余命3か月の末期がんと宣告された父が
免疫療法により僅か4か月で癌を完治させた体験記
末期癌克服への架け橋~難病末期癌からの生還~

HOME | 末期癌からの生還・免疫療法闘病記 | 末期癌・余命3か月を宣告された父

突然の末期がん・余命宣告

中咽頭癌末期+舌癌末期+リンパ節転移で余命3か月

 

まずは最初に、毎日平和に暮らしていた私たち家族が経験した父の末期がんとの闘病について記していきます。「癌」という病気から非常に離れた世界で生きているつもりだったごくごく普通の私たち家族が、ある日突然暗黒の世界に突き落とされてしまった事から全てが始まります。
 
父64歳の10月末、父親は喉の不快感があるため大阪府高槻市にある耳鼻咽喉科の町医者へ行き診察を受けました。町医者では診察するなり「当医院では対処出来ないのですぐに大学病院(大阪医科大学付属病院)を紹介します」との事でした。この事態を受けて私たち家族には動揺が広がりましたが、しかし父が現役でサラリーマンをしていた時、父は仕事で忙しいと肩こりで歯が痛み、よく頬っぺたを腫らしていた事もあったので、家族はそういう腫れが喉に出来ただけなのではないかと、楽観視していました。
 
しかしその大学病院で精密検査をした結果、家族だけが急いで呼ばれ「中咽頭癌末期+舌癌末期+リンパ節へ数カ所転移」と宣告されました。
 
舌の奥側半分以上が癌であり、咽頭部とリンパ節数カ所にも転移しているとの事で、父を除く家族全員が言葉を失いました。かなり悪性の癌(10段階中、”10”又は”10に限りなく近い9”という、とても悪性)の様であり、進行度合いは4段階中”4”で、本当の「ステージ4」「末期」と言われました。喉に異常を感じながらも半年以上放置していたため、当然末期がんの大きさもかなり大きいものでした(別ページに末期がん宣告時のCT&MRI画像があります)。
 
主治医は「すでにリンパ節に転移が認められるので、ひょっとするともう全身に転移をはじめているかも知れない...残念ながら手遅れかも知れませんね。」と他人事のように(他人ですが)淡々と説明をしました。何もしなければ一般的には余命3か月(よくもって半年)、手術が成功しても「舌」と「声」を失い、5年後の生存確率は統計学上、数パーセントしかないと言われました。中咽頭部だけであれば手術をすれば5年生存率は他の臓器の癌と比べてそんなに低くはないと主治医は確か言っていましたが、父の場合は舌部も末期がんであり、リンパ節にも複数個所転移していて再発や転移の可能性も当然高くなるため、思った以上に厳しい宣告でした。
 
家族は突然の出来事に、全員本当に慌ててしまうばかりでした。母や妹は主治医からの説明中、下を向いて言葉を失い泣くことしか出来ませんでした。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡・大見出
末期がんを消滅させるにはどのようにすれば良いのか?

 
医学素人の私たち家族には、どうすれば末期がんを治せるのかなんて全く何も分かりませんでした。主治医からの病状説明ですら100%理解することは出来ない状況でしたから。素人の私たちはどちらかというと「癌は不治の病」という認識の方が強く、末期がんと宣告された以上、もう諦めるしかないと思っていたのが正直なところかも知れません。そんな中、治療方針の説明に入ると聞き慣れない薬の名前や検査方法、検査機器名などが出てきて、ただただ圧倒され右往左往するだけでした。
 
しかしその大学病院は最新鋭の高額な検査機器や設備のある大きくてきれいな大学病院で、医療系ドラマの撮影にでも出てきそうな雰囲気でした。そこで働く医師や技師は最高の技術と知識を持っているはずだと勝手に信じてしまっていましたので医師や技師が神様に見えて、ある意味私たち家族の心の救いにはなりました。根拠なんて何もありませんが家族全員「絶対にこの大学病院の先生は世界有数の名医のはずで、必ず父の末期がんを奇跡的に治して下さる!」そう信じていました。正しく神頼みな状況でした。
 
でも、だからと言って本当に全てを信じて、病院に丸投げで任せていて絶対に大丈夫なのか?医師も同じ人間なので、間違いもあればミスもあるだろう・・・という不安もありました。また、末期がんはまだまだ人間には治せない不治の病であるのも確かですから、西洋医学による治療がどれほど期待できるものかにも不安がありました。あとで後悔しないためには、せめて医師と対等に話しが出来るようになって、父の状況を正しくつかめるようにならないといけない!と思うようになりました。父の状況がどうなっているのかをつかめなければ、家族としても正しい判断や対応が取れなくなりますので。病院を信じていたのに、あとで匙を投げられて裏切られるパターンはよくある話だと聞いていましたから・・・。
 
そんな不安から私は、いろいろな書籍を図書館で借りてきたり購入したりして読み漁る毎日を始めることとなりました。
 
私なりに色々書籍を読んでは書いてあった情報をさらに調べて考える、そんな繰り返しの毎日でした。書籍でも、中には古い情報や間違った情報、筆者の偏った情報などもあるので、自分なりに納得が出来る情報と正しいと思える情報だけを選び、自分だけの辞書になるよう書き留めたり重要なデータやグラフなどはコピーしてスクラップにしたりしました。気が付けば1週間ほどでB5大学ノート10冊程度にもなりました。
 
この勉強の時間が私にあった事が、後々色々な意味で正しい道へ進むきっかけとなったように思います。中でも、先進国である日本に住んでいて日本の医療は世界でも最先端だと信じて疑わなかった私でしたが、現実はその逆で、日本の医療は何十年も遅れているという事実は私の視野を大きく広げたと思います。
 
この調べまくった1週間、私にとっては無駄な時間では勿論なかったと思っていますが、しかし現在末期がんと闘っておられる方々、これから末期がんと闘われる方々が時間のない中で私と同じことをする必要はないと思います(勿論時間がある時は有益な正しい情報はご自身でたくさん集めるようにして下さい)。
 
私たち家族が色々時間をかけて得た情報や知識、試行錯誤してきた事をこのホームページに整理して記しておきますので、皆様には無駄な時間を掛けずに最短で正しい方向へ向かって頂ければと願っています。私の父の末期がん完治事例や私たち家族の経験を、ひとつの道、ひとつの考え方、ひとつの事例として参考にして頂けましたら幸いです。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡・大見出
必要なのは「希望と勇気と正しい知識」

 
まず、末期がん患者自身の父は勿論、ご家族にも治るという「希望」がなければ、治るものも治らなくなってしまいます。私たち家族は病状も余命も全てを告知されていましたが、私の父だけは主治医から全ての告知をされていなかった事もあり、最初の頃の父は勝手に「ちょこちょこと腫れている部分を切ったら治る」みたいに思っていたようで、「余命が何か月」とか「声と舌を失う」とかと言われているとは全く想像すらしていませんでした。
 
しかしこれが良いように働き、父は治療が暫く進むまでは大きなストレスを抱えることなく、すぐに治ると希望を持てていました。私たち家族は大学病院を信じるのみで、さすがに「希望」と言えるほどのものは何も持っていませんでしたが、しかしその時は「絶対に諦めない」という「覚悟」だけはしっかりと持っていました。
 
そして可能な限り勉強をして「知識」を身に着ける努力は必要だと思います。正しい知識があれば正しい判断が出来るようになります。正しい判断が出来るようになると、正しい情報に巡り合えるようになります。正しい情報がどれなのかを見極める力はとても大切です。ホームページひとつをとっても、正しい情報だけを記しているものもあれば、意図的に嘘が書かれていたり情報が歪められているものもあります。正しい情報と出会うことが出来れば、どの方向へ向かうべきなのかが自然と見えて来ると思います。その情報が納得出来る正しい情報であるなら、あとはその道を簡単には諦めずに突き進む「勇気」を持って下さい。
 
私たち家族はこの「希望」「諦めない勇気(覚悟)」「正しい情報」があったように思います。
 
私は精密検査結果が出るまでの間、「最悪ひょっとすると癌かも」と想定して「健康食品で癌を克服できる」という書籍を図書館で見つけて何となく読んでいました。ただ、心のどこかではまだ「たぶん癌なんかのはずはない!」と思っている自分がいたので、その時は適当に流して読んでいる感じでしたが。
 
主治医から私たち家族に父の病状について説明があった後、私は主治医に「父の声と舌を失いたくないので、例えばアメリカで進んでいる代替療法とか免疫療法とか、とにかく何でも良いので手術以外の治療方法で治せませんか?」と質問しました。答えは、「出来ませんね・・・お父さんはそんな悠長な事を言えるような段階の容態ではないですよ」の一言でした。健康食品以外に「丸山ワクチン」の存在は教えてくれましたが、「手続きがややこしい」とか「莫大なお金がかかる」とかで、全く乗り気ではありませんでした(実際のところ丸山ワクチンは安価で、単に医師が詳細を知らなかったか、勧める気がなかったのだと思います)。
 
そのときは家族全員パニック状態でゆっくり考える時間もなく、精密検査や何かしらの治療、入院をさせてもらうためには主治医の言う通りにするしか方法がない状況でした。
 
取り敢えずリンパ節への転移が疑われていましたので、一刻も早く全身転移を食い止める事が絶対に必要であると感じ、すぐさま入院と抗がん剤治療に同意をしてすぐ始めることになりました。
 
父親本人へは「少し悪性寄りの腫瘍だから、念のため抗がん剤を打ち、手術で切り取れば大丈夫ですよ」と主治医は告知していました。その時、本人には「声」と「舌」が無くなることまでは一切説明をしませんでした。恐怖感がストレスとなり、治療に悪影響を与えるためです。私たち家族も父へ本当の事を話すと、父の性格からして治療の全て拒否して「死」を覚悟してしまう可能性が高いと判断して、「声」と「舌」を失うことを一切知らせませんでした。
 
今の病院では後々問題になる事を嫌って必ず患者本人へも全てを告知する方針ですが、理解ある主治医ならば私の父の時のように「控えめな告知」をして下さる医師もいると思います。主治医とはコミュニケーションをしっかりと取りながら、患者側のリクエストもしっかりするようにして下さい。
 
こうして私の父親は10月23日、中咽頭癌末期+舌癌末期と闘うために緊急入院をすることになりました。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡・大見出
憎き敵「癌細胞」の事、病院治療の現実を知る

 
病院治療の現実「末期癌克服への架け橋」

情報収集の大切さ

覚悟を決めて治療に入ると決めた私たち家族ですが、家族・親戚の中に誰も医学に詳しい者はおらず、知り合いに医者も看護師もおらず、とにかく何か疑問点が出てきても誰にも相談できず、疑問点が増えてくるとドンドンと分からない事だらけになります。

 
そこで私は、これから父親の闘病を支えるために出来る事を最大限しようと考えた時に、まずは情報収集だと思いました。「癌」の事、体の仕組みの事、病院治療の事、その他癌と闘うために必要な事ならば何でも詳しく情報を集めて、その中から父に合ったもの・必要なものだけを取り入れるという事をしなければならないと。良いと思われるものは何でも試したいところですが、時間的にも経済的にもそれは幾ら大切な父のためでも無理なので、選択と集中で支えていく事にしました。
 
これから入院で非常に大きなお金が掛かるであろう事も私はとても不安でした。でもそんな時のためのがん保険です。しっかり者の父の事なので、万が一を考えて手厚いがん保険に入っているはずです。アフラックなど何社かのがん保険に入っていれば、入院費や治療費、手術代などは全く心配をしなくて良いはずです。がん保険があれば、病院治療以外の民間療法や湯治、機能性素材も私のお給料の範囲内である程度試せると思っていました。
 
しかし!母に確認すると、数年前に父が「俺はポックリあの世へ行くから葬式代だけあれば良い」とか何とか言って保険を解約をしてしまっていました。しかも解約して戻って来たお金は住宅ローンの前倒し返済に充ててしまっていました。今までも貯まれば住宅ローンの前倒し返済をしていたので貯金もほとんどなし、あるのは葬式屋さんの互助会の積み立てだけという状況でした・・・。
 
今さら騒いでもどうしようもないので、経済的な事は家族全員の僅かな貯金をかき集め、さらに私が仕事帰りに夜アルバイトをする事で何とか乗り切る事にしました。
 
「最悪な場合”死”を、良くても父親の”声と舌がなくなる事”を覚悟しなさい」と主治医から言われて、家族としては当然「はい、そうですか」と言って素直に受け入れて黙って見てはいられませんので、最悪は無駄な努力で終わってしまうかも知れませんが私たち家族は絶対に「あのときこうしておけば良かった」と後悔しないよう、最大限出来る限りの手を尽くす事を決めました。一番近くにいる家族が諦めてしまったら、治るものも治らなくなると思いますし。
 
何にしてもさらに情報をたくさん集める事がまずはとても大切だと思ったので、私は徹夜で片っ端から借りて来た末期がんに関する書籍を読み漁り、さらにインターネットや癌フォーラムなどでも情報を可能な限り集めました。
 
そしてUCLA(米国カリフォルニア州立大学)医学部へ留学している親友にも時差を乗り越え何とか連絡を取ったり、会社の上司や同僚、同級生など、とにかくいろいろな人に有益な情報がないか聞いて回りました。
 
そして何となく癌というものや生体の仕組み、病院の末期がん治療の現実などが私なりにぼんやりと見えてきました。それは、癌と闘う「最強の武器」は人間が持つ自身の「自然治癒力」や「免疫力」であるということ、そして西洋医学による末期がん治療だけを頼って信じていては、必ず最後には後悔する事になるという、まずはこの2つでした。
 
私はこの時から非常に大きなキーワード「免疫力」というものに興味を持ち、引きつけられて行きました。末期がんになってしまった現在の父の免疫力は非常に低い状態であるのは疑いようがなく、その免疫力(自然治癒力)をまた健康な人と同じ高いレベルへ引き上げる事が出来れば、末期がんでも消える可能性があるという事はとても理に適っていて納得が出来るものでした。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡・大見出
免疫力で末期がんに克つ?!

 
ではそんな簡単に「免疫力を向上させるもの」なんてあるのでしょうか?
 
主治医に聞いてみたところ、残念ながら「病院では免疫力を高めるようなことはしませんよ(「しない」のではなく「出来ない」のですが)。患者さんの状態を見ながら治療を行います。例えば抗がん剤治療中、もし白血球の状態が悪くなったら(=免疫低下したら)抗がん剤治療を一時中止して回復するのを待ちます。」との事。
 
私が「では患者の体力次第、回復力次第ってことですか?危険なレベルの免疫状態になったらどうするのですか?」と聞くと主治医は「あなたが言われるように患者さんの回復力次第ということです。もし危険な状態になればある程度回復するまで無菌室に入ってもらい対処しますので、感染症などの心配はしなくて大丈夫ですよ」との答えでした。
 
このような答えを聞かされて、私と同じく不安になる方も多いと思います。西洋医学はとても近代的で何でも治せるものだと思っている医学素人の私なんかは、免疫力を高めるなんて朝飯前のはずだと思っていましたので、「白血球が戻るまでただただ待ちます」だなんて、最新設備の大学病院でそんな回答があるとは思ってもみませんでした。それだけに「理論的には免疫力を高めれば末期がんに克てるかも知れないが、その免疫力を高める事が簡単に出来ないなら、末期がんに克つ事は夢物語ではないか!」とさすがに落ち込んでしまいました。
 
しかし一方、ネットや書籍などで調べてみると・・・
 
調べれば、「末期がんに効く○○!」「免疫力を高めて○日間で末期がんが消滅!」・・・そういう謳い文句の健康食品が山のようにあるではないですか!!どれが本当に正しく良いものなのか全く判断がつかないくらいに・・・。またそれら全てが、本当に謳い文句通りに免疫力を向上させる効果を持っているのかどうか、素人の私にはそれも全く判断がつきませんでした。書籍やインターネットでは凄い効果効能が書かれていますが・・・。
 
取り敢えず迷っていても仕方ないので、書籍がたくさん出版されているものを選ぶことにしました(結果的にこのテキトーな判断方法は間違いですから真似しないで下さい!)。父の検査結果が出るまでに私が読んだ書籍に出てきた2つの健康食品を選びました。どちらも購入先をすぐに調べて購入を検討しました。
 
健康食品の特筆すべきことは、成分は「食品(自然なもの)」であり「薬(化学的なもの)」ではないので、副作用がないことや病院治療と併用ができるメリットがあるということです。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡・大見出
本物の機能性素材とは

 
健康食品と機能性素材は同じものだと思っておられる方も少なくないと思いますが(私は同じものだと思っていました)、全くの別物なので注意が必要なようです。本物の機能性素材は、特定の機能性を持たせるように作られたもので、中には漢方薬やハーブなどのように薬に限りなく近い作用を発揮するものもあり、もし使用する場合は専門家とご相談されながら使用する事が大切だと思います。
 
その頃の私は、まだ何となく「病院や医師が何とか父の命を助けてくれるはずだ!」と淡い期待を勝手に持ち、大学病院や医師を信じていましたが、病院治療と併用が出来るものなら何もしないよりした方が良いだろうと家族で結論を出し、早速一般的な健康食品を試してみることにしました。経済的なこともあり、まずは2種類試してみることにしました。
 
 
そのころ主治医と治療についてお話する機会があり、その時に一般的な健康食品の事について意見を求めました。我が家が購入した健康食品について何となく名前くらいはご存じの様子でしたが、「病院での治療に悪影響を及ぼす可能性がありますので退院されてから飲んで下さい」とか「健康食品は高価なだけで全く効果なんてないものですから、お止めになった方がいいですよ」と言われました。また「本当に癌に対して効果があるのなら、今頃お国(厚生労働省)が認めて”薬”になっていますよ」とも言われました。
 
正直、その時は「そうかも知れないなぁ~」とも思い、主治医には「分かりました。無駄なお金は使わないようにします。余計に体調が悪くなっても困りますしね。」と返答しました。
 
しかし、書籍などを読む限り、副作用があるとか、病院での治療に対し悪影響を与えるとは一切書かれていないですし、健康食品の販売店に電話で確認を取っても問題なしとの事だったので、取り敢えず買ってしまったモノを捨てるのも勿体ない話ですし、主治医には内緒で、無くなるまで飲み続けるよう父にはお願いしました。
 
ところで主治医の、お国が認めたものだけが「善」という発想は、とても怖いものだと私は思いました。では「抗がん剤」はお国が正式に認めていますが、本当に身体にいいものなのでしょうか?「放射線」は?
 
身体に強いダメージを与えるものなので「悪」に決まっています。ならば主治医の理論からしたら、抗がん剤も放射線も身体に悪いので「善」ではなく「悪」ではないのでしょうか?
 
ただ抗がん剤や放射線は「毒を以て毒を制す」もので、それらが間違いなく「悪」であっても癌細胞を縮小させる力・可能性を持っているのは事実。場合によっては、抗がん剤や放射線も有効な場合もごく僅かにあるのでしょう。
 
しかし抗がん剤や放射線と同じく、免疫力を高める健康食品も機能性素材も「有効である可能性がある」ならば、生命を救う仕事である医者として、もっと徹底的に調べてみるべきではないのかと私は感じました。毎日たくさんの患者さんの相手をして余分な時間などないのはよく分かってはいますが、調べた後に意見を述べて欲しいと思います。人間の身体のメカニズムは、まだまだ未知の部分の方が多いのですから、お国が病院治療として認めているものだから「良いもの」、お国が病院治療として認めていないものは「ダメなもの」と決め付けるのは大きな間違いだ、と私は思います。
 
日本では「薬品」と「食品」の2大分類しかないそうですが、分類上「食品」であっても、患者の身体に余計な負担を掛けずに「薬」以上に効果が得られる作用を発揮する、もしくは「薬」には期待出来ないような作用を持った本物の機能性素材だって世の中にある可能性は否定できないはずです。事実、近年の研究で凄い作用を持った機能性素材が多く存在しています。機能性素材の多くは少なくとも副作用がないのですから、「薬」とほぼ同じ効果が期待できたり「薬」には期待できない作用を持っている可能性があるのならば、総合的に考えれば機能性素材の方が幾らか患者さんにとって苦痛もなく、メリットがあると私は思ってしまいます。
 
その頃からますます「本物の機能性素材」を探そうという気持ちに私はなって行きました。