末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | 医療機関向け免疫賦活物質(免疫療法)資料室 | 免疫力を高める免疫賦活物質A.M.D.とは

免疫力を強烈に高める免疫強化物質A.M.D.とは

末期癌克服への架け橋区切り線

免疫賦活物質「A.M.D.」は免疫力を短期に強力に高める

 
ここでは当時、UCLA医学部に留学中だった私の親友に頼み調べてもらって幸運にも出会うことが出来たドクター向けに製造されている「免疫力を高める物質Arabinoxylane for Medical Doctors<A.M.D>」について私が調べて理解した内容を簡単にまとめてあります。学会発表資料・臨床データ・書籍・雑誌特集記事などの内容も併せて記し、詳しくかつ分かり易くしたつもりです。末期癌治療の際の参考になれば幸いです。
 

獲得免疫(NK細胞)賦活物質<医療機関向けA.M.D>概要

 

獲得免疫賦活物質(免疫力を高める成分)の原料はArabinoxylaneという物質で、私たちの身の回りの豊かな自然が育んだ天然の物質です。Arabinoxylaneは、自然界に広く分布し、身近にある稲や小麦、トウモロコシなどのイネ科植物に多く含まれている免疫調整物質と称される成分です。植物の強固な細胞壁を構成している材料のひとつが「ヘミセルロース」と呼ばれる高分子の糖質で、「食物繊維」と呼ばれているものの一種です。このイネ科植物のヘミセルロースの主成分がArabinoxylaneです。ただ、自然界に存在するArabinoxylane自体は高分子であるため人間が服用しても全くNK細胞活性(免疫力を高める事)は起きません(すなわち、Arabinoxylaneが含有されていれば免疫力が高まるということが起きるというわけではありません)。 
Arabinoxylaneは化学構造上、人間の消化管で消化されることはありませんが、そのままの形で消化管から体内へ吸収されますので、免疫力を高める物質としては極めて興味深い物質です(いくら免疫強化物質BRMとして優れた働きを持っていたとしても、体内に吸収されなければ役に立ちません)。
A.M.Dは抗癌剤のように化学的に合成された物質とは違い、自然界に存在する天然の物質の抽出物ですから副作用もなく、安全性の非常に高いものです。 
一般的にA.M.Dよる免疫力を高める効果(NK細胞強化賦活効果)を得るためには、低分子化されたA.M.Dが小腸から血中へ吸収され、その吸収された低分子なA.M.DがNK細胞に対して刺激が出来なければなりません。つまりNK細胞の受容体と一致する成分(言わば「鍵」)がA.M.Dに含まれていなければNK細胞活性(免疫力が高まる事)は起きず、全く意味がないことになります。
低分子化されたA.M.Dは、免疫抑制が必要な場合を除き、病院治療、病院薬、漢方薬、他の一般的な健康食品と併用しても、相乗効果を得られる事があっても問題が起きることはないと言われています。
低分子化されたA.M.Dには、ほかに類をみないNK細胞の免疫力強化作用・免疫力活性化作用が発見されています。
第3世代A.M.Dは、第2世代型のAHCCと比較して3倍の免疫力を高める効果(NK細胞活性)があるとメーカー発表されています。第4世代A.M.Dは、第3世代型と比較して分子量が1/10と低分子化され、免疫賦活有効成分もさらに3倍程度強化されているとメーカー発表されています(1/3の量で同じ免疫力を高める活性度を発現するという事のようです)。最新A.M.Dは、獲得免疫力(NK細胞活性)を高めるだけでなく、自然免疫力(マクロファージ活性)も高いレベルへ高めます(下グラフ「同一試験下での免疫力を高める効果比較グラフ」参照。ちなみにグラフ内の「コメ・アラビノキシラン」は約20年以上前に誕生した成分を指す)。
低分子化されたA.M.Dは国内外の大学などで免疫力を高める効果を中心に研究されてきました。UCLA/DREW医科大学(アメリカ)をはじめ、ケンブリッジ大学(イギリス)、マクマスター大学(カナダ)、オックスフォード大学(イギリス)、グローニンゲン大学(オランダ)などの海外有名大学、そして日本国内でも千葉大学、神戸女子大学、自治医科大学、日本大学、九州大学、名古屋大学、京都大学、富山医科薬科大学、川崎医科大学、東京歯科医科大学、東京大学など。
第4世代A.M.Dの原材料は、国立大学法人弘前大学食物学研究室との共同研究によって開発された素材が使用されています。
2018年現在まで、Arabinoxylane製品には一般市販品サプリメント向け成分と特定のドクター向けに製造されている医療機関向け成分A.M.Dとが存在します。
Arabinoxylane含有製品には現在、原材料が「コメ」「コーン」「クマザサ」などで作られたものがあり、粉末状や錠剤、水溶液型など多数の一般市販製品が存在しますが、当然の事としてどれでも同じように免疫力が高まるという事ではありません。医療機関向けとして製造されているA.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)は、原材料が「コメ」であり、特別な工程で製造されたものだけが高い免疫力賦活効果を発揮します。
 
区切り線

NK細胞の免疫力を高める賦活物質「A.M.D」科学的詳細説明

 

Arabinoxylaneは、天然の物質から抽出されます。
ヘミセルロースの主な成分(構成糖)は、ArabinoseとXyloseで、それ以外の構成糖を酵素反応を用いて分解することによって、より純粋なArabinoxylaneを得ることができます。
Arabinoxylaneの構造モデルはArabinoseとXyloseの複合体です。
Arabinoxylane構造モデル
ArabinoseとXyloseは、いずれも炭素が5つの5炭糖(Pentose)と呼ばれる単糖に所属します。自然界に存在する糖類は炭素が6つの6炭糖(Hexose)によって構成されている糖類が一般的です。ですから、ほとんど5炭糖のかたまりのようなArabinoxylaneは、私たちの摂取する植物の成分としては大変珍しい糖類として非常に注目されています。
低分子化されたA.M.Dの場合、3,000ダルトン程度の非常に小さな分子量のものが多く含まれています。食物繊維としては分子量が極めて小さく、経口投与で血中に非常に吸収されやすいのが大きな特徴です。
※医療機関向けA.M.Dの分子量は、3,000ダルトンよりさらに小さな分子量(1,000ダルトン以下の数百ダルトン程度)のものも非常に多く含まれているようです。また、腸管免疫を刺激する高分子のもの(数万ダルトンのもの)も最適な量が含まれています。
※第3世代型A.M.Dのピーク分子量が5,000~30,000ダルトンに対し、第4世代型A.M.Dのピーク分子量は2,000~3,000ダルトンとさらに低分子化されています。
腸で吸収できない高分子なArabinoxylaneは、腸管免疫を刺激して免疫活性システムのスイッチがオンになると言われています。医療機関向けA.M.Dには、高分子のもの・低分子のものがバランスよく入っているとの事で、血中へ吸収されて直接免疫細胞を刺激するのは勿論、腸管免疫をも刺激するものと考えられています。尚、米糠由来以外の製品の中には、腸管に成分がへばりつき下痢症状等を引き起こす可能性がある製品も存在するようです。ひどい場合には腸閉塞を起こす危険性もあるそうですので、企業利益優先で作られた粗悪品の安全性確認には十分注意が必要です。
免疫賦活効果の大小は、理論的に活性化処理後(低分子化後)のArabinoxylaneの「分子量の大きさ」「分子量分布」「活性度」等の要素が大きく関係するものと推測されます。米糠由来とは違う一部サプリのArabinoxylane製品において 、安さと含有量を前面に押し出している製品がありますが、活性度が低いため(成分の中に免疫細胞を活性化させる「鍵」がないため)免疫賦活は思うように起きないようです。この事からも免疫賦活を起こすには、上記のすべての要素が必須という事が分かります。
 
区切り線
 

同一試験下における有名サプリの免疫強化効果比較グラフ

 
最新A.M.D含有成分と、約20年前のArabinoxylane成分をはじめ、一般的に免疫力を高める等と宣伝されている健康食品「コーンアラビノキシラン」「アガリクス」「フコイダン」「メシマコブ」「マイタケ」との免疫活性の比較をしたグラフです。ちなみに「control」というのは何もしない時の状態。つまりは健康食品によっては、服用することで「control」以下になる場合もあるという事のようです。メーカーにより正式発表されている資料からの抜粋です。

 
FRGE-マクロファージ活性グラフ

A.M.Dのマクロファージ活性比較

 
FRGE-NK細胞活性グラフ

A.M.DのNK細胞活性比較

 
   
区切り線
 

白血球を刺激して免疫力を高める免疫賦活物質とは

 
白血球の免疫の働きを強化し活性化すれば(免疫力を高めれば)、癌などの病気の予防や治療に役立つと、最近になり考えられるようになってきました。そんな中、最も注目されているのが低分子化されたA.M.Dです。この免疫賦活物質に、白血球を増やし免疫力を高める優れた働きのあることが、米国のM・ゴーナム博士によって発見されました。
 
一般的な物質「Arabinoxylane」は、このイネ科植物に含まれるヘミセルロースという食物繊維の主成分です。
 
ところが、ヘミセルロースはそのまま食べても体内には吸収されずに、排泄されてしまいます。そこで、酵素反応を使って、ヘミセルロースをより小さく切って取り出し、濃縮した後スプレードライや凍結乾燥などの過程を通り微粉末処理(10億分の1ミリ単位)されます。そうして取り出された成分が低分子化されたA.M.Dです。酵素処理されたA.M.Dは分子が小さいので、小腸でよく吸収され、血液中にも入ることができます。低分子化されたA.M.Dが体内に入ると、白血球は見慣れない「よそもの」が入ってきたと認識します。実は、これこそが免疫力を高める秘訣で、体に一種の揺さぶりを掛けるわけです。もっと詳しくいうと、A.M.Dが腸壁から侵入して、血液中の白血球のマクロファージやキラー細胞と出合うと、それらを刺激して、白血球を増加させたり、活性化させたりして免疫力を高めるのです。ことにキラー細胞では、A.M.Dに刺激されることによってインターフェロンγという物質が作られます。この物質がキラー細胞内のパーフォリンの形成を促し、癌細胞への攻撃力を高めるというわけです。
 
実際、1ミリリットルの血液中に白血球が約3000個(正常な人は4000~8000個)しかなかった人が、低分子化されたA.M.Dを摂ったら、30分後に約5000個にまで増えたという報告があります。また、ゴーナム博士は、27人の進行癌の患者さんに、一日3グラムのA.M.Dを摂ってもらった結果、患者さんのキラー細胞の活性(働き)が、次のように高まったと報告しています。例えば、乳癌では154~332%、前立腺癌では174~385%、多発性骨髄腫では100~537%、白血病では100~240%、子宮頸癌では100~257%の割合でした。
 
低分子化されたA.M.Dのこのような免疫力を高める効果は、医療現場でも認められています。
 

著:帯津三敬病院院長・医学博士
帯津良一 先生

  
 

区切り線
 

A.M.DはNK細胞を活性化する強力なBRM

 
ディズニー映画に登場するアラジンの「魔法のランプ」は子どもたちに夢と希望を与えました。私も読者の皆さんに、新たな「魔法のランプ」を提供したいと思います。そのすばらしいランプは、化学物質でつくられたものではありません。私たちの身の回りの豊かな自然がはぐくんだ、天然の物質でできています。
 
私の「魔法のランプ」は動物実験で期待どおりの効果があることが証明され、さらに、私と共同研究を行っている数人の医者や研究者から受けた報告からも同様の効果が得られ、’実際に癌患者に投与した結果も出ています。それはまさに「魔法」という言葉があてはまるほど、エキサイティングなものです。
 
結論から先に述べましょう。
 
A.M.Dは癌治療における宿命ともいえる副作用から解放してくれる、高度で全く新しい免疫調整物質「BRM」です。
 
A.M.Dには白血球の中のNK細胞の活性を飛躍的に高める働きがあるので、ガン治療など免疫が関係する病気の現場で有効に利用できるのです。A.M.Dによって高度に活性化されたNK細胞は、24時間、頭のてっぺんから足のつま先まで、ガン細胞を認識したなら、幾度にもわたってガン細胞に闘いを挑んでいきます。
 
早期癌の場合は、A.M.Dの投与・摂取がとても有効に働いてくれるでしょう。A.M.DはNK細胞を活性化させ、間接的にガン細胞を攻撃するだけでなく、直接、ガン細胞に攻撃を加えたりもします。
 
また、転移のある進行がんの場合には、まず、外科手術や抗がん剤治療で癌細胞を除去して大量に減らしたのちに、A.M.Dを投与・摂取すれば、手術や化学療法からのがれた癌細胞はNK細胞の標的になって破壊されるので、癌の再発・転移を防いだり、体力回復へと導いてくれるでしょう。
 
それでは、A.M.DがどのようにしてNK細胞を活性化させるのかというメカニズムと、すぐれた活性化の証拠を示しましょう。
 

Arabinoxylaneは自然界に存在する天然物質

 
A.M.Dの原料のArabinoxylaneはどのような物質でしょうか。あまり聞き慣れない物質名だと思いますが、実は自然界に広く分布し、私たちの身近にある稲や小麦、トウモロコシなどのイネ科植物に多く含まれている免疫調整物質と称される成分です。
 
一般の植物には動物のように骨格がありません。それでも、根を生やし、太陽と大空に向かってしっかり立っているのはなぜかというと、それは、一つ一つの細胞がしっかりとした強固な壁を持っていて、それが植物の体を支えているからです。
 
この壁、つまり、細胞壁を構成している材料の一つが「ヘミセルロース」と呼ばれる高分子の糖質で、「食物繊維」と呼ばれているものの一種です。この、イネ科植物のヘミセルロースの主成分がArabinoxylaneです。
 
ヘミセルロースは米や麦の種子の成分ではなく、あくまでも種子を保護している物質にすぎません。栄養学的に見れば、さしたる栄養価もなく、むしろ食味をそこなうことから、精米、製粉の過程で除去されてしまうのが一般的です。いってみれば、ヘミセルロースは長い間、邪魔者扱いされ、無視されつづけてきたという悲運な歴史を歩んできました。
 
ところが、米ぬか由来のヘミセルロースを変性させたA.M.Dには、ほかに類をみない免疫強化作用が発見されました。
 
ヘミセルロースは複数の種類の単糖によって構成されているヘテログリカンで、とても複雑な構造をした物質です。分子量もセルロースほど大きくなく、セルロースをコンクリートブロックにたとえると、ヘミセルロースはブロックとブロックを接着させるセメントの役目をしている物質といえましよう。
 
このヘミセルロースの中で、免疫調整物質として注目されるのが、米ぬかヘミセルロースBと呼ばれる成分です。米ぬか100g中に3~5mgほど含まれていて、水にとける性質を持っています。構造的には、キシロースの大きな枝から、アラビノースの枝が分かれて、それぞれの枝にガラクトースやグルコース、ウロン酸などの小枝や葉がついているようにとても複雑ですが、ヘミセルロースの中でも特に低分子の部類に入ります。化学構造上、人間の消化管では消化されることはありませんが、そのままの形で消化管から吸収されることは十分にあるので、免疫調整物質としては、きわめて興味深い物質です。
 
これまでに免疫を強化する物質、すなわちBRMに関して多くの研究報告がなされてきました。植物由来のBRMも数多く報告されています。これらの物質はすべて高分子物質であり、血液中に吸収された際、抗原提示細胞によって異物として認識され、免疫系が活性化されます。
 
特に、種々のキノコの細胞壁成分であるβ-1・3グルカンや酵母のα-1・6マンナンなどは、その活性が強いとされますが、これらの中で、経口投与で効果のあるものはごく少数にすぎません。それは、消化管で吸収されにくい分子構造になっているからです。いくらBRMとしてすぐれた働きを持っていたとしても、体内に吸収されなくては役に立ちません。
 

A.M.Dは自然の物質からつくられる

 
では、A.M.Dはどのようにして抽出するのでしょうか。
 
米ぬかヘミセルロースBは、高度に枝分かれした複雑な糖組成を持っています。その主な構成糖はアラビノース、キシロースですが、そのほかにも、ラムノース、ガラクトース、マンノース、グルコース、ウロン酸、グルクロン酸などが含まれています。
 
このうち、アラビノース、キシロース以外の構成糖を、酵素を用いて加水分解することによって、より純粋なA.M.Dを得ることができます。特にこの酵素反応に関与する炭水化物分解酵素は反応温度も低く、非常にマイルドな条件下で反応が進みますから、元来持っている複雑なヘミセルロースの基本構造をそこなうことなく、反応性に富むA.M.Dを得ることができます。
 
米ぬかヘミセルロースBの複合酵素による変性によって得られたA.M.Dは、次ページ下図のような構造モデルになっています。
 
分子量は3000~5000ダルトン程度で、食物繊維としては分子量がきわめて小さいことが特徴です。
 
アラビノース、キシロー・スはいずれも炭素が5個の5炭糖と呼ばれる単糖に所属します。
 
自然界に存在する糖類は、炭素が6個の6炭糖によって構成されている糖類が一般的です。ブドウ糖、果糖、ガラクトースなどは6炭糖ですし、デンプンはブドウ糖の重合体です。また、砂糖はブドウ糖と果糖とでできています。多くの細胞壁成分であるβ工りグルカンもブドウ糖の重合体です。私たちが日ごろ食べている糖類や医薬品として使われている糖類も、6炭糖が主流になっています。
 
ですから、ほとんど5炭糖のかたまりのようなA.M.Dは、私たちの摂取する植物の成分としては、非常に珍しい種類ということができます。
 

強力な免疫強化作用を持つことが実験で証明された

 
前述したように、A.M.Dの免疫強化作用については、主にNK細胞との関係において検討されてきました。
 
まず最初に、科学的な段階を踏んで動物を用いて有効性と安全性について検討を行いました。A.M.Dは、抗がん剤のように化学的に合成された物質とは違い、自然界に存在する米ぬかの抽出物ですから、予想どおり安全性の高いものでした。
 
ラットの急性毒性試験では、経口投与でLD50>36g/㎏(砂糖はLD50>20g/㎏)であり、安全性においては普通の食物と変わりない数値です。
 
効果試験では、同じくラットでNK細胞活性が上がりました。
 
その後、ヒトに対する安全性の試験とNK細胞活性試験を行い、これも同じように安全性とNK細胞の活性効果が確認されました。
 
現在はがん患者を中心に試験を重ねています。
 

●ラットのNK細胞活性に対するA.M.Dの効果

 
[要約]ラットのNK細胞活性に対するA.M.Dの効果を調べた。
 
スプラーク・ドゥリーラットにA.M.Dを投与し、4日後と2週間後にNK細胞の活性を検査した。A.M.Dの効果は高く、投与量に比例して高かった。ラットを4グループに分け、一番目のグループは普通のえさ、二番目のグループはA.M.Dを0.5㎎/㎏(ラットの体重1㎏あたり0.5㎎)、三番目のグループは5㎎/㎏、四番目のグループは50㎎/㎏をそれぞれえさとまぜて1日に食べさせた。4日後と2週間後にラットの心臓から血液をとり、NK細胞活性を調べた。
 
4日後の活性は多少上がり、2週間後のNK細胞の活性は一番目の対照群と比較して、二番目のグループは119%、三番目のグループが130%、四番目のグループが142%であった。
 
A.M.D効果のオス、メスの比較では、メスのラットがオスのラットよりもNK細胞活性が高くなる反応を示し、メスの活性増加は162%、オスは135%だった。NK細胞活性は前二つの実験と同じく、活性NK細胞対ガン細胞比(エフェクター対ターゲット比。E:T)=60:1で行った。
 
[結論] NK細胞活性の増強で明らかなように、A.M.Dは有力なBRMであることが判明した。増強効果は投与4日後には認められた。興味深いことに、NK細胞の数を増加させずに、A.M.DのNK細胞活性が強くなることが認められた。
 

●5人の乳がん患者におけるA.M.Dの免疫調整および抗がん作用

(International Cinference "Cancer the interference between basic and applied research" Sponsored by American Association for Cancer Research Baltimore, Maryland Nov.5-8,1995)
 
5人の乳がん患者に1日3gのA.M.Dを投与し、NK細胞活性を4時間のCr51(クロム51)遊離測定によりK562ガン細胞を標的として調べた。
 
その結果、NK細胞活性基礎値が、12.7~58.3%と低い患者にA.M.Dを投与したところ、NK細胞活性値が41.8~89.5%へと好転した。NK細胞活性の増加は試験開始後1~2週間以内にみられ、A.M.D投与の継続によりさらに増大した。早い時期(6~8ヵ月前)からこの試験に参加している2人の患者では、ガンの完全寛解がみられた。
 
私たちの研究では、A.M.DがNK細胞活性を高度に増加させ、また特筆すべき副作用がないことから、A.M.Dが有望なBRMであると結論づけた。また、化学療法とA.M.Dによる免疫療法の併用は、ガン患者の治療に有用であると考えられる。
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士

 

A.M.D説明区切り線

 

アメリカ・がん学会で発表した学術論文(抜粋)

 

●25人のがん患者におけるA.M.DのNK細胞免疫調整機能

(87th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research Washihbton,D.C. Aprill 20-24,1996)
 
[学会発表要約] 25人のがん患者に対してA.M.Dの免疫調整機能を調べた。

 
対象となったがん患者は、異なったタイプの進行した悪性腫瘍患者で、乳がん7人、前立腺がん7人、多発性骨髄腫5人、白血病2人、子宮頸がん2人、卵巣がん、横紋筋肉腫各1人。
 
すべての患者が通常のガン治療を受けながら、1日3gのA.M.Dを投与され、投与開始後2週間、3ヵ月、6ヵ月のNK細胞活性を調べた。
 
NK細胞活性はK562ガン細胞を標的とし、活性NK細胞対がん細胞比(E:T)=(12~100):1の条件でCr51遊離法で測定した。
 
その結果、NK細胞活性基礎値が低い患者について、A.M.Dを投与すると、NK細胞活性値が2週間後に著しく増加した。NK細胞活性の増加の割合は次のとおり。
 
 乳がん     154~332%
 前立腺がん   174~385%
 多発性骨髄腫  100~537%
 白血病     100~240%
 子宮頸がん   100~275%
 
NK細胞活性の強化は投与後3ヵ月、6ヵ月においても引きつづき、観察された。25人中3人に効果がなかった。
 
[結果] この研究結果は次のことを示している。
 
①がん患者の大多数はNK細胞活性基礎値が低い。
②A.M.D投与により投与2週間後にNK細胞活性値が著しく増加した。
③NK細胞活性の強化は投与後3ヵ月、6ヵ月においても引きつづき、観察された。
④A.M.DによるNK細胞活性の強化メカニズムはNK細胞の顆粒の増加に関与する。
 
[結論] 私たちは、A.M.Dは投与2週間後に、ヒトNK細胞活性を高度に上昇させることが明らかにされたことから、有望なBRMであると結論する。A.M.DによるNK細胞活性の誘導は、従来のガン治療に対する新しい免疫療法のアプ囗ーチを象徴するものである。
 

●試験管内におけるA.M.DのヒトNK細胞に対する効果およびインターフェロンγの合成

(Federation Association, Society of Experimental Biology, New Orleans, June 2-6,1996)
 
[学会発表要約] 私たちはこの研究で、A.M.DのNK細胞活性に対する効果、および末梢血液中の単核細胞(MNC)によるインターフェロンγの合成について調べた。
 
MNCは健康体のヒトの末梢血液から採取され、異なった濃度に調整されたA.M.Dとともに16時間培養された。
 
NK細胞の活性はK562ガン細胞を標的細胞とし、4時間のCr51遊離法によって測定された。NK細胞活性は0~100μg/mlの異なったA.M.D濃度で有意に変化(2~5倍)した。A.M.DによるNK細胞活性の強化メカニズムを調べるために、私たちはMNCによるインターフェロンγの産生に対するA.M.Dの影響について調査した。
 
A.M.Dと単核細胞を培養した培養液の上澄みを集め、EL-SA法によりインターフェロンγの合成について分析した結果、インターフェロンγの産生が10倍以上に増加していた。
 
[結果]この研究結果は次のことを示している。
 
①A.M.Dは投与16時間後に、ヒトNK細胞活性を強く上昇させることが明らかにされたことから、有望なBRMである。
②試験管内における以前の研究では、A.M.D投与2週間後に、ヒトNK細胞活性の有意な上昇が認められている。
③A.M.DのNK細胞活性のメカニズムはインターフェロンγの誘導を通して行われる。
 
 

 

 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士
 
アメリカかん学会発表区切り線

 

 A.M.Dは空になったNK細胞に実弾を装填、マシンガンヘと変身させる

 
さて、この新たなBRMであるA.M.Dは、人類の敵であるガン細胞に対してどんな武器を備えているのでしょうか。それはとりもなおさず、私たち人類にどのような恩恵を与えてくれるかということでもあります。
 
ガン細胞と第一線で闘うのがNK細胞であるということは繰り返し述べました。しかし、ガン細胞におかされたがん患者のNK細胞が、ガン細胞と闘うためには、なんらかの助けが必要になります。
 
なぜなら、癌にかかった患者のNK細胞を調べてみると、NK細胞の武器である顆粒が細胞の内部にほとんど見当たりません。ピストルの銃弾にあたる顆粒を奪い去ったのは、ガン細胞のしわざです。ガン細胞はたいへん賢くて、NK細胞に特殊なタンパク質を放出して目隠しをし、NK細胞がガン細胞を認識できないようにしてしまうこともあります。この顆粒がなくなっている状態が、NK細胞の活性が低下している状態を示します。
 
A.M.Dはこの活性が乏しいNK細胞をふるい立たせ、第一線の精鋭兵士につくりかえるのです。A.M.Dをがん患者に投与すると、そのがん患者のNK細胞の顆粒が飛躍的に増えていきます。空になった拳銃に実弾が装填されるわけです。そして、その拳銃はマシンガン、大砲へとレベルアップしていきます。
 
先に紹介した実験結果で、A.M.Dは、ラットとヒトの実験で安全性とともにNK細胞活性を強化することが確認されたことを理解していただいたと思います。
 
また、NK細胞以外のリンパ球のT細胞やB細胞、さらにマクロファージ、好中球の活性を高めることも最近になって確認されており、A.M.Dは、NK細胞などの免疫細胞を強化して異物を攻撃させるという間接的な攻撃をします。このような働き以外にも、A.M.D自体が直接がん細胞の増殖を抑えることがわかっていることをつけ加えておきましょう。つまり、NK細胞はガン細胞を破壊するための最も強力な兵士だということです。
 
A.M.Dが免疫細胞の活性を強化するメカニズムは、おおよそ次のように考えられています。
 
まず、A.M.DがNK細胞に刺激を与えると、インターフェロンγが分泌されます。そして産生されたこのインターフェロンγはNK細胞を活性化し、NK細胞のガン細胞傷害因子である顆粒の形成を促進します。
 
このように現在明らかにされているA.M.Dの免疫強化作用は、NK細胞を中心として細胞性免疫の広い範囲に影響を及ぼしていることがよくわかります。
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士
 
区切り線

A.M.Dは使い方が自由自在

 
これまでに紹介した患者さんのケースは、臨床例のごく一部にすぎません。劇的にがんが治った人もいれば、進行がん末期で結果的に亡くなった人もいます。しかし、亡くなった患者さんに関しても、昨今の大きな医療課題でもある患者さんの生活の質、QOL(クオリティー・オブ・ライフ)を高めることについては、A.M.Dは大きな効果を上げることができたと信じています。
 
多発性骨髄腫、白血病、乳がん、前立腺がん、卵巣がん、子宮頚がんなど、私の研究室を訪れたさまざまな種類のガン患者は、A.M.Dを服用したことでNK細胞活性の数値が上がり、免疫機能が強化されました。
 
最近、診察した多発性骨髄腫の患者さんは2週間A.M.Dを服用しただけでNK細胞活性値が35%から72%に好転しました。こうした結果だけでもA.M.Dの効果はよくわかっていただけると思いますが、免疫機能が強化されて、NK細胞活性が上がったとしても、臨床的によい結果が出なければ元も子もありません。
 
「臨床的に効果があるのか、ないのか」
 
これこそがまさに、新たな免疫調整物質BRMであるA.M.Dに問われていた点でした。
 
これらの効果の判定は、腫瘍マーカーの測定で行いました。前立腺がんにはPSAを、多発性骨髄腫にはIGGとBJPなどのマーカーを使います。
 
乳がんについてはCTスキャンとマンモグラフィーを用いました。これらの検査をすることにより、A.M.DがNK細胞を活性化し、体の中のガン細胞を破壊することが証明できました。
 
私たちはA.M.Dという新たなBRMで、ガンとどのように闘っていけばいいのでしょうか。これは重要なことなので、繰り返し述べておきます。
 
闘い方には二通りの方法があります。それは、ガンの進行度・ステージにより、つまり、早期がんか進行がんかによって違ってきます。
 
がん細胞がまだ局所的にしか存在していない状態の早期がんの場合には、A.M.Dを服用することによってかなりの効果が期待できます。A.M.DはNK細胞を活性化させ、頭のてっぺんから足のつま先まで、24時間、ガン細胞があればそれを認識し、破壊します。
 
一方、ガンが進行している場合には、私ならまず通常の治療法でガンをやっつけることをすすめます。手術でガンのかたまりを切除して、できるだけガンを縮小させることが大切です。放射線療法でも化学療法でも、とにかく、ガン細胞の数を最小限にすることです。そして、その次にA.M.Dを使うのです。
 
進行がんは全身にガン細胞がある状態ですから、そこにA.M.Dを服用しても、その患者のNK細胞が何十億個のガン細胞と闘うのはとても難しいことです。なぜなら、NK細胞がこれらのガン細胞の幾つかを殺したとしても、ガン細胞の分裂速度はとても速いために数が減らないので、ガン細胞の数をまず手術、放射線療法、化学療法でたたいて減らすことが必要なわけです。
 
そのあとでA.M.Dを服用することによってNK細胞を活性化させ、まだ残っているガン細胞を破壊します。A.M.Dは通常のNK細胞をアクティブなNK細胞に変化させるのです。
 

Arabinoxylane-ガン患者のNK細胞活性効果グラフ

ガン患者におけるA.M.DのNK細胞活性効果グラフ

 
 

上のグラフを見てください。これは25人の進行がん患者さんのNK細胞活性のグラフです。
 
これらの患者さんはすべて化学療法や手術療法、ホルモン療法などを受けたあと、6ヵ月間A.M.Dを摂取しました。グラフの番号は各患者さんの番号です。そして棒グラフには患者さんごとにA.M.D投与前と投与後のNK細胞活性の変化が記されています。つまり、棒グラフを二つに区切る線より下が投与前、線より上が投与後に増加したNK細胞活性を示しています。
 
このグラフからまずわかることは、同じタイプのガンでも、患者さん個人個人の基礎的なNK細胞活性の差があまりにも大きいということです。
 
特に抗がん剤治療を終えたあとは、NK細胞を含む免疫細胞たちの活性が弱まっているために、残ったがん細胞と闘う力がありません。
 
さらに、これらの活性が低下した免疫細胞たちが、抗がん剤に対して"耐性"を獲得したガン細胞、つまり、抗がん剤が効かないガン細胞を攻撃するためにはNK細胞の活性を高めておかなければなりません。
 
抗がん剤で縮小し、数が減ったガン細胞と、薬剤耐性を獲得したガン細胞をさらにたたくといった、まさに活躍を期待される場面でNK細胞の活性が弱いということは、ガンとの熾烈な細胞戦争に勝つ見込みが少ないということになります。こうした、NK細胞の活性の低い患者にはA.M.DのようなBRMを投与して活性を高めることに意味があります。
 
A.M.Dを投与すると、NK細胞活性が優位に上昇するのがわかります。また、元の活性が低いほどNK細胞の活性を上げる必要があると同時に、効果も上がってきます。
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士

 

末期癌完治奇跡のプロセス区切り線

動画で免疫システムを理解する

 

旧世代A.M.D時代の動画です。
 
※YouTube動画へのリンクです。 当方が用意した映像ではないため、突然見れなくなる可能性もあります。
※一部の携帯、スマートフォン、タブレットでは再生できない場合があります。

 

区切り線

 

免疫力の強化には酵素が不可欠

 
A.M.Dは免疫力(体にとって異物である癌やウイルスなどに抵抗する能力)を高める優れた働きがあります。ところで、A.M.Dを摂る時、生野菜や果物をいっしょに食べると、その効果が著しく高まり、効きめも素早く現れることがいろいろな研究や臨床例を通じて解ってきています。
 
なぜ、生野菜や果物にそのような効果があるのでしょうか。その秘密は、生野菜などに豊富に含まれている生きた酵素にあります。自然界のすべての生物は、生まれながらに細胞の中にたくさんの酵素を持っており(潜在酵素という)、それを利用して、生命活動に必要な消化酵素や代謝酵素(代謝とは体内で行われるさまざまな化学反応)を作り出していきます。こうして体内では、おびただしい数の酵素が活躍していますが、免疫力を高める際にも、この酵素の働きが不可欠なのです。
 
最近は、食品に含まれる酵素について、いろいろな特長や働きが知られるようになってきました。実は、食品中の生きた酵素を豊富に摂ると、体内で不足していた酵素の量が増え、潜在酵素の働きもより強化されることが解ってきたのです。つまり、酵素をふんだんに含んだ食品をとれば、免疫力を高めることにも役立つのです。こういった酵素の力は、サイトカインの活性化にもつながります。サイトカインは、白血球から作られる、癌や細菌・ウイルスに対抗する物質で、現在までに50数種類が発見されています。有名なインターフェロンも、その一つです。
 
このサイトカインが活性化すると、癌の予防と改善に大きな力を発揮するのです。A.M.Dも酵素も、ともにサイトカインを活性化します。その結果、極めて強い免疫力が発揮されるというわけです。生きた酵素を沢山摂ることができる食べ物といえば、なんといっても生野菜と果物です。ビタミンやミネラル(無機栄養素)とともに、生きた酵素を豊富に含んでいます。ただし、酵素は熱に弱く、48℃以上になると死んでしまいます。そのため、生のままで摂る必要があります。果物はたいてい生で摂りますが、野菜もなるべく生で食べた方が良いのです。そういう意味では、野菜の中でも淡色野菜の方が生で食べやすいので、緑黄色野菜より有効と言えるでしょう。
 
淡色野菜の優れた点は、生で食べやすいことだけではありません。実は淡色野菜には、加熱して食べることの多い緑黄色野菜に比べて、白血球を増やして、活性化する成分が遥かに多いのです。白血球が増えれば、サイトカインの分泌も増えて、癌などに対する免疫力も大幅に強くなります。勿論、生の野菜や果物だけを食べていれば良いというわけではありません。緑黄色野菜は、煮たりゆでたり、炒めたりすると、ある種の栄養素が増えたり、新しいファイトケミカル(植物の色素成分。抗酸化作用や抗腫瘍効果がある)が現れたりするのです。是非毎日食べて欲しいものです。
 
また、肉や魚を摂ることも必要です。ただし、脂肪やたんぱく質の摂り過ぎは、体に悪い影響を与えるので、食べる量には注意してください。大切なのは、本当の意味でバランスの取れた食事ということになります。その上で、生野菜と果物を今まで以上に多く摂り、生きた酵素を体内に取り入れれば、白血球を増やし免疫力を強めることができるのです。
 

末期癌改善率が劇的に向上

 
このような理由から、医療機関向けA.M.Dを摂ることと同時に、生野菜・果物をたくさん食べることをお薦めします。入院中であったり、食欲不振の場合は生野菜・果物をたくさん食べることは無理もあるでしょうから、その場合は植物発酵の治療補助用酵素M.L.5000を摂取すると良いでしょう。すると、これまで以上に効力も速効性も高まることが分かってきています。特に、癌に対する効力は抜群です。A.M.Dと植物発酵医療補助用酵素M.L.5000併用による末期癌患者の改善率は、なんと85%ぐらいにまで向上しています。
 
例えば、乳癌が肺へ転移した人、大腸癌が腹膜へ転移した人、また、肝臓癌・前立腺癌・膀胱癌・肺腺癌・胃癌の人などで、3~6ヵ月以内に完治を含めた大幅な改善例が多く見られます。そのほか、さまざまな難病や婦人科系の病気、自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを支配する神経)系の病気などでも、多くの改善例が出てきています。
 

著:鶴見医院院長 鶴見隆史先生
 
  
区切り線

 
  

臨床医が認める、医療機関向けA.M.Dとの併用で治療成績が高まる機能性素材

 
A.M.Dの作用・効果は、主にリンパ球グループで第2次防衛ラインである「獲得免疫」に含まれるNK細胞の強烈な賦活(免疫強化)です。つまりA.M.Dは「免疫賦活機能性素材」に該当します(免疫活性が異常に高い場合、A.M.Dは「抑制」に働きますから、厳密には「免疫調整機能性素材」です)。免疫細胞の強化・活性化は、癌と闘う上で大切な要素の一つです。しかし免疫強化だけでどんな癌にも負けずに闘えるわけではありません。癌と闘い、克つ為に必要な要素は患者さんそれぞれですが、必要な要素すべてを改善し強化する必要があります。癌との闘いは総力戦なのです。
 
その後の研究によって、A.M.Dによる癌治療補助を一層効果的にする機能性素材が、臨床医などの協力もあって誕生しています。また、最新A.M.D.は、自然免疫であるマクロファージ活性も高い次元に高めることが研究で分かっています。
 


 

医療補助用酵素 M.L.5000 for MD

 
医療補助用酵素M.L.5000との併用でA.M.D.の吸収を助け、腸内環境の改善、活性酸素の抑制、癌ホルモンの抑制、高度にバランスの取れた栄養素の補給などの効果により、A.M.D.単体よりも医療補助用酵素M.L.5000を併用した方が明らかに治療成績が良い事がドクターの治験・研究、そして実践使用でかなり前から明らかになっています。医療補助用酵素M.L.5000の働きは、人間のベースである「腸」の働きを正常化・活性化させる事で身体全体の生命力を高め、癌が棲み難い身体を短期間で取り戻す作用があるものと思われます。私の父も医療機関向けA.M.Dと医療補助用酵素M.L.5000との併用でした。
 
医療補助用酵素の学術論文データは別ページにて記します。
 


 

自然免疫賦活物質 HQ-LPS

 
希少で活性度の高い米糠由来LPSは自然免疫賦活物質です。この高品質LPSをベースに癌患者に必要な様々な機能性成分をバランスよく特殊配合したものがドクター向けHQ-LPS。このHQ-LPSは獲得免疫賦活物質である医療機関向けA.M.D.との併用で相乗効果を得られ、A.M.D.単独とは比べ物にならないレベルにまで患者体内の防衛能力を高めてくれるとされています。現在、大阪と台湾のドクターが末期癌治療に使用しており、非常に良い結果を生み出しているとの事です。
 
自然免疫賦活物質HQ-LPS(リポポリサッカライド)の詳細は別ページにて記します。


 

 
<雑誌、新聞特集記事詳細>

 

 
 
(注)免疫賦活物質A.M.DやHQ-LPS等について

誤って一般市販品を入手されて、後になってから違うものだと気づかれる方が多くおられるので記しておきますが、ドクターや病医院が実際の医療現場で使用している免疫賦活物質A.M.Dはネットでは入手不可能です。最新版の獲得免疫賦活物質「A.M.D.」や自然免疫賦活物質「HQ-LPS」等は、取り扱い病医院へ転院・入院されて専門ドクターに処方して頂くか、流通に携わっている日本正規特別代理店経由で譲って頂くかのどちらかです。

※過去に「ホームページに正規代理店名や連絡先の掲載は差し控えて欲しい」とメーカーからの要請を受けた経緯がありますので、当方は具体的な代理店名などホームページ上に記していません。もし免疫賦活物質入手に関する情報が必要な場合は、私宛へメール下されば私が知っている正規代理店で良ければ連絡先をお知らせは出来ます。当時の私と同じようにご自身で国内特別正規代理店へ直接コンタクトをお取りになり、入手に関してご相談をなさってみて下さい。取扱い病医院への転院を奨められる場合もあるようですが、私の父のように余命が短く転院が難しいケースや自宅から病院が遠方になると困るというケースもあると思いますので、詳しい状況を正規代理店へお伝えになって一番最適な入手方法を提案して貰って下さい。

区切り線
末期癌完治の奇跡区切り線
<父の末期癌克服に役立った武器資料室メニュー>