末期癌を完治して無事に生還を成し遂げるための鍵とは

末期癌克服への懸け橋~難病末期癌からの生還~タイトル画像小

HOME | 医療機関向け免疫賦活物質(免疫療法)資料室 | 免疫細胞を活性化させる免疫強化物質AMD概要

癌細胞を破壊するNK細胞を活性化させる免疫強化物質A.M.D.とは

末期癌克服への架け橋区切り線

NK細胞を活性化させる物質A.M.Dとは

 
ここでは当時、UCLA医学部に留学中だった私の親友に頼み調べてもらって幸運にも出会うことが出来た医療機関向けに製造されている「獲得免疫賦活物質<A.M.D>」について私が調べて理解した内容を簡単にまとめてあります。学会発表資料・臨床データ・書籍・雑誌特集記事などの内容も併せて記し、詳しくかつ分かり易くしたつもりです。末期がん治療のご参考になればと幸いです。
 

獲得免疫(NK細胞)賦活物質<医療機関向けA.M.D>概要

 

獲得免疫賦活物質の原料はArabinoxylaneという物質で、私たちの身の回りの豊かな自然が育んだ天然の物質です。Arabinoxylaneは、自然界に広く分布し、身近にある稲や小麦、トウモロコシなどのイネ科植物に多く含まれている免疫調整物質と称される成分です。植物の強固な細胞壁を構成している材料のひとつが「ヘミセルロース」と呼ばれる高分子の糖質で、「食物繊維」と呼ばれているものの一種です。このイネ科植物のヘミセルロースの主成分がArabinoxylaneです。ただ、自然界に存在するArabinoxylane自体は高分子であるため人間が服用しても全くNK細胞活性は起きません(すなわち、Arabinoxylaneが含有されていればNK細胞活性が起きるというわけではありません)。 
Arabinoxylaneは化学構造上、人間の消化管で消化されることはありませんが、そのままの形で消化管から体内へ吸収されますので、免疫強化物質としては極めて興味深い物質です(いくら免疫強化物質BRMとして優れた働きを持っていたとしても、体内に吸収されなければ役に立ちません)。
Arabinoxylaneは抗癌剤のように化学的に合成された物質とは違い、自然界に存在する天然の物質の抽出物ですから副作用もなく、安全性の非常に高いものです。 
一般的にArabinoxylaneよる免疫力(NK細胞)強化賦活効果を得るためには、低分子化されたArabinoxylaneが小腸から血中へ吸収され、その吸収された低分子なArabinoxylaneがNK細胞に対して刺激が出来なければなりません。つまりNK細胞の受容体と一致する成分(言わば「鍵」)がArabinoxylaneに含まれていなければNK細胞活性は起きず、全く意味がないことになります。
低分子化されたArabinoxylaneは、免疫抑制が必要な場合を除き、病院治療、病院薬、漢方薬、他の一般的な健康食品と併用しても、相乗効果を得られる事があっても問題が起きることはないと言われています。
低分子化されたArabinoxylaneには、ほかに類をみないNK細胞の免疫力強化・活性化作用が発見されています。
第4世代に当たる医療機関向け最新型Arabinoxylane「4thGen.A.M.D.(The 4th Gen. Arabinoxylane for Medical Doctors)」は、旧世代型と比較して分子量が1/10と低分子化されており、免疫賦活有効成分もさらに3倍程度強化されているとされています(1/3の量で同じ活性度を発現するという事のようです)。
低分子化されたArabinoxylaneは国内外の大学などで研究されてきました。UCLA/DREW医科大学(アメリカ)をはじめ、ケンブリッジ大学(イギリス)、マクマスター大学(カナダ)、オックスフォード大学(イギリス)、グローニンゲン大学(オランダ)などの海外有名大学、そして日本国内でも千葉大学、神戸女子大学、自治医科大学、日本大学、九州大学、名古屋大学、京都大学、富山医科薬科大学、川崎医科大学、東京歯科医科大学、東京大学など。最新の「4thGen.A.M.D」は原材料に関しても、国立大学法人弘前大学食物学研究室との共同研究によって開発された高品質機能性素材が使用されています。
2017年現在、最新型Arabinoxylaneには一般市販品サプリメントと特定のドクター向けに製造されている高純度高品質版4thGen.A.M.D.とが存在します。
Arabinoxylane含有製品には現在、粉末状や錠剤、水溶液型など多数の一般市販製品が存在しますが、当然の事としてどれでも同じように免疫活性が高まるという事ではなく、すべてが末期癌治療補助用として製造されている最新型4thGen.A.M.D.と同じ効果を得られるものではありません。
 

白血球を刺激して免疫力を高める免疫賦活物質

 
白血球の免疫の働きを強化し活性化すれば、癌などの病気の予防や治療に役立つと、最近になり考えられるようになってきました。そんな中、最も注目されているのが低分子化されたArabinoxylaneです。この免疫賦活物質に、白血球を増やし免疫力を強める優れた働きのあることが、米国のM・ゴーナム博士によって発見されました。
 
一般的な物質「Arabinoxylane」は、このイネ科植物に含まれるヘミセルロースという食物繊維の主成分です。
 
ところが、ヘミセルロースはそのまま食べても体内には吸収されずに、排泄されてしまいます。そこで、酵素反応を使って、ヘミセルロースをより小さく切って取り出し、濃縮した後スプレードライや凍結乾燥などの過程を通り微粉末処理(10億分の1ミリ単位)されます。そうして取り出された成分が低分子化されたArabinoxylaneです。酵素処理されたArabinoxylaneは分子が小さいので、小腸でよく吸収され、血液中にも入ることができます。低分子化されたArabinoxylaneが体内に入ると、白血球は見慣れない「よそもの」が入ってきたと認識します。実は、これこそが免疫力を強める秘訣で、体に一種の揺さぶりを掛けるわけです。もっと詳しくいうと、Arabinoxylaneが腸壁から侵入して、血液中の白血球のマクロファージやキラー細胞と出合うと、それらを刺激して、白血球を増加させたり、活性化させたりして免疫力を強めるのです。ことにキラー細胞では、Arabinoxylaneに刺激されることによってインターフェロンγという物質が作られます。この物質がキラー細胞内のパーフォリンの形成を促し、癌細胞への攻撃力を高めるというわけです。
 
実際、1ミリリットルの血液中に白血球が約3000個(正常な人は4000~8000個)しかなかった人が、低分子化されたArabinoxylaneを摂ったら、30分後に約5000個にまで増えたという報告があります。また、先程のゴーナム博士は、27人の進行癌の患者さんに、一日3グラムのArabinoxylaneを摂ってもらった結果、患者さんのキラー細胞の活性(働き)が、次のように高まったと報告しています。例えば、乳癌では154~332%、前立腺癌では174~385%、多発性骨髄腫では100~537%、白血病では100~240%、子宮頸癌では100~257%の割合でした。
 
低分子化されたArabinoxylaneのこのような効果は、医療現場でも認められています。

 

 
 
(注)免疫賦活物質A.M.DやHQ-LPS等について

ドクターや病医院が実際の医療現場で使用している免疫賦活物質はネットでは入手不可能です。最新版の獲得免疫賦活物質「4thGen.A.M.D.」や自然免疫賦活物質「HQ-LPS」「医療補助用酵素」等は、取り扱い病医院へ転院・入院されて専門ドクターに処方して頂くか、流通に携わっている日本正規特別代理店経由で譲って頂くかのどちらかです。

※過去に「ホームページ等に正規代理店名や連絡先の掲載は差し控えて欲しい」とメーカーからの指導を受けた経緯がありますので、具体的な代理店名や連絡先は現在ホームページ上には記していません。もし免疫賦活物質に関する情報が必要な場合は、私宛へメール下されば私が知っている正規代理店で良ければ連絡先をお知らせするのは大丈夫ですので、当時の私と同じようにご自身で国内特別正規代理店へ直接コンタクトをお取りになり、入手に関してご相談をなさってみて下さい。取扱い病医院への転院を奨められる場合もあるようですが、私の父のように余命が短く転院が難しいケースや自宅から病院が遠方になると困るというケースもあると思いますので、詳しい状況を正規代理店へお伝えになって一番最適な入手方法を提案して貰って下さい。