末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | 免疫力で末期ガンを治す?

免疫力で末期癌を治す?免疫力を高めるサプリメント?

末期癌完治の奇跡区切り線

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
憎き敵「癌細胞」の事、病院治療の現実を知る

 
病院治療の現実「末期癌克服への架け橋」
覚悟を決めて治療に入ると決めた私たち家族ですが、家族・親戚の中に誰も医学に詳しい者はおらず、知り合いに医者も看護師もおらず、とにかく何か疑問点が出てきても誰にも相談できず、疑問点が増えてくるとドンドンと分からない事だらけになります。

 
そこで私は、これから父親の闘病を支えるために出来る事を最大限しようと考えた時に、まずは情報収集だと思いました。「癌(がん)」の事、体の仕組みの事、病院治療の事、その他癌と闘うために必要な事ならば何でも詳しく情報を集めて、その中から父に合ったもの・必要なものだけを取り入れるという事をしなければならないと。良いと思われるものは何でも試したいところですが、時間的にも経済的にもそれは幾ら大切な父のためでも無理なので、選択と集中で支えていく事にしました。
 
これから入院で非常に大きなお金が掛かるであろう事も私はとても不安でした。でもそんな時のためのがん保険です。しっかり者の父の事なので、万が一を考えて手厚いがん保険に入っているはずです。アフラックなど何社かのがん保険に入っていれば、入院費や治療費、手術代などは全く心配をしなくて良いはずです。がん保険があれば、病院治療以外の民間療法やラジウム温泉等での湯治、サプリメントの購入も私のお給料の範囲内である程度試せると思っていました。
 

がん保険解約イメージ
しかし!

 
母に確認すると、数年前に父が「俺はポックリあの世へ行くから葬式代だけあれば良い」とか何とか言って保険を解約をしてしまっていました。しかも解約して戻って来たお金は住宅ローンの前倒し返済に充ててしまっていました。今までも貯まれば住宅ローンの前倒し返済をしていたので貯金もほとんどなし、あるのは葬式屋さんの互助会の積み立てだけという状況でした・・・。
 
今や二人に一人が「ガン」になる時代なので、やはり家族に経済的負担をなるべく掛けずにガン治療を思い通りに行うためにも、がん保険にはしっかりと入っておくべきだと思います。
 
父の場合、今さら騒いでもどうしようもないので、経済的な事は家族全員の僅かな貯金をかき集め、さらに私が仕事帰りに夜アルバイトをする事で何とか乗り切る事にしました。
 
「最悪な場合”死”を、良くても父親の”声と舌がなくなる事”を覚悟しなさい」と主治医から言われて、家族としては当然「はい、そうですか」と言って素直に受け入れて黙って見てはいられませんので、最悪は無駄な努力で終わってしまうかも知れませんが私たち家族は絶対に「あのときこうしておけば良かった」と後悔しないよう、最大限出来る限りの手を尽くす事を決めました。一番近くにいる家族が諦めてしまったら、治るものも治らなくなると思いますし。
 
何にしてもさらに情報をたくさん集める事がまずはとても大切だと思ったので、私は徹夜で片っ端から借りて来た末期癌に関する書籍を読み漁り、さらにインターネットや癌フォーラムなどでも情報を可能な限り集めました。
 
そしてUCLA(米国カリフォルニア州立大学)医学部へ留学している親友にも時差を乗り越え何とか連絡を取ったり、会社の上司や同僚、同級生など、とにかくいろいろな人に癌の闘病についての有益な情報がないか聞いて回りました。
 
そして何となく癌というものや生体の仕組み、病院の末期癌治療の現実などが私なりにぼんやりと見えてきました。それは、癌と闘う「最強の武器」は人間が持つ自身の「自然治癒力」や「免疫力」であるということ、そして西洋医学による末期癌治療だけを頼って信じていては、必ず最後には後悔する事になるという、まずはこの2つでした。
 
私はこの時から非常に大きなキーワード「免疫力」というものに興味を持ち、引きつけられて行きました。末期がんになってしまった現在の父の免疫力は非常に低い状態であるのは疑いようがなく、その免疫力(自然治癒力)をまた健康な人と同じ高いレベルへ引き上げる事が出来れば、末期癌でも消える可能性があるという事はとても理に適っていて納得が出来るものでした。
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
免疫力で末期がんに克つ?!

 
免疫力で癌を叩く?
ではそんな簡単に「免疫力を向上させること」なんて出来るのでしょうか?
 
主治医に聞いてみたところ、残念ながら「病院では免疫力を高めるようなことはしませんよ(「しない」のではなく「出来ない」のですが)。患者さんの状態を見ながら治療を行います。例えば抗がん剤治療中、もし白血球の状態が悪くなったら(=免疫低下したら)抗がん剤治療を一時中止して回復するのを待ちます。」との事でした。
 
私が「では患者の体力次第、回復力次第ってことですか?危険なレベルの免疫状態になったらどうするのですか?」と聞くと主治医は「あなたが言われるように患者さんの回復力・体力次第ということです。もし危険な状態になればある程度回復するまで無菌室に入ってもらい対処しますので、感染症などの心配はしなくて大丈夫ですよ。ただ患者さんの回復力・体力がなければ、病院での治療が予定通り行えなくなる事も有ります」との答えでした。
 
このような答えを聞かされて、私と同じく不安になる方も多いと思います。西洋医学はとても近代的で何でも治せるものだと思っている医学素人の私なんかは、免疫力を高めるなんて朝飯前のはずだと思っていましたので、「白血球が戻るまでただただ待ちます」だなんて、最新設備の大学病院でそんな回答があるとは思ってもみませんでした。それだけに「理論的には免疫力を高めれば末期癌に克てるかも知れないが、その免疫力を高める事が簡単に出来ないのなら、末期癌に克つ事は夢物語ではないか!」とさすがに落ち込んでしまいました。
 
しかし一方、ネットや書籍などで調べてみると・・・
 
調べれば「末期癌に効く○○!」「免疫力を高めて○日間で末期癌が消滅!」・・・そういう謳い文句のサプリメントが山のようにあるではないですか!!どれが本当で正しく良いものなのか全く判断がつかないくらいに・・・。またそれら全てが、本当に謳い文句通りに免疫力を向上させる効果を持っているのかどうか、素人の私にはそれも全く判断がつきません。
 
取り敢えず迷っていても仕方ないので、書籍がたくさん出版されているものを選ぶことにしました(結果的にこのテキトーな選択の仕方は間違いですから真似しないで下さいね!)。父の検査結果が出るまでに私が読んだ書籍に出てきた2つのサプリメントを選びました。どちらも購入先をすぐに調べて購入を検討しました。 現在では、病院でがん治療を受けておられる方の6割や7割の方が何らかのサプリメントを飲まれているそうですが、しっかりと効果が見込める科学的根拠のある製品を選択する事が大切だと思います(以下のグラフのように、モノによって期待できる効果には大きな差があるのが現実です)。
 
健康食品VS機能性素材NK細胞活性比較グラフ

健康食品VS機能性素材 NK細胞活性比較

 
健康食品VS機能性素材マクロファージ活性比較グラフ

健康食品VS機能性素材 マクロファージ活性比較

 

 
サプリメントの特筆すべきことは、成分は「食品(自然なもの)」であり薬のように「薬品(化学的なもの)」ではないので、副作用がないことや病院治療と併用ができるメリットがあるということだそうです。
 
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
機能性素材とサプリメント(健康食品)

 

機能性素材とサプリメントの違い
サプリメントと機能性素材は同じものだと思っていましたが、全くの別物なので注意が必要との事です。本物の機能性素材は、バイオテクノロジーなどを使って特定の機能性を持たせるように作られたもので、中には漢方薬やハーブなどのように薬に限りなく近い作用を発揮するものもあります。もし本物の効果がある機能性素材を使用する場合は、専門家とご相談されながら使用する事が非常に大切だと思います。

 
その頃の私は、まだ何となく「大学病院や医師が何とか父の命を助けてくれるはずだ!」との淡い期待を勝手に持ち、西洋医学や医師を信じていましたが、病院治療と併用が出来るものなら何もしないよりした方が良いだろうと家族で結論を出し、早速、簡単に手に入り気軽に始められる一般的な健康食品(サプリメント)を試してみることにしました。経済的なこともあり、まずは実際に2種類を試してみることにしました。
 
健康食品「プロポリス」は蜜蜂がつくる物質で、本来「巣」に雑菌などが繁殖しないように巣の中に張り巡らせ、子孫を守るための物質です。つまりは制菌作用の強い物質です。それをアルコールや熱水で抽出した独特の甘い香りがする液状のものです。1日に30~50滴程飲む様に説明書きがありました。書籍ではプロポリスで癌が消えたと書いてあったので、父に説明をして、その書籍も見せて飲むように言いましたが、あいにく父親は「味にくせがありすぎて、こんなもの飲めるか!」と言って激怒。ほとんど飲んではくれませんでした。高級品だったので価格はブラジル産30ccで2万円ほどもしました。
 
プロポリスで気をつけたいことは、蜜蜂の巣にとっては良いもの(薬)でも、人間にとっては服用して良いもの(薬)にならない可能性が大きい事です。父に「そんなに飲め飲めと薦めるならお前も飲んでみろ!」と言われ私も飲みましたが、本当に飲んだ瞬間に吐きそうになるくらい酷い味でした。到底毎日何回も飲めるような代物ではないです。癌が良くなるどころかストレスで余計に体調を崩してしまいます。
 
当時まだ研究もあまりされていなかったので、プロポリスを飲んで胃の中や腸でどのようになるのかよく分からないですし、制菌作用で癌細胞を本当に攻撃できるものなのかメカニズムがよく分からなかったです。腸で吸収されるとの説明も書いてありましたが、本当かどうかは分かりませんでした。実際に吸収されるとしても吸収率が低そうなので、吸収される絶対量を増やすには多量に飲む必要があり、結果、飲むのに一苦労で、効果もメカニズムよく分からず、費用もかなりかかる点が続けられない理由でした。
 
プロポリスだけでも高額なので、何種類も試すには正直勇気が要りましたが、でも後悔はしたくないのでもう一つ「AHCC」も試すことにしました。
 
「AHCC」は単なる健康食品ではなく、免疫を強化するための機能を持たせた機能性素材の初期のものです。キノコ(担子菌)の菌体から抽出された物質で、β1-3グルカン、活性ヘミセルロースといった多糖類と糖タンパクを含んでいるものです。味は「ココアの薄味」「コンクリート味(?)」で粉末状のものです。また、AHCCは湿気を嫌うので、一粒ずつミクロパウダーと呼ばれるコーティングがしてあり、当然水などには溶けにくく、そのままでは非常に飲みにくいものです。面倒ではありますがオブラートに包めばその問題点はクリアー出来ます。
 
尚「AHCC」は1日3グラムの服用が規定量でした。しかし購入時には販売店の方に「末期癌の人は規定量(3g)の3倍以上飲んで下さい」と言われました。健康食品よりも効果が期待できる機能性素材ですし、オブラートに包めば父親でも飲めるということで早速飲み始めました。価格は、60グラムで3万円ほどしました。購入したAHCCは分包にはなっておらず、タッパに入っていて必要な分を毎回計量スプーンで量りつつ飲む形です。この頃はAHCCでも最先端の部類でしたが、まだまだ吸収率が高くないためか機能性としての効果は薄く、確実に効果を得るためには非常に多くの量を長期間飲み続ける必要があると言われました。またあとで分かったことですが、進行している末期癌患者の免疫力はAHCCで上がらない欠点があり、父には合わない可能性が高かったと思われます。
 
主治医との面談イメージ
そのころ主治医と今後の治療についてお話する機会があり、その時に一般的な健康食品やサプリメントについて意見を求めました。我が家が購入した2種類のサプリメントについては書籍や新聞広告でも有名だった事もあり、何となく名前くらいはご存じの様子でしたが中身については漠然としかご存じでない感じでした。

 
しかし服用について相談すると「サプリメントは病院での治療に悪影響を及ぼす可能性がありますので退院されてから飲んで下さい」とか「サプリメントは高価なだけで全く効果なんてないものですから、お止めになった方がいいですよ」とキッパリ言われました。主治医はサプリメントに対して非常に嫌悪感を持っている印象でした。
 
またさらに「もし本当にサプリメントが癌に対して効果があるのなら、今頃お国(厚生労働省)が認めて”薬”になっていますよ」とも言われました。
 
正直、その時は私も「確かにそうかも知れないなぁ~」とも思い、主治医の機嫌を損ねても良いことは何もないので「分かりました。無駄なお金は使わないようにします。よく分からないサプリメントで余計に体調が悪くなっても困りますしね。」と主治医には返答しました。
 
しかし、書籍などを読む限り、サプリメントに副作用があるとか、病院での治療に対し悪影響を与えるとは一切書かれていないですし、サプリメントの販売店やメーカーに電話で確認を取っても問題なしとの事だったので、取り敢えず買ってしまったサプリメントを捨てるのも勿体ない話ですし、主治医には内緒でそのサプリメントが無くなるまで飲み続けるよう父にはお願いしました。
 
ところで主治医の、お国が認めたものだけが「善」という発想は、とても怖いものだと私は思いました。では「抗がん剤」はお国が正式に認めていますが、本当に身体にいいものなのでしょうか?「放射線」は?
 
身体に強いダメージを与えるものなので「悪」に決まっています。ならば主治医の理論からすると、抗がん剤も放射線も身体に悪いので「善」ではなく「悪」ではないのでしょうか?
 
ただ抗がん剤や放射線は「毒を以て毒を制す」もので、それらが間違いなく「悪」であっても癌細胞を縮小させる力・可能性を持っているのは事実です。場合によっては、抗がん剤や放射線が有効な場合もごく僅かにあるのでしょう。
 
しかし抗がん剤や放射線と同じく、免疫力を高めるサプリメントも「有効である可能性がある」ならば、生命を救う仕事である医師として、もっと徹底的に調べてみるべきではないのかと私は感じました。医師は毎日たくさんの患者さんの相手をして余分な時間などないのはよく分かってはいますが、頭から否定をするだけではなく、しっかりと調べた上で意見を述べて欲しいと思います。人間の身体のメカニズムは、まだまだ未知の部分の方が多いのですから、お国が病院治療として認めているものだから「良いもの」、お国が病院治療として認めていないものは「ダメなもの」と決め付けるのは大きな間違いだ、と私は思います。まだ正直に「病院は西洋医学でお金儲けをしているところなので、幾ら良いものであっても病院治療以外のものを持ち込まれると、病院にとってビジネス(お金)にならないから止めてね」「患者さんを助ける事はとても重要だけど、ビジネスはもっと大事なので」と言われる方が納得出来ます。
 
日本では「薬品」と「食品」の2大分類しかないそうですが、分類上「食品」であっても、患者の身体に余計な負担を掛けずに「薬」以上に効果が得られる作用を発揮する、もしくは「薬」には期待出来ないような特定の作用を持った本物の機能性素材だって世の中にある可能性は否定できないはずです。事実、近年の研究で凄い作用を持った特定機能性素材が多く存在しています。特定機能性素材の多くは少なくとも副作用がないのですから、「薬」とほぼ同じ効果が期待できたり「薬」には期待できない作用を持っている可能性があるのならば、総合的に考えれば特定機能性素材の方が幾らか患者さんにとって苦痛もなく、メリットがあると私は思ってしまいます。
 
その頃からますます普通のサプリメントではなく「本物の特定機能性素材」を探そうという気持ちに私はなって行きました。そしていよいよ、父の末期癌を奇跡的な完治へと導く運命的な出会いが私たち家族に訪れます。
 
(次ページ「③アメリカUCLAにて研究中の免疫強化物質との出会い」へ続きます)

末期癌完治の奇跡区切り線
<父の末期癌からの奇跡の生還・闘病記サブメニュー>