末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

西洋医学による癌治療の限界と問題点


西洋医学による病院治療だけを信じて頼りきっていいのか?

 

客観的データから西洋医学の成績・実績を見る


私たちの身の回りにある有害化学物質やストレス、老化、その他、さまざまな原因によって、癌の発生率が近年にない急激なスピードで高まっていることは残念ながら事実です。アメリカでは、1996年の1年間だけで、癌にかかった国民が約120万人にのぼるそうです。癌の罹患比率は男女ほぼ半々で、癌細胞は男女を問わず大人も子どもも老人も見境なく攻撃します。男性は前立腺癌にかかる割合が最も多く、女性の場合は乳癌が1位のようです。そして、この120万人のちょうど半分の60万人が1年間に癌との闘いに破れ、亡くなっているようです。
 
日本においても1991年以降、死因のトップだった脳卒中を追い越して、癌が第1位になったのは記憶に新しいところです。日本でも1986年以降、毎年19万人以上の人々が癌で亡くなっているそうです。最近では、癌患者の4人に1人が、癌で死亡している計算になります。勿論、アメリカと日本の人口の違いはありますが、全人口に占める癌による死亡の割合はほぼ同じとみていいようです。それどころか、世界中の多くの先進国において、癌が死亡原因の第1位に位置する疾患となっているそうですから驚きです。
 
こうした、文字どおり地球的規模の人類最大の疾病である癌に対して、私たち人類ははるか昔からさまざまな知恵と工夫で闘い続けてきました。それにも関わらず、癌は研究者・医師の努力をあざ笑うかのように、依然として増え続けているという状態です。
 
癌は生活習慣病とも呼ばれ、日々の生活におけるストレス管理や規則正しい食事、自然の水、適度な運動などが非常に大切です。この日々の生活が乱れた結果、健康だった体質を、徐々に癌になりやすい体質へ変化させてしまうのです。ですから「若いうちから癌にならないよう、予防に力を注ぐべきだ」という声も段々と強くなってきています。確かに、癌にならないために予防策を講じることは非常に大切なことだと私は思います。今現在健康な方は是非、癌にならないように予防をされることをお奨めします。
 
しかし万が一、不幸にして癌になってしまった場合には、それからストレス管理や規則正しい食事、自然の水、そして適度な運動を始めるだけでは、即効性がないので手遅れになってしまう可能性があります。勿論癌になってしまった後も、体質改善やストレス管理はとても大切なことですから、是非実践して下さい。しかし、体質改善には年単位の長い時間がかかるため、癌細胞の増殖スピードを考えるとそれだけでは癌と真っ向から闘えません。
 
では、癌になってしまったらもう絶対にお手上げかというとそうでもありません。これまで医学が癌治療に対して行ってきたこと、現在も行っている治療法の限界と、あまり大きな声では語られることのない現代医学のマイナス面を知った上で、早期に適切な処置を行えば、必ず無事生還を果たすことが出来るはずです。その”適切な処置”のポイントは、「免疫力を高めること」に尽きると私は思います。癌と闘う最後で最強の武器は「免疫」だということを、私のホームページを通じて知って頂けたらと思います。
 
ここでは現代医学(西洋医学)の限界と問題点、そしてメリットも合わせてじっくりとご覧下さい。