末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

良い水の摂取の大切さ


良い水の摂取の重要性

良い水とは?

 
食品の六大栄養素に加えて、水は、七番目の栄養素と言ってもよいものです。これほど重要なものはありません。清里にある環境保全研究所の知花敏彦氏は、「人間は霊と水でできている」と言っています。人間の肉体は水そのものである言っているのです。
 
この水をおろそかにして健康を語ることは無理です。ご飯をたくにも、味噌汁をつくるにも、水なしでは不可能です。水の質の良し悪しは、すべての健康のベース中のベースなのです。
 
それでは、われわれが飲用や料理に使う水として、どのような水が良いのかを考えると、次のようになります。
 

  • 人体に有害な物質が検出でれない。トリハロメタン、塩素、TOX(はっきり認定されないハロゲン化合物)、悪しき菌やウイルスが検出されず、悪しき物質はかき消されていること。
  • すべてのミネラルが存在すること。微量のミネラルは、まず、水からとることができる。
  • 溶存酸素が多いこと。
  • pH(酸性度)が、中性の範囲で弱アルカリ性であること。水ほど中庸が必要な物質はない。アルカリ性でも酸性でも、良くない。
  • クラスター(分子の集合体)の大きさが小さいこと。つまり、エネルギーが高いこと。
  • 無臭で、無色透明であること。カビ臭かったり、カルキ臭かったり、どぶの臭いがあったりせず、無色透明でなくてはいけない。
  • 貯め水ではないこと。流れている水が良い。

 

流れる水は腐らない

 
よく「流れる水は腐らない。流れない水は腐る」と言います。これは、事実です。ペットボトルの水にカビがはえたなどという記事が出たことがありますが、これは、まさに流れない結果です。腐るというのは、酸素の抜けた状態です。
 
現在、何時間も貯めた水を還元したり、電子チャージしたりする装置が市販されていますが、これなども貯め水なので酸素が抜けていて失格です。また、湯冷ましも同様です。
 
人間にとって、最高に健康体を保つことのできる水は、どこにあるのでしょうか。それは、大気汚染のない、人気のない、車の通らない深山の湧き水にある、と言ってよいでしょう。
 
深山の湧き水の原水は、上のような条件を満たしているので、最高の水です。溶存酸素が多いということは、活性酸素に相対する概念のような気がします。酸素の豊富な水とは、好気性菌(善玉菌)にとってありがたい存在であり、嫌気性菌の繁殖が活性酸素を産むもとであることを考えると、酸素の必要性がうかがわれます。
 
こういった水に近くする装置を、活水器として、私たちは設置する必要があると思います。水道水に塩素が含まれるのは、赤痢やコレラなどの悪しき菌による汚染を予防するため、やむをえないからです。ただ、飲むときに塩素があっては困るのです。塩素はビタミンを破壊し、トリハロメタンをつくるからです。
 
我が家では100%残留塩素カットの活水器を利用しています。最近ではいろいろな浄水・活水器が出ていますので、性能や機能、予算を比較して、最適なものを選びましょう。安価な浄水器を購入するのなら、私は残留塩素の事を考えると市販のミネラル水(「クリスタルガイザー」「ペリエ(ミネラル炭酸水)」など)を購入する方が安全だと思います。
 
機能性を重視されるのであれば、最近流行りの水素水もお勧めですが、多種多様な製品があり、中には効果を過大に宣伝しているものや効果の見込めない製品も含まれていますから注意をして選択して下さい。
 
現在、私が癌患者さんにお薦めしたいお水は、ミトコンドリア活性を高める「ミトコンドリアパワー水」(アクアゼスト社)です。細胞から元気になるそうです。医学的な臨床試験なども行われている信頼のできるお水です。
 
LinkIconひとつ上へ戻る