末期癌と闘う方々への希望や勇気となりますように

末期がん完治の奇跡

末期癌と闘う方々の希望や勇気となりますように

末期がん完治の奇跡

末期癌・完治の奇跡!ステージ4からの生還闘病記!

末期癌と真っ向闘い
僅か4カ月で見事に完治した父の経験をもとに
~はじめに~
末期癌完治の奇跡区切り線

末期癌奇跡の完治h2
父はどうやって末期癌を消滅させたのか・・・

 

正しく闘えば、例え末期癌でも治らない病気ではありません

  
末期癌完治の奇跡イメージ

末期癌完治の奇跡

余命3ヶ月で5年生存率ほぼゼロの実質的に延命処置しか出来ない危機的状況だった父の末期癌を、少しでも苦痛なく少しでも良くしたい、そんな一心で私たち家族が必死に取り組んだ事を整理してここに記します。
 
父が少しでも延命できるよう、少しでも苦痛が少なくなるよう、少しでも末期癌が小さくなるよう、そしてもし可能ならば末期癌が完治へ向かうように願って、私は時間の許す限り必要な事を調べました。
 
その調べた事の中で我が家が取り入れようと決めた事を病院治療と並行して可能な限り取り入れて実践をしました その取り組んで来た事の一つひとつは小さなことだったかも知れないですが、それらが相乗効果を発揮して、父の身体に宿っている末期癌に多大な打撃を与え、その結果として父はわずか4ヶ月間で末期癌を完全に消滅させる事ができたのだと思います。この奇跡的とも呼べる完治を成し遂げて無事に生還した父には、「奇跡」の一言では片付けられない「必然」の完治した理由があるのだと思います。
 
 

我が家が一番注目し最重要視したのは「免疫力を一気にハイレベルへ高める事

 
免疫力を高めたり、体を元気にするために、多くの方が何らかの健康食品やサプリメントをすでに服用されていると思います。健康食品やサプリメントも色々なものがあり、本当に必要なものを正しく組み合わせて、効果のある本物を選択する必要があります。 私の父は米国UCLAにて研究中だった免疫強化物質を治療に取り入れ、免疫力を一気に高めることを最優先に取り組みました。
 
このホームページでは、父の末期癌闘病記を中心に、末期癌と闘うために私が調べて集めた内容、我が家が末期癌を完治させるために取り組んで来た内容をそれぞれ詳しく記してあります。 これから末期癌と闘わなければならない方、今すでに末期癌と闘っておられる方、そして末期癌と闘う方々を支える立場の方々に是非ご参考までに読んで頂けたらと思います。
 
父の人生は「健康」というものとは真逆の事ばかりをして来たとても酷い身体で、その身体に宿った進行の早い悪性の末期癌にとっては絶好の増殖しやすい環境だったと思います。そんな酷い身体に宿った酷い末期癌であっても、正しく闘えば完全に治る・治せるという事実を示せたことは、本当に多くの方の希望と勇気になり得ると思います。
 
私の父や私たち家族のこの末期癌の治し方が皆さんの闘病にそのままお役に立つかどうかは分かりませんが、末期癌だった父が短期間に完治した実体験をもとに、希望や勇気、そして克服のきっかけとなるヒントか何かを、これから末期癌と闘われる方々や現在闘っておられる方々へ贈れたらと願っています。
 
また、私が広く調べて集めた末期癌に関する情報、病院がん治療に関する情報、健康食品やサプリメントに関する情報、免疫療法などの代替医療に関する情報なども、信頼のおける情報のみを選んで記してありますのでご参考になればと思います。
 
父のような酷い末期癌であっても完治する可能性は、誰にでも幾らでもあるのだと今の私は信じています 。病院で主治医からさじを投げられてもまだ諦める必要はありません。正しい治療の道を見つけて、憎き癌細胞が増えない身体・癌が自然と消えていく身体を取り戻して末期癌完治を目指して下さい。
 
私の父の末期癌闘病記を読んで頂いて、一人でも多くの癌患者さんが正しい治療の道はどれなのかを発見され、必要なガン治療を組み合わせて、私の父のように短期に末期癌を完治改善されて、無事に生還される事を本当に切に願っています。
  
 

末期癌奇跡の完治h2
末期癌を克服された方、改善された方は父以外にも多くおられます

 

父の末期癌の治し方は理に適っている

末期癌奇跡の生還イメージ

今までに私のホームページをご覧になって、父と同じように免疫力を高いレベルへ高めることで完治改善された方が多くおられます。私の同級生も29歳の時、危険な手術を拒否しながらも、父と同じく免疫力を高めて悪性リンパ腫・再発を完治させて生還しています。現在も勿論元気に過ごしています。
 
胃がん、大腸がん、肺がん、食道がん、肝臓がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、膀胱がん、膵臓がん、咽頭がんなど、部位や容態は様々の末期癌の方々が私の父の経験を参考にしながら、勇気と希望を持って闘い、そして見事に完治・改善されている現実は、私の父の末期癌との闘い方が広く多くの方のお役に立つものと示しているのだと思います。
 

<末期がん完治改善事例の一部>

 
現代医療(西洋医学)には必ずメリットとデメリットがありますので、主治医から聞かされるメリットの部分だけでなく、デメリットである現代医療(西洋医学)の限界と問題点もしっかりと理解されて、100%病院任せ・医者任せの治療から脱却して、自分たちで「どうすれば末期癌が棲み難い身体になるのか」「どうすれば末期癌が消えていくのか」「どうやって病院でのガン治療の副作用から身体を守りながら末期癌と闘っていくべきなのか」それらを考えながら適切なガン治療を組み合わせて、完治・改善へと向かって下さい。
 
それらを具体的にイメージできるようになれば、進むべき道が自然と見えてくると思います。私のサイトがその最適な方向を見つけるキッカケになれば幸いです。
 
患者さんそれぞれ癌の部位は様々だと思いますが、どの部位の末期癌であっても癌細胞自体のメカニズムは同じですし、免疫システムも誰でも同じように持っていますから、是非とも身体を健康体へ近づける努力をされて、生命力・自然治癒力を高める努力だけはしっかりとなさって下さい。
 
父の「末期癌との闘い方」が全てだと言うつもりは全くありませんし、敵が末期癌である以上、私の父と同じことをすれば全く同じ結果が得られるという単純な話ではないかも知れませんが、しかし私自身は父の「免疫力を非常に高いレベルへ高めて末期癌と闘う方法」は理に適っていて間違いない闘い方だと信じています。少なくとも病院のガン治療だけを信じて何もしないよりも、飛躍的に改善や完治へ向かう可能性は高まるはずだと私は思います。
 
私の親友(父が闘病当時、アメリカ・カリフォルニア州立大学「UCLA」医学部留学中でした)の助けを受けながら、入院からわずか4ヶ月ほどで末期癌を完全に消滅させる事が出来た私の父の経験を通じて、皆さんの末期癌を効果的に叩く正しい方向性を探るヒントやきっかけになれば幸いだと思います。
 
このホームページを見られた患者の方々、そしてそのご家族の方々が末期癌との闘いに勇気と希望を持ち、一人でも多くの患者さまが末期癌を完治しご快復され、末永くご健康で幸せな時間を過ごせますように願っています・・・

 
末期癌完治の奇跡区切り線
末期癌完治の奇跡モバイル用イメージ

末期癌完治の奇跡

 

末期癌奇跡の完治h2
父はどうやって末期癌を完治させたのか・・・

 

正しく闘えば、例え末期癌でも治らない病気ではありません 

 
余命3ヶ月で5年生存率ほぼゼロの実質的に延命処置しか出来ない危機的状況だった父の末期癌を、少しでも苦痛なく少しでも良くしたい、そんな一心で私たち家族が必死に取り組んだ事を整理してここに記します。

 
末期癌克服への道イメージ
 
父が少しでも延命できるよう、少しでも苦痛が少なくなるよう、少しでも末期癌が小さくなるよう、そしてもし可能ならば末期癌が完治へ向かうように願って、時間の許す限り必要な事を調べました。
 
その調べた事の中で我が家が取り入れようと決めた事を病院治療と並行して可能な限り取り入れて実践をしましたその取り組んで来た事の一つひとつは小さなことかも知れないですが、それらが相乗効果を発揮して、父の身体に宿っている末期癌に多大な打撃を与え、その結果として父はわずか4ヶ月間で末期癌を完全に消滅させる事ができたのだと思います。この奇跡的とも呼べる完治を成し遂げて無事に生還した父には、「奇跡」の一言では片付けられない「必然」の完治した理由があるのだと思います。
 
末期癌への小さな抵抗イメージ
 

我が家が一番注目し最重要視したのは「免疫力を一気にハイレベルへ高める事

 
免疫力を高めたり、体を元気にするために、多くの方が何らかの健康食品やサプリメントをすでに服用されていると思います。健康食品やサプリメントも色々なものがあり、本当に必要なもの、正しい組み合わせ、効果のある本物を選択する必要があります。私の父は米国UCLAにて研究中だった免疫強化物質を治療に取り入れ、免疫力を一気に高めることを最優先に取り組みました。
 
このホームページでは、父の末期癌克服闘病記を中心に、末期癌と闘うために私が調べて集めた内容、我が家が末期癌を完治させるために取り組んで来た内容を詳しく記してあります。これから末期癌と闘わなければならない方、今すでに末期癌と闘っておられる方、そして末期癌と闘う方々を支える立場の方々に是非参考として読んで頂けたらと思います。
 
父の人生は「健康」というものとは真逆の事ばかりをして来たとても酷い身体で、その身体に宿った進行の早い悪性の末期癌にとっては絶好の増殖しやすい環境だったと思います。そんな酷い身体に宿った酷い末期癌であっても、正しく闘えば完全に治る・治せるという事実を示せたことは、本当に多くの方の希望と勇気になり得ると思います。
 
末期癌でも諦めないイメージ
 
私の父や私たち家族のこの末期癌の治し方が皆さんの闘病にそのままお役に立つかどうかは分かりませんが、末期癌だった父が短期間に完治できた実体験をもとに、希望や勇気、そして克服のきっかけとなるヒントか何かを、これから末期癌と闘われる方々や現在闘っておられる方々へ贈れたらと願っています。
 
また、私が広く調べて集めた末期癌に関する情報、病院がん治療に関する情報、健康食品やサプリメントに関する情報、免疫療法などの代替医療に関する情報なども、信頼のおける情報のみを選んで記してありますのでご参考になればと思います。
 
末期癌完治の希望イメージ
 
父のような酷い末期癌であっても完治する可能性は、誰にでも幾らでもあるのだと今の私は信じています。病院で主治医からさじを投げられてもまだ諦める必要はありません。正しい治療の道を見つけて、憎き癌細胞が増えない身体・癌が自然と消えていく身体を取り戻して末期癌完治を目指して下さい。
 
私の父の闘病記を読んで頂いて、一人でも多くの癌患者さんが正しい治療の道はどれなのかを発見され、必要なガン治療を組み合わせて、私の父のように短期に末期癌を完治改善されて、無事に生還される事を本当に切に願っています。
 
 
末期癌克服イメージ
 
 

末期癌奇跡の完治h2
末期癌を克服された方、改善された方は父以外にも多くおられます

 

父の末期癌の治し方は理に適っている

 
今までに私のホームページをご覧になって、父と同じように免疫力を高いレベルへ高めることで完治改善された方が多くおられます。私の同級生も29歳の時、危険な手術を拒否しながらも、父と同じく免疫力を高めて悪性リンパ腫・再発を完治させて生還しています。現在も勿論元気に過ごしています。
 
胃がん、大腸がん、肺がん、食道がん、肝臓がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、膀胱がん、膵臓がん、咽頭がんなど、部位や容態は様々の末期癌の方々が私の父の経験を参考にしながら、勇気と希望を持って闘い、そして見事に完治・改善されている現実は、私の父の末期癌との闘い方が広く多くの方のお役に立つものと示しているのだと思います。
 

<末期がん完治改善事例の一部>

 
現代医療(西洋医学)には必ずメリットとデメリットがありますので、主治医から聞かされるメリットの部分だけでなく、デメリットである現代医療(西洋医学)の限界と問題点もしっかりと理解されて、100%病院任せ・医者任せの治療から脱却して、自分たちで「どうすれば末期癌が棲み難い身体になるのか」「どうすれば末期癌が消えていくのか」「どうやって病院でのガン治療の副作用から身体を守りながら末期癌と闘っていくべきなのか」それらを考えながら適切なガン治療を組み合わせて、完治・改善へと向かって下さい。
 

末期癌完治への道イメージ

 
それらを具体的にイメージできるようになれば、進むべき道が自然と見えてくると思います。私のホームページがその最適な方向を見つけるキッカケになれば幸いです。
 
患者さんそれぞれ癌の部位は様々だと思いますが、どの部位の末期癌であっても癌細胞自体のメカニズムは同じですし、免疫システムも誰でも同じように持っていますから、是非とも身体を健康体へ近づける努力をされて、生命力・自然治癒力を高める努力だけはしっかりとなさって下さい。
 
父の「末期癌との闘い方」が全てだと言うつもりは全くありませんし、敵が末期癌である以上、私の父と同じことをすれば全く同じ結果が得られるという単純な話ではないかも知れませんが、しかし私自身は父の「免疫力を非常に高いレベルへ高めて末期癌と闘う方法」は理に適っていて間違いない闘い方だと信じています。少なくとも病院のガン治療だけを信じて何もしないよりも、飛躍的に改善や完治へ向かう可能性は高まるはずだと私は思います。
 

米国UCLAイメージ

 
私の親友(父が闘病当時、アメリカ・カリフォルニア州立大学「UCLA」医学部留学中でした)の助けを受けながら、入院からわずか4ヶ月ほどで末期癌を完全に消滅させる事が出来た私の父の経験を通じて、皆さんの末期癌を効果的に叩く正しい方向性を探るヒントやきっかけになれば幸いだと思います。
 
このホームページを見られた患者の方々、そしてそのご家族の方々が末期癌との闘いに勇気と希望を持ち、一人でも多くの患者さまが末期癌を完治しご快復され、末永くご健康で幸せな時間を過ごせますように願っています・・・
 

末期癌完治の奇跡区切り線

  

がん撲滅チャリティ作品展
『楽展 Vol.18』 at キャナル長堀

2018.07.16~21(AM11:00-PM7:00)

 

当サイトも応援します!!

 
がんの撲滅に賛同するメンバーで作製した絵画や手芸などのチャリティ作品展が、今年も開催されます。16日から開催されているチャリティー作品展は、胃がんで亡くなったイラストレーターの女性を偲んで始まったもので、今年で18回目です。会場には34人の参加者から寄せられたイラストや写真、手芸作品などが展示されていて、出品料や作品の売り上げの一部ががんの研究を行う財団法人に寄付されます。
 
作品展は大阪市中央区のギャラリー「キャナル長堀」で、今月21日まで開かれています(最終日はPM5:00まで)。
 
イベントについて詳しくはこちらをクリックしてご覧下さい。
毎日放送「がん撲滅」チャリティー作品展紹介

【当方にメールが送れない場合・返事が届かない場合】
私が使用しています「@liveメール」(マイクロソフト社Hotmail)においては、何故かよく送信&受信トラブルが発生するようです。特にyahooメールからお送り頂く場合、不思議な事に迷惑メールフォルダーに振り分けられる事もなく削除され、こちらに届かない可能性が非常に高いです。万が一、当方メアドに送信出来ない場合や何度か送信しているのに返事がない場合は、予備メアド宛(sgw00744@nifty.com)へもメールを送ってみて下さい。確実にメールをお送りしたい場合は、ご面倒でも下記メアド両方へお送り下さい。
(メイン)sarah-chan@live.jp
(予 備)sgw00744@nifty.com 
 
【メールを送って下さる場合の注意点】
メールを送って下さる場合には最低限のマナーとして、お名前(ニックネーム可です)と返信先のメールアドレスを本文中に明記下さい。
 
携帯電話からメールをお送り下さった場合に、私のパソコンからお返事がお送り出来ないケースが多々ありますので、本文中に必ずあなた様のパソコンメールアドレスを添えてメール下さい。もしくはパソコンからのメールが受信できるように携帯電話の迷惑メールフィルターの設定を変更して下さい(最近の携帯電話・スマホはPCからのメールが受信できないように標準設定されている事が多いので。受信許可ドメイン指定で「@live.jp」「@nifty.com」を受信許可にされるか、パソコンメール全体を受信許可として下さい)。

私が好きな刑事ドラマ「あぶない刑事シリーズ」に”セクシー大下”役で出演されていた「柴田恭兵さん」は、2006年に肺がんの手術を受けて、数カ月間の療養をされて無事に復帰されています。趣味の草野球も続けておられるそうです。2015年には「あぶない刑事」の最終版映画「さらばあぶない刑事」の撮影に64歳で挑み、横浜の街を「恭兵走り」で全力ダッシュするシーンや犯人との格闘シーンの撮影も身軽にこなされています。ヘビースモーカーだった柴田恭兵さんの肺がんの主原因はタバコだと思われますが、勿論現在はあぶない刑事で共演の”ダンディー鷹山”役「舘ひろしさん」と共に禁煙をされています。今後も活躍されることを願っています。
 
そのほか、子宮頸がん・胃がん・大腸がんと計3回も診断された仁科亜季子さん、肺がんと診断された吉田拓郎さん、重度の腎臓がんと診断された小西博之さん、前立腺がんと診断された間寛平さん、原発不明癌と診断された小堺一幾さん、直腸がん・肺がん・大腸がんと診断された鳥越俊太郎さん、胃がんと診断された市村正親さん、同じく胃がんと診断された雨上がり決死隊の宮迫博之さん、子宮頸がんと診断された原千晶さん、胃がん・白血病と診断された渡辺謙さん、咽頭がんと診断され手術で声帯を切除されたつんく♂さんなど、本当に多くの芸能人の方、有名人の方も癌と闘い、無事に克服されています。
 
また現在、子宮頸がんと闘っておられる女優・古村比呂さんの完治を心から祈っています。
 

当ホームページのリンクは基本的にご自由にして頂いてOKです。トップページ以外はURLが変更になる事がありますので、トップページへのリンクでお願いします。サイトの内容をコピーして抜粋したりして掲載する場合には必ずご連絡下さい。お持ちのホームページやブログなどへリンクして下さると嬉しいです。 
 
※皆様のホームページやブログなどで当サイトをご紹介して頂けますと助かります。2016年に偽医療健康記事で問題となったDeNA社WELQのせいで、Googleは2017年12月から医療・美容・健康系ジャンルのサイトは、厚生労働省や大学病院などの公的機関、大手製薬会社、TV局や出版社などメディアのサイト・記事が検察結果で上位を占めるよう意図的に情報コントロールしています。結果的に西洋医学以外の価値ある代替医療の情報や貴重な個人の末期癌完治闘病記サイトは、軒並み下位に沈められる事になっています。少しでも多くの方々に「末期癌でも治る」という私の父が経験したひとつの貴重な事実をご覧頂きたいので、是非ともお持ちのホームページやブログ、SNSなどでリンクしてご紹介して頂けますと嬉しいです。このままでは西洋医学による標準がん治療だけが医療であるとしてますます情報コントロールされ、適切な治療法の情報にすら巡り合えない事になります。西洋医学以外の様々な治療法を取り入れる・取り入れないは別として、あらゆる情報は全ての人に平等に伝えるべきだと私は思いますので。ご協力宜しくお願い致します。
 

このサイトは、今現在「末期癌」と闘っておられる患者様やそのご家族のために少しでも励みや希望・勇気になればと思い、末期癌を短期間に完全消滅させ完治出来た一つの事例として、父の実体験をもとに制作したものです。

例え医師から余命数か月と宣告されたステージ4の末期癌であろうと、正しい方向へ突き進めば決して治らない病気ではないという事を、私の父や私の同級生、そしてこのサイトをご覧になられて父と同じように末期癌を完治・改善された多くの方々の事例を参考に大きな希望や勇気を持って貰えたら幸いです。特に、免疫力を高めて自然治癒力を最大限に高める事が出来れば、末期癌でも完治する可能性は幾らでもあるという現実を一番知って欲しいと思います。

信じていた主治医から匙を投げられ緩和病棟やホスピスを勧められていても、今までいろいろ出来る事を頑張って来て現在結果が思わしくないとしても、まだまだ諦めないで下さい。生きている限り幾らでも可能性はあるのです。諦める勇気があるならば、もう一度末期癌と真っ向から闘う勇気を持ってみて下さい。「末期癌」にも必ず弱点がありますから!末期癌が棲みにくい体を作り、免疫力を高めて、その末期癌の弱点を突き続ければ現状を打開できると私は思います。

憎き「末期癌」と闘うにあたって敵のことをよく知り、末期癌を叩き潰すために必要な知識や情報、対策を私なりにまとめてありますので、このサイトの内容が現在末期癌と闘っておられる方々、これから末期癌と闘わなければならない方々の完治克服のために、少しでも希望になりお役に立てればと願うばかりです。

このサイトを見られた一人でも多くの方が末期癌との闘いに勇気と希望を持ち、正しい知識を持って進むべき道を進み、末期癌を完治克服されて、末永くご健康で幸せな時間をご家族様と共に過ごせますように願っています・・・

このサイトに書かれている内容はすべて私の父の実体験を普通に記したもので、巷に溢れている何かを販売するために作られた偽のストーリーや偽の末期癌闘病記ではありません。読み進めるうちに「詳しい情報が欲しい場合は書籍を購入して下さい」とか、詳しくは「有料でファイルをダウンロードして下さい」など一切ありません。内容は事実のみを記し、入院していた病院名やCT画像なども公開しています。大手出版社の雑誌や全国放送のTV番組からの取材依頼もあった実話による本物の闘病記として公開しています。
末期癌と闘うに当たって、いろいろな書籍を読み、インターネット上の情報を集められると思います。そこで気をつけないといけないのは、その情報が意図的に歪められていないかどうかです。

現在、西洋医学の医師とがん免疫療法(患者の血液を採取して外部で免疫細胞を培養する免疫療法)の医師との間で、お互いがお互いを詐欺呼ばわりした壮絶なバトルが繰り広げられていますが、そこには意図的に情報操作された内容が多くネットには存在します。どちらの治療法にもメリットとデメリットがあり、それを公正に判断しないと最終的に痛い目に合うのは患者です。十分にお気をつけ下さい。

また、Googleが近年大きく検索順位を押し下げた「ヤフー知恵袋」などのQ&Aサイトの情報にも注意が必要です。医学的知識や闘病経験もない非常に偏見を持った人たちが、匿名を良いことに何の責任も持たずに適当に根拠を示すことなく100%断言で質問に答えているケースが多々あるので、その内容は本当に信用できないものが多いです。例えば、西洋医学のみを医療だと信じている人たちは、それ以外の治療法については親の仇のように完全否定をした答えを書いています。一つの意見として読む分には良いのかも知れないですが、それらを完全に信じて鵜呑みにしてしまうのは非常に危険だと私は思います。そもそもそのような知識も経験もない人が多く集まる場所で、治療や医療に関する質問をするというのが理解できないです。パソコントラブルの質問や相談であれば構わないですが、病気や治療に関する質問や相談は、それなりにしっかりとした医学的知識や闘病経験のある人にすべきだと私は思います。ブログの内容についても同様です。
末期癌について調べているうちに「末期癌と真っ向闘うには絶対に免疫力を高める必要性がある」という事を学び、免疫療法先進国であるアメリカへ目を向けた私は、当時UCLA医学部(アメリカ・カリフォルニア州立大学医学部/PhysiologicalScience)に留学中だった親友に相談をし、同大学内でも末期癌治療目的として研究・臨床試験がされ、アメリカで主に病医院・ドクターが末期癌の代替医療で使用しているという医療機関向けの獲得免疫力(NK細胞)を高める強化賦活物質「A.M.D」の存在を調べ紹介してくれました。2018年現在、この末期癌代替医療で使用される最新の病医院・ドクター向けの「獲得免疫力強化賦活物質A.M.D(Based on Fermented-R.G.E.)」や、さらに近年臨床医による研究開発で誕生し劇的な治療効果を発揮している「自然免疫力(マクロファージ・貪食細胞)強化賦活物質HQ-LPS」とは一体何なのかも、皆さんからご質問が一番多い内容ですのでご参考までに簡単に説明を記しておきます。私の父が実際に使用した経験をもとに、末期癌治療補助の強力なアイテムのひとつとしてご参考になればと思います。
 
 

< 末期癌を4ヶ月で完治させた父の実話ストーリー>
入口はこちら

末期癌克服奇跡のプロセス<入口ボタン>
 
 
 

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |