末期癌を完治して無事に生還を成し遂げるための鍵とは

末期癌克服への懸け橋~難病末期癌からの生還~タイトル画像小

HOME | 末期癌からの生還・米国UCLA免疫療法闘病記 | アメリカUCLAにて研究中の免疫強化物質との出会い

アメリカUCLAにて研究中の免疫強化物質との出会い

末期癌克服への架け橋区切り線

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
科学的根拠のある癌治療用免疫強化物質

 
米国UCLA「末期癌克服への架け橋」

米国カリフォルニア州立大学UCLA

その後数日して私の会社の同僚が、アメリカで研究が進んでいる癌治療のひとつで、免疫療法にて使用され非常に注目されている免疫賦活物質「Arabinoxylane」という物質を見つけてくれました。どうやらアメリカ・カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校UCLA内の医科大学でも癌治療における基礎研究や臨床試験がされているとの事でした。当時ネットにはアブストラクトブックという癌学会発表資料が多く公開されていました。英文なので中身の詳細はよく分かりませんでしたが、いろいろな基礎的な研究結果や、実際に末期癌(末期がん)患者に使用した場合の臨床結果が多く報告されていました。そして何より、どの成分がどのように免疫細胞を刺激して癌細胞を駆逐するのか、そのメカニズムまで研究がされ記されていました。

 
世の中に存在する多くのサプリメントはそんなメカニズムまでは全く明らかになっておらず、「飲んだら癌が小さくなった人がいるらしい」とか「○○成分が◇◇の何倍含まれている」とかそんな噂や癌に対して効果があるのかどうか根拠がない数値比較のサプリメントが大部分を占める中、Arabinoxylaneにはこれら作用機序(メカニズム)の解明がされていて、さらに実際の学会資料・臨床データがあるというのは、非常に説得力があり信頼できるものだと感じました。
 
会社の同僚曰く、日本でも「免疫力を高めるサプリメント」として一般市販品Arabinoxylaneが販売されているとのことだったので、父には時間が無かった為、日本国内で一般市販品サプリメントを販売している販売店に資料請求をして何社かに学会発表されている内容や作用機序について問い合わせの電話連絡をしてみました。しかし、電話連絡をしてみたところ「このサプリはとにかく凄いよ」とか「何個買ったら○%割引します」等のセールストーク中心で、あまり科学的・医学的な知識はお持ちでない素人な感じの販売店ばかりで、今後の事を考えると不安になり、ネットでの一般市販品サプリメントの購入に躊躇してしまいました。癌はやはり命に係わる病気であるため、病院での癌治療を進めながら適宜相談をして適切なアドバイスをして頂く必要があり、それには医学的知識がしっかりとあるところでないと私は安心できないと思ったからです。
 
自分だけで悩んでいても進まないので、アメリカ・カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校UCLA医学部へ留学している親友にも頼み込んで、癌治療としての免疫療法で使用される免疫賦活物質について詳しく調べてもらうことにしました。一般市販品サプリメントでも大丈夫そうなら、日本で簡単に購入も出来ますし。
 
詳しく調べてもらうとUCLA内にあるDREW医科大学というところで、世界的に有名な免疫学教授M.ゴーナム博士が癌治療における臨床試験や基礎研究をしている真っ最中とのことでした。後のメーカー発表資料によると、その他にもケンブリッジ大学(イギリス)、マクマスター大学(カナダ)、オックスフォード大学(イギリス)、グローニンゲン大学(オランダ)などの海外有名大学、そして日本国内でも千葉大学、神戸女子大学、自治医科大学、日本大学、九州大学、名古屋大学、京都大学、富山医科薬科大学、川崎医科大学、東京歯科医科大学、東京大学などでも、何らかの研究がされていたとの事でした。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
免疫学教授M.ゴーナム博士との出会い

 

米国UCLA大学
そこで親友にお願いをすると忙しいのに時間を作ってくれて、快くM.ゴーナム博士にコンタクトを取り、実際に会いに行ってくれました。そして私の父の状況や容態を博士に伝えてもらい、博士としての見解や最新の免疫療法(免疫賦活物質Arabinoxylane)について詳しく聞いて来てくれました。
 
まず父の状況についてM.ゴーナム博士は「話しを聞く限り、一般的な常識から言えば残念ながらかなり末期の厳しい難しい状況であると言える。余命はほぼ正しいだろう。ただ、免疫力を高めた人体には未知の力があると研究をしていて感じている。癌治療での臨床試験でも”この患者はまず助からないだろう”と思われていた患者の癌が見るみる縮小し、延命をするケースが多くあり、私自身も非常に驚いている。この免疫療法(免疫賦活物質Arabinoxylane)を試してみる価値は十分にあるのではないか」とのコメントだったそうです。このM.ゴーナム博士の正直なコメントは、私たち家族にとっては未知なるものであるArabinoxylaneに大きな期待を持たせて下さいましたし、それによって絶望の暗闇の中にいる我々家族にとってはどれだけの救いや希望、勇気になった事でしょう。父が実際にどうなるかは分かりませんが、ただただ本当に嬉しかったです。父のために色々としてくれたUCLAの親友にもとても感謝です。
 
その後その親友はこれをご縁にして、暫くの間M.ゴーナム博士の研究室で助手をして、ホームパーティに参加するなど家族ぐるみの付き合いをしていたようです。M.ゴーナム博士の奥さんは日本人だそうで、子供さんの送り迎えはM.ゴーナム博士がされていたようで、とても親しみの持てるご家族だったと親友は話していました。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
癌治療向け免疫賦活物質の存在

 
医療機関向け免疫強化物質
ちなみにその免疫賦活物質Arabinoxylaneには、一般の製薬会社が処方箋用の薬と薬局用の市販薬を作り分けているように、健康維持目的の一般向けサプリと癌治療目的のものがあるとの事でした。 M.ゴーナム博士は「もしこの免疫賦活物質Arabinoxylaneをお父さんの末期癌治療で使用するのなら、研究・治験、一部の医師・病医院で実際に末期癌治療の補助として使用している高品質な医療機関向けのものが活性度が高く、効果も確実だからそちらを入手して使った方が良い」とのアドバイスを下さいました。
 
この品質や効果の差については後に分かったことですが、癌治療向けのものは一般向けサプリメントの大量生産方式とは違う職人技で作られていて、職人や開発者の管理の下、しっかり効果を発揮するよう限界まで活性や純度を高める製造方法で作っているという事のようです。過去に開発者の講演会に参加した時も、これらの説明で「大部屋で緩く放任主義で育てた子供と、小さな部屋で厳しくかつ大切に育てた子供の出来の差があるように」と言われていました。
 
※当時、免疫賦活物質Arabinoxylaneは日本国内で500箇所以上の病医院、米国では2000人超のドクターが、免疫療法として癌治療の補助に使用したり治験、研究目的で医療機関向けのものを使用しているとの事でした(クリニックマガジン、健康産業流通新聞などの記事に掲載されている)。
 
ただ残念ながら当時の日本では医療機関向けの流通はごく少量で、基本的にドクター・病医院ルート限定で一般向けには市販されていないと言われ、ドクター経由以外で一般の人は入手不可能との説明を受けました。職人や研究者による品質管理下で手作り方式の少量生産でしか活性度の高いものが作れない故、全く大量生産には対応出来ないようでした。
 
色々と調べているうちに大阪北東部にある「星ケ丘厚生年金病院」で医療機関向けのものが実際に癌治療で使われている事を突き止め、すぐに免疫療法による癌治療について問い合わせました。しかしこの病院では呼吸器科でのみ医療機関向けのArabinoxylane for Medical Doctors(以下A.M.Dと略)による免疫療法の 取り扱いがあり、私の父は呼吸器の癌ではなかったためこの病院へ転院は出来ませんでした(病院側から断られました)。また、主治医が「この患者に使用する」と診断・判断しないと処方してもらえないとの事で、例え転院出来ても癌治療で使用できるかどうかも分からず、実際その病院へ入院していない父には基本的に譲る事は出来ないと言われ、結果入手出来ませんでした。
 
取り敢えず、入手出来ないなら一般市販品サプリメントで我慢するしかないかなと諦めかけていました。
 
しかし私の親友は親切にもUCLA内で色々と手を尽くしてくれて、すぐさまドクターや病医院へ卸をされている信頼できる正規日本特別代理店を調べて紹介してくれました。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
癌治療向け免疫賦活物質の入手

 

免疫強化物質とのご縁
早速私は、その正規日本特別代理店とコンタクトを取り、父の事を全てお話して特別に癌治療向けのものを個人的に譲って頂けるようになりました。費用的にも、病院での手術代(200万円ほど)や血液を採取して体外で免疫細胞を培養する日本で流行りの免疫療法(300~600万円以上)なんかと比べたら、癌治療用の医療機関向け免疫強化物質A.M.Dは一般的なサプリメントとそれほど変わらない費用で格段に安く済むとの事でしたし、父には手術をする・しないを決めるまで限られた時間しか残されていなかった事もあり、これも何かの特別なご縁だと信じて家族全員意見一致で、すべてをこの癌治療用の医療機関向け免疫強化物質A.M.Dによる免疫療法に賭けることにしました。
 
尚、味が酷かったり飲み難いとの理由でこのタイミングで最初に購入した2種類のサプリメントは服用を中止する事にしました。2種類のうちの1つはとにかく味が酷くて普通に飲めるような代物ではなく「あれを飲むのはお父さんにかなりのストレスを与えていたよ」と毎日見舞いに行く母が言っていました。危うくストレスで余計に父の免疫力低下を招くところでした。半分以上残っていたので勿体ないとも思いましたが、潔く捨てる判断は正しかったです。
 
これが私と「癌治療目的に特化した医療機関向け免疫強化賦活物質A.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)」との運命的な出会いでした。
 
この癌治療目的の免疫賦活物質については質問が非常に多いので、ご参考までに父が実際に使用したものをまとめた医療機関向け免疫強化物質等資料室ページへ記しておきます。入手手続きに関してなど、必要な方はそちらをご覧下さい。
 
また免疫力の大切さと同時に、人間のベースは「腸」だということも知り「腸」の働き改善の必要性も感じました。食事の栄養分の吸収率アップには腸の働きを改善し体内酵素を増やす必要があり、これには発酵食品の摂取が効果的だと知り、植物発酵酵素(こちらも医療補助向けの酵素製品)も入手して併用することにしました(健康なうちならば、野菜や果物と、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を摂る事で十分だと思いますが、癌になってしまった父には時間がないので、短時間で効果的な結果を出すために医療補助用酵素を用いました。この酵素に関しての詳細は、時間がなくてホームページには学術論文pdfのみの掲載ですが、またご参考までに詳しくお聞きになりたい場合はメールでも下さい)。
 
「酵素」は大切な栄養素として、最近では「第8栄養素」と呼ばれています(たんぱく質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が六大栄養素、そして水が第7栄養素と呼ばれています)。
 
この後、私たち家族は免疫強化物質A.M.Dが父の免疫細胞を強烈に活性化してくれることを信じて、真っ向癌細胞と闘い続けます。
 
(次ページ「④免疫賦活物質を使用した免疫療法による末期癌消滅の奇跡」へ続きます)
 

(注)免疫賦活物質A.M.DやHQ-LPSについて

ドクターや病医院が実際の医療現場で使用している免疫賦活物質はネットでは入手不可能です。最新版の獲得免疫賦活物質「4thGen.A.M.D.」や自然免疫賦活物質「HQ-LPS」「医療補助用酵素」等は、取り扱い病医院へ転院・入院されて専門ドクターに処方して頂くか、流通に携わっている日本正規特別代理店経由で譲って頂くかのどちらかです。

※過去に「ホームページ等に正規代理店名や連絡先の掲載は差し控えて欲しい」とメーカーからの指導を受けた経緯がありますので、具体的な代理店名や連絡先は現在ホームページ上には記していません。もし免疫賦活物質に関する情報が必要な場合は、私宛へメール下されば私が知っている正規代理店で良ければ連絡先をお知らせするのは大丈夫ですので、当時の私と同じようにご自身で国内特別正規代理店へ直接コンタクトをお取りになり、入手に関してご相談をなさってみて下さい。取扱い病医院への転院を奨められる場合もあるようですが、私の父のように余命が短く転院が難しいケースや自宅から病院が遠方になるのは困るというケースもあると思いますので、詳しい状況を正規代理店へお伝えになって一番最適な入手方法を提案して貰って下さい。