末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

雑誌「健康」11月号 記事詳細


帯津三敬病院名誉院長 医学博士 帯津良一氏
 

科学的データで証明される効果

現在の医学界では、ここ数年、西洋医学とは違うさまざまな角度から治療を行う代替療法が注目されています。なぜならば、西洋医学による治療に行き詰まりが生じている観が否めないからです。これは、日本だけのことではなく、世界中でも同様の流れが大きくなっています。 

人間が本来持っている免疫力を効果的に高め、自らの力で体を回復させることをめざす。代替療法には、気功、心理療法など、さまざまな方法がありますが、機能性食品をとり入れるかたが年々増えています。当院の患者さんも、多くのかたが5~6種類の機能性食品を試されています。 

なかでも、注目されているのが、A.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)です。機能性食品はたいへん高価なものが多く、経済的に何種類もとりつづけていけないかたもいらっしやいます。そのようなかたに、どれかひとつ選ぶのなら、A.M.Dをおすすめするでしょう・・・というのは、この特殊成分は免疫力を増強するのに、非常に効果があるからです。それは科学的データにより証明されています。

人体にない成分が細胞を刺激する 

従来から、米ぬかに含まれるArabinoxylaneという成分やきのこなどに免疫系を強化する力があることは知られていました。しかし、そのままでは、人の体内で機能させることが困難でした。そこで、きのこの酵素を利用し、米ぬかのArabinoxylaneを変化させ体内の免疫細胞に働きかけるようにしました。このA.M.Dこそが、免疫系強化の切り札となったのです。A.M.Dの成分の特長は、人体になじみのない物質であることです。この成分は多糖体の一種。多粘体にはブドウ糖や果糖などがありますが、これらのほとんどが、六炭糖です。しかし、A.M.Dの成分は五炭糖。通常は人体に存在しない物質をとり入れることで、細胞に刺激を与えることができるのです。

この成分は、とくにガン患者に効果を発揮することが報告されています。免疫細胞に働きかけると申し上げましたが、そのなかでも、ガン細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞へ強力に働きかけます。すると、NK細胞がより激しくガンを攻撃します。A.M.Dのおかげで、末期ガンのかたも寿命を延ばしたり、進行ガンのかたが通常の生活をつづけられたりしています。とくに、前立腺ガン、乳ガン、卵巣ガンなどホルモン系のガンに効果が高いようです。

大地のスピリットが健康を維持する

免疫系を強化することから、若返り効果も期待できます。また、A.M.Dは体全体の細胞を強化するので、肝炎や糖尿病などの症状が改善したという症例も多く報告されています。この成分の効果は、数多くの実験結果や臨床報告で科学的に証明されてきましたが、すべてが明らかにされているわけではありません。それは米ぬかという天然の素材が原料であるため、簡単には解明できない大地のスピリットが含まれているからです。私はその部分にこそ、A.M.Dの可能性を感じるのです。米ぬかは、昔から日本人の健康を支えてきた食材。そこから生まれたこの成分を、ぜひ健康維持に活用してください。

A.M.D(Arabinoxylane for Medical Doctors)で、驚きの臨床例!

症例① 胃ガン 90代・女性

75才のときに早期の胃ガンが発見されました。高齢のため手術できなかったところ、漢方と丸山ワクチン、ゲルマニウムで3年半後にガンが消えました。しかし、その5年後にガンが再発。ほかの代替療法を行いたいとの本人の希望で、ワクチンとA.M.Dに変更しました。3年後、またガンが消えていました。

症例② 卵巣ガン 50代・女性

ステージⅢというかなり進んだガンのかたでした。手術後、抗ガン剤治療を行つていましたが、副作用がひどく、つづけることが困難になりました。そこで、A.M.Dをとるようにしましたが、いまも元気にご健在です。約10年とりつづけていらっしゃいます。

症例③ 腎臓ガン 70代・女性

腎臓を摘出しましたが、残ったほうの腎臓にも転移。2つとも摘出してしまうと、人工透析を受けねばなりません。そのため、摘出を拒み、A.M.Dだけをとることにしました。5年が経過しましたが、いまも元気にしていらっしゃいます。
 

米ぬかの成分「Arabinoxylane」

Arabinoxylaneは私たちの身近にあるコーン、小麦などのイネ科の植物に含まれる成分です。植物には骨がないのに、しっかりしています。これはひとつひとつの細胞がコンクリートのような壁を持っており、それが支えているからです。細胞壁をつくっている材料のひとつがヘミセルロースと呼ばれる糖質で、イネ科植物のヘミセルロースの主な成分こそがArabinoxylane。これは、そのまま食しても吸収されにくく、その生理的効果は期待されていませんでした。しかし、米ぬか抽出の「Arabinoxylane」に、シイタケが持つ特殊酵素を加えて、体内吸収率を高めた「A.M.D」が誕生。免疫機能を活性化する働きが注目され、臨床でも多くの人が試すようになったのです。
 


農芸化学・栄養学博士 ウィリアム・レーン氏

代替医療のなかでも注目のA.M.D

米国ではガン患者が1分間に1人亡くなっています。年間にすると60万人。抗ガン剤や放射線治療など、現代西洋医学での治療を施しても、1年間でガン患者の50%が命を落としています。この結果から、現在の治療方法が完璧とはいえないことがおわかりいただけると思います。

こうした状況から、米国における代替・補完医療は徐々にポピュラーになりつつあります。まだ代替・補完医療は保険でカバーされていませんし、依然として従来どおりの治療だけを行う医療機関も多いのは事実です。しかしながら、患者のかたの代替・補完医療を求める声が大きくなっているのです。本来、人が持っている免疫力を高めることが、病気の治療に非常に有効で、苦痛の少ない非常にすぐれた療法であることに、医師も患者も気づいてきたのです。

アメリカでもそのための方法として食事療法やボディワークなどいろいろ試されてきました。そのなかでもA.M.Dの効用が、注目されています。

免疫細胞に働きかけガン細胞を猛攻撃!

免疫とは生体を防御する機能のこと。免疫の要となるのは、白血球の中のマクロファージやリンパ球と呼ばれる免疫細胞です。リンパ球はT細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞、B細胞で構成されています。これらが、外部からの異物を発見し連携して攻撃、処理してくれるのです。体の中のこうした働きがなければ、あっという間に異物に体を乗っ取られて、命を奪われてしまいます。病気を治すのは病院や医師ではなく、その人自身です。現在の治療は、基本的に対症療法です。とくにガンや重い感染症の場合、薬の副作用などの問題も出てきます。しかし、免疫にはその心配はありません。ですから、いかに免疫力高めるのかが、大きなテーマとなります。

A.M.Dの最も注目すべき点は、白血球のNK細胞、T細胞、B細胞の3つを同時に刺激する働きをすることです。この3つの細胞は免疫細胞の15~20%以上を占めており、たとえるのなら「おなかをすかせた虎」のようなもの。3匹の虎がガン細胞などの異物に飛びかかるわけですから、常に効果的なわけです。

また、NK細胞の活性を3倍にするともいわれています。NK細胞が一度活性化されると、28個のガン細胞を殺します。そして、翌日にもやはり28個を攻撃するのです。
 

HIVや肝炎など幅広く病気を改善

私の知っている医師は、ガンになったときにA.M.Dをとることを選びました。これは極端な例ですが、従来の治療だけではなく、代替医療も組み合わせて、よりよい治療を行うことをおすすめします。A.M.Dはガン以外の肝炎などの感染症にも効果的です。HIV感染者でさえ症状が改善したという報告もあります。免疫力を高めれば病気に強くなります。これは、私のポリシーであり、このことを心がけながら、120才まで長生きしようと思っています。

ガンと闘う最強の兵士<NK細胞>のすばらしい攻撃力

NK(ナチュラルキラー)細胞は、ハート形の核を持つ細胞で、同じリンパ球であるT細胞やB細胞とは違い、異物を発見するとすばやく攻撃を開始します。とくに腫瘍細胞に対する反応が強力で、ガンヘの初期防衛を担う細胞としてたいへん期待されています。NK細胞はリンパ球全体の15~20%の割合で存在。ガン細胞を発見すると結合し、グラニュールという小さな粒を弾丸のごとく、ガン細胞に打ち込むのです。その結果、ガン細胞にはたくさんの穴があき、死滅していくのです。しかしながら、すばらしい兵士であるNK細胞も、活性されていなければこうした働きはできません。NK細胞を活性化するのに力を発揮するのがA.M.Dなのです。 


銀座サンエスペロ大森クリニック 院長 大森隆史氏

 

A.M.Dは代替医療の柱

抗ガン治療での副作用の問題、手術による治癒率など、通常の西洋医学のみでのガン治療に限界が見え始めています。そのため代替・補完医療は、ここ3~4年、医療界の大きな流れとなっています。ガンの通常治療は外科手術、抗ガン剤、放射線が3本柱でした。しかし、現時点では年齢やガンの種類によって完全にガン細胞をたたくというよりも、ガンを眠らせて、症状を悪くしないという考え方も多くなってきました。そのようなことから、代替・補完療法の流れが出てきたわけです。

代替・補完療法では、免疫を高める「免疫療法」、ガンの成長を防ぐ「血管新生抑制療法」、ガン細胞の増殖を抑えて細胞死させる「ガン細胞死療法」が3本柱です。ごれらは、通常治療と相互に組み合わせて統合的に治療していくことがたいせつです。そのなかで、免疫を強化する大きな柱がA.M.Dというわけです。

免疫細胞を効果的に活性化

私自身も通常治療の限界を感じ始め、10年ほど前から代替・補完療法をとり入れています。当初は、試行錯誤して機能性食品を探しておりましたが、そんなとき、患者さんがA.M.Dを使ってみたいと持っていらしたのです。

石油会社に技術者として勤めた経験から、機能性食品を使う際にもその素材の構造を重要視してきましたし、効果のメカニズムも明確に知っておきたいと思っていました。いろいろと調べた結果、A.M.Dは原料が米ぬか、しかもシイタケの酵素で処理をして、分子をこまかくし、吸収されやすくしていることがわかりました。データの裏づけがしっかりしており、その事実に基づいた治療を行うことができます。そこでさっそく患者さんに使ってもらいました。

A.M.Dは、分子がこまかいといっても、すべてが同じ大きさではありません。小さいものは腸で吸収され、血液に入り込み、免疫細胞を刺激。大きいものは腸壁の細胞に働きかけ、腸内の免疫力を高めるのです。病気を治すために重要な役割を果たすのは白血球です。A.M.Dは、その白血球の中の、ガン細胞に立ち向かって攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化することも報告されています。

ガンだけでない!細胞全体に効果発揮

たとえば、60代・男性の大腸ガンのかたは外科手術をしましたが、肝臓と肺に転移。肺を切除したのち、抗ガン剤治療をつづけてきました。同時に、A.M.Dもとるようにし、結果的に5年以上元気にしておられます。腫瘍マーカーも正常に推移しています。このようなガンのかたでは非常に珍しく、この成分がいい効果をもたらしたケースといえましょう。

A.M.Dは、免疫細胞だけに働きかけるのはなく、細胞全体に効果を発揮します。ですから、ガン患者以外のかたにも効果を発揮しています。細胞を刺激する力を持っていますが、それはマッチの火のようなもので、木や紙などの燃やすものがないと、消えてしまいます。A.M.Dを燃やすのはアミノ酸やビタミン類。すぐに特効薬として飛びつくのではなく、まず土台となる栄養を整えてから。そのうえで、A.M.Dの柱を立てると、「健康」という立派な建物が建つのです。

ほかにもたくさんの患者さんに効果がありました!

症例①腎臓ガン 70代・女性

手術した半年後、右肺に転移していることがわかりました。抗ガン剤の副作用が強かったため、本人の希望もあり、ビタミンとA.M.Dを摂取することに。腫瘍マーカーは横ばいをつづけており、ガン細胞はあるものの、まさにガンが眠っている状態にあります。

症例②C型肝炎 50代・男性

GOT、GPTが100U/Lを示すくらいの重病のかたでしたが、肝炎の治療および肝臓ガンの予防のためA.M.Dを使用しました。すると、GOT、GPTが40U/Lと正常値に近づいたのです。

症例③急性腎炎 50代・女性

ネフローゼ症候群のこのかたは、カゼをひき、カゼ薬を飲んでいる最中に急性腎炎になってしまいました。ステロイドでの治療が行われましたが、これは人の抵抗力を損ないます。そこでA.M.Dをとっていただき、抵抗力をつけるとともに、腎臓自体の細胞にも力をつけてもらいました。いまでは、すっかりよくなり、治療する前よりも元気になられました。

国内外で研究、科学的データ蓄積進む

米ぬか成分を加工したA.M.Dに、免疫細胞を活性化させる効果があると報告されたのは1996年4月のこと。アメリカのM・ゴーナム博士が学会で発表しました。27人の異なったタイプのガン患者に通常のガン治療をつづけながら、1日3gのA.M.Dを投与。2週間後、NK細胞の活性が著しく増加したという結果が出ました。

 また、同年7月に、ゴーナム博士らがHIV感染症(エイズ)に対して有効であると報告し、注目されました。その後も国内外で学会発表や論文が相次ぎ、ガンやHIV以外についても、科学的なデータが蓄積されています。現在は国内で京都大学、九州大学、千葉大学はじめ11大学、海外ではアメリカ・UCLAやイギリス・ケンブリッジ大学などでも研究され、その効用が期待されています。 
 


あさひ王医クリニック院長 医学博士 上野紘郁氏

 

体の悪循環で病気は発生する

現代社会はストレス・過労・心の悩み・睡眠不足・栄養バランスの乱れ・安全基準以上の環境ホルモンや農薬の多い食物を食べ、交感神経は絶えず慢性的に交感神経の緊張状態にあります。そうすると血液中に顆粒球が増え、活性酸素を大量に発生し、細胞や臓器の障害が起ってきます。それが繰り返し起ると、遺伝子に異常が起り、病気が発生しやすくなります。

一方、血管の収縮により血流障害が起ると、組織に老廃物や代謝産物等が停滞したり、免疫細胞(リンパ球)の減少によって抵抗力が減り、いろいろな病気を引き起すようになります。とくに女性では、乳ガン・卵巣ガン・子宮ガン・卵巣機能不全症・冷え症・肩こり・腰痛・更年期障害・肌荒れ等が多く見られます。

残念ながら、現在の西洋医学での治療は、こうしたメカニズムを全体的に考えたうえでの根本的な治療ではなく、その病気それぞれに対しての「対処療法」を行っているにすぎないのです。たとえば、糖尿病に対しては、薬を出して血糖だけをコントロールする。でも、それでは根本的な解決にはならないのです。

注目のA.M.D

では、何か根本的な解決になるのか。それは免疫力を高め自律神経を調整し、ホルモンバランスを整えることです。これは人が本来持っている病気に立ち向かう力(自然治癒力)を強くします。人が病気を治したり、予防したりするのに、一番たいせつなもので、この力を高めることで、健康を維持したり、病気と共存することができるのです。

私は免疫力強化のため、さまざまな療法を患者さんに対して行っています。そのなかでも、万病に効くものとして、おすすめしたいと考えているのがA.M.Dです。

A.M.Dは、ガンをはじめとするさまざまな病気に効果があります。なぜならば、免疫力を向上させるのにすばらしい力を備えているからです。この成分は、日本人が健康な体づくりのため食してきた米ぬかとシイタケが原料となっています。A.M.Dのすばらしいところは、米ぬかとシイタケが原料になっているのにもかかわらず、それが作用し、免疫細胞をはじめあらゆる細胞を活性化する点にあります。ですから、当院でもガンやさまざまな病気の患者さんにおすすめしています。

女性の病気にも免疫力向上が決め手

A.M.Dは、更年期障害など女性特有の病気に対しても、治療や予防に効果を発揮します。免疫力とホルモンは双方が互いに作用し合っており、密接な関係にあります。更年期障害はホルモンのバランスが崩れることにより起こります。ですから、免疫を高めることで、ホルモンや自律神経が調整されるわけです。そのため、更年期障害の代表的な症状であるだるさ、不眠、ほてり、冷え、イライラなどが緩和されるのです。

また、最近では、更年期障害だけではなく、若い女性でも生理不順や生理痛、子宮内膜症などに悩むかたも多くなっています。偏った栄養や運動不足などの生活習慣や環境ホルモン等が原因のひとつとなっていると思われますが、そうした生活をしていると、体力が落ち精神的にもダメージを与えます。免疫力も低下し、ホルモンにも悪影響を与えます。したがって、こうした症状でお困りのかたは、まず生活習慣を見直すことから始めていただきたいのですが、症状のひどいかたや早く治したいかたは、A.M.Dをとられるといいかと思います。免疫力を向上させ、ホルモンを整えれば、改善につながります。免疫力をつけて、病気を全身で治す。そのために、効果を発揮するのがA.M.Dなのです。

ほかの症状にも効果が!A.M.Dの驚きの作用

ガンや肝機能障害のはほかにもA.M.Dの効用について、さまざまな報告が届いています。
アレルギー性鼻炎では、1年を通して酷かったかたや毎朝くしゃみとともに大量の鼻水が出るかたが、A.M.Dをとり始めると、いつの間にか症状が改善され薬が必要でなくなった、と喜んでいます。

また、ゼンソクの発作を起こさなくなった、扁桃炎による発熱が見られなくなった、子宮内膜症の炎症がおさまったなど、さまざまな症状の改善が報告されています。これらの作用は、まだ科学的に立証はされていませんが、A.M.Dの免疫調節作用が働いたと考えられています。

一方、マウスによる実験では、アトピー性皮膚炎の進行を抑制する作用も発表されており、今後の研究報告に目を離せませんね。

雑誌「健康」02年11月号

 


 
LinkIconひとつ上へ戻る