余命3か月の末期がんと宣告された父が
免疫療法により僅か4か月で癌を完治させた体験記
末期癌克服への架け橋~難病末期癌からの生還~

HOME | 末期癌からの生還・免疫療法闘病記 | 免疫療法との出会い

最強の免疫療法・免疫賦活物質との出会い

科学的根拠のある免疫療法

 
UCLA「末期癌克服への架け橋」

カリフォルニア州立大学UCLA

その後、数日して私の会社の同僚がアメリカで免疫療法のひとつとして非常に注目されている免疫賦活物質「アラビノキシラン」というものを見つけてくれました。どうやらカリフォルニア州立大学UCLA内でも基礎研究がされていて、当時ネットにはアブストラクトブックという学会発表資料が多く公開されていました。英文なので中身の詳細はよく分かりませんでしたが、いろいろな基礎的な研究結果や、実際に末期がん患者に使用した場合の臨床結果が多く報告されていました。私は科学的根拠のないものや医学的なデータによる効果が認められていないものは絶対に信じないので、これらの学会資料や臨床データがあるというのは、非常に説得力があり信頼できるものだと感じました。
 
同僚曰く、日本でも一般市販品のサプリが販売されているとのことだったので、父には時間が無かった為、日本国内で一般市販品サプリを販売している販売店に資料請求をして何社かに学会発表されている内容や作用機序について問い合わせの電話連絡をしてみました。しかし、電話連絡をしてみたところセールストークばかりで、あまり科学的・医学的な知識はお持ちでない素人な感じの販売店だったので今後の事を考えると不安になり、ネットでの一般市販品サプリの購入に躊躇してしまいました。
 
仕方がないので、UCLA医学部へ留学している親友にも頼み込んでその免疫療法で使用される免疫賦活物質について詳しく調べてもらうことにしました。
 
調べてもらうとUCLA内にあるDREW医科大学というところで、世界的に有名な免疫学教授M.ゴーナム博士が臨床試験や基礎研究をしている真っ最中とのことでした。メーカー発表資料によると、その他にもケンブリッジ大学(イギリス)、マクマスター大学(カナダ)、オックスフォード大学(イギリス)、グローニンゲン大学(オランダ)などの海外有名大学、そして日本国内でも千葉大学、神戸女子大学、自治医科大学、日本大学、九州大学、名古屋大学、京都大学、富山医科薬科大学、川崎医科大学、東京歯科医科大学、東京大学などでも、何らかの研究がされているとの事でした。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡・大見出
免疫学教授M.ゴーナム博士との出会い

 
そこで親友にお願いをすると忙しいのに時間を作ってくれて、快くM.ゴーナム博士にコンタクトを取り、実際に会いに行ってくれました。そして私の父の状況や容態を博士に伝えてもらい、博士としての見解や最新の免疫療法(免疫賦活物質アラビノキシラン)について詳しく聞いて来てくれました。
 
まず父の状況については「話しを聞く限り、残念ながらかなり末期状態の厳しい難しい状況であると言えるが、免疫力を高めた人間には未知の力があると研究をしていて感じている。免疫療法(免疫賦活物質アラビノキシラン)を試してみる価値は十分にあるのではないか」とのコメントだったそうです。このM.ゴーナム博士の一言は、絶望の暗闇の中にいる我々家族にとってどれだけ救いや希望、勇気を与えて下さったか!ただただ本当に嬉しかったです。その親友にもとても感謝です。
 
その後その親友はこれをご縁にして、暫くの間M.ゴーナム博士の研究室で助手をして、ホームパーティに参加するなど家族ぐるみの付き合いをしていたようです。M.ゴーナム博士の奥さんは日本人だそうで、子供さんの送り迎えはM.ゴーナム博士がされていたようで、とても親しみの持てるご家族だったと親友は話していました。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡・大見出
医療機関向け免疫賦活物質の存在

 
ちなみにその免疫賦活物質アラビノキシランには、製薬会社が処方箋用の薬と薬局用の市販薬を作り分けているように、健康維持目的の一般向けサプリと医療機関向けのものがあるとの事でした。M.ゴーナム博士は「もしこの免疫賦活物質アラビノキシランをお父さんの末期癌治療で使用するのなら、研究・治験、一部の医師・病医院で実際に末期がん治療の補助として使用している高品質な医療機関向けのものが活性度が高く、効果も確実だからそちらを使った方が良い」とのアドバイスを下さいました。この品質や効果の差については後に分かったことですが、医療機関向けのものは一般向けサプリの大量生産方式とは違う職人技で作られていて、職人や開発者の管理の下、しっかり効果を発揮するよう限界まで活性や純度を高める製造方法で作っているという事のようです。
 
※当時免疫賦活物質アラビノキシランは日本国内で500箇所以上の病医院、米国では2000人超のドクターが、免疫療法として癌治療の補助に使用したり治験、研究目的で医療機関向けのものを使用しているとの事でした(クリニックマガジン、健康産業流通新聞などの記事に掲載されている)。
 
ただ残念ながら当時の日本では医療機関向けの流通はごく少量で、基本的にドクター・病医院ルート限定で一般向けには市販されていないと言われ、ドクター経由以外で一般の人は入手不可能との説明を受けました。職人や研究者による品質管理下で手作り方式の少量生産でしか活性度の高いものが作れない故、全く大量生産には対応出来ないようでした。
 
色々と調べているうちに大阪北東部にある「星ケ丘厚生年金病院」で医療機関向けのものが使われている事を突き止めすぐに免疫療法について問い合わせました。しかしこの病院では呼吸器科でのみ医療機関向けアラビノキシランによる免疫療法の取り扱いがあり、私の父は呼吸器の癌ではなかったためこの病院へ転院は出来ませんでした(病院側から断られました)。また、主治医が「この患者に使用する」と診断・判断しないと処方してもらえないとの事で、例え転院出来ても使用できるかどうかも分からず、実際その病院へ入院していない父には基本的に譲る事は出来ないと言われ、結果入手出来ませんでした。
 
取り敢えず、一般市販品で我慢するしかないかなと諦めていました。
 
しかし私の親友は親切にもUCLA内で色々と手を尽くしてくれて、すぐさまドクターや病医院へ卸をされている信頼できる正規日本特別代理店を調べて紹介してくれました。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡・大見出
医療機関向け免疫賦活物質の入手

 
早速私は、その正規日本特別代理店とコンタクトを取り、父の事を全てお話して特別に医療機関向けのものを個人的に譲って頂けるようになりました。手術まで限られた時間しか残されていなかったので、これも何かのご縁だと信じて家族全員一致ですべてをこの免疫療法(免疫賦活物質アラビノキシラン)に賭けることにしました。
 
尚、味が酷かったり飲み難いとの理由でこのタイミングで最初に購入した2種類の普通の健康食品は服用を中止する事にしました。2種類のうちの1つはとにかく味が酷く普通に飲めるような代物ではなく「あれを飲むのはお父さんにかなりのストレスを与えているよ」と毎日見舞いに行く母が言っていましたし・・・。
 
これが私と免疫療法「医療機関向け免疫強化賦活物質アラビノキシランA.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)」との運命的な出会いでした。この免疫療法(免疫賦活物質)については質問が非常に多いので、ご参考までに父が実際に使用したものをまとめた免疫療法(免疫賦活物質)資料室ページへ記しておきます。必要な方はご覧下さい。
 
また免疫力の大切さと同時に、人間のベースは「腸」だということも知り「腸」の働き改善の必要性も感じました。食事の栄養分の吸収率アップには腸の働きを改善し体内酵素を増やす必要があり、これには発酵食品の摂取が効果的だと知り、植物発酵酵素(こちらも医療補助向けの酵素製品)も入手して併用することにしました(健康なうちならば、野菜や果物と、納豆やヨーグルトなどの発酵食品を摂る事で十分だと思いますが、癌になってしまった父には時間がないので、短時間で効果的な結果を出すために医療補助用酵素を用いました。この酵素に関しての詳細は、時間がなくてホームページには学術論文pdfのみの掲載ですが、またご参考までに詳しくお聞きになりたい場合はメールでも下さい)。
 
「酵素」は大切な栄養素として、最近では「第8栄養素」と呼ばれています(たんぱく質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維が六大栄養素、そして水が第7栄養素と呼ばれています)。