末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

乳がんに対する免疫賦活物質A.M.Dの効果

末期癌完治奇跡のプロセス区切り線

 

乳がん完治症例

 
A.M.Dは乳がん治療にとても大きな成功をおさめているので、乳がんに罹患している世界じゅうの患者さんにとても大きな希望となるでしょう。
 
ここに紹介する6例は、いずれも手術、化学療法、放射線療法などの通常の治療を受けた患者さんで、A.M.Dの投与により、乳がん患者が3年間マンモグラフィー(乳房X線検査)で異常がありませんでした。
 
最初の1~2年間でマンモグラフィーが正常なのは、これらの通常療法の効果である可能性が高いのですが、しかしその場合には初診から3年後のがんの再発率は高いといえます。
 
A.M.Dを投与した患者さんのマンモグラフィーが3年以上も正常だということは、最初に実施した従来の療法の効果だけでなく、免疫機能が正常に働き始めたからだといえましょう。
 


 

症例4◆44才の女性乳がん 手術と化学療法

 
性格の明るいこの44才の患者さんは、1994年12月に右の乳がんと診断されました。すぐに手術と化学療法を受け、その後私のところに来られたのですが、1995年5月のNK細胞活性基礎値は39.9%でした。
 
A.M.D投与1ヵ月後、NK細胞活性値は48.9%に改善され、1995年10月には、ほぼ2倍の83.5%となりました。
 
それ以来この数値を維持しており、マンモグラフィーにも問題がなく、がんの再発がないことを示しています。もちろん、CTスキャンも全く問題ありませんでした。
 


 

症例5◆59才の女性乳がん 手術と化学療法

 
この患者さんは1984年8月に浸潤性乳管がんと診断され、通常の治療を受けました。そして、2年後の1986年10月にがんが胸壁に再発してしまいました。1991年7月から1992年8月にかけて化学療法を受け、治療は順調に進み、残っているがん細胞を殺すためにタモキシフェンの投与を継続していました。
 
ところが、1995年1月に再びステージⅣの進行がんが再発し、胸壁への浸潤が認められました。
 
そのときのNK細胞活性値は34%でした。そこでA.M.Dを3年間投与したところ、NK細胞活性値は65%に上昇し、最終的には88%に達しました。
 
患者さんの疲労度は通常の治療をしているときよりもはるかに少なくなり、精神的にもおだやかな生活に戻れたようです。担当医師からの報告によると、現時点でがんは認められていません。
 
この患者さんは、いつもご主人と息子さんのあたたかい家族愛に支えられており、これが進行がんとの闘いに勝った一つの秘訣でしょう。
 


 

症例6◆50才の女性乳がん 手術と化学療法

 
X線技師のこの患者さんは、1991年3月に左の乳がんと診断され、通常の治療を受けました。
 
ちょうど1年後に私のところに来られたわけですが、CEA(乳がんの腫瘍マーカー)値は3.4で、NK細胞活性値は5%ととても低い数値でした。
 
さっそくA.M.Dの投与を開始したところ、7ヵ月以内にCEA値は1.7まで低下しました。2ヵ月後にNK細胞活性値を調べてみると58%と10倍も増加していました。
 
いまもA.M.Dを継続して投与していますが、現時点まで免疫反応は正常を維持していると同時に、マンモグラフィー、CTスキャンに異常が認められないので、ガンのない状態がつづいているといえます。
 


 

症例7◆43才の女性乳がん 手術と化学療法

 
43才の陽気なこの患者さんは、1992年に左の上皮化生を伴う浸潤性乳管がんを示す乳がんと診断されました。乳房根治切除術後、化学療法を受けました。ところが3年後、左頸部および左上胸部のしこりに気づき、左頸部の吸引生検を実施しました。その結果、固形塊が認められ、病理学的に悪性腫瘍が確認されました。
 
再び化学療法を実施すると同時に、A.M.Dの投与を開始しました。この時点でのNK細胞活性値は33%でした。1週間後に再びNK細胞活性値を調べてみると56.5%まで上昇しており、1年後の1996年3月に実施したCTスキャンおよび生検ではがんは認められませんでした。NK細胞活性値も含めて、現在まできわめて良好な状態がつづいています。
 
この患者さんは、いろいろなものへの好奇心があり、特に自分の健康に関する代替療法として東洋医学に興味を持っていました。とても良好な健康状態を維持してこられたのも、患者さんが「病気と闘い」、「治療する」という意識を持っていたためでしょう。このような気持ちは免疫療法の結果を大きく左右するものです。
 


 

症例8◆51才の女性 乳がんと肺がん 手術と化学療法

 
1994年1月、左胸の乳がん(浸潤性乳管がん)のステージⅣと診断された51才の患者さんは、腫瘍摘出手術を受け、1994年12月のマンモグラフィーではがんは認められませんでした。
 
ところが、1995年8月18日に耐えられないほどのせきと息苦しさを訴えたため、気管支内生検を行ったところ、プロゲステロン(黄体ホルモン)受容体十の腺がんが認められました。おそらくこれは、肺原発性の小細胞がんではないかと思われます。
 
1995年8月25日に私のところに来られ、化学療法とA.M.Dの服用を開始しました。
 
このときのNK細胞活性値は19%と非常に低いレベルでした。少しずつ活性値は上昇しましたが、化学療法の副作用のため活性値は20~30%で推移していました。
 
しかし、1996年と1997年に撮影したマンモグラフィーはいずれも異常が認められず、陰性でした。
 


 

症例9◆51才の女性 乳がん 化学療法と放射線療法

 
子ども2人の母である51才の患者さんは、月経周期異常がある以外、これといった病気もせずに健康に恵まれて過ごしてきました。
 
ところが、1994年12月、左胸にしこりがあることに気がつきました。すぐに医者に行き、切除生検の結果、腫瘍が認められたため、1995年1月からタモキシフェン(化学療法)と放射線療法を始めました。そしてこの療法が始まった時点から、がん再発予防のために代替療法をさがし始めました。
 
1995年3月、知人の紹介でA.M.Dでの療法をするために私のところに来られました。
 
そのときの患者さんのNK細胞活性値は36%という低いレベルでしたが、これはおそらく放射線療法の作用に起因する可能性があります。
 
A.M.Dを2ヵ月投与したところ、NK細胞活性値は55%まで上昇し、さらにその後67%にまで達しました。A.M.Dを継続することにより、免疫系の活性は高いレベルで維持され、マンモグラフィーでも異常はなく、陰性でした。
 
1995年7月には、患者さんの精神的なエネルギーも非常に高くなると同時に、健康状態もきわめて良好になりました。
 
 
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士
 
末期癌完治奇跡のプロセス区切り線
末期癌完治の奇跡区切り線
<父の末期癌克服に役立った武器資料室メニュー>