末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

雑誌「わかさ」9月号 記事詳細


「玄米繊維の微粉末でノドの末期がんが治り、声帯と舌を失う手術も不要になった」

~声帯と舌を取る手術が必要といわれた~

玄米繊維の微粉末(=ドクター向けの高品質版「Arabinoxylane for medical doctors」の事。以下、玄米の繊維末と略記)が、免疫力(体の防衛力)を高めて、末期の癌さえ強力に改善することは(わかさ98年9月号の)32~33ページで述べられているとおりです。ここでは、手術をしなければ一年以内の命(家族には 3ヶ月、抗癌剤が効いて半年と宣告されていた)といわれた中咽頭の末期がんが、玄米の繊維末を飲んだら消えて、手術をしないで退院できた大阪府のTさん(65歳)を紹介しましょう。 (実際の記事では本名掲載でしたが、こんなご時世なので名前はTさんとさせて下さいm(__)m)

Tさんが、のどの異常に気がついたのは、去年の七月ごろのことです。「ビールを飲んだり、バナナを食べたりするとき、のどがものすごくしみて、痛いなと感じたんです。ちょうど舌の根っこ、つまりのどの入り口のところです」

それから三ヵ月後の十月には、物を飲み込むのもつらくなってきたため、 Tさんは大きな病院で検査を受けると、医師は即座に「これはだめだ、すぐ入院だ」と言ったのです。Tさんが説明を求めると、のどの入りロの中咽頭に腫瘍ができている とのこと。手術すると声帯も舌も切り取るので声が出なくなること(当初は家族にだけ説明)、もし手術をしなければ命は一年ももたないだろうとのことでした。

Tさんはひどく悩みました。「声が出なくなるのはつらいことですが、一年で死ぬよりはましと考えて、結局手術を受けることにしました」。(記事には治療前に声帯と舌を切除するように父本人に告知されていたような内容になっていますが、これは編集社のミスです。実際当初は家族だけが告知を受けていました。)

そんなTさんに、周りの友人たちはみな、絶対死ぬなよ、頑張れよとTさんを励ましました。ところが、 Tさんの息子さん(=私です)だけはいうことが違いました。「お父さんの声が出なくなったら、みじめなかぎりだ。だまされたと思ってこれを飲んでほしい」といって、長男が渡したのが、末期がんも治すという玄米の繊維末でした。

しかしTさんは、そういう玄米の繊維末などをあまり信頼していませんでした。
「それでも、息子の口調があまりに真剣なので、飲んでみようと決め、病院に入院して検査や治療を受けながら、一日に6包ずつ、玄米の繊維末を水で飲みました」

 ~わずか三ヵ月で末期がんが消えた~

入院して全身の検査をしたあと、いよいよ一回目の抗がん剤の治療が、約一週間かけて行われました。それが終わると、体力は極端に落ち、白血球の数なども激減しました。そのため、治療後の三週間は、何もせずに体力の回復を待ったといいます。

Tさんの入院した病棟には六人のがんの患者さんがいて、そのうちTさんを含めて三人が中咽頭のがんでした。

「ほかの患者さんたちも、同じ抗がん剤の治療を受けましたが、治療のあとはみんな一様に体力が落ちて、ひどく疲れているようでした。しかも、せっかく苦しみながら抗がん剤の治療を受けても、ほとんどの人のがんは小さくならなかったのです」

ところが、そんな中で Tさんだけは違いました。抗がん剤の治療を終えた時点で、白血球の数は激減していましたが、その後、ぐんぐんと白血球数が増加し、医師も驚いたそうです。

二回めの抗がん剤の治療が行われたときは、さすがに Tさんも体力が前回以上に落ち、髪の毛も抜けたそうです。しかし、血液検査をすると、白血球の数はどんどん回復していたし、さらに驚くべきことがありました。なんと、 Tさんのがんが小さくなっていたのです。そこで医師は、がんを切らずにすむならそれに越したことはないと、放射線治療を提案し、Tさんも受け入れました。

こうして、17日間の放射線治療が始まりましたが、途中、副作用で口の中や唇がひどくただれたため、10日めからいったん10日ほど休んだあと、残り7日間の治療が行われました。 Tさんはもちろん、このときも玄米の繊維末を毎日、6包ずつ飲みつづけました。

苦しい放射線治療のあと、検査を受けたところ、Tさんのがんはほぼ消えて、超音波やMRI、CTなどの画像を使った診断でも全く異常は発見されませんでした。「医師はおかしいなあと首をかしげていましたが、私はおかしいことは何もない、玄米の繊維末を飲んだからですよ、と主張しました。医師は、『ああそうですか』といっていました」

Tさんのがんがなくなっているので、最後にもう一回、放射線を16日間当てて、それで終わりにしようということになり、Tさんも辛抱して治療を受けました。その結果、以前は55Kgあった体重が50Kgまで減り、口内炎もできたそうです。しかし、血液検査でもCTでも異常は認められず、ついに手術をせずに、六ヵ月の入院生活を終えて元気に退院できたのです。

ちなみに、ほかの中咽頭がんの患者さんたちは、手術を受けて声が出なくなり、中には亡くなった人もいたそうです。

「玄米の繊維末と、それを強くすすめてくれた長男には、感謝してもしきれません」と、語るTさんは、いまも玄米の繊維末は毎日飲みつづけ、この6月の終わりからは、仕事に復帰できました。
 


 
LinkIconひとつ上へ戻る