末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

命のベースは「腸」にあり


腸の活性化・正常化の重要性

 

正しい食物の摂取

 
人間は腸をベースにして栄養を全身に吸収して生きています。樹木は土壌をベースにして栄養を吸収し、生命活動を続けているのです。腸は地面と同じだということです。
 
ですから、この土壌や腸の質が、植物や動物や人間が健康に生きられるか否かを大きく左右する因子となるのです。
 
そのくらい大きな因子ですから、食物の摂取法は、健康を維持するうえで重要と言うより絶対欠かせないものなのです。もちろん病気になってそれを治そうというときも、病気が治った後でも、健康を維持するするうえでも、予防のうえでも、とにかく食物の摂取の仕方は、非常に大切だと言うことです。
 
腸を活性化・正常化させる事で、栄養分の吸収も十分に出来るようになり、結果癌と闘うために必要な体力もついてきます。腸内腐敗も少なくなり、新たな発癌因子が減少する事にもなります。免疫強化物質「4.G.A.M.D.」などを飲むにしても、腸から吸収されないと免疫活性が起きない訳ですから、腸の働きひとつで大きく結果が変わってくると考えられます。まず「癌患者=腸が弱っている・正常ではない」と疑って、とにかく腸の働きを活発化・正常化させるように努力してみて下さい。
 
LinkIconひとつ上へ戻る