末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | 医療機関向け免疫賦活物質(免疫療法)資料室 | 免疫力アップによる子宮頸がん及び卵巣がん完治生還症例

子宮頸がん及び卵巣がんに対する免疫賦活物質Arabinoxylaneの効果

末期癌完治奇跡のプロセス区切り線

子宮頸がん及び卵巣がん

 
子宮がんの主な危険因子はエストロゲン(卵胞ホルモン)ですが、閉経期におけるエストロゲン療法などにより、エストロゲンにさらされることがかえって発がんリスクをふやします。
 
卵巣がんは多くの場合、発症してもかなり進行するまでは目立った症状やサインがあらわれません。
 
また、子どもを産んだことがない女性は、子どもを産んだ経験がある女性と比較して子宮頸がん、卵巣がんともに発症する確率が高くなります。
 
いずれにせよ、子宮がん検診は初期のがんを発見するのにとても有効なので、40才以上の女性は毎年定期検診を受けるといいでしょう。
 


 

症例14◆47才の女性 子宮頸がん 手術せず

 
1994年2月に、この47才の患者さんは、子宮がん検診の子宮細胞検査でクラスIIIと判定されました。この患者さんは、扁平上皮細胞異型を持つ上皮化生を示しました。
 
これまで紹介した症例とは異なり、この患者さんは主治医からすすめられた手術を拒否し、代替療法をさがし始めました。
 
1995年1月に来院され、すぐにArabinoxylaneの投与を開始しました。それから6ヵ月後、
パパニコロー染色法と呼ばれる細胞診判定ではクラスIIとなり、5ヵ月後にはクラスIと正常になりました。
 
この患者さんはいろいろなストレスをため込んでいました。家族にはがん患者が何人かいたため、彼女自身とてもがんを恐れていましたし、他人に対して悪い感情をあらわすことはけっしてなく、常に周囲の人たちのために、自分が犠牲になっているという生活をしていました。仕事とボランティアで彼女のスケジュールは信じられないほど過密でした。
 


 

症例15◆55才の女性 卵巣がん 手術と化学療法

 
大学の教官をしているヨーロッパ系アメリカ人の55才の患者さんは、胸部の腫瘍と腹部膨満により、1995年2月に入院しました。
 
MRI(核磁気共鳴検査)の結果、腹水を伴う卵巣がんが強く疑われました。Ca125(卵巣がんの腫瘍マーカー)の数値は305U/ml(正常値=35U/ml以下)で、さらに、病理所見では両側の卵巣がんを示していました。
 
広範な腹部手術を受け、腫瘍切除を行い、2月後半には、シスプラチンおよび5-フルオロウラシルとArabinoxylaneの併用療法(化学療法)を開始しました。NK細胞活性基礎値は15.2%でしたが、これは化学療法に起因する可能性が大きいようです。2週間の投与後、NK細胞活性値は37.4%に上昇、そして2ヵ月後、Ca125値は治療前の305U/mlから28U/mlという正常域まで低下しました。
 
1995年8月末には検査のために開腹手術を受け、37力所の生検を行いました。病理報告によると、病理検査に出された検体のいずれにおいても肉眼および顕微鏡によってもがんの兆候はみられなかったということです。
 
腫瘍マーカーのCa125および医師の診察によっても、現在までがんは認められていません。
 
この症例での特徴は、化学療法とArabinoxylaneを併用した卵巣がん患者で、完全な臨床的な寛解を得るまでの期間が短縮されたことです。平均的な嚢胞腫瘍患者では、化学療法だけでは正常化するまでに4~6ヵ月を必要とします。
 
卵巣がんの補助療法としてArabinoxylaneが重要な役割を果たしたため、臨床的に無疾患状態が維持されており、臨床的な寛解を得るまでの期間を短縮するという仮説が確認されたことになります。
 
この患者さんは、悪性腫瘍を除去する方法として、免疫系の重要性をかたく信じていたため、治療の一部としてとても熱心にArabinoxylaneの研究に参加してくれました。
 


 

症例16◆53才の女性卵巣がん 手術せず

 
明るくとても感じのよい53才のこの患者さんは、1995年12月に、吸引生検(検査のために患部を針で吸引する)で異型濾胞細胞(濾胞状悪性新生物の疑い)が明らかになりました。しかし、患者さんは手術を拒否しました。
 
1996年5月、Arabinoxylaneの投与を開始し、1年半継続しました。免疫および臨床評価で中程度の反応を示しました。NK細胞活性基礎値は13%でしたが、3ヵ月後14%、4ヵ月後18%、5ヵ月後20%、7ヵ月後23%、8ヵ月後38%と、少しずつ確実に上昇していきました。また、臨床評価では、がんの進行は認められませんでした。
 
この症例は、ストレスがArabinoxylaneに対する免疫学的および臨床的反応を遅延させる原因になっていることが認められたうちの一つです。
 
この患者さんは会社を経営しており、最近の経済危機の影響を受けていました。さらに重要なことは、仕事で海外に出張することが頻繁にあったことで、旅行に関するストレスは十分証明されたと思います。
 
ストレスにより免疫機能が低下するのはもちろんのこと、白血球の数までもが低下することを私たちの研究室で検証しました。しかし、このような問題の評価に関してはまだまだ時間が必要です。
  
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士
 
末期癌完治奇跡のプロセス区切り線