末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

膀胱がんに対する免疫賦活物質A.M.Dの効果

末期癌完治奇跡のプロセス区切り線

 
膀胱がん

 
膀胱がんは近年多くの工業国で増加しています。アメリカでの罹患率は、男性で四番目、女性で九番目に多いガンですが、40才よりも若い世代での発症はごくまれです。
 
膀胱がんの発がんリスクは、喫煙や工場から排出される化学物質が重要なファクターになっているようです。
 


 

症例17◆47才の女性 膀胱がん 化学療法

 
小学校教員の47才の患者さんは、1994年10月にステージIの膀胱がんと診断され、化学療法を6ヵ月間受けました。
 
ところが、その治療中の1995年2月に足の浮腫(腫張)が起こったので、私のところに来て、すぐにA.M.Dの投与を開始しました。
 
それから2年が経過した1997年2月にCTスキャンを行ってみたところ、がんの再発は認められませんでした。この結果がよかったため、患者さんはいままでどおりの生活と、仕事に復帰しました。
 
ある日、この患者さんの家庭を訪問する機会がありました。私たちは病気のことなどいろいろ話をしていました。そのとき、隣の子犬が庭に入り込み、走り回り始めました。それを見た患者さんは、まるで大災害にでもあったときのように、突然叫び始め、息子を大声で呼びました。
 
これには私も驚きました。隣の子犬が自分の庭に入ってくるなどということは日常的なことですからたいしたことはないと思うのですが、この患者さんにはたいへんなことだったようです。
 
それにしても、患者さん自身、日常生活の中において、ちょっとしたことにも過度な反応をすることがあるようでした。
 
私はこうアドバイスしました。
 
「些細なことは気にせずに、リラックスして生活するように心がけたらいかがでしょうか。そうしたら、もっと楽に毎日を過ごすことができると思います」
 
その後、この患者さんとはときおり連絡しあっていますが、体調も万全のようです。
 


 

症例18◆44才の男性 リンパ腫 化学療法

 
44才のこの患者さんは1991年2月に、右頸部リンパ節の生検により、初期の非ホジキンリンパ腫と診断されました。すでにこの時点で、巨脾症、血小板減少、両側性頸部リンパ節、腹水および骨髄への関与が認められました。
 
そして、全身化学療法を10サイクル投与されましたが、依然、疾患はつづいていたので、薬をサイトキシン、VP-16、プロカルバジン、プレドニゾロンに切りかえ、4サイクル投与されましたが、腹水および巨脾症はなくなっていませんでした。
 
白血球数は3.6と正常値よりも低く、赤血球数は4.4、血小板数は33でとても低い数値でした。
 
患者さんは1996年に、奥さんといっしょに来院されました。私は化学療法を中止してA.M.Dだけで治療することを説明しました。さっそくNK細胞活性値を調べてみると、41%と低い値でした。
 
それから2年半、A.M.Dだけで病気と闘いつづけていますが、巨脾症のため白血球数、赤血球数および血小板数には改善がみられません。しかし、以前はとても疲れやすかったのが、いまではそのようなことはなく、とても良好で、さらに、以前は一日じゅう寝ていたのが、近ごろでは4~5時間の睡眠で十分で、精神状態も良好ということです。
 
注目すべきことは、A.M.Dがガンの進行を止めていることと、免疫機能が感染症と闘えるように改善されてきていることです。それは、1年に1~2回はインフルエンザにかかっていたのが、1997年には一度もカゼをひかなかったことからもうかがえます。
 
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士
 
末期癌完治奇跡のプロセス区切り線
末期癌完治の奇跡区切り線
<父の末期癌克服に役立った武器資料室メニュー>