末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

子宮体がんの概要と詳細/治療/生存率

 
婦人科のがんで最も多いのは子宮がんです。子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんに分けられます。子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発生する病気です。一方、子宮腟部や頸管の上皮から発生したがんが子宮頸がんです。また、成人になると子宮はくぼんだ西洋梨状になります。その子宮の筋肉に発生する病気の子宮肉腫とは異なります。混同して説明されることもありますが、この病気に関しては「子宮肉腫」をご参照ください。
 
同じ子宮のがんであっても、 子宮体がんと子宮頸がんは、診断・治療・予後においてすべて異なりますので、子宮体がんと子宮頸がんの違いを正しく理解することが大切です。
 
年齢別にみた子宮体がんの罹患(りかん)率は、40歳代後半から増加し、50歳代から60歳代にピークを迎え、その後減少します。近年、子宮体がんは年齢に関係なく増加傾向にあります。罹患率の国際比較では、子宮頸がんが途上国で高いのに対し、子宮体がんは欧米先進国で高い傾向があります。
 
子宮体がんは、エストロゲンによって増殖するタイプと、エストロゲンに関係なく発生するタイプに分けられます。確立したリスク要因としては、閉経年齢が遅い、出産歴がない、肥満、エストロゲン産生がん、がリスク要因とされています。薬剤では、乳がんのホルモン療法に用いられるタモキシフェンや、更年期障害等に対するホルモン補充療法などで用いられる、エストロゲン製剤の単独使用などが挙げられます。その他のリスク要因として糖尿病、高血圧、乳がん・大腸がんの家族歴との関連が指摘されています。
 

 
他のがんと同様に、子宮体がんも初期のものほど治療成績がよいので、早期に発見(診断)することが大切です。もし、月経とは無関係の出血、おりもの、排尿痛または排尿困難、性交時痛、骨盤領域の痛みなどの症状を認めたならば、婦人科医の診察を受けることが大切です。子宮体がんは、肥満、糖尿病、高血圧のある女性に多いとの報告があります。
 
最も普通に認められる症状は出血です。特に、閉経後に少量ずつ長く続く出血がある時は、早めに婦人科あるいは検診を受診し、子宮体がんの検査を受ける必要があります。検診などで、子宮がんの検査という場合、子宮頸がんのみの検査を指すこともあるので、注意が必要です。
 
子宮体がんは、タモキシフェンというホルモン剤の投与を受けている乳がんの方に見つかることが時々あります。もし、このホルモン剤を服用するのであれば、子宮体がんのチェックを定期的に受けることが大切です。ホルモン剤治療を受けていない場合でも、乳がんや大腸がんの方には、子宮体がんの発生する割合が少し高いことが知られていますので、乳がんや大腸がんを経験された方はチェックを受けたほうがよいと思われます。
 

 
子宮頸がんの検診は、まず内診(ないしん:腟内に手指を挿入し、子宮を触診する)し、子宮の形状や大小の変化を調べます。それから、細胞採取のために綿棒、ブラシ、小さな木のスティックなどを使って、子宮頸部の外側と腟を丁寧にこすり、細胞診テストを行います。
 
子宮体がんは子宮の内側より発生するので、普通の子宮頸がんの細胞診テストではがんは見つけられません。子宮内膜の異常を検査するためには、頸管拡張と掻爬(そうは:子宮内膜を含め、子宮内腔内の異常組織をかき出す)やスプーン状に湾曲した器具で、子宮壁にできているものを除くために丁寧に削りとります。国立がんセンター中央病院の婦人科では、キュレットゾンデという金属性の細い棒の先に小さな爪のある器具を子宮の奥に入れて組織の一部をとります。少し痛みがありますが、各個人によって痛みの強さは異なります。また検査後、数日少量出血することがあります。しかし、検査によるものですので心配はありません。採取された組織はがん細胞の有無などを調べるために組織診断に提出されます。
 

 
子宮体がんと診断された後の予後(治癒の見込み)と治療の選択は、がんの病期(がんが子宮内膜に限局しているかどうか、または子宮の頸部や子宮の外に拡がっているかどうか)と全身状態によります。さらに、予後は、がんの浸潤(しんじゅん:がんが子宮の壁に食い込んでいくこと)の深さ、リンパ節転移の有無、顕微鏡下のがん細胞の組織分化度(かたち)などの要素を加えて推測されます。早期のがんで子宮を残す治療を希望する時は、早期がんであることに加えて、がんの成長を女性ホルモン(プロゲステロン)が抑制する時に、はじめて検討されます。
 
治療を選択する基準は、病気の拡がりを示す病期が最も大きな要素です。
 

 
子宮体がんと診断されると、がんが内膜から身体の他の部位へ拡がっているかどうかを調べるために、さらに検査が行われます。治療を計画するため、超音波検査やCT、MRIによる画像検査によってがんの進行程度を診断します。子宮体がんの病期分類は子宮頸がんと異なり、手術治療後の病理検査結果に基づいて決められます。
 

0期

 
子宮内膜の異型増殖状態(正常の細胞とは顔つきが異なった異型細胞といわれる細胞が増えている状態)を認めるもの。
 

I期

 
がんが子宮体部にのみ認められるもの(子宮頸部、その他にがんは認められない)。
 

  • Ia期
    子宮内膜にのみ認められるもの。
  • Ib期
    がんの子宮筋層への浸潤が筋層の1/2以内のもの。
  • Ic期
    子宮筋層への浸潤が筋層の1/2を越えるもの。
  • II期
    がんが子宮体部を越えて子宮頸部に拡がったもの(がんは子宮の外に出ていない)。
  • IIa期
    頸管内の浸潤が粘膜内にあるもの。
  • IIb期
    頸管内の浸潤は粘膜を越えて深く浸潤しているもの。

 

III期

 
がんが子宮外に拡がっているが、骨盤を越えて外には拡がっていないもの、または骨盤内あるいは大動脈周囲のリンパ節に転移を認めるもの。
 

  • IIIa期
    がんが子宮の外の膜や骨盤の腹膜あるいは卵巣卵管に転移しているもの、あるいは腹水の中にがん細胞の認められるもの。
  • IIIb期
    腟壁に転移を認めるもの。
  • IIIc期
    骨盤内、あるいは大動脈周囲のリンパ節に転移を認めるもの、もしくは、基靭帯(きじんたい)に浸潤を認めるもの。

 

IV期

 
がんが骨盤を越えて身体の他の部位へ拡がるか、または膀胱、あるいは腸の内腔を侵すもの。
 

  • IVa期
    膀胱あるいは腸の粘膜までがんの浸潤を認めるもの。
  • IVb期
    骨盤を越えた遠隔臓器転移を認めるもの、あるいは腹腔内や鼠径部(そけいぶ:足のつけ根)のリンパ節に転移を認めるもの。

 

6.治療

 
子宮体がんには、外科療法、放射線療法、化学療法、ホルモン療法の4つの治療方法があります。病気の拡がりぐあいに応じて、これらを単独に、あるいは組み合わせて治療を行います。以下にそれぞれの治療方法について説明します。
 

1)外科療法

 
外科手術は子宮体がんの最も一般的な治療です。手術によりがんをとり除くと同時に、病気の拡がりを正確に診断し、放射線治療や化学療法などの追加の必要性を判断します。病期によって下記のいずれかの術式を選択します。術式の違いは、切除する範囲の違いで、病期が進むと切除する範囲を広げなくてはなりません。しかし、切除範囲が広がると手術による障害がありまキ。この2つの点を考えて適切な術式を選択します。
 

(1)単純子宮全摘出術と両側付属器(卵巣・卵管)切除術

 
腹壁を切開し、子宮、卵巣、卵管を切除します。術前の診断で、0期の場合には標準的にはこの手術が行われます。手術前の診断でI期以上の場合には、これに加えて、骨盤内や腹部大動脈周囲のリンパ節郭清(かくせい)*を行う場合があります。
 
*リンパ節郭清とは:リンパ節は小さな豆のかたちをしており、全身に存在します。リンパ節は感染に対して戦う細胞を増やし、貯蔵しますが、そのリンパ節の中にがん細胞が含まれる(リンパ節転移)ことがあります。そのため、骨盤内や腹部大動脈周囲のリンパ節を切除して除去します。
 

(2)広汎性子宮全摘出術

 
子宮、卵管、卵巣、腟及び子宮周囲の組織を含めて広汎に切除します。この術式は、手術前の診断で病気が子宮の頸部におよんでいる場合(II期、及びIII期の一部)などに選択されることがあります。普通、広汎性子宮全摘出術の場合は、骨盤内リンパ節郭清を行います。同時に腹部大動脈周囲のリンパ節郭清を行う場合もあります。
 
手術障害は、単純子宮全摘出術ではほとんどみられません。広汎性子宮全摘出術では、排尿・排便障害(出すことが困難になる)があります(詳しくは「女性生殖器がん手術後の排便・排尿障害のリハビリテーション」をご参照ください)。卵巣切除は、女性ホルモンがなくなることによる卵巣欠落症状(更年期障害)をおこすことがあります。骨盤内リンパ節郭清は下肢の浮腫(むくみ)をおこすことがあります。
 

2)放射線療法

 
放射線治療は、高用量X線または高エネルギー線を用い、がん細胞を殺し腫瘍を縮小します。放射線治療は身体の外の機械から行う(外照射)方法と、ラジオアイソトープを充てんしたプラスチックをがんの存在する部位の子宮腔内及び腟内に設置して行う(腔内照射)方法があります。この治療は単独または手術療法と組み合わせて、術後に行われます。放射線単独の治療は、放射線治療を希望される場合や、高年齢あるいは他の病気のために手術の行えない場合、病気の拡がりのため手術を行うことが困難な場合(III期/IV期の一部)などに用いられます。手術後に放射線療法を行うのは、リンパ節転移を認めた場合、病変が子宮の壁に深く浸潤していた場合、腟壁に浸潤していた場合などがあります。
 

3)化学療法

 
化学療法はがん細胞を殺す薬剤(抗がん剤)を使用します。経口的あるいは経静脈的に投与します。化学療法は全身的治療とも呼ばれます。それは薬剤が血流に入って全身をめぐり、子宮外のがん細胞を殺すことができるからです。化学療法を単独で行うのは、病気がすでに全身に拡がっている場合(IV期の一部)などがあります。手術後に化学療法を行うのは、病気が子宮外に拡がっている場合など(III期/IV期)です。
 

4)ホルモン療法

 
ホルモン療法は、がん細胞を殺すために女性ホルモン剤を使用します。黄体ホルモンの働きのある経口内服剤が普通用いられます。手術をしない段階の診断で、0期もしくはI期で、子宮を摘出しないで残したいと希望する若年の女性の場合に選択されることがあります。その場合、がんの病巣を含む子宮内膜をすべて掻爬する治療と組み合わせて行います。また、再発の危険性の高い症例に対する補助的な治療として、あるいは化学療法の効果が不十分な場合や全身状態が不良で化学療法を行うことができない場合に、化学療法にかわる全身的治療として行われることもあります。
 

 
再発とは、治療した後でがんが再び発生することを意味します。再発には、治療が行われた子宮、及びそれに続く腟や骨盤内の組織に発生する局所再発と、肺や肝臓に転移する遠隔転移再発があります。子宮体がんの局所再発と遠隔転移の発生する割合はほぼ同じです。局所再発には主として放射線療法が行われますが、孤立性の遠隔転移、特に肺転移には外科療法が行われることもあります。多臓器におよぶ再発や多くの転移のある場合には、ホルモン療法や化学療法が行われています。しかし、標準治療はなく、再発部位や再発様式に合わせて一人一人に適切な方法を検討して治療を行います。孤立性の肺転移あるいは腟壁再発を除けば、予後は極めて不良です。
 
また、治癒させる目的ではなく、腸閉塞を解除するための外科療法や、骨転移によっておこる痛みを軽くするために放射線療法などの治療(対症療法)を行う場合もあります。
 

 
生存率は、通常、がんの進行度や治療内容別に算出しますが、患者さんの年齢や合併症(糖尿病などがん以外の病気)の有無などの影響も受けます。用いるデータによってこうした他の要素の分布(頻度)が異なるため、生存率の値が異なる可能性があります。

ここにお示しする生存率は、これまでの国立がんセンターのホームページに掲載されていたものです。生存率の値そのものでなく、ある一定の幅(データによって異なりますが±5%とか10%等)をもたせて、大まかな目安としてお考えください。

治療の後で5年間生存している割合を5年生存率といいます。国立がんセンター中央病院の子宮体がん手術例の病期別の治療成績及び病期の亜分類別の治療成績は以下のとおりです。
 

病期 5年生存率 治療症例数  

 
I期                       92.5%             228例  
Ia期                     95.1%               43例  
Ib期                     94.4%             125例  
Ic期                     86.5%               60例  
II期                      88.5%              60例  
IIa期                    91.8%               30例  
IIb期                    86.7%               30例  
III期                    70.2%              124例  
IIIa期                   79.2%               54例  
IIIb期                   56.3%               16例  
IIIc期                   54.3%               54例  
IV期                     16.7%                 6例  
(1979~1996年 国立がんセンター中央病院)
 
臨床病期0期では、子宮全摘による治療後に再発することはありません。
 
出典「国立がんセンターがん対策情報センター」