脂肪制限食に変更の上、リンパマッサージ指導施行。
 
同年3月5日一次退院、3月15日再入院。TC療法追加施行後、3月24日退院となった。当院初診は一次退院中の3月14日であった。自然療法の併用を希望されたので、当院からは自然免疫活性化物質HQ-LPSと、獲得免疫賦活機能性素材の併用飲用を指示した。当方による手技療法も施行した。
 
経過:驚くべき効果が現れ、当方も患者さん自身も、涙ながらに喜んだ。腫瘍マーカーが劇的に降下し正常値になったばかりか、全禿頭だった頭皮に、何と、黒く太い毛髪が生えてきた。これは、頭皮が健全になった事を意味する。
 
3月中旬以降は、抗癌剤の副作用である気分不良や吐き気や全身倦怠も無く、また、胸水も腹水も貯留無く、外出時も全く疲れなくなった。さて腫瘍マーカーの推移であるが、CA125の推移が劇的である。抗癌剤は2月15日から投与、自然免疫活性化物質HQ-LPSと獲得免疫賦活機能性素材は、3月14日から開始。
 
 CA125の変化     ※CA125の正常値は35 IU/ml以下
 
  2013年3月4日 1003 IU/ml 
  2013年4月1日   751 IU/ml
  2013年5月1日     137 IU/ml
  2013年6月3日   14 IU/ml(ここから正常値)
  2013年7月1日   10 IU/ml
  2013年8月5日         8 IU/ml
 
両側卵巣がん再発患者腫瘍マーカー値
 

④台湾台中 洪さん 65歳 病名:乳癌 改善事例

台湾台中・國瑞街にお住まいの洪さんは、5、6年間から左側の乳房上方にピーナッツぐらいの大きさのしこりがありましたが、痛くないため何もしませんでした。 2014年5、6月になって卵ぐらいの大きさとなり痛みを感じ、おかしいと思い、衛福部台中医院で検査したところ第4ステージの乳癌で、すでに脇下リンパに移転していることが確認されました。医師からは、手術の際、左乳房を全摘出する必要があると告げられました。

当時、すぐに末期癌治療補助向けの「HQ-LPS(自然免疫賦活物質)」を1日10カプセル服用し始めました。すると8月の手術前にはすでに2cmの大きさまで小さくなり、医師からはこれなら局部摘出が可能であると言われました。術後のサンプル検査はクラス3Aで返され、医師が手配していた化学放射線治療も行いませんでした。 2015年2月26日の検査報告では、癌胎児性抗原A1(CEA)が0.71で基準値の5以下に、またCA-153腫瘍マーカーが13.5で基準値の31.3以下になっていました。現在、引き続き「HQ-LPS」を1日10カプセルと医療補助用酵素M.L.5000を朝晩各2包服用し、より健康に日々を過ごせることを願い、「自然免疫活性化物質HQ-LPS」と医療補助用酵素の大いなる恩恵に感謝しています。  
 

⑤台湾彰化 許さん 64歳 病名:高血圧・高血糖・高脂肪 改善事例

台湾彰化に住んでいますが、3高(高血圧・高血糖・高脂肪)の私は薬品メーカーに勤める姪の紹介で、3ヶ月に一度、台北・中興医院で診察を受けていました。 2014年5月14日の検査報告の時点で、検査の数字はすべて真っ赤で、見るたびに目が痛くなっていました。3高(高血圧・高血糖・高脂肪)の問題のため、大好きなタバコもお酒もやめていました。しかし、検査データは何も改善されず、悪化しないように仏様に阿弥陀佛と祈るしかありませんでした。

2014年6月からドクター向けの「HQ-LPS」を朝晩各3カプセル服用したところ、8月5日には各種検査データが完全に正常となりました。以前高かった食前血糖は正常の100まで下がり、食後血糖が247から正常値の111まで下がり、コレステロールは元の214から正常値の194に、血中脂質量も194から159まで下がりました。医師からは、「以前は赤字でしたが、現在すべての検査データが完全に黒字になっています、おめでとうございます」と言われました。

ここで私は医療補助用の「HQ-LPS」が非常に驚くべきものであることをお伝えしたいと思います。私の経験を皆様と共有できることを嬉しく思います。ありがとうございます!
 

⑥台湾嘉義 蘇さんの母 78歳 病名:腎臓病・糖尿病 改善事例 

母は腎臓病で15年透析を受けています。衛生福利部の統計データによると、糖尿病を患う透析患者の5年間の生存率は僅か20%です。これに基づき推算しても、母の生存率は称賛に値するものです。しかし、2014年になって入院回数は6回に増え、よく昏睡状態に陥り、背部が床ずれしていました。以前は他の健康食品を使用していましたが何の役にも立たず、食事で噛む気力もなくなり、人生の終わりが目の前まで来ているといっでも過言ではありませんでした。

しかし、2014年10月から1日6カプセルのドクター向け「HQ-LPS」を服用し始めると、状況が突然好転し、ベッドから起きてソファーに座ってテレビを3~4時間見たり、散歩やウィンドウショッピング、友人を訪ねておしゃべりができるまでになりました。兄弟姉妹は皆、「HQ-LPS」の卓越した効果に対して、信じられないほどすごいと感じており、この証言を是非、皆さんと共有したいと思いました。その幅広い効果が、我々の健康の守護神となることを願っています。 
 

⑦台湾中和 林さん 60歳 病名:乳房腫瘍 改善事例

私は台湾中和に住んでいます。今年3月に敬老の悠遊乗車カードをもらいました。
 
ここ数年、右胸上方に幾つかの緑豆大のしこりができており、左胸には更に0.7cmと小さな硬い塊がありました。何度もX線検査をして問題ないと言われていましたが、心配していました。予防は治療に勝るからと、主人は私に日本製のドクター向け「HQ-LPS」服用を薦めてくれました。

年初めに、免疫システムを活性化する「HQ-LPS」を朝晩各1パック服用し始め、胸部の腫瘍が消えることを願いました。2週間後、胸部が裂けるような感じが若干しました。3ヶ月連続して服用すると、右乳上部の幾つかの硬い塊が触ってもわからなくなり、左胸も現在、緑豆大の1粒を残すのみとなりました。

ドクター向け「HQ-LPS」を服用後、更に幾つかの意外な収穫がありました。体重がいつのまにか4.5キロ痩せ、肌が見違えるように輝き、体力も明らかにアップしました。ちょっとした投資で腫瘍が消え、健康を買うことが出来るとは思ってもみませんでした。友人たちに、「癌防止、痴呆防止、3高(高血圧・高血糖・高脂肪)防止効果があり老化を遅らせる」のに、何で試さないのかと宣伝したいと思います。 
 

⑧台湾台中 黄氏 88歳 病名:大腸癌 改善事例

父は若い頃からタバコやお酒をたしなんでおり、3高(高血圧・高血糖・高脂肪)、糖尿病になってようやくタバコやお酒をやめました。また年を取ってから軽度の脳卒中となり、心臓にステントとペースメーカーを取り付けています。1年前に肺気腫で台中・栄総病院に入院し、血便により大腸鏡検査をしたところ、直腸癌が確認され、ストーマ手術が必須となりました。父は毎年多くの病気にかかっており、手術はリスクが大きいので化学療法だけにしてもらうことにしました。退院後、4ヶ月休養してから、医師は1度、化学療法を併用した標的治療を行うとしました。すると帰宅後、口内に潰瘍ができて流動食さえ飲み込むのが難しくなりました。もともと糖尿病でかさぶたができている背中、下肢、足部の傷は悪化して膿が流れました。且つ全身無力で起き上がれなくなり、皆が手を貸しても手立てはありませんでした。その後、日本製の末期癌治療補助用「HQ-LPS」を服用するようになりました。これは、化学療法の副作用を軽減し、手術の痛みを緩和する効果があると聞いていました。

父は朝昼晩各3カプセルを服用しました。すると数日後、飲み込む際の痛みが和らぎ、傷口も少し乾燥してきました。3週間後には潰瘍が徐々に回復し、痛みがなくなり、歩行器を用いて10分以上ゆっくりと歩けるようになりました。

父は引き続き「HQ-LPS」を服用し、半年後、再診のために病院を訪れた際、血糖値、3高(高血圧・高血糖・高脂肪)が大きく下がっていました。且つ直腸癌も半分に縮んでおり、リンパヘの転移も消えていました。「健康体質改善向上機能性素材HQ-LPS」による自己回復力の向上、そして父に動ける体力を授け、生活の質を改善してくれたことに感謝しています。
 

⑨台湾新北市 章さん 70歳 病名:前立腺炎 改善事例 

年初めに家の近くでバイク事故により負傷し、左下肢が饅頭大の大きさまで腫脹し、痛みから歩行が困難となりました。救急車で慈済医院に救急搬送されX線をとったところ、幸いなことに足の骨、胸部、左手には傷がなく、70歳の老骨は無事でした。

同時に、ちょうど3ヶ月毎の恒例の前立腺炎の定期健診を行おうとPSA前立腺特異抗原指数を検査したところ、8.5まで跳ね上がっており、仁愛医院の医師から「前立腺炎は随時再発します。今回は事故のプレッシャーがPSA値に影響を及ぼした原因の一つです」と言われました。早くPSA値を下げるために、私は「米糠発酵HQ-LPS」を1日10カプセル服用し始め、医療補助用酵素M.L.5000も服用しました。2月に再度病院で検査すると、PSAは5.0まで下がっており、3月の再検査では3.3の正常値以下まで下がり、4月は僅か2.1となり、医師は正常に回復したことを喜んでくれました。

また下肢損傷の腫れは、台湾大学の医師から細菌の侵入による蜂巣炎と診断されました。破傷した傷口をきれいにして黒くドロドロの澱血を除くために隔週で医師を訪れ、毎日、抗菌軟膏を貼り替えしていました。また、この間は手術の傷口などにひどい痛みは感じられず、傷口の治癒も速くスムーズで、歩行にも大きな問題はありませんでした。

老人の負傷は100日苦しむとよくいわれますが、私は1ヶ月強で回復し、また再発した前立腺炎も2ヶ月という速さで制御できました。これらはすべて、ドクター向け「HQ-LPS」と医療補助用酵素の神秘的な効果のおかげです。
 

⑩台湾台北市 許さん 48歳 病名:不眠症 改善事例 

台北にお住まいの許さんは、株のセールスレディで、長年のプレッシャーの大きい環境により睡眠の質の悪化を招き、夜中に何度も目を覚まし、ゴロゴロしたままいつのまにか夜が明けていました。よく眠れないために、顔に黒いシミやそばかすがいっぱいでき、輝きを大きく失っていました。医師は睡眠薬を処方しましたが、一度服用すると翌朝意識が緑朧として仕事に専念できなくなり、この問題で深く苦しんでいました。

2015年2月から友人の紹介で、高品質なドクター向け「HQ-LPS」を朝晩3カプセル服用するようになると、半月後には朝まで眠れるようになり、睡眠の質も良くなりました。半年ほど服用したところ、輝きを取り戻し、友人からきれいになったと言われるようになりました。また、体重も3牛口ほど減りました。
 

⑪台湾台北市 劉さん 72歳 病名:肺癌 改善事例 

1年以上前、劉さんの肝臓癌は1/3以上切除されました。9ヶ月後、肺にまで移転しており、3~4cm大の2つの腫瘍ができていました。まず台湾大学教授が経口標的薬を処方して腫瘍の治療を試みましたが、1ヶ月の服用後に効果がないと宣告されました。また徐々に大きくなっていたことから、すぐさま手術の手配が必要となりました。

この時、日本の機能性素材「HQ-LPS」が肺癌の治療に先例があると勧められ、教授から許可を得た後、毎日10カプセルの「HQ-LPS」を服用しました。
 
すると不思議なことに、1ヶ月後の台湾大学教授による術前検査において、腫瘍が小さくなっていることが確認され、手術により順調に切除されました。劉さんは入院中も傷口が前回ほど痛いと感じられず、他の人と比べても回復が早く感じられました。教授からはよく修養するように言われ、また肺癌は7,000人以上が再発・移転しているため、優れたケア製品で効果があるものは試してみなさいと言われたとの事。
 
現在、10ヶ月以上が経過していますが、生活は通常通りで、毎回の問診検査で正常値をキープしています。末期癌治療補助用「HQ-LPS」には絶大な効果があり、健康回復に助けになると「信じた」からこそ、劉さんにこのような幸運が訪れたと思っています。「信じる」ことでこそ、その効果は発揮されるのです。

 

自然免疫賦活物質HQ-LPS学術論文

 

Cancer Immunol Immunother (1996) 42: 255 –261

Intradermal administration of lipopolysaccharide
in treatment of human cancer

Abstract Lipopolysaccharide (LPS) has been recognized as a potent antitumor agent in animal tumor models; however, its use in human cancer therapy has been limited to only one trial, in which LPS from Salmonella was given intravenously. It was not very successful because of poor tumor response and was also toxic. We originally developed LPS prepared from Pantoea agglomerans (LPSp), and this was a well-purified, small-molecular-mass (5 kDa) agent.

We chose intradermal rather than intravenous administration in the hope that the former would release LPS slowlyinto the bloodstream, and thus be less toxic while preserving antitumor activity. In our animal tumor models, intradermal administration was indeed less toxic and more beneficial for tumor regression than intravenous administration.

We made a pilot study with intradermal administration of LPSp on the treatment of ten advanced cancer patients. Five of them had evaluable tumor, which had failed earlier to respond to conventional chemotherapy.

Cyclophosphamide was also administered in this trial, in anticipation of its synergistic effect with LPSp. In this study LPSp was injected intradermally into each patient twice a week, starting with an initial dose of 0.4 ng/kg, and raising it to 600 or 1800 ng/kg. A 400-mg/m2 dose of cyclophosphamide was given intravenously every 2 weeks. After completion of the dose escalation, the treatment was continued for at least 4 months, and it was found that
1800 ng/kg LPSp was well tolerated. A significant level of cytokines was observed in the sera for at least 8 h. These results indicate higher tolerable doses and remarkably more continuous induction of the cytokines than were reported in a previous study by others using intravenous administration.

Three of the five evaluable tumors showed a significant response to our combined therapy. Intradermally administered, LPS was less toxic and elicited a tumor response in combination with cyclophosphamide; it can thus can be applied to cancer treatment even in humans.


 

ANTICANCER RESEARCH 17: 1961-1964 (1997)

Antitumor Mechanism of Intradermal Administration of
Lipopolysaccharide

Abstract We earlier demonstrated that 50 % of the lethal dose of lipopolysaccharide (LPS) from Pantoea agglomerans given by the intrademal (i.d.) route is about 300 times greater than that given by the intravenous (i. v.) route, and that 400 μg/kg of LPS administered i.d. significantly suppressed metastasis whereas administered iv. it did not. To learn the specific mechanism involved in this i.d. administration, the fate of LPS at the skin following administration and the concurrent production of endogenous tumor necrosis factor (TNF) in serum was examined. Histological observation following the i.d. administration of LPS (40 μg/kg) revealed neutrophiles in the skin 6 hours later. After 24 or 48 hours inflammatory cells were assembled at the site of injection. Endogenous TNF activity was found in the skin 24 hours after the injection and was significantly detectable even after 48 hours. Endogenous TNF was induced around tumor lesions of Meth A fibrosarcoma, MH134 hepatoma and Lewis lung carcinoma by treatment of LPS administered i.d. Taken together, these findings suggest that the antitumor activity of i.d. administered LPS results from the continuous supply of a small amount of this substance producing free TNF and activating inflammatory cells such as macrophages having membrane bound proTNF on their surface from the injected site to the tumor lesion for more than 48 hours.

We reported that lipopolysaccharide (LPS) an endotoxin of Gram negative bacteria, when administered intradermally (i.d.) had an antitumor effect against an allogenic murine tumor model (1) and syngeneic murine tumors, Meth A fibrosarcoma, MH 134 hepatoma and Lewis lung (LL) carcinoma model (2,3), and cancer patients (4) without severe side effects. Intradermal (i.d.) or oral administration of LPS decreased ils toxicity without lessening the curative effect on various intractable diseases (5,6). ln a comparison of the inhibitory effect of lung metastasis of Meth A to the mouse by LPS administered i.d. or intravenously (i.v.), a significant inhibition was observed in i.d. treated mice. whereas this was not true in mice treated i.v. (2). Although an effective dose of LPS by the i.d. route against the syngeneic tumor model was comparable to that by the i.v. route (3,7), the LD50 of i.d. LPS administration is about 300 times higher than that of i.v. administration (2).

These results suggested that a different mode of action was involved in the antitumor effect by the two routes.

Three observations were noted in an attempt to understand the characteristics of the antitumor effect following i.d. administration of LPS. The first is that carbon clearance in blood was enhanced to the same level as by the i.v. route, and accumulation of inflammatory cells was noted in the healing lesions (1). The second is that the antitumor effect of the i.d. administration was neutralized by anti-TNF serum (2). The third is that we proved that i.d. administration of LPS
efficiently induced endogenous TNF in vivo (8). These findings suggested that this administration route induced the activation of the inflammatory cells (macrophages, neutrophiles and others) that produce a moderate amount of free tumor necrosis factor (TNF) or the expression of membrane-bound TNF (precursor TNF) on activated macrophages (9,10), which are known to have a cytocidal effect (11,12) in the host body.

We then hypothesized that i.d. adminjstered LPS was localized in the skin lesion and gradually released into the bloodstream from the skin, and exerting its antitumor effect by activating inflammatory cells.

We discuss here the putative mechanism of action of i.d. administration of Pantoea agglomerans LPS (LPSp).