末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

免疫賦活物質とは

免疫賦活物質「A.M.D.」とは

 ここでは当時、UCLA医学部に留学中だった私の親友に頼み調べてもらって幸運にも出会うことが出来た、癌治療の代替医療での使用を対象にし製造されている免疫賦活物質「A.M.D」について、私が調べて理解した内容を簡単にまとめてみました。資料・書籍・雑誌特集記事の内容も併せて記し、詳しくかつ分かり易くしたつもりです。ご参考にして頂けたらと思います。
 

A.M.D.概要

 

Arabinoxylaneという物質は、私たちの身の回りの豊かな自然が育んだ天然の物質です。Arabinoxylaneは、自然界に広く分布し、身近にある稲や小麦、トウモロコシなどのイネ科植物に多く含まれている免疫調整物質と称される成分です。植物の強固な細胞壁を構成している材料のひとつが「ヘミセルロース」と呼ばれる高分子の糖質で、「食物繊維」と呼ばれているものの一種です。このイネ科植物のヘミセルロースの主成分がArabinoxylaneです。ただ、自然界に存在するArabinoxylane自体は高分子であるため人間が服用しても全く免疫賦活は起きません(すなわち、Arabinoxylaneが含有されていれば免疫賦活が起きるというわけではありません)。 
Arabinoxylaneは化学構造上、人間の消化管で消化されることはありませんが、そのままの形で消化管から体内へ吸収されますので、免疫強化物質としては極めて興味深い物質です(いくら免疫強化物質BRMとして優れた働きを持っていたとしても、体内に吸収されなければ役に立ちません)。
Arabinoxylane for Medical Doctors(以下、A.M.D)は、抗癌剤のように化学的に合成された物質とは違い、自然界に存在する天然の物質の抽出物ですから副作用もなく、安全性の非常に高いものです。 
一般的にA.M.Dによる免疫賦活効果を得るためには、低分子化されたA.M.Dが小腸から血中へ吸収され、吸収された低分子なA.M.DがNK細胞に対して刺激が出来なければなりません。つまりNK細胞の受容体と一致する成分(言わば「鍵」)がA.M.Dに含まれていなければNK細胞活性は起きず、全く意味がないことになります。
A.M.Dは、免疫抑制が必要な場合を除き、病院治療、病院薬、漢方薬、他の一般的な健康食品と併用しても、相乗効果を得られる事があっても、問題が起きることはないと言われています。
低分子化されたA.M.Dには、ほかに類をみない免疫強化・活性化作用が発見されています。
第4世代に当たる最新のT.L.A.M.D.(The Latest version of Arabinoxylane for Medical Doctors)は、旧型A.M.D誘導体と比較して分子量が1/10と低分子化されており、免疫賦活有効成分もさらに3倍程度強化されています。 
A.M.Dは国内外の大学などで研究されてきました。UCLA/DREW医科大学(アメリカ)をはじめ、ケンブリッジ大学(イギリス)、マクマスター大学(カナダ)、オックスフォード大学(イギリス)、グローニンゲン大学(オランダ)などの海外有名大学、そして日本国内でも千葉大学、神戸女子大学、自治医科大学、日本大学、九州大学、名古屋大学、京都大学、富山医科薬科大学、川崎医科大学、東京歯科医科大学、東京大学など。最新のT.L.A.M.Dは原材料に関しても、国立大学法人弘前大学食物学研究室との共同研究によって開発された高品質機能性素材が使用されています。 
2017年現在、一般市販品(通常のT.L.A.)とドクター向けの高純度高品質版(T.L.A.M.D.)とが存在します。
現在ネットで市販されているトウモロコシなどが原料の一部Arabinoxylane製品においては、自然界に一般に広く存在する高分子なArabinoxylaneが含まれているだけで小腸から吸収されることもなく、例え一部血中へ吸収されてもNK細胞の受容体に一致する成分(鍵)が含まれておらず、いくら含有量が多くても免疫賦活のための鍵を持っていない以上、全く免疫細胞の活性化は見込めないことになります(単なる食物繊維としての効果しか見込めません。それであれば食物繊維を豊富に含んだ野菜を摂取すれば良いということになります)。
Arabinoxylane含有製品には現在、粉末状や錠剤、水溶液型など多数の製品が存在しますが、当然の事としてどれでも免疫活性が高まるという事はなく、T.L.A.M.D.と同じ効果が得られるものではありません。
 

白血球を刺激して免疫力を強めるA.M.D

 
白血球の免疫の働きを強化し活性化すれば、癌などの病気の予防や治療に役立つと、最近になり考えられるようになってきました。そんな中、最も注目されているのがA.M.Dです。このA.M.Dに、白血球を増やし免疫力を強める優れた働きのあることが、米国のM・ゴーナム博士によって発見されました。
 
一般的な物質「Arabinoxylane」は、このイネ科植物に含まれるヘミセルロースという食物繊維の主成分です。
 
ところが、ヘミセルロースはそのまま食べても体内には吸収されずに、排泄されてしまいます。そこで、酵素反応を使って、ヘミセルロースをより小さく切って取り出し、濃縮した後スプレードライや凍結乾燥などの過程を通り微粉末処理(10億分の1ミリ単位)されます。そうして取り出された成分がA.M.Dです。A.M.Dは分子が小さいので、小腸でよく吸収され、血液中にも入ることができます。A.M.Dが体内に入ると、白血球は見慣れない「よそもの」が入ってきたと認識します。実は、これこそが免疫力を強める秘訣で、体に一種の揺さぶりを掛けるわけです。もっと詳しくいうと、A.M.Dが腸壁から侵入して、血液中の白血球のマクロファージやキラー細胞と出合うと、それらを刺激して、白血球を増加させたり、活性化させたりして免疫力を強めるのです。ことにキラー細胞では、A.M.Dに刺激されることによってインターフェロンγという物質が作られます。この物質がキラー細胞内のパーフォリンの形成を促し、癌細胞への攻撃力を高めるというわけです。
 
実際、1ミリリットルの血液中に白血球が約3000個(正常な人は4000~8000個)しかなかった人が、A.M.Dをとったら、30分後に約5000個にまで増えたという報告があります。また、先程のゴーナム博士は、27人の進行癌の患者さんに、一日3グラムのA.M.Dを摂ってもらった結果、患者さんのキラー細胞の活性(働き)が、次のように高まったと報告しています。例えば、乳癌では154~332%、前立腺癌では174~385%、多発性骨髄腫では100~537%、白血病では100~240%、子宮頸癌では100~257%の割合でした。
 
A.M.Dのこのような効果は、医療現場でも認められています。
 
 

米ぬかアラビノキシラン誘導体(米ぬかヘミセルロース誘導体)Modified Arabinoxylan from rice bran (Modified Hemicellulose from rice bran)と、いわゆるアラビノキシランとの違い

 

1 米ぬかアラビノキシラン誘導体とアラビノキシランについて

 
米ぬかアラビノキシラン誘導体(米ぬかヘミセルロース誘導体)とは、米ぬか由来の水溶性多糖およびオリゴ糖の複合体です。
 
● 米ぬかのヘミセルロースが酵素の加水分解反応によって切り出され、水溶化した酸性糖です。それらの酸性糖はアラビノース、キシロース、ガラクトース、グルコース等で構成されているヘテログリカンの複合体で、アラビノース、キシロース等の五炭糖を多く含む酸性糖複合体であることから、便宜上、米ぬかアラビノキシラン誘導体または米ぬかヘミセルロース誘導体と呼ばれています。
● アラビノキシランとは、主としてイネ科植物に存在する多糖でヘミセルロースの構成成分です。イネ、小麦、トウモロコシ、笹等に多く含有されています。
● 構成糖はアラビノースとキシロースですが、植物によってアラビノースとキシロースの割合が違いますので、物理的、化学的、生化学的性質は起源植物によって異なります。
 

2 免疫強化作用と多糖(ポリサッカライド)に関する研究

 
①レンチナン、OK432の実用化
 1970年代担子菌のβ-1・3-グルカン(レンチナン)や溶連菌のアラビノガラクタン(OK432)が実用化され、酵母成分ザイモザン(β-1・3-グルカン)、パン酵母成分(α-1・6マンナン)等、微生物の細胞膜に由来する多糖の免疫強化作用が注目されつつありました。

②植物成分に由来する新しい免疫強化多糖の発見
 1980年代に入り、シイタケ菌の固体培養物から得られた新しい免疫強化多糖が前田浩明、菅野延彦等によって発見され、報告されました。(Cancer Letter 17; 1982)報告された多糖は従来のそれとは異なり、アラビノースやキシロースを主な構成糖とするヘテログリカンであることが特長でした。また根本的に従来の多糖と異なる性質は経口投与による有効性が確認されたことでした。
 この結果は、免疫強化食品の開発の可能性を示唆する重要な研究報告であり、本物質の発見が米ぬかアラビノキシラン誘導体の研究の始まりです。今から約30年前のことでした。
 

3 米ぬかアラビノキシラン誘導体の認知

 
①Modified Arabinoxylan from rice bran(米ぬかアラビノキシラン誘導体)として最初に記載された論文が1998年にパブリッシュされた、マンドゥー・ゴーナム博士による論文(Int.J.Immunotherapy)でナチュラルキラー細胞の活性化に関する作用が詳細に記載されています。
②その後、次に示す数多くの論文がパブリッシュされていますが、それらの論文からアラビノキシランが独り歩きをし、あたかもアラビノキシランそのものに強い免疫強化作用があるかの如く伝えられ、誤解を招いています。
 

A.M.D.エビデンス

 
③米ぬかのヘミセルロースに由来する誘導体を含有する物質は次の4物質のみです。加工方法と特性を示します。
 

A.M.Dの世代・歴史

 

4 生理活性物質

 
①微量で生化学反応を惹起する物質を生理活性物質と称しています。最新版第4世代A.M.D.(米ぬかアラビノキシラン誘導体:Olyzalose®)はmg単位で免疫強化作用を発現する生理活性物質ですが、アラビノキシランにはそのような作用はありません。

②笹やトウモロコシの種皮に由来する高濃度のアラビノキシラン含有物を免疫強化食品として、アラビノキシラン量を米ぬかアラビノキシラン誘導体と比較し、セールスポイントとしてその有用性を論じていることは全く的が外れています。異なる物質を別の尺度で比較することは無意味です。生理活性物質の作用は量ではなく、活性の強さで決まります。

③最新版第4世代A.M.D.(Olyzalose®)の成人に対する経口摂取による有効量は10mg未満と考えられています。このことは β-1・3-グルカン製剤の投与量(静注)が1mgであることから考えても食品としての有効性は際立っており、興味深い結果です。

④いわゆるアラビノキシランは、起源植物を問わず、ミリグラム単位で摂取しても免疫系への作用は期待できません。但し、グラム単位で摂取した際、食物繊維として整調効果や血糖調節作用が期待されますが、このような作用は特に精製されたアラビノキシランに求める必要はなく、1kg数千円程度の食物繊維素材で十分だと考えます。
 
 

5 最新版第4世代A.M.D.(Olyzalose®)は稀少な物質

 
経口摂取により、腸管を通して免疫強化作用を発現するには次の条件が必要です。最新版第4世代A.M.D.(Olyzalose®)はこれらの条件を満たすことができる稀少な物質です。
 
 
1. ヘミセルロース誘導体はペントース(五炭糖)のかたまり
アラビノース、キシロース等の五炭糖が主な構成糖。私達の身体を構成している糖は、主にグルコース、ガラクトース等の六炭糖。キノコや酵母の多糖はすべて六炭糖です。

2. ヘミセルロース誘導体は一部腸管から吸収される
通常、ヘミセルロースは高分子で、すべて腸管を通過し、腸管の内部に入ることはありません。

3. ヘミセルロース誘導体は水溶性。水溶性成分は生化学的反応性に富んでいる
免疫細胞とのアフィニティー(親和性)も高いと考えられます。

4. ヘミセルロース誘導体は多くの糖鎖を有している
糖鎖はマクロファージ、ナチュラルキラー細胞等の細胞表面のレクチンに対するアフィニティーのキーになる可能性があります。

5. 免疫細胞に対する糖鎖のアフィニティーは糖分子中の結合糖鎖の密度によって高まる
最新版第4世代A.M.D.(Olyzalose®)の高い活性は低分子化され、結合糖鎖が濃縮された分子構造によるものと考えられます。
 

メーカーホームページより抜粋

たくさんある「末期がんに効く」とされる機能性素材や健康食品。効果が期待できる本物もあればまがい物もあります。いったいどれを選択すれば良いのか判断に迷われる方はとても多いと思います。また、現在闘病中の方はすでにアガリクスやフコイダンなど、何かは飲まれているのかも知れません。
 
私はUCLA医学部へ留学中だった親友の薦めもあり、結果として「免疫賦活作用( A.M.D.)」と「腸内環境改善作用(治療補助用酵素)」を選択しましたが、ここでは癌に効く・効果があると言われる機能性素材・健康食品の作用を大きく6つに分類してみました。ひとつの作用だけを高めるよりも、いろいろな組み合わせで、高いレベルでトータルバランスを取る事で、さらに癌を叩く効果・速度が高まる可能性もあります。機能性素材・健康食品選択の際のご参考にして下さい。
 
ただ、効果が噂だけのまがい物製品も多く存在するので、科学的根拠(エビデンス)が存在するかどうかの確認は必須です。
 

作用 機能性素材
免疫賦活作用
免疫細胞活性化作用

T.L.A.M.D.、HQ-LPS、アガリクス、タヒボ茶、メシマコブ、AHCC、キトサン、ニゲロオリゴ糖、天仙液等
新生血管抑制作用 サメ軟骨、サメ脂質
抗酸化作用 植物発酵酵素、カテキン、植物性SODオキシカイン、 アスタキサンチン、キャベツ発酵エキス、SOD様抗酸化食品等
微量栄養素補充作用 ロイヤルゼリー、牡蠣エキス等
腸内環境改善作用 植物発酵酵素、D-フラクション、乳酸菌、アップルペクチン等
アポトーシス促進作用
(癌細胞自殺自滅誘導)
フコイダン、核酸、アガロオリゴ糖等
※この分類は、各製品の発売元が挙げる効果を、私なりに大きく分類したものであり、本当にその作用があるかどうか(科学的根拠 ・エビデンスがある製品かどうか)は、ご自身で十分にお調べ下さい。

有名健康食品のエビデンス有無の参考情報:http://www.men-eki.net/

上記サイトの情報によるとフコイダン、プロポリス、霊芝、メシマコブ、キトサン、カバノアナタケには「効果があった」という論文報告は世界に一切存在しないようです。効果効能は全て製造メーカや販売店のコメントということになります。中にはとても過大な効果効能を謳い過激な宣伝をしている製品もあるそうで、ホームページなどの宣伝文句に踊らされることなく、科学的根拠のあるものを選択する冷静さが必要だと思います。

 

 

免疫賦活(強化)作用

人間の身体の各細胞にある遺伝子に傷が入り、細胞分裂の時に突然変異を起こして癌細胞になります。しかし、免疫システムが正常であればすぐさま癌細胞を破壊・排除します。
 

新生血管抑制作用

癌細胞が生き続けて成長できるのは、新生血管のおかげです。癌が大きくなるためには、酸素や栄養を運ぶための血管を引き込む必要があります。これが出来なければ癌は栄養失調で死滅します。そして、この新生血管は転移する能力を得た癌細胞にとって絶好の血管になります。この新生血管を妨げれば、癌の息の根を止めることが出来ます。
 

抗酸化作用

新たな癌の発生要因のひとつである「活性酸素」を除去し、身体が酸化するのを防ぎます。
 

微量栄養素補充作用

癌患者の多くは、食欲不振になったり栄養の吸収が悪くなりがちで、思うように抵抗力がつかない、活力が出ないといった事が多いのが現状です。せっかく栄養のある食事、効果のある機能性食品を摂っていても身体が弱っていたのでは何にもなりません。微量栄養素(ミネラルやビタミン、アミノ酸、クエン酸等)を補給することによって、活力を取り戻して下さい。
 

腸内環境改善作用

癌患者の多くは栄養の吸収が大変悪く、病気の回復力が思うように進まなかったり、抵抗力がつかない、体力がない、活力が湧かないといったことが多くあります。栄養素は吸収されてこそエネルギーになり、血となり肉となり、そして自然治癒力の向上をもたらします。
 

アポトーシス促進作用(癌細胞自殺自滅誘導)

癌細胞が成長する過程には、必ず細胞代謝を行います。その代謝過程を阻害する事で、癌細胞自体をアポトーシス(自滅)させます。