末期癌克服への架け橋イメージ

僅か4か月で末期がんからの生還・完治を成し遂げた父の実体験をもとに・・・

末期癌克服への架け橋~難病・末期癌からの生還

「難病・末期癌からの生還」闘病記



私の父が突然の末期癌・余命宣告をされてから、僅か4か月で癌消滅・完治→社会復帰をするまでの末期がん闘病記をここに公開!

 
父が末期がん宣告をされて入院後、一切の手術をすることなく癌を自力で消滅させて社会復帰するまでの様子を記した闘病記に加えて、父を無事に生還させるために私たち家族が必死で勉強し集めた癌に関する色々な情報や治療法 に関する情報も可能な限り記してあります。また最新の現代医療(西洋医学による治療)の現実や限界、問題点なども記し、病院治療だけに頼ることのリスクも知って頂けたらと思います。その他、最先端の癌治療に関する研究や治療法に関しても随時追加しています。 
 
腫瘍内科学領域研究者のケリー・ターナー博士の分析によると、末期がんを克服するには癌患者自身が以下の9項目を満たす必要があると書籍に記しています。
 
  • 抜本的に食事を変える(バランスの取れた食事)
  • 治療法は自分で決める(嫌々ではなく自発的に)
  • 直観に従う(良いと思ったら信じる)
  • ハーブとサプリメントの力を借りる(病院や薬では得られない効果や作用がある)
  • 抑圧された感情を解き放つ(ストレスの排除)
  • より前向きに生きる(病は気から)
  • 周囲の人の支えを受け入れる(大切な人からの愛を感じて受け入れる)
  • 自分の魂と深くつながる(神様やご先祖様を信じる)
  • 「どうしても生きたい理由」を持つ(思い込み力による眠っているDNAを呼び起こす)
 
このターナー博士の書籍は父が末期がん完治後に書かれたものですが、私の父もこれら9項目のことをほぼ徹底出来ていたことは偶然ではないと思います。
 

免疫力を高める事/腸内環境改善/生活習慣改善/ストレスコントロールの重要性

 
末期がんとの闘いは患者一人の闘いではなく家族との共同の闘いですので、末期がん患者を持った家族は患者本人とどのように接し、どうすれば患者は希望と勇気を持つことが出来るのかや、どのようにして末期がんの症状を改善させて完治や生還へ導けば良いのかも考えてサポートしてあげる必要があります。
 
「免疫力を一気に高める」「生活改善」「腸内環境正常化」「体力維持向上」「ストレスコントロール」等などの徹底はご家族さまの協力や働きかけがあってのことですから、愛情を持ってサポートしてあげることが非常に大切だと思います。
 
このホームページを読んで下さった方にとって、末期がんを治す方法を見つけるきっかけやヒントになればと思います。 末期がんと宣告された患者様がおられるご家族にとって 私たち家族の実体験が少しでもお役に立てば幸いです。
 
そして一日でも早い癌消滅とご快復を祈っています・・・

 

このサイトは、今現在「癌」と闘っておられる患者様やそのご家族のために少しでも励みや希望・勇気になればと思い、末期がんを短期間に完全消滅させて克服した父の実体験をもとに制作をしました。

例え医師から余命数か月と宣告されたステージ4の末期がんであろうと、正しい方向へ突き進めば決して治らない病気ではないという事を、私の父や父と同じように完治・改善された多くの方々の事例を参考に知って頂ければ幸いです。特に、免疫力を高めて自然治癒力を最大限に高める事が出来れば、末期がんでも完治する可能性は幾らでもあるという現実を一番知って欲しいと思います。

現在信じていた主治医から匙を投げられていたり、今までいろいろ出来る事を頑張って来て結果が思わしくないとしても、諦める勇気があるならば、もう一度癌と真っ向から闘う勇気を持ってみて下さい。「癌」にも必ず弱点がありますから!癌細胞が棲みにくい体を作り、免疫力を高めて、その癌の弱点を突き続ければ現状を打開できると私は思います。

憎き「癌」と闘うにあたって敵のことをよく知り、癌を叩き潰すために必要な知識や情報、対策を私なりにまとめてありますので、このサイトの内容が現在末期がんと闘っておられる方々、これから末期がんと闘わなければならない方々の克服のために、少しでも架け橋となってお役に立てればと願うばかりです。

このサイトを見られた一人でも多くの方が癌との闘いに勇気と希望を持ち、正しい知識を持って進むべき道を進み、末期がんを克服されて、末永くご健康で幸せな時間をご家族様と共に過ごせますように願っています・・・
 
 
< 末期癌克服への架け橋>
入口はこちら
難病・末期癌からの生還<入口ボタン>