末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

関連書籍とリンク


書籍「免疫ビタミンのすごい力」

~ガンも認知症も寄せつけない~(ワニブックス)


 
健康長寿のカギが、免疫の活性化にあることはよく知られています。その主人公である我々の体内にある免疫細胞を劇的に活性化させる「免疫ビタミン」と呼ばれる物質「LPS」が、筆者たちの研究グループにより発見され、急ピッチで実用化されています。
 
タニタ食堂で提供されるご飯、金芽米にも豊富に含まれるこの物質は、体に良いといわれる様々な食品にも豊富に含まれているのです。病気予防、鎮痛・抗菌・副作用予防、美肌効果など数々のうれしい効果を発揮する「LPS」の実力と、この物質をどう上手に生活の取り入れていけばよいのかを分かりやすく解説した就職の「健康本」の誕生です。
 
巻末に「奇跡のりんご」の木村秋則との対談を収録。
 
著者プロフィール 杣 源一郎
香川大学医学部客員教授。1951年生まれ。東京大学薬学部卒業(1977年)、がん研究所研究生(1977年)、明治薬科大学助手(1982年)、東京大学薬学博士(1983年)、帝京大学生物工学研究センター助教授(1986年)、同センター副所長(1989年)、同教授(1992年)、徳島文理大学健康科学研究所教授(2000年)、同大学院教授(2002年)。文部科学省産学連携研究推進事業及び私立大学戦略的研究基盤整備事業・自然免疫賦活技術研究会会長、特定非営利活動法人「環瀬戸内自然免疫ネットワーク」理事、自然免疫制御技術研究組合代表理事などを務める。日本分子生物学会、日本癌学会、日本薬学会、日本生体防御学会などに所属。中華人民共和国友誼賞(1997年/中国国家外国専家局)、徳島ニュービジネス支援賞大賞、第7回バイオビジネスコンペ優秀賞を受賞
15年12月発行

 

雑誌「標準治療+統合医療でがんに克つ」

~がん難民をつくらないために~(日本腫瘍学会編集)

 

<特  集>がんの統合医療―EBMとNBM 
 ・EBM(科学的根拠に基づく医療)の弱点
       水上 治 健康増進クリニック院長
 ・がん治療における患者主体の医療とは?
       岡本 裕 e-クリニック代表
 ・NBMの由来とその役割
       富永 國比古 ロマンダクリニック院長
今月のひと言  精神的賦活によるがん治療
      松崎 茂 日本腫瘍学会理事長
特別寄稿  あなたの元気な生、尊い命を慈しみ求めて
       松浦医院 松浦 麗子 院長
09年01月発行
 

 

書籍「ツレがうつになりまして。」

~うつは人生の夏休みかも・・・~(幻冬舎発行)



スーパーサラリーマンだったツレ(夫)が、ある日突然「死にたい」と言い出した!嫁とともに送る生活の中で回復していく彼の姿を、ユーモアあふれるマンガで描く、純愛「うつ」ストーリー。
※癌の治療に関係ない書籍だと思われる方もおられるかも知れません。しかし最近の医師は本人を目の前にして平気で余命宣告をします。酷い医師の場合は「もう治りませんよ」と希望を奪い取る医師もいます。そういう医師が多い中、不安と恐怖に押し潰され、癌患者でありながら「うつ病」になられる方も多くおられます。うつ病関連の書籍は多くありますが、この書籍(マンガですが)は本当に参考になります。続編「その後のツレがうつになりまして。」も出版されています。
 
細川貂々 著
06年03月 発行
 

書籍「モーツァルトを聴けば免疫力が高まる!」

~ガン、花粉症、ウイルス感染症に勝つ!~(KKベストセラーズ発行)

 


ガン、花粉症、ウイルス感染症に勝つ!04年刊「モーツァルトを聴けば病気にならない!」に続く、モーツァルトの音楽療法本第2弾。30分で免疫力が倍増、病気を耳から防ぐ!免疫系の疾患予防のため選曲したCDつき。
 
埼玉医科大学短期大学教授 和合治久 著
05年02月 発行
 

書籍「星状神経節ブロック療法」

~自然治癒力を賦活して病気を治す~(マキノ出版発行)


 
240の病気がすべて消え、しかも副作用はまったくみられない、人体に備わった自然治癒力を活かす画期的治療法をわかりやすく解説する。新たに得られた知見を加えた総集編である「決定版」。治療を受けられる施設一覧付き。
 
武蔵野病院名誉院長 若杉文吉 著
大正15年新潟県栃尾市生まれ。旧制長岡中学、旧制新潟高校を経て、昭和29年新潟医科大学卒業。昭和30年新潟大学整形外科入局。昭和32年東京大学麻酔科入局。昭和36年東京大学講師、外来医長。昭和37年東京大学麻酔科にてペインクリニック開設。昭和39年関東逓信病院麻酔科部長。昭和51年同院ペインクリニック科部長。昭和62年東京慈恵会医科大学麻酔科教授。平成4年武蔵野病院名誉院長。星状神経節ブロック療法を主としてペインクリニック診療を行う。
05年12月 発行
 

書籍「抗がんサプリメント」

~よく効く選び方と飲み方~(㈱主婦と生活社発行)


 
他のサプリメントとの飲み分け、飲み合わせがわかる
○ 現在の病院治療だけでは不安を感じている方
○ サプリメントを使用しているがなかなか効果が出ない方
○ どんなサプリメントをどう使えばいいのか悩んでいる方
 
そんな方に是非読んで頂きたい書籍のひとつです。
 
医学博士・九段クリニック院長 阿部博幸 著
03年04月 発行
 

月刊がん「もっといい日」(03年3月号)


 
『わたしのおすすめホームページ』のコーナーで「末期癌と言われても決してあきらめないで」という力強いメッセージを発信しているサイトとして当ホームページが紹介・掲載されました。
 
この「月刊がん・もっといい日」は一般書店では販売されていない(年間購読のみ)癌情報に特化した月刊誌で、最新治療をはじめ、患者さんのケア・食事法など、多岐にわたり癌患者さんとその家族様への情報が満載です。病院やクリニックの待合室などによく置かれていますので、また機会があればご覧下さいませ。
 
年間購読ご希望の方は・・・
『月刊がん・もっといい日』定期購読係 TEL.026-222-3333
(受付時間:午前9:00~午後6:00 ※日祝は午後5:00まで)へ電話して下さい。
☆この場をお借りしまして、月刊がん編集部の方々へ心より御礼申し上げます。当ホームページを取り上げて下さり、本当にありがとう御座いました。
 

書籍「朝型人間」の秘密 

~出勤前の100日革命~(講談社発行)


 
自然のサイクルに戻すと仕事も人生も変わる!!
健康増進、時間の有効活用、自分自身の可能性の拡大。“朝の達人”たちの実践法に学ぶ!!
 
早寝早起きは人間本来のリズムであり、地球環境が狂わない限り、「早寝早起き、病知らず」の真理は変わらない。だれもが毎朝さわやかに目覚めたい。そうすれば、どんなに豊かで楽しい1日になるだろうと考える。ところが、そう簡単にできないのはなぜか?本書では、早起きのちょっとした工夫をすることによって、だれでも100日間で生き生きとした生活が手に入る方法を提案する。そして、各界の“朝の達人”10人の実践法に学び、仕事も人生も変える!!
00年04月 発行
 

健康雑誌「健康02年11月号」(主婦の友社)

 
「代替医療最前線のアメリカでも大注目!A.M.Dで<免疫力>がぐ~んとアップ」
 
記事詳細 
 


健康産業流通新聞 新聞記事(01年7月12日)

「世界中で活躍するA.M.D~米国ではNo1免疫サプリに~」

 
食品の機能性研究・活用が進むにつれ、最も注目を浴びるようになった機能性のひとつは免疫賦活であろう。これは免疫力を高めることによって治療、予防することは根治的で安全性が高く、それが食品の摂取で手軽にできる事による。このような中、昨年、全米のサプリメント売上ランキングの免疫賦活で第1位となった日本発のサプリメントがある。それはA.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)と呼ばれる素材を用いた製品だ。同素材はアメリカのみならず、世界中で高い評価を得ている。本特集では(自然界の)Arabinoxylaneそれ自体では免疫賦活機能が微弱であるにも関わらず、それを酵素反応により低分子化させたA.M.Dには優れた免疫賦活機能がある理由と、その将来性を探る。
 


図解 がんと免疫(Newton別冊 21世紀の生物学)


 
がんのできるしくみ、からだを守るしくみ。
 ①免疫システム
  侵略者をたおす、その巧妙なメカニズムを追う
 ②暴走細胞と「がん」
  何が細胞の分裂アクセルを踏み、分裂ブレーキを壊しているのか?
01年6月発行
 

ガンと闘う最新の機能性食品Arabinoxylane(実業之日本社発行)  

飛躍的に抗癌力を高める天然の免疫強化物質


 
代替療法の先端を行くArabinoxylane for Medical Doctors(A.M.D)
 
今や「西洋医学だけでは癌の治療は完全ではない」というのが常識となっている。それに代わるものが代替療法だ。現在全米125の医学部のうち実に75に代替療法の部門が新設されている。その流れは怒涛の勢いだ。日本でも医療の現場で代替療法への関心が日ごとに高まりつつある。やがてこの流れは滔々たる大河になるだろう。その確信の最大の支えの一つがA.M.Dである。
 
99年10月発行
 

 

抗癌力(主婦の友社発行)  

再発・転移を防ぐ免疫強化物質A.M.D


 
天然の安全な抗癌物質、新登場。NK(ナチュラル・キラー)細胞を活性化し、抗癌作用を発揮すると、米国癌学会、国際エイズ会議で大反響。
98年8月発行
 

 

新・今「食」が危ない(GAKKENMOOK 新「驚異の科学」シリーズ)

 「食」も汚染する環境ホルモン

 
 
 ① 遺伝子組み換え食品、これだけある”危険”
 ② O157の新たな恐怖
 ③ いい加減にしてくれ!食品添加物
 ④ 安全な「食」入手徹底ガイド
98年6月発行
 

 

CLINICmagazine 99年3月 & 99年4月 MedicalTopicに掲載


 
「がん細胞を殺傷するNK細胞の賦活化効果とA.M.D 」99年3月号掲載
 
「がん患者の免疫能を高める植物性多糖加工食品、A.M.D 」~全国200の医療機関で使用~99年4月号掲載
 

書籍「抗がん剤の副作用がわかる本」(三省堂出版)


 
患者が知らない危険がいっぱい。驚くべき実態が放置されてきたのは私たち患者が真実を知らないからです。本当のことを知って命を縮めない選択をして下さい。
 
●あなたの癌はどっち?
 抗癌剤で治る癌は、癌全体のたった1割。残りの9割の患者は有害な副作用で苦しみ、命を縮めています。
●あなたの飲み薬は何?
 効果が実証されていない経口の抗癌剤が日本では大量に使われ、何十万人もの患者が長期間飲まされて、じわじわ命を縮めています。
●実験台にされていませんか?
 大学病院やがんセンターでは、治験(ちけん)が毎日のように行われ、患者は治療と思い込んでいるうちに、副作用死したり命を縮めています。
 

TheFoodChemicalNews新聞記事(99年1月7日)

 
「表舞台に立つ代替医療~21世紀は抗癌食品が台頭」
記事詳細
 


 

健康雑誌「わかさ98年9月号」(わかさ出版)


 
”玄米の微粉末繊維(=A.M.D)の驚くべき薬効”という特集で、私の父が改善事例として、紹介・掲載されました。その記事をそのまま掲載しています。
 
注)わかさ98年9月号に写真で掲載されているA.M.Dについて
写真の製品は一般市販品であり、父が服用していたものとはタイプが異なります。
 
記事詳細
 
98年8月発行
 

 

Medical Academy News新聞記事(98年9月1日)

 「A.M.D 高いNK細胞賦活化作用」

 
宿主の免疫能を高め、全身状態を改善することが、進行・末期癌患者のQOLの向上につながること、それに加えて、再発の遅延や予防においても重要な役割を果たしていることが再認識されてきている。そうした免疫能賦活効果をもつ機能性食品であるA.M.Dの特別研究会が日本食品機能研究会の主催で98年8月2日に、東京紀尾井町のザ・フォーラムで開かれた。特別研究会では、UCLA/DREW医科大学のM.ゴーナム氏から「A.M.Dの免疫細胞に対する基礎作用と癌治療への応用」について講演が行われたほか、日本におけるA.M.Dの使用例についても、門野豊先生(かどの内科・消化器科)、傍島徹先生(星ケ丘厚生年金病院呼吸器外科)の両氏から発表された。
 
記事詳細
 

【The Power of Immunity】

~免疫活性により進行胃癌に打ち勝った父の闘病レポート~

 
改善事例紹介でもご紹介させて頂いております「栄ちゃん&ひろし」さんのホームページ。多くの方に希望と勇気を与えて下さる、とても素晴らしいホームページです!

http://ys10.jp/
 


「まりの会~バレーボールチーム」ホームページ

 
ヒゲさんが主催するバレーボールチームのホームページです。バレーボールの活動内容以外に、癌関連の情報も多く公開されています。
 
http://plaza.rakuten.co.jp/marigogo/
 


「おなか健康!不老の秘訣!?」ホームページ

 
トシ坊さんのホームページ。生活習慣、医食同源、腸の大切さをキーワードにされたとても素晴らしいホームページです。
 
http://www.asahi-net.or.jp/~ny7t-ooj/index.htm
 


「ITNAVI.com(健康・医療ジャンル)」ホームページ

 
IT(情報技術)をナビゲートするITNAVI.com。ITサーチャー大澤さんが、ITな情報をお届けされています。
 
http://itnavi.com/Health.asp
 


「がん・ガン・癌スーパーリンク」ホームページ

 
インターネット上に数多くある悪性腫瘍(癌)情報の中から、必要な癌情報をより早く見つけられるように、厳選した癌関連のサイト(ページ)を各カテゴリに分類してあります。
 
http://www.gan3.com/
 


 

「障害年金サポートセンター」ホームページ

 
障害年金についての解説や最新情報などを掲載しています。障害年金の請求でお困りの方のために、面倒な手続きを社会保険労務士が行ってくれます。
 
http://www.syougai.jp
 


「月刊がん もっといい日」月刊誌&Web版

 
この月刊誌は、癌の最新情報はもとより、患者さんのケア・食事法など、多岐にわたり癌患者さんとその家族への情報誌である。一般書店では購入できないので、定期購読の申し込みが必要。Web版は月刊誌の情報(最新刊情報・バックナンバー情報)をはじめ、定期購読申し込み受付、お薦めの癌関連リンクなどがある。
 
http://www.gekkan-gan.co.jp
 


「病院検索JAPAN」ホームページ

 
全国約15万件の病院・診療所・歯科医院を検索できる、日本最大級の医療機関検索サイトです。
 
http://www.zero-dr.jp/
 


 

「NPO法人いずみの会」ホームページ

 
NPO法人の非営利団体(癌患者の会)です。以前、NHKで紹介されていたこともあります。
 
http://www.izuminokai.or.jp/
 


「生理痛・月経トラブル鍼灸」長嶋鍼灸室ホームページ

 
生理痛のタイプ分けと養生法、鍼灸室のご紹介ホームページです。
 
http://www.seiritsusenmon.jp
 


 

「病気の名前:病名辞典」ホームページ

 
身体の部位別・性別、またアレルギーや感染症など種類別に、病気の症状・原因・治療法をまとめたサイトです。
 
http://www.vjta.net/byomei/
 


「舌癌NAVI」ホームページ

 
舌癌の症状や関連知識などをわかりやすくまとめられたホームページです。
 
http://tongue0509.web.fc2.com/
 


 

「食道癌NAVI」ホームページ

 
食道癌の症状や関連知識などをわかりやすくまとめられたホームページです。
 
http://eatcancer0509.web.fc2.com/
 



「身障者による身障者のためのホームページ」

ヘルパーさんの笑顔と共に

 
タイトル通り身障者による身障者のためのホームページで、リハビリ、健康法、介護ノウハウ、お薦め書籍紹介などが満載のサイトです。
 
http://www.save-us.net/
 


 

【がん保険の選び方】ホームページ

元保険営業員が本音で教えます

 
ホケン会社も嫌がるお得ながん保険の選び方を元営業員が本音で紹介します。

http://www.がん保険1.net/