獲得免疫賦活物質アラビノキシラン詳細

アラビノキシラン詳細

 

アラビノキシランは、天然の物質から抽出されます。
ヘミセルロースの主な成分(構成糖)は、アラビノースとキシロースで、それ以外の構成糖を酵素反応を用いて分解することによって、より純粋なアラビノキシランを得ることができます。
アラビノキシランの構造モデルはアラビノースとキシロースの複合体です。
アラビノースとキシロースは、いずれも炭素が5つの5炭糖(Pentose)と呼ばれる単糖に所属します。自然界に存在する糖類は炭素が6つの6炭糖(Hexose)によって構成されている糖類が一般的です。ですから、ほとんど5炭糖のかたまりのようなアラビノキシランは、私たちの摂取する植物の成分としては大変珍しい糖類として非常に注目されています。
ドクターや病医院が実際に癌治療の代替医療で使用する最新型アラビノキシラン(4thGen.A.M.D.)の場合、3,000ダルトン程度の非常に小さな分子量のものが多く含まれています。食物繊維としては分子量が極めて小さく、経口投与で血中に非常に吸収されやすいのが大きな特徴です。

※末期癌治療補助用アラビノキシラン(4thGen.A.M.D.)の分子量は、3,000ダルトンよりさらに小さな分子量(1,000ダルトン以下の数百ダルトン程度)のものも非常に多く含まれているようです。また、腸管免疫を刺激する高分子のもの(数万ダルトンのもの)も最適な量が含まれています。
※旧型アラビノキシランのピーク分子量が5,000~30,000ダルトンに対し、最新型アラビノキシラン4thGen.A.M.D.のピーク分子量は2,000~3,000ダルトンとさらに低分子化されています。
腸で吸収できない高分子なアラビノキシランは、腸管免疫を刺激して免疫活性システムのスイッチがオンになると言われています。最新型アラビノキシラン4thGen.A.M.D.には、高分子のもの・低分子のものがバランスよく入っているとの事で、血中へ吸収されて直接免疫細胞を刺激するのは勿論、腸管免疫をも刺激するものと考えられています。尚、米糠由来以外の製品の中には、腸管に成分がへばりつき下痢症状等を引き起こす可能性がある製品も存在するようです。ひどい場合には腸閉塞を起こす危険性もあるそうですので、企業利益優先で作られた粗悪品の安全性確認には十分注意が必要です。
免疫賦活効果の大小は、理論的に活性化処理後(低分子化後)のアラビノキシランの「分子量の大きさ」「分子量分布」「活性度」等の要素が大きく関係するものと推測されます。米糠由来とは違う一部のアラビノキシラン製品において 、安さと含有量を前面に押し出している製品がありますが、活性度が低いため(成分の中に免疫細胞を活性化させる「鍵」がないため)免疫賦活は思うように起きないようです。この事からも免疫賦活を起こすには、上記のすべての要素が必須という事が分かります。

 

免疫力の強化には酵素が不可欠

 
アラビノキシランは免疫力(体にとって異物である癌やウイルスなどに抵抗する能力)を強める優れた働きがあります。ところで、アラビノキシランを摂る時、生野菜や果物をいっしょに食べると、その効果が著しく高まり、効きめも素早く現れることがいろいろな研究や臨床例を通じて解ってきています。
 
なぜ、生野菜や果物にそのような効果があるのでしょうか。その秘密は、生野菜などに豊富に含まれている生きた酵素にあります。自然界のすべての生物は、生まれながらに細胞の中にたくさんの酵素を持っており(潜在酵素という)、それを利用して、生命活動に必要な消化酵素や代謝酵素(代謝とは体内で行われるさまざまな化学反応)を作り出していきます。こうして体内では、おびただしい数の酵素が活躍していますが、免疫力を強める際にも、この酵素の働きが不可欠なのです。
 
最近は、食品に含まれる酵素について、いろいろな特長や働きが知られるようになってきました。実は、食品中の生きた酵素を豊富に摂ると、体内で不足していた酵素の量が増え、潜在酵素の働きもより強化されることが解ってきたのです。つまり、酵素をふんだんに含んだ食品をとれば、免疫力の強化にも役立つのです。こういった酵素の力は、サイトカインの活性化にもつながります。サイトカインは、白血球から作られる、癌や細菌・ウイルスに対抗する物質で、現在までに50数種類が発見されています。有名なインターフェロンも、その一つです。
 
このサイトカインが活性化すると、癌の予防と改善に大きな力を発揮するのです。アラビノキシランも酵素も、ともにサイトカインを活性化します。その結果、極めて強い免疫力が発揮されるというわけです。生きた酵素を沢山摂ることができる食べ物といえば、なんといっても生野菜と果物です。ビタミンやミネラル(無機栄養素)とともに、生きた酵素を豊富に含んでいます。ただし、酵素は熱に弱く、48℃以上になると死んでしまいます。そのため、生のままで摂る必要があります。果物はたいてい生で摂りますが、野菜もなるべく生で食べた方が良いのです。そういう意味では、野菜の中でも淡色野菜の方が生で食べやすいので、緑黄色野菜より有効と言えるでしょう。
 
淡色野菜の優れた点は、生で食べやすいことだけではありません。実は淡色野菜には、加熱して食べることの多い緑黄色野菜に比べて、白血球を増やして、活性化する成分が遥かに多いのです。白血球が増えれば、サイトカインの分泌も増えて、癌などに対する免疫力も大幅に強くなります。勿論、生の野菜や果物だけを食べていれば良いというわけではありません。緑黄色野菜は、煮たりゆでたり、炒めたりすると、ある種の栄養素が増えたり、新しいファイトケミカル(植物の色素成分。抗酸化作用や抗腫瘍効果がある)が現れたりするのです。是非毎日食べて欲しいものです。
 
また、肉や魚を摂ることも必要です。ただし、脂肪やたんぱく質の摂り過ぎは、体に悪い影響を与えるので、食べる量には注意してください。大切なのは、本当の意味でバランスの取れた食事ということになります。その上で、生野菜と果物を今まで以上に多く摂り、生きた酵素を体内に取り入れれば、白血球を増やし免疫力を強めることができるのです。
 

末期がん改善率が劇的に向上

 
このような理由から、末期癌治療補助用アラビノキシランを摂ることと同時に、生野菜・果物をたくさん食べることをお薦めします。入院中であったり、食欲不振の場合は生野菜・果物をたくさん食べることは無理もあるでしょうから、その場合は植物発酵の治療補助用酵素M.L.5000を摂取すると良いでしょう。すると、これまで以上に効力も速効性も高まることが分かってきています。特に、癌に対する効力は抜群です。末期癌治療補助用アラビノキシランと植物発酵治療補助用酵素M.L.5000併用による末期癌患者の改善率は、なんと85%ぐらいにまで向上しています。
 
例えば、乳癌が肺へ転移した人、大腸癌が腹膜へ転移した人、また、肝臓癌・前立腺癌・膀胱癌・肺腺癌・胃癌の人などで、3~6ヵ月以内に完治を含めた大幅な改善例が多く見られます。そのほか、さまざまな難病や婦人科系の病気、自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配する神経)系の病気などでも、多くの改善例が出てきています。
 

  

臨床医が認める、末期癌治療補助用アラビノキシランとの併用で治療成績が高まる機能性素材

 
末期癌治療補助用最新型アラビノキシラン(4thGen.A.M.D.)の作用・効果は、主にリンパ球グループで第2次防衛ラインである「獲得免疫」に含まれるNK細胞の強烈な賦活(免疫強化)です。つまり最新型アラビノキシランは「免疫賦活機能性素材」に該当します(免疫活性が異常に高い場合、アラビノキシランは「抑制」に働きますから、厳密には「免疫調整機能性素材」です)。免疫細胞の強化・活性化は、癌と闘う上で大切な要素の一つです。しかし免疫強化だけでどんな癌にも負けずに闘えるわけではありません。癌と闘い、克つ為に必要な要素は患者さんそれぞれですが、必要な要素すべてを改善し強化する必要があります。癌との闘いは総力戦なのです。
 
その後の研究によって、アラビノキシランによる癌治療補助を一層効果的にする機能性素材が、臨床医などの協力もあって誕生しています。
 


 

医療補助用酵素 M.L.5000 for MD

 
ドクター向け医療補助用酵素M.L.5000との併用ではアラビノキシランの吸収を助け、腸内環境の改善、活性酸素の抑制、癌ホルモンの抑制、高度にバランスの取れた栄養素の補給などの効果により、アラビノキシラン単体よりも医療補助用酵素M.L.5000を併用した方が明らかに治療成績が良い事がドクターの治験・研究、そして実践使用でかなり前から明らかになっています。医療補助用酵素M.L.5000の働きは、人間のベースである「腸」の働きを正常化・活性化させる事で身体全体の生命力を高め、癌が棲み難い身体を短期間で取り戻す作用があるものと思われます。私の父も末期癌治療補助用アラビノキシランと医療補助用酵素M.L.5000との併用でした。
 


 

自然免疫賦活物質 LPS(リポポリサッカライド)

 
希少で活性度の高い米糠由来LPS(リポポリサッカライド)は自然免疫賦活物質です。この高品質LPSをベースに癌患者に必要な様々な機能性成分をバランスよく特殊配合したものがドクター向けHQ-LPS。このHQ-LPSは獲得免疫賦活物質である末期癌治療補助用アラビノキシランとの併用で相乗効果を得られ、アラビノキシラン単独とは比べ物にならないレベルにまで患者体内の防衛能力を高めてくれるとされています。
 
詳細は別ページにて記します。