末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

末期がん完治改善事例

このページでは私のホームページを見られて、ドクターが実際の医療現場で使用している高純度なA.M.D<2017年現在の最新版は「The Latest version of Arabinoxylane for Medical Doctors(T.L.A.M.D.)」>や治療補助用酵素を飲まれて、症状が改善された方、完全に完治された方のご紹介を致します(順次増やしていきたいと思います!)。また、健康雑誌やメーカー発表の改善例もご参考までに記しておきます。
 
完治・改善された方々、本当におめでとう御座いました!!!
※末期癌を克服・改善されました方々からの原稿を募集しております。公開しても良いと思われる方は是非原稿をメールにてお送り下さいませ!勿論、公開する原稿は匿名でも結構です。沢山の原稿をお待ちしております。
 


 

私の同級生が、私の父が闘病している頃とほぼ同時期の96年頃、職場の健康診断でひっかかり即入院・治療となりました(2-3年前から胸部レントゲンに影があったにも関わらず医者の見落とし)。胸腺部付近と肩付近に影があり、彼は大阪大学医学部付属病院へ入院しました。精密検査により「悪性リンパ腫」と診断されました。発見が遅れたためかなり進行していたようです。そのためすぐに手術となり、胸腺部は切除を行ったとの事です。ただ、肩の小さい影は手術が大変という事と大きさが非常に小さいという事で、抗癌剤治療をしながら経過観察をすることになったようです。手術して1週間ほどで彼は病院から「次の患者がベッドが空くのを待っているから」との理由で即退院させられ、通院による検査及び抗癌剤治療を受けていたのですが、退院から僅か2ヶ月ほどで肩の一部が腫れ上がり、「再発」と診断されたようです。この肩部の手術は、通常とても複雑で危険な治療(一時的に心肺停止をしての手術)をしなければならないという事で、彼は手術するかどうか非常に悩んでいたようです。リスクが非常に高く、手術中に生命を落とす可能性も高いと主治医から説明があったそうです。彼の子供はこの時点で保育園児と赤ちゃんの女の子二人、どうしても死ぬわけにはいかないと思うのは当然のことです。
 
この時点で彼から久しぶりに連絡があり「久々に会って話がしたい」との事で、父の経過も順調だったこともあり、彼の自宅へ息抜きのつもりで遊びに行きました。私の気楽な気持ちとは裏腹に、彼も彼の奥さん(奥さんも同級生)は非常に落ち込んでいる様子でした。「どうした?」と聞くと彼は初めて闘病中であること、そして再発したことを話し始め大変驚きました。全身の力が抜ける感覚でした。彼とは高校では同じバレーボール部で、病気をしたなんて一度も聞いたこともないとても元気だった彼がそのような大病をしているとは到底信じられませんでした。しかし胸腺部の手術痕を見ると現実なのだと分かり、かなりショックを受けたことを今でも鮮明に覚えています。その時に、実は私の父も咽頭癌+舌癌で闘病中であることを話し、父の経過がとても順調に進んでいる事を希望に感じてくれたようです。彼は私と会うまでずっと手術すべきかどうか悩んでいたようですが、結果「一か八か」のハイリスクな手術は拒否することに決め、私の父と同じ治療法、つまりA.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)を服用して、免疫力強化や体力強化、そして生活改善(生活リズムや食生活)などに取り組み、自然治癒力アップのプログラムに取り組むことを決めました。そして彼は98年の春頃から服用を開始しました。治療補助用酵素も併用し、「日に日に身体に良い変化を感じる」と言っていたのをよく覚えています。手術を拒否したことで入院しての抗癌剤治療は少し行いましたが、病院ではもう何もできない(医者が匙を投げました)との事で98年10月18日に退院しました。しばらくA.M.Dを飲みながら自宅療養し、見るみる肩部の腫れが引いていくのを希望にして半年間の自宅集中療養を終えました。そして99年ゴールデンウィーク前には検査で異常なしと診断され、ゴールデンウィーク明けからは職場復帰できるようにまで快復しました。
 
そして現在も彼はピンピンしていて「あれからずっと血液データは全て正常値で推移している。肩部の影も全くない!もう数年前に再発・転移をする心配はしなくて良い、と主治医に太鼓判を押されているから安心してや」との事です。当時、肩部のレモン大くらいあった影が何と完全に消えて現在に至ります。99年春頃に一度肺に影が映ってヒヤッとした事もありましたが、それも暫くして完全にきれいに消えています。数年前からママさんバレーのコーチを週1回していて、私よりも元気に走り回っています。頭は現在もまだ坊主のままですが、抗癌剤などの副作用ではなく、手入れが楽なのでそのまま坊主にしていると言っています。坊主頭はさすがにちょっと、見た目が怖い感じなのですが・・・でも彼は一日一日を大切にして、前向きに元気に生きています。彼には、このままずっと元気でいて欲しいと心から願っています。
 


 

私は横浜市在住の徳永富士雄(41)と申します。仕事は宇宙開発のエンジニアリングを担当している技術者です。このページのお父上の闘病に関するホームページを見せていただき、自分の考え方と同じ方がいらして、なおかつそれを実行し成功された例として心強く思い、自分の家族にもその対応を実践しました。以下に私の家族が体験した肺がん宣告とそれに対する対応の記録を紹介します。
 

 


 

私は悪性リンパ腫(ホジキン病)と診断され、99年GW連休明けから入院しましたH.T.と申します。年齢は37歳、妻も子供もあります。何とか治したいと思い、インターネットで情報を収集している時に偶然、このホームページに出会いました。いわゆる健康食品というものは数多く存在しますが、その効果については良くわからないというのが実情だと思います。しかし、このホームページでは病気発生のメカニズムやA.M.Dの開発経緯、効果、また、お父様の実例などが詳しく紹介さており、病気に罹った身としては勇気づけられるとともに、大変勉強となりました。
 

 


 

2000年4月上旬、妻から、妻のお母さんが乳がんであることを突然知らされました。妻は少し動揺しているようでしたが、努めて冷静を装っていました。そのころ、ちょうどインターネットを始めたばかりの私は、手探りの状態で何か有益な情報はないものかと、探し始めました。数多くの癌関連情報の中から、一番信頼できそうな、また癌に効きそうな情報が掲載されているホームページを探しました。それがこのホームページでした。
 
早々メールでコンタクトを取らせていただき、ドクター が医療の現場で使用しているA.M.Dを紹介して頂ました。精神的に厳しかった私どもを、暖かく励ましていただいたSarah様には、本当に感謝いたしております。その後、 A.M.Dを飲みだした母は、余命3ヶ月と言われたにもかかわらず、順調に快復し、今では、乳がんこそ消滅していないものの、全身に転移していたがんは、レントゲンでは確認できないほどに、また乳がんの方も活動を停止しているという状態まで快復しております。まだ、定期的に病院にて抗がん治療を必要としますが、ここまで快復できたのも、 A.M.D、そしてSarah様のご支援のお陰だと思っています。以下に詳しい経過報告を紹介いたします。
 

 


 

 
薬などの治療はまったくせず、 A.M.Dを一日3回ずつ飲んでいただけなのですが、それだけで、腫瘍マーカーの値が下がり続けているのです。さすがにこれには主治医もびっくりしているようです。母から電話で「お前が持ってきてくれた A.M.Dが凄く効いてるよ」と、元気な声で連絡をもらって嬉しいです。
 
このままいけば、手術できなかったほどの癌が、本当に治ってしまいそうです。あとどれくらいしたら癌が消滅するのか、楽しみで仕方がありません。
 

 


 

 
平凡な人生を一変して地獄に変えてしまうもの、その多くの原因は難病だと思います。今、癌保険のCMが多いのも、やはり多くの人々が年々それらの病気に侵されているせいだと思います。「自分達だけは絶対に大丈夫」そう過信するのが一番危険なのです。今回の件で私は大切な家族を失いかけ、身を以ってその事を思い知らされました。丈夫なだけが取り柄だった父が侵された病名、それは私達が今まで他人事の様に見てきた「癌」だったのです。
 
昔から不治の病でそれに侵されたら最後、あとは死を待つばかり…。そう概念を持っていた私にとって、それは正に地獄以上の恐怖でしかありませんでした。医学が進化した現在でも早期発見は別として、完全な治療法は無いとされています。母と私は信じられない事実に打ちのめされ、出口の無い暗闇の中を彷徨い続けていました。しかし、一筋の光が私達の暗闇を照らしてくれたのです。『奇跡』という名の光りが…。
 
『奇跡』よく耳にする言葉ではありますが、リアルさに欠け非現実的だと思っていました、今までは。しかし、それを信じないわけにはいかない出来事が次々と私達に起こりました。こうして、私が今まで体験してきたことを体験談という形で書き記すことが出来るのも、その『奇跡』のお陰です。この素晴らしいホームページ『難病からの生還』を目にした時から、私達の奇跡は始まったのです。そして、このホームページに私のような者の体験談を載せて頂ける事をとても光栄に嬉しく思います。
 
未熟で至らない文章の数々ですが、私の体験談を読んで少しでも同じような苦しみを抱えている方々の勇気と励みになればと思っています。
 

 


 

 
義父、昭和3年生まれ、昭和56年に胃を3分の2切除。酒タバコ甘い物好き。平成4年肝炎で入院、以後酒を止める(時々飲んでいた)。平成12年、初期の糖尿病と診断。食事制限で甘い物も止める(時々内緒で食べる)。
 
そして平成13年6月、肺線がん、それもかなりの勢いで増殖する悪質な物との結果。水がたまって肺が溺れてる状態で、その上心臓にも負担が掛かりがんで命を落すよりも先に心臓が機能しなくなる恐れもあると聞かされました。不幸中の幸いは転移が無かった事ぐらい。余命は2ヶ月、「お盆までもつかどうか」医師から当時そう宣告されました。
 
しかし病院治療とA.M.Dによる免疫療法で、平成13年10月、レントゲン検査では影は完全に消え、翌月見事退院。退院の時、主治医が「ここまで完治して退院した患者は始めてだ」と義父を抱きしめ喜んでくれました。
 
義父は運が良かったのでしょうか。決してそうじゃないと思います。「自己治癒力」漠然とした物ですがケガをしたらカサブタが出来て治っていきます。癌だって自分で治す力が備わっているんです。その力を100%発揮できるように今までの生活を見直す事も大切だと思いました。
 
これを読んでくださった方、余命2ヶ月といわれても十分間に合いましたよ。このHPとSarahさん、応援してくださった皆様に感謝します。そして今病と闘ってる皆様、生きる力を信じて頑張って下さい。
 

 


 

 
嬉しい報告です!なんと、母の癌が消えました。先日、内視鏡の検査があり、10cmもあった癌が、きれいに消えていたのです。念のためにとった細胞にもがん細胞は発見されませんでした。
 
とにかく、癌が消えたのです。信じられません。末期と言われ、余命3ヶ月と言われていたのに、こんなに元気に生活しているのですから・・・。治療補助向けA.M.Dに出会えて本当に良かったです。ありがとうございました。母のような癌に苦しんでいる人に、希望をもってほしいと思います。癌は治るのですね・・・。
 
この母の体験が一人でも多くの方に希望を与える事ができるのならば、皆さんにお伝えしたいと考えていました。ただ、文章を書くのが苦手なので未熟な内容ですが、宜しければ改善事例詳細をご覧下さい。
 

 


 

 
おかげさまで母の病気が治り、03年12月に退院できました。最近は体力も回復してきて、普段どおりの生活に戻っています。これもSarah様がホームページでA.M.D等に関する幅広い情報を公開してくださったこと、入手先を教えてくださったことのおかげと心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
 
お礼とご報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。母の事例が少しでも、病気と戦っている方や、ご家族の励みになればと思い、経過を記しました。ご一読いただければ幸いです。
 

 


 

 
04年9月に、胃がんのオペをした父が、末期だったことがわかり、こちらのサイトにたどり着き、色々教えていただきました小島です。その節は、ご親切に色々励ましのメールを送っていただき、本当にありがとうございました。おかげさまで、父のがんはオペ後6ヶ月の時点では変化なしでしたが、6ヶ月後は一回り小さくなりました。顔色もよく、痩せることもなく、本当にがん患者?とおもう程元気にしております。私が、サイトを拝見した際、やはり体験談が沢山読みたかったというのがありました。もしよろしければ、私のようにどん底の気持ちでいる方を少しでも勇気付けることができるのであれば、体験談を載せていただきたいと思います。
 

詳細 

 


 
05年6月の末、私は左首に大きな腫瘍(グレープルーツ大)、そして左胸と左脇にも大きな腫瘍をもったまま、病院に駆け込みました。明らかに末期の転移性乳がんであり、余命宣告は3~4ヶ月でした。しかし延命の可能性をかけて、抗がん剤の治療が始まりました。ほぼ同時期にこのサイトにたどりつき、サラさんのアドバイスをいただいて、 ドクター向けA.M.D+治療補助酵素の服用がスタート。目を見張るほどの腫瘍は約2ヶ月でほとんどわからないほどになり、仕事への復帰ができました。現在でも腫瘍は残っており、抗がん剤は続いてますが、ますます小さくなる腫瘍に、医者も喜んでくれています。絶望一色だった私にとって、サラさんや他の患者さんの体験談がとても励みになったので、少しでも他の患者さんの力になれたらと、現在までの途中経過を報告させていただきます。
 

 


 

 
肝転移、膵臓に腹水、大腸・腹膜・リンパ節など体中にバラバラと転移あり。手術不可。胃の上部外側に大きく膨らんでいるめずらしい胃がんで、それが食道をふさぎ、痛みを伴って物理的にも食事ができなくなっている。医師の診断…手術は不可能なので、まずは放射線で食道をふさいでいる癌を小さくし、後は化学療法で癌の進行を食い止めるしか方法がない。今後癌が小さくなることは絶対にない。化学療法でも効果はなんとも言えず、仮に食い止められたとしても、いつかはまた癌が広がる。つまり、あくまでも延命治療でしかない。どこの病院へ行っても同じ結果だろう。現代医学では根治は不可能。進行が早いので、余命はもってあと1年、悪ければ3ヶ月。
 
当初そんな状況だった父の最終のCT結果がでました。残っていた癌は、CT画像上、きれいに消えました!!本当にありがとうございました。これも、Sarah様が教えてくださった、 高純度版T.L.A.M.D.&酵素、そして様々な癌に対する知識のお陰にほかなりません。心から御礼申し上げます。そして、私の経験も、癌で苦しむ方々のお役に立てたいと思いますので、是非、Sarah様のHPに記載して下さい!お忙しい中とは思いますが宜しくお願い申し上げます。
 

 


 

 
6センチの食道がん、多発リンパ節転移でステージ3b、と都内のJ病院で診断されました主人ですが、2013年11月4日より郡山のM病院にて抗がん剤、放射線、陽子線の治療のため2カ月入院いたしました結果、退院の時点で食道のがんは消失、リンパの転移もほとんどわからなくなっているとのことでした。その後内視鏡検査、生体検査、PETと受けましたが、すべて結果が良好、体重もこの1カ月半の間に4キロもどりました。
 
教えて頂きましたA.M.D.は 、あの後直ぐに1日7包づつ、酵素は3包づつ服用。そのお陰で入院中、食欲不振、吐き気、食道炎等、それなりに副作用で苦しんだものの、不思議に口内炎が無く、白血球の値も極端に下がる事無く週末は浅草の自宅まで一人で帰宅していました。本当に有難うございました。
 
食道がんは再発のリスクが高く、リンパ節にも多数転移があったことを考えて、樹状ワクチン療法と通いで出来る抗がん剤を副作用の様子を見ながら月1回のペースで行いながら、4月から復職の予定でいます。
 
主人の入院中は毎日のようにSARAHさまのHPを拝見して元気を頂いていました。再発、転移の恐怖はありますが、このような結果が得られましたこと、主人が戻ってきてくれたことは夢のようです。これからも油断しないでA.M.D.、酵素等の力を借りながら1日1日を大切に送って行きたいと思っています。
取り急ぎお礼申し上げます。
 

 


 

 
2015年8月4日に妻の乳がんのことで相談し、Sarah様にA.M.D.をご紹介頂きましたMと申します。
 
その節は親身になって相談に乗って下さいまして本当に有難うございました。
私の妻の乳がん改善例につきましてHPに掲載する内容の原稿を作りましたのでお送りします。私たちの事例で少しでも患者さんのお力になれるのであればと思います。
 

 


 

 

①胃がん 茨城県 高木和子さん(65歳)

なんと1カ月で胃ガンが消えた!扁桃腺、腰痛、失禁なども回復し、脳内出血の後遺症まですっきり。

リンパ腺の腫れが、たった一晩で消えた!

私は元々体が弱かったので、健康については日ごろから勉強を重ねてきました。長年の経験から健康の秘訣とは、血液の流れをよくすることと免疫力を高めることだとわかりました。それまでに血の流れをよくする健康商品を使っていましたので、免疫力を高めるというA.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)を友人に紹介されたときは、一も二もなく、すぐに飛びついたのです。

そのA.M.Dは足のリンパ腺が腫れたのをきっかけに昨年7月から飲み始めました。ビー玉くらいに腫れていたリンパ腺が、A.M.Dをとった翌朝には、なんと1mmの線状に変わっているではありませんか。正直いってこれには驚きました。

人間ドックの検査で胃ガンが見つかったのは12月のことでした。手術で体にメスを入れるのはいやでしたし、小学3年の孫娘を育てていますから入院もしていられません。見つかったガンは初期のもので2cmほどの大きさ。そう告げられて帰宅した夜から、A.M.Dを毎食後、量をそれまでの2倍にして飲み始めました。以前リンパ腺の腫れが1晩でひいたので、これを飲んでいればきっとガンは治ると信じたのです。

しばらくしてから検査のため、病院へ行きました。そこで胃カメラを飲んだのですが、ガンはすっかり消えていたのです。担当の先生は「ガンはないねえ」と不思議がって、首を傾げるばかりでした。

扁桃腺の腫れが改善。ほかにも驚きの効果が!

また、私は5才のころからずっと扁桃腺が腫れていて、左側が1cmほど、右は1.8cm出ていたでしょうか。それがある日、何げなく鏡を見てみると「あ、なくなっている」と気づいたのです。いまは、左側は正常に、右側も0.8cmくらい出ているだけです。60年近くずっと腫れていたので、これにはほんとうに驚きました。

まだほかに、すわるのも苦痛なくらいだった腰痛、座骨神経痛が回復しました。尿失禁が止まり、2.5cmほど出ていた膣脱は1cmに縮小。カゼによるせきや鼻水が一晩で止まり、こじらせることがなくなるなど、数え上げれば切りがないくらいの効果です。血流を促す健康商品と併用した相乗作用もあったのかもしれませんが、次々と症状が改善され、体調がよくなるさまに「A.M.Dのパワーはほんとうにすごいこと実感しています。

後遺症が回復し趣味の踊りも可能に! 

私には、脳内出血の後遺症もあったのです。それも、いまではもうわからないくらいになっています。47才のときに脳内出血で倒れて以来、18年間右半身が不自由で、足を引きずって歩くという状態でした。足が開かないので、趣味の日本舞踊もやめてしまっていました。言語障害も残り、言葉を思いどおり発することができません。顔面、とくに口元が歪んで、食べ物はこぼれるし、まるでおばあさんみたいな深いシワもあったのです。

それがA.M.Dを飲みだしてからというもの、症状は徐々に改善してきました。いまでは 普通に会話もできますし、お化粧だってできるようになりました。何よりも足元がしっかりしてきて、日本舞踊を再開できたのが一番うれしいです。毎朝孫娘の登校前には、踊りの稽古をつけているのですよ。この孫娘にもA.M.Dを毎日飲ませています。たまにカゼをひいても一晩で治ってしまいますし、鼻炎もよくなったようです。孫は私の生きがい。この子のために、私は元気でいないと、病気なんかしていられないんです。

晩年になってこんなによいものに出合えて、私は最高に幸せです。この感動をもっと多くの人に伝えたいです。

胃がんがなくなった
リンパ腺、扁桃腺の腫れがひいた
腰痛、座骨神経痛、失禁、膣脱が改善
右半身のマヒが回復
 
 

②子宮がん 熊本県 百田千秋さん(45歳)

A.M.Dのおかげで子宮がんがなくなり、地獄の日々から解放された!

ベッド待ちの期間にガンが転移してしまった!

子宮内部にガンが見つかったのは一昨年12月末のこと。それまで腰に鈍痛を感じていましたし、11月に入って急に4kgも体重が落ちたので、おかしいなと思っていたやさきのことでした。先生は淡々とした口調でガンを告げました。折しもその日はクリスマス。「まさか、私が・・・」と信じられず、病院屋上に停めた車内で2時間以上泣きつづけました。

入院、手術となると家族の助けがいるため、実家近くの病院に転院することにしました。しかし、ここで私は4ヵ月もベット待ちをさせられ、その間、地獄のような日々を送りました。精神的にかなりまいり、食欲もわかず、おにぎりひとつ食べるのもやっと、コップー杯の水を飲むのも1時間以上もかかっていました。

そんな私の状況に21才の長男は心配して、仕事の合間に家に帰り、昼食をともにしてくれました。そして、涙ながらに訴えるのです。「お母さん、心臓だけ残して内臓移植してきてほしい」と。この言葉を聞いて、私は絶対に死にたくないと強く思いました。

翌4月、再度子宮の検査を受けました。すると、私の思いとはうらはらに、なんと子宮内部に米粒大だったガンがもうひとつ増え、外側に2つも転移していたのです。絶望的な気分でした。

ガンが消えている!?先生も驚愕の表情

ちょうどそのころ、A.M.Dを友人に紹介され、ガン転移の恐怖もあり、試してみることにしたのです。飲み始めてしばらくして、今度はMRIの検査がありました。びっくりしました。なんと、ガンが消えていたのです!そのときの先生の顔といったら、悲惨なものでした。先生は検査結果を認めたくないようで、子宮内膜症、子宮後屈と病名を変更しました。それでも「子宮内膜症も良性のガンだから」と手術をすすめ、私は何度も検査を受けさせられました。しかし、結局、ガンは見つからなかったのです。

それからは、水も普通に飲めるようになりましたし、体重も元に戻りました。精神的にもずいぶん明るくなれました。それに、家族がひとつになれた気がします。いまでは検査といえば、定期検診のみ。私はA.M.D救われたと思っています。

子宮がんがなくなった 
 

③肺がん+腎臓転移 愛知県 羽土夏子さん(30歳)

肺ガン発見、さらに腎臓に転移。A.M.Dはガンの進行を止めた!

薬アレルギーのためガン治療が不可能

昨年5月、会社で受けた健康診断で肺に水がた声っていると知り、すぐに大きな病院で水を抜く治療を始めました。激痛を伴う大がかりな治療に、体力は衰え気持ちも沈みがちになりました。

肺の小児ガンで9才の時、大手術をした経験がありましたが、まさか20年もたってから異常が出るなんて!しかも、ようやく左の肺の水を抜き切ってとった写真に、早期のガンが映ったのです。ショックでした。早期でも重度の薬アレルギーのため抗ガン剤治療は無理。ほかの治療もそれに伴う薬品に拒否反応が出るために断念。お手上げの状態でした。このまま人生が終わってしまうには早すぎる・・・そんな気持ちとはうらはらに、今年3月の検査では、ガンが腎臓に転移。しばらくすると高熱が出て肺炎になり、確実に体をむしばみつづけていくガンになすすべもなかったのです。

藁をもつかむ気持ちでA.M.Dをとった

そのころ、義母がガンに効くと、A.M.Dを持ってきてくれました。薬も抗ガン剤治療も受け付けない私は、藁をもつかむ気持ちで、1日3回飲み始めたのです。驚いたことに、気がつくと、いままで毎週水を抜かないと息苦しかった症状がなくなり、病院へ行く回数も減っていました。1ヵ月後の検査では、いままでなかなか抜けなかった右の肺の水がすっかり抜けていました。治療もなく、病院の薬もなしにです!

3ヵ月後の検査では左の肺の水も完全に抜け、腎臓に転移したはずのガンがなくなっていました。不思議なことに、そのころには頭痛や腰痛もまったくなくなっていて、体力も戻っていました。まだ完治はしていませんが、あまりに体調がよいのでまた仕事がしたいと思えるようになりました。A.M.Dは重度の薬アレルギーの私にとって、ほんとうに貴重な存在です。これからもとりつづけ、ガンを撃退するのが目標です。

肝臓ガンが消えた
肺の水が抜けた
頭痛・腰痛が改善した
 
 

④胆管がん 熊本県 有馬ハツミさん(70歳)

あっという間に胆管ガンが消えた。黄疸を起こす総ビリルビン値は16mg/dlから1mg/dlに下がった!

発見された胆管ガン。目の前が真っ暗に・・・

忘れもしません。昨年の12月4日、たまたま病院の検査で採血したところ、翌日「すぐに病院に来るように」と先生から電話がありました。驚いて病院へ行くと、ひどい黄疸が出ており、そのまま入院することになってしまいました。くわしく検査してみると、肝臓の胆管に2cmほどのガンが見つかったのです。この管がガンで塞がれていたので、黄疸が出ていたようなのです。これを知らされたとき、目の前は真っ暗、この世も終わりだと思いました。今後のことを思うと不安でしかたがありません。ここで10日間ほど治療を受け、大学病院に転院することになりました。

そこでは胃カメラや血管造影など、さまざまな検査が私を待ち受けていたのです。食事もとらずに一日中点滴を打ちながらの検査ですから、胃はムカムカしてくるし、ほんとうにつらかったです。

黄疸がひどく、私の場合、総ビリルビン値が最高で16mg/dlもあったそうですが、これほど高い数値では手術ができないそうです。そのため、黄疸の治療を行いながら、ガンの手術準備をしていたところでした。

25日でガンが消え、先生もビックリ!

そんなとき、「お義母さん、これいいらしいから飲んでみて」と、息子の嫁がA.M.Dを持ってきてくれたのです。ガンがよくなればと、いわれるままに飲んでみることにしました。毎食後1日合計3回を飲みました。飲んだあとは病室のべツドの上で、「よくなりますように」と祈りながら肝臓の上をさすっていました。

飲み始めて1週間ほどたったころでしょうか。総ビリルビンの値が毎日0.5mg/dlずつ下がり始めたのです。そしてなんと、飲み始めてからひと月ほどたった検査では、ガンが消えていることがわかったのです!

これには先生もビックリ。「再検査をさせてほしい」といわれたほどです。「有馬さんは自分でガンを治したのですよ!」とほんとうに驚かれた様子でした。私は元々明るい性格で、人を笑わせるのが好きなのですが「有馬さんはよく笑うから、ガンが消えたのかもしれないね」と不思議がっておられました。そのときのうれしさといったら! これでもう手術しなくてもよくなったと、家族みんなで喜び合いました。

胃潰瘍も消えた。黄疸を示す値は激減。

実はそれまで、手術に対する不安が常にあり、治療や家のことなど思い悩んでいた影響もあってか、入院時に胃潰瘍ができてしまったのです。これも検査中にわかったのですが、A.M.Dをとり始めてから、すっかり消えてなくなってしまったんです。さらに飲みつづけた結果、35日目で、黄疸のほうは1mg/dlまで下がったのです(正常値0.2~1.2mg/dl)。おかげで40日間という短い期間で退院することができました。

今年5月に念のため再検査を受けたのですが、肝臓の状態はまったく良好。最近では、近所の友人だちとグランドゴルフを楽しんでいます。実は私、昨年の大会では優勝したこともあるんですよ。ガンだといわれ、入院していたころは好きなゴルフもできず、暗い毎日でした。またこうして楽しめるようになったのですから、ほんとうに感謝しています。
私に人生の楽しみを再び与えてくれたA.M.D、生きている限りはつづけていきたいと思っています。

胆管ガンがなくなった
黄疸がひいた
 
 

⑤食道がん 福島県 野村由紀江さん(60歳)

余命6カ月と言われた夫。入院時からA.M.Dをとり、ガンの進行を抑えた!

夫が余命6カ月。入院時にA.M.D摂取

私の夫は病気知らずの人でしたが、3年前に会社の健康診断で再検査の指示を受けました。そのときは受け流してしまったのですが、そのうちごはんが食べられなくなってしまったので、急いで病院へ。レントゲン検査をしてみると、素人が見てもわかるくらいに大きな腫瘍ができていたのです。「食道ガンです」と告知を受けました。

A.M.Dの効果のことを人から聞いていた私は、入院をした日から、さっそく夫にすすめました。A.M.Dを飲んで症状がよくなった人たちを知っていたからです。表面は気丈なふりをしていた夫でしたが、ガン告知を受けて不安もあったことでしょう。頑固な性格を把握していたので「好きな時に好きなだけ飲んでいいよ」と大に伝えると、夫は毎日きちんと飲んでいました。ほかの薬は受け付けなかった体が、ぬるま湯でといたA.M.Dだけは受け付けたのです。

「白血球が足りないので手術ができない。このままでは余命6ヵ月です」と先生からいわれましたが、入院から半年後には手術の日取りが決定。実は半年の間にA.M.Dを欠かさず摂取したことで、白血球が正常値に戻っていたのです。けれど、夫は「手術は受けない」と拒否。

嘘のように農作業に精を出す

手術を受けないかわりに、A.M.Dを飲みながら、抗ガン剤を投与し、放射線治療もつづけました。髪の毛が抜けずにいたので、近所の人も不思議かっていました。

告知が平成11年6月。結局手術は受けずに、年明けの4月には退院。なんと春の農作業に出かけるまで元気になりました。現在は病院の薬を服用せず、治療に通っているくらい。食欲も戻り、自分の体調に合わせて分量を調整しているようです。本人はあまり口に出しませんが、「A.M.Dがあるから大丈夫」という気持ちで乗り切ったのだと感じています。

白血球値が戻った
抗がん剤投与時も髪の毛が抜けなかった

 

⑥前立腺がん 茨城県 永田治さん(49歳)

手術が危険なほど大きい前立腺ガンがたった2カ月で小さくなった!

腫瘍が大きすぎて手術ができないと・・・

いま思えば、昨年の5月の前立腺炎はガンの予兆だったのかもしれません。今年2月下旬、血尿が出て病院へ行くと、尿検査でガンの疑いがあると診断。3月に入ってから大きな病院で、血液、内視鏡、MRI検査を、1ヵ月後に出た結果は前立腺ガンでした。腫瘍マーカーは600ng/mlという高い数値。先生からは大きすぎて手術はできないといわれました。覚悟はしていたつもりでしたが、やはりつらかったです。先生は、抗ガン剤治療などをすすめましたがすべて拒否し、別の病院に転院しました。転院先の先生は私の考えを尊重し、「普通の生活をしながらがんばろう」と、通院治療を許可してくれました。

腫瘍マーカーが激減!いまでは仕事もできる

検査を受けたころから精神的にまいっていたのですが転院を機にふっきれるようになりました。ちょうどそのころ、知人からガンに効果があるというA.M.Dの話を聞いたのです。半信半疑でしたが、試しに毎食後に飲んでみました。A.M.Dは、徐々に効果をあらわしてきました。初めは15~30分おきの尿意がなくなりました。しばらくすると、尿の量が多くなり、その次は勢いが出て時間もかからなくなり、最終的には残尿感もなくなってすっきりするように。

2ヵ月くらいたったころには、夜もぐっすり眠れ、朝まで尿は出なくなりました。その間2回検査をしましたが、5月は腫瘍マーカー493ng/ml、6月はなんと腫瘍マーカー47.6ng/mlという驚くべき結果を出したのです。尿の変化はそのままガンの縮小の過程だったのだとあらためて実感できました。そのほかにも、肛門の鈍痛や、便の残量感がなくなり全身の違和感は全部解消。そのうえ少しずつですが白髪が黒くなり、いいことずくめです。最近は自分が病人だなんてすっかり忘れてしまうほど毎日バリバリ働いています。

腫瘍マーカーが激減
つらい残尿感が消えた
 

⑦B型肝炎 岐阜県 森 陽さん(58歳)

B型肝炎のつらい症状で苦しんでいた日々からA.M.Dが救ってくれた。

46歳でB型肝炎のキャリアと判明

肝臓の病気は、ほんとうに口ではいえないつらさがあるものです。それをまさか自分の体で体験することになるとは、私自身思ってもみませんでした。私がB型肝炎とわかったのは46才のとき。当時勤めていた会社で献血をしたときにB型肝炎の疑いがあるといわれ、精密検査を受けてキャリアだと判明しました。とはいえ日常生活はできていましたし、自覚症状もなかったので、その時はさほど恐怖感はありませんでした。

倦怠感と腰痛に悩まされる毎日

ところが、50才を過ぎたころから、急に症状が出始めたのです。体が異様にだるくなり、腰痛もひどくなりました。顔色もどす黒くなっていき、いつもイライラするようになりました。仕事中に車中で気分が悪くなり、倒れそうになったこともあります。年齢のせいというには、あまりにも急でおかしい。私は肝臓を悪くして亡くなった父のことを思い出し、症状が似ていることに気づきました。

私の父も肝炎を患い、肝硬変から肝臓ガンヘと進行し、治療のかいもなく、最後は肝臓破裂で亡くなりました。酒も飲まず、徹底して健康管理をしましたが、症状は悪くなるばかりで、高齢になってから急に具合が悪くなったので、インターフェロンなどの体力のいる治療はほとんど受けられませんでした。私ももしかしてと思い、病院で検査したところ、GPTの値が138にもなっていたのです(正常値は4~43)。その後も測るたびに数値が上がり、真剣になんとかしなくてはと思い始めました。

母も長年糖尿を患っており、いつも漢方薬を飲んでいたので、最初は私も漢方薬か何かを飲んでみようかと思っていました。そんなときに、幼なじみの友人から紹介されたのが、A.M.Dです。A.M.Dを愛用している彼は、私と同世代だというのに、若々しくて健康そのもの。父のデータや本を読んで、A.M.Dについて調べるほど、これは効くかもしれないという確信がわき、さっそく飲んでみることにしました。

1か月半で正常値。先生も太鼓判!

1日3回ずつ飲み、2週間ほどしたころ、眠れなかったほどひどかった腰痛がピタリとなくなったのです。びっくりしました。それまではできなかったあおむけで眠れますし、つらさがなくなった分、眠りも深くなったように思います。いいようのないだるさもなくなり、体がラクになるのが実感できました。周囲が心配するほどだった顔色も健康的な色に戻り、いまではつやさえ出ているほどです。飲み始めてから1ヵ月半後、病院で検査をしたところ、驚いたことに、あれほど高かった数値がすっかり正常値に戻っていたのです。エコーで肝臓を見る必要もないほど、健康なものになっていると先生も太鼓判を押してくれました。A.M.Dがたった1か月半で、肝炎のウイルスを退治できるほど肝臓の免疫力を高めてくれたのです。肝炎はほとんどが症状の波をみながら、一生つきあっていかなくてはならないものです。私は一番いい時期にA.M.Dというすばらしいものに出合って、健康をとり戻すことができました。

以前は趣味のゴルフも1ホール目からつらくなって、コースを回るのもままなりませんでしたが、いまでは打ちっぱなしなら何時間でもつづけていられます。日課の庭でのパット練習も、真夏でもまったく苦になりません。それに、いままでカラオケが嫌いでマイクを待ったこともなかったのに、最近は妻とふたりでカラオケ教室に通うようになったんです。45年ぶりの私の歌に、幼なじみたちはびっくりしています。それというのも、健康になって精神的に余裕が持てたためでしょう。体と心が健康になったことで、充実した毎日が送れるようになりました。A.M.Dは本来、健康維持のためのものだと聞いています。健康を手に入れたいま、その状態を維持するためと若返りのために、これからも愛用していこうと思います。

B型肝炎が治った
腰痛がピタリとなくなった
 

⑧リウマチ 茨城県 田中幸子さん(50歳)

医者の手におえなかったリウマチの進行を止め、痛みもなくなった!
 
 

⑨頚椎狭窄症 北海道 斉藤賢さん(79歳)

20数年も悩まされた激痛としびれがA.M.Dのおかげで消えた!
 
 

⑩更年期障害 青森県 工藤エイ子さん(69歳)

30年来の更年期障害がすっきり解消!仕事にも復帰できた。
 
 

⑪更年期障害 石川県 河田貴子さん(57歳)

味覚を失い、動悸も激しい更年期障害をA.M.Dで吹っ飛ばした。
 
 

⑫アトピー性皮膚炎 愛知県 平下美代子さん(41歳)

1日3回着替えるほどのアトピーの血と膿がピタッと止まった!
 

全米では2000人以上の医師が約5万人の患者に使用しているというデータがあるほど注目されています。ゴーナム博士の学会発表によって、その免疫力増強作用が明らかにされ、2000年の全米サプリメント食品「免疫賦活部門」では売り上げ第1位を記録しました。免疫力を向上させることでガンや生活習慣病を治すという考え方は、アメリカだけではなく、世界各国で注目されています。現在では、アジア、南米、オセアニア、ヨーロッパなど、各国でA.M.Dの有効性が認められ、愛用されています。