免疫力強化による体質改善で、僅か4か月で末期癌を完治させた父の記録

末期がん克服への懸け橋~タイトル

神秘の免疫力で末期癌を完治させた父の記録

末期がん克服への懸け橋~モバイル用タイトル

末期がんは免疫力を高めれば完治できる病だと証明した父の記録

末期がんと免疫力で闘い、見事に完治した父の経験をもとに
~はじめに~
末期癌克服への架け橋区切り線

末期癌奇跡の完治h2
一人でも多くの方が末期がんを克服されますように・・・

 

正しく闘えば「例え末期がんでも治らない病気ではありません」 

  
末期がん克服への懸け橋イメージ

末期癌克服への懸け橋

私の父は喉の異常を早くから感じていたにも関わらず、のど飴をなめながら「大したことない」と素人判断をして半年以上放置。末期がん症状の痛みや腫れが出始めてから病院へ駆け込んだ時には勿論すでに手遅れの状態で、中咽頭部および舌部は共にステージ4の末期がん。リンパ節への転移も複数あり、余命3か月でまさに身体の状態は非常に危機的な最悪な状況に陥っていました。当然、町医者から紹介された大阪医科大学附属病院へ即入院でした。
 
精神的にも、父は相部屋での入院だったため夜中に末期がんの痛みと闘う患者さんもおられ、さらには同じ病室の末期がん闘病仲間がどんどん次から次へと亡くなっていくそんな状況で、父は「次は自分かも・・・」との不安や恐怖と闘わないといけない過酷な環境下でもありました。
 
そんな苦しい厳しい状況の中でも、家族としては何とか父を末期がんから救うために何か出来る事はないかと色々と考えたり調べたりして、良いと思うものは一つひとつ取り入れて確実に実践をすると決めました。
 
手術で父の「声」と「舌」を失うことを絶対に避けたいという強い思いが私たち家族にはあったため、「病院のがん治療だけに頼ると手術は避けられない」という現実が私たち家族を大きく動かしました。そして「病院でのがん治療と並行しながら独自に免疫力を高める事や健康を取り戻す体質改善を行う」と決断をしたことが父の身体に宿っている癌細胞に多大な影響を与え、その結果として父はわずか3~4か月間で末期がんを消滅させる事ができ、奇跡的な完治をして無事生還を成し遂げれたのだと思います。
 
私の父や私たち家族のこの経験が皆さんの闘病のお役に立つかどうかは分かりませんが、末期がんだった父が短期間に末期がんを克服出来た実体験をもとに、希望や勇気、そして末期がん克服のきっかけとなるヒントか何かを、これから末期がんと闘われる方々や現在闘っておられる方々へ贈れたらと願うばかりです。
 
末期がんでも治る可能性はあります 。病院で主治医からさじを投げられても、まだ諦める必要もありません。正しい道を進んで、憎き癌細胞が増えない身体を取り戻して下さい。
 
父の経験を読んで頂いて、一人でも多くの癌患者さんが正しい道はどれなのかに気づいて、正しいがん治療を取り入れられて、完治改善され無事に生還される事を切に願っています。
 
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
西洋医学のみが医療ではないと気づく事が出来れば、末期がんが治る可能性は高まります

 
西洋医学だけを頼る事を止めれば末期がんでも完治する
西洋医学は素晴らしい医学ですが、しかし西洋医学でだけでは手に負えない病もあるのが現実ですので、病の種類によって様々な治療法を組み合わせる必要があると思います。その一つが「がん治療」です。
 

本来、健康な人でも毎日発生する何千という癌細胞を免疫細胞が破壊し、癌細胞に支配されないよう身体の仕組みは出来ています。なのに、どうして癌になったのかを身体全体として見て考えないと問題解決は出来ないと思います。つまりがん治療は身体全体を見て治療を行う必要があると私は思います。癌は間違いなく生活習慣病であり、身体全体の生命力や自然治癒力などの低下から起きる病です。西洋医学的な考え方で「肺がんの部分が悪いから肺を切除して完了」と単純にはいかないので、高い技術がある現代でも人間は癌を完全には治せないでいます。

 
このように末期がん治療においては、抗がん剤や放射線治療、手術療法などの西洋医学だけによるアプローチには残念ながら限界や問題があると思います。癌は確かにピンポイントでどこかの臓器に出来るものが多いですが、ピンポイントで手術や放射線治療をする西洋医学的なアプローチでは癌を完全に根治させるのは非常に難しいのが現実で、それは国立がんセンターなどの治癒成績データ(再発状況など)を見ても明らかだと思います。
 
また、抗がん剤治療は逆に身体全体に影響を与える治療ですが、正常細胞にまで大きなダメージを与えてしまうため、生命に関わるほどの副作用があったり後遺症が残る場合も多々あります。
 
手術ミスにより命を落としたり癌細胞が散らばったりなど他の問題を誘発したり、強い抗がん剤や放射線は強烈な副作用で苦しみ、延命のつもりが余計に体をぼろぼろにしてしまって寿命を縮めてしまう事があるのは良く知られている事です。

 

今回私の父のケースでも、手術で癌細胞がミスなく予定通りキレイに切除出来たとしても「声と舌を失う大きな後遺症が残ります」と主治医から説明がありました。さらに主治医は「この状況で声と舌を失うのはやむを得ないですよ。命が助かるならそれぐらいは我慢してもらわないと・・・」と言っていましたが、さすがに家族としては「命が助かるなら何でもいい」とは絶対に思えないです。
 
 

末期癌奇跡の完治h2
末期がん克服は免疫力強化をはじめとする「癌が棲み難い身体づくり」がキーワード

 
末期がん克服には「癌細胞が棲み難い身体づくり」が必須
私は色々と調べていく中で西洋医学の限界や現実を知り、西洋医学以外にも目を向けて調べる必要性を感じました。そんな中「アメリカの政府や医学界では早くも90年代から西洋医学によるがん治療の限界を認識しつつあり、がん治療の方針を大きく変え代替医療へ積極的に予算を投入し研究を進めている」「日本の医療の考え方は欧米と比べ30年遅れている」という事を知り、アメリカでの代替医療についても情報を得る努力を行いました。代替医療・統合医療にもいろいろな種類がありますが、その中でも「免疫力を高める事」はどんながん治療を行うにしても必要であり避けて通れないことだと知りました。幸いにも私はアメリカ・カリフォルニア州立大学UCLA医学部留学中の親友から、大学の授業で習ったばかりだという「免疫力を高める事の重要性」について詳しく教えてもらう事ができ、私の父の末期がん治療においては西洋医学と並行しながら最大限「免疫力を高める事」に重点を置く方針に決めました。
 
そしてアメリカ・カリフォルニア州立大学UCLA内で末期がん治療の代替医療として研究や臨床試験がされていた免疫賦活物質の使用による免疫療法をメインとして、父は徹底的に免疫力の強化を行うことに決めました。その他、生活改善、食事改善、体力維持向上、ストレスコントロールなど、父に必要だと思ったものは可能な限り取り入れました。父の身体に「癌細胞に対する攻撃力」と「癌細胞と病院での癌治療に耐える防御力」を復活させて「癌細胞が棲み難い身体を取り戻す」、それが私たち家族の重要なキーワードでした。
 
取り組み始めた頃は、免疫細胞の研究もまだまだ始まったばかりでしたし、 これらの方向性が本当に正しいのかどうかは分からないままでした。しかし、とにかく正しい道だと信じて頑張り続けるしかありませんでした。
 
結果、やはり免疫力強化をはじめとする「癌細胞が棲み難い身体づくり」は正しい道で、入院からわずか4カ月で父は余命3か月だった末期がんを完全に消滅させる大きな成果を得る事が出来ました。
 
これら西洋医学以外に関して集めた様々な情報や免疫力を高めることの重要性、最先端医療を含む代替療法・免疫療法に関する情報もこのサイトへ可能な限り記してありますので、ご参考になればと思います。
 
現代医療(西洋医学による治療)の現実や限界、問題点を分かり易くこのサイトへ具体的に記しておきますので、西洋医学・病院でのがん治療だけに頼ることのリスクをしっかりと知り、その上で西洋医学、東洋医学、免疫療法などの代替療法、その他民間療法等に至るまでも組み合わせて、それぞれの末期がん患者さんに合った適切な正しい治療法を見つけて頂ければと思います。
 
そして例え、製薬会社の治験のためや病院ビジネスのために主治医から代替療法を反対されようとも、あとで後悔しない納得できる治療を行うことが患者さん本人にとってもご家族にとっても何よりも大切だと思います。
 

誰のための命で、誰のための治療なのかを考える・・・。

 
どんな治療法であろうと、患者さんが良い方向へ向かえばそれで良いのです。
 
日本の医療もアメリカや欧州のように本当の意味での患者主体の体制や考え方に変わり、医師自身が治療効果はほとんど見込めないと分かっている抗がん剤を無理矢理病院ビジネスのために仕方なく使い続けるなどという医療はもう止めて、もっと末期がん患者のためになる本物の治療が日本のどこの病院でも受けられるようになればと願うばかりです・・・
 
末期がんを免疫力強化で完治させた私の父の闘病記をはじめとして、私の同級生の悪性リンパ腫完治の事例、そしてこのサイトを参考にして父と同じ免疫力強化を取り入れて末期がんから完治改善された方々の事例も別ページに掲載しておきますので、私がいろいろと調べた西洋医学の現実や問題点、そして免疫力を高める事の重要性、様々な代替療法などの情報などを併せて読んで頂き、これから末期がんと闘われる方や現在闘っておられる方の希望や勇気となり、自分に合った正しい治療の方向へ向かう新たな気づきやヒントになればと願っています。
 
※最先端の末期がん治療に関する研究や治療法に関しても随時追加して行こうと思います。
 
 

末期癌奇跡の完治h2
健康維持には免疫力を高める事/腸内環境改善/生活習慣改善/ストレスコントロールが重要

 
末期がん完治には免疫力強化が重要
末期がんとの闘いは患者一人の闘いではなく家族との共同の闘いですので、末期がん患者を持った家族は患者本人とどのように接し、どうすれば患者は希望と勇気を持つことが出来るのかや、どのようにして末期がんの症状を改善させて完治や生還へ導けば良いのかも考えてサポートしてあげる必要があります。
 
「免疫力を一気に高める」「生活改善」「腸内環境正常化」「体力維持向上」「恐怖や不安などのストレスコントロール」等などの徹底はご家族さまの協力や働きかけがあってのことですから、愛情を持ってサポートしてあげることが非常に大切だと思います。
 
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
正しい道へ進んで「奇跡」を呼び寄せる

 
末期がん克服は正しい道を進めば完治もあり得る
「希望と勇気」を持ち、「免疫力を高める」ことを最重要視して突き進んだ結果、余命3か月末期がんの私の父は通常絶対に必要だと言われていた手術も一切必要とすることなく、わずか4カ月という驚異的な短期間で無事に癌細胞を完全消滅させ、入院から半年で退院を成し遂げました。これを「たまたまの奇跡」だと言われる方もおられますが、私は末期がんになってしまった父に足りないモノや必要なモノを見つけ出して補うことを中心に行い、理論的に癌細胞が棲み難い身体に戻す努力をしたつもりですので、私の中では「たまたまの奇跡」ではなく「必然的」に起きた出来事なんだと思っています。
 
その奇跡的に見える「必然」へ導くためには、やはり本当に正しい情報が必要です。癌との闘いは本当に情報戦だと思います。いかに正しい有益な情報と出会うか、それが大切だと思います。
 
父の闘病時は末期がん治療に関するインターネットやブログなどの情報はまだまだ少ない時でしたので、情報収集にも限界がありました。現在はその時と比べてホームページやブログという素晴らしい情報源があるので、末期がんに関連するいろいろな情報も入手し易くなりました。しかし一方で現在は、患者や家族の希望を奪い、絶望させるだけの情報や嘘の情報を掲載している存在意味の全くないサイトも数多く存在し、情報が多すぎて何を信じ選択すべきかが分からなくなる、という状況にもなっています。ブログにもいろいろとあり、とても希望や勇気をいただける素晴らしいブログがある一方で、内容が尻切れトンボになって放置されているブログや内容が極端に薄いブログ、何でも推測だけで否定ばかりする攻撃的な内容のブログなど、ブログは誰でもスマホで気軽に始められるだけに本当に様々なブログがあります。
 
そして西洋医学だけが医学であり医療であると信じて疑わない医師のみならず、ネットは匿名世界という事もあり、医学的知識も末期がん闘病の経験もないのに、非常に偏った知識や知ったかぶりでコメントしたり、大した根拠もないにも関わらず何でも頭から否定する人たちがネット上には多くいるため、そういう人たちからの間違った意見や情報で、ネットを彷徨えば彷徨うほど何が何だか分からなくなるという現実も大きな問題だと思います。
 
 

末期癌奇跡の完治h2
本物と偽物、真実と嘘がある悲しい現実

 
世の中には何でも本物と偽物がある
ただ、一部の治療法や健康食品には偽物があるのは間違いない事実だと私も思いますし、そういう偽物の治療法や健康食品は淘汰されるべきだと思いますが、だからと言って全ての代替療法や健康食品が偽物だと言い切り、西洋医学だけが正しい医療であると結論付ける意見には違和感を感じてならないです。
 
 
ある糖尿病医も、代替療法を全面否定するサイトやブログでコメントされていて「こうした記事に接するとき、免疫療法を一方的に詐欺呼ばわりし、断罪する標準治療(西洋医学)推進派の文脈の中にもときどきある種の独善(自文化中心主義)を感じることがあります。私は糖尿病医であり腫瘍学に対しては素人ですが、癌の自然退縮など、まだまだ不明な点がたくさんあることも事実だと思います。ケリー・ターナーの『ガンが自然に治る生き方』に記述されているような事例を非科学的と真っ向から否定するOncologist(代替療法を全否定する人たち)の姿勢には疑問を感じます。もっと開かれた態度で癌患者やそのご家族と向き合うべきではないでしょうか?解決の唯一の方法は、私たち医療者が「コミュニケーション能力」を磨いていくことにあるとは感じますが、この問題はコミュニケーション能力だけでは克服できない領域を含みます。癌当事者の生きる世界を理解出来ない医療専門家、代替医療を軽視する科学(oncology)至上主義などです。医療の世界に文化人類学、医療人類学、医療社会学、哲学・倫理などの専門知が必要な理由はまさにここにあるのではないかと思います。」と記されています。凄く真っ当な正しいご意見だと思います。日本では、こういう医師は残念ながらまだまだマイノリティーな存在なんだと思うと悲しい限りです。
 
色々なホームページやブログなどで非常に偏った意見が過激に書かれていて、そのせいで本当は正しい情報を掴みつつあるのに手放してしまったり、逆に全く無意味な情報なのに藁をも掴む心境で冷静さを失って信じて騙されてしまったりと、本物の情報・正しい情報に辿り着くことが大変難しくなっています。何が本物の情報なのか、必要としている情報はどれなのか、それをご自身で取捨選択出来るようになられて、信じれる情報・正しい情報のみを整理して治療に取り入れるようにして下さい。
 
私のサイトでは客観的かつ事実のみを記し、本当に参考にして頂ける内容にすることだけを目指しています。父の末期がん闘病記以外に「癌のメカニズム」「免疫システム」「代表的な癌の部位別・臓器別情報(症状/ステージ判断/西洋医学のがん治療方法/生存率/余命)」、そして「現代医療(西洋医学)の実態」や「有効な代替療法(癌に効くと言われている代替療法や本物の免疫療法)」について私が随時調べて、がん治療をこれから行うに当たって必要だと思われる情報を、信頼できる国立がんセンターのサイトや書籍などから集め、分かり易く整理して掲載してあるつもりです。 
 
 

免疫療法による末期癌完治の奇跡h2
末期がん克服に必要な情報とは? 

 

末期がん克服に必要な情報とは

 
末期癌と闘うには、敵「癌」のことを知り、味方の体の仕組みを勉強する必要があります。また、末期がん治療はやり直しがきかないので、あとで後悔しないためにも病院の言われるがままに流されて治療を進める事は非常に危険です。しっかりと勉強をする必要があると思います。色々な疑問点を整理して勉強をすれば、自ずと末期がんと闘うために必要なことが見えて来ると思います

今まで胃がん、大腸がん、肺がん、食道がん、肝臓がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、膀胱がん、悪性リンパ腫など、様々な部位の末期がんの方々が私の父の経験を参考にしながら、勇気と希望を持って闘い、そして見事に完治・改善されています。例え末期がんであっても諦めずに正しい方向へ向かう努力を続ければ、改善・完治の可能性は飛躍的に高まります。
 
私のサイトで、現代医療(西洋医学)の限界と問題点などを理解されて、100%病院任せ・医者任せの治療から脱却し、どうすれば癌細胞が棲み難い身体になるのか、どうすれば癌細胞が縮小していくのか、どうやって病院でのがん治療の副作用から身体を守りながら末期がんと闘っていくべきなのか・・・。その最適な方向を見つけて下さればと思います。癌の部位は様々だと思いますが、どの部位の癌であっても癌細胞自体のメカニズムは同じですし、免疫システムも誰でも同じように持っていますから、是非とも免疫力を高める努力だけはしっかりとなさって下さい。
 
私の父の末期がんとの闘い方が全てだと言うつもりは全くありませんし、敵が癌である以上、私の父と同じことをすれば全く同じ結果が得られるという単純な話ではないかも知れませんが、しかし何もしないよりも、病院のがん治療だけに頼るよりも、飛躍的に改善や完治へ向かう可能性は高まるはずだと私は思います。
 
私の親友(父が闘病当時、アメリカ・カリフォルニア州立大学「UCLA」医学部留学中でした)の助けを受けながら、入院からわずか4ヶ月ほどで末期がんを完全に消滅させる事が出来た私の父の経験を通じて、皆さんの末期がんを効果的に叩く正しい方向性を探るヒントやきっかけになれば幸いだと思います。今後も時間の許す限りさらに勉強し正しい情報を集めて更新を続け、末期がん治療をこれから行う方々にとって本当に役に立ち、必要な情報が私のサイトだけでほとんど揃うと皆さんに評価されるよう、引き続き頑張ろうと思っています。
 
このホームページを見られた患者の方々、そしてそのご家族の方々が末期がんとの闘いに勇気と希望を持ち、一人でも多くの患者さまが末期がんを克服しご快復され、末永くご健康で幸せな時間を過ごせますように願っています・・・
 
 

お急ぎの方は下記メニューより各コーナーへジャンプして下さい。 
 
末期癌克服への架け橋区切り線
父の末期癌からの生還物語
<メインメニュー>

 

末期癌克服への架け橋区切り線
末期癌克服のための情報
<メインメニュー>
 
免疫療法による末期癌からの奇跡の生還区切り線

感謝

 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
Mandooh Ghoneum, PhD.(マンドゥ・ゴーナム博士)

アメリカ・カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校医学部 UCLA/DREW医科大学免疫学教授

※1950年、エジプト生まれ。エジプトMansoura大学で理学部修士を取得、東京大学理学部博士課程に入り、理学博士号取得。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で医学部ポストドクターをへて、同大医学部解剖学、神経生物学教授。UCLA/DREW医科大学免疫学教授でもある。臨床免疫学会会員、放射線研究学会会員、自然免疫学会会員。ナチュラルキラー細胞とがん、ストレス、老化等の関係における研究に関しては、国際的に認められており、150以上の論文を発表している。国際産業医学、免疫学、毒物学会誌の編集委員会の委員として選ばれた。 1993年にアメリカ栄養大学がん治療センターからがん研究におけるすぐれた業績により表彰された。また、国際的ながん・エイズの臨床試験のチーム研究主任として積極的に研究を行っている。特にチェルノブイリの原発問題に対して、ロシアから要請があり、研究に従事している。
 
当時はお忙しい中、UCLA医学部留学中だった親友の突然のアポイントメントに快く応じて下さり、さらに私からの色々な質問に対して親切・親身になってお答え下さり、本当に本当に有難う御座いました。ゴーナム博士のお言葉が無ければ、免疫療法などの代替医療や免疫細胞のパワーをあの時にどこまで本気で信じれたか分からないです。適切なアドバイスを頂き、ゴーナム博士のお陰で免疫療法や免疫力の凄さを信じることができ、結果的に父は無事に生還出来たのだと思っています。心から感謝致します。
 
※ゴーナム博士と日本で初めてお会いした時に頂いたサイン入り書籍は、今でも感謝の気持ちと共に大切に保管してあります。
 

マンドゥ・ゴーナム博士直筆サイン
マンドゥ・ゴーナム博士プロフィール
 
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
月刊がん・もっといい日

 

月刊がん「もっといい日」

月刊がん「もっといい日」

”わたしのおすすめホームページ”のコーナーで、「末期癌と言われても決してあきらめないで」という力強いメッセージを発信しているサイトとして、「月刊がん・もっといい日」で紹介・掲載されました。

この「月刊がん・もっといい日」は一般書店では販売されていない(年間購読のみ)癌情報に特化した月刊誌で、最新治療をはじめ、患者さんのケア・食事法など、多岐にわたり癌患者さんとその家族様への情報が満載です。病院やクリニックの待合室などによく置かれていますので、また機会があればご覧下さいませ。

この場をお借りしまして、月刊がん編集部の方々へ心より御礼申し上げます。当ホームページを取り上げて下さり、本当にありがとう御座いました。
 
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
ヤフージャパン

 

Yahoo!JAPANロゴ
当ホームページは、ヤフージャパンのカテゴリへ正式に登録されている「登録個人サイト」です。ヤフーの「登録個人サイト」は、Google等のロボット検索による登録ではなく、登録申請後ヤフー担当者が全てのページをチェックし、工事中ページの有無から社会的に存在する意味がある信頼性の高い内容のホームページかどうかまでを判断して登録するかどうかを決められているそうです。厳しい審査のため、登録申請しても1/3~1/5程度しか審査通過できないようです(ビジネス用途のサイト登録は費用を支払えば、個人サイトと比べると簡単に登録出来るそうです)。そのような中、当ホームページを「登録個人サイト」へ登録して頂けましたことを、ヤフー殿にはこの場をお借りして御礼申し上げます 。
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
朝日放送番組「ターニングポイント」

 

TV番組「ターニングポイント」
『ターニングポイント』(Turning Point)は、テレビ朝日系列で放送されていたバラエティ番組。朝日放送とテレビマンユニオンの共同制作。

撮影に来られたディレクターさんや撮影スタッフさんは、わざわざ東京から大阪まで重い機材をお持ち下さり、時間をかけて遠方より足を運んで頂き、本当にお疲れ様でした。そして何より、ディレクターさんが「余命宣告をされた末期癌でも免疫療法で免疫力を高めれる事が出来れば完治する可能性のある事実を、私たちメディアは一人でも多くの方に知らせる事は使命だと思います。一人でも多くの癌患者さんに希望を持って頂いて、一人でも多くの癌患者さんが救われる事を願っています。そのために最高のVTRを撮影出来たと思います!」と言われていた事にプロ意識を感じました。

朝日放送殿とテレビマンユニオン殿が私の父の奇跡的な末期癌克服を取り上げて下さり、多くの癌と闘っておられる方々に観て頂けることで、間違いなく皆さんの勇気と希望となっていると思います。朝日放送殿とテレビマンユニオン殿に心から御礼申し上げます。
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
月刊 経営塾

 
経済情報誌として一流の月刊誌で、知らない人はいない「月刊 経営塾」。敷居の高いそんな素晴らしい月刊誌「経営塾」に私の父の闘病記を取り上げて下さり、本当に有難う御座いました。編集部の方がインターネットでたまたま当サイトを見つけて下さり「末期癌でもあきらめない事が大切だと多くの人に知ってもらいたい」「末期癌で闘病中の多くの方に希望と勇気を与えるから是非とも父の末期癌完治闘病記を紹介したい」として取り上げて下さいました。取材時は家族全員緊張していてあまりお礼を言えなかったですが、家族一同心から感謝しています。有難う御座いました。
 
月刊経営塾表紙
月刊経営塾3
月刊経営塾2
月刊経営塾1

 
免疫療法による末期癌からの奇跡の生還区切り線

  

末期癌克服への懸け橋モバイル用イメージ

末期癌克服への懸け橋

 

末期癌奇跡の完治h2
一人でも多くの方が末期がんを克服されますように・・・

 

正しく闘えば「例え末期がんでも治らない病気ではありません」 

 

私の父は喉の異常を早くから感じていたにも関わらず、のど飴をなめながら「大したことない」と素人判断をして半年以上放置。末期がん症状の痛みや腫れが出始めてから病院へ駆け込んだ時には勿論すでに手遅れの状態で、中咽頭部および舌部は共にステージ4の末期がん。リンパ節への転移も複数あり、余命3か月でまさに身体の状態は非常に危機的な最悪な状況に陥っていました。当然、町医者から紹介された大阪医科大学附属病院へ即入院でした。
 
精神的にも、父は相部屋での入院だったため夜中に末期がんの痛みと闘う患者さんもおられ、さらには同じ病室の末期がん闘病仲間がどんどん次から次へと亡くなっていくそんな状況で、父は「次は自分かも・・・」との不安や恐怖と闘わないといけない過酷な環境下でもありました。
 
そんな苦しい厳しい状況の中でも、家族としては何とか父を末期がんから救うために何か出来る事はないかと色々と考えたり調べたりして、良いと思うものは一つひとつ取り入れて確実に実践をすると決めました。
 
手術で父の「声」と「舌」を失うことを絶対に避けたいという強い思いが私たち家族にはあったため、「病院のがん治療だけに頼ると手術は避けられない」という現実が私たち家族を大きく動かしました。そして「病院でのがん治療と並行しながら独自に免疫力を高める事や健康を取り戻す体質改善を行う」と決断をしたことが父の身体に宿っている癌細胞に多大な影響を与え、その結果として父はわずか3~4か月間で末期がんを消滅させる事ができ、奇跡的な完治をして無事生還を成し遂げれたのだと思います。
 
私の父や私たち家族のこの経験が皆さんの闘病のお役に立つかどうかは分かりませんが、末期がんだった父が短期間に末期がんを克服出来た実体験をもとに、希望や勇気、そして末期がん克服のきっかけとなるヒントか何かを、これから末期がんと闘われる方々や現在闘っておられる方々へ贈れたらと願うばかりです。
 
末期がんでも治る可能性はあります。病院で主治医からさじを投げられても、まだ諦める必要もありません。正しい道を進んで、憎き癌細胞が増えない身体を取り戻して下さい。
 
父の経験を読んで頂いて、一人でも多くの癌患者さんが正しい道はどれなのかに気づいて、正しいがん治療を取り入れられて、完治改善され無事に生還される事を切に願っています。
 
西洋医学だけに頼るのを止めれば末期ガンでも完治する
 

末期癌奇跡の完治h2
西洋医学のみが医療ではない!

 

そう気づく事が出来れば、末期がんでも完治の可能性は高まります

 
西洋医学は素晴らしい医学ですが、しかし西洋医学でだけでは手に負えない病もあるのが現実ですので、病の種類によって様々な治療法を組み合わせる必要があると思います。その一つが「がん治療」です。
 

本来、健康な人でも毎日発生する何千という癌細胞を免疫細胞が破壊し、癌細胞に支配されないよう身体の仕組みは出来ています。なのに、どうして癌になったのかを身体全体として見て考えないと問題解決は出来ないと思います。つまりがん治療は身体全体を見て治療を行う必要があると私は思います。癌は間違いなく生活習慣病であり、身体全体の生命力や自然治癒力などの低下から起きる病です。西洋医学的な考え方で「肺がんの部分が悪いから肺を切除して完了」と単純にはいかないので、高い技術がある現代でも人間は癌を完全には治せないでいます。

 
このように末期がん治療においては、抗がん剤や放射線治療、手術療法などの西洋医学だけによるアプローチには残念ながら限界や問題があると思います。癌は確かにピンポイントでどこかの臓器に出来るものが多いですが、ピンポイントで手術や放射線治療をする西洋医学的なアプローチでは癌を完全に根治させるのは非常に難しいのが現実で、それは国立がんセンターなどの治癒成績データ(再発状況など)を見ても明らかだと思います。
 
また、抗がん剤治療は逆に身体全体に影響を与える治療ですが、正常細胞にまで大きなダメージを与えてしまうため、生命に関わるほどの副作用があったり後遺症が残る場合も多々あります。
 
手術ミスにより命を落としたり癌細胞が散らばったりなど他の問題を誘発したり、強い抗がん剤や放射線は強烈な副作用で苦しみ、延命のつもりが余計に体をぼろぼろにしてしまって寿命を縮めてしまう事があるのは良く知られている事です。
 

今回私の父のケースでも、手術で癌がミスなく予定通りキレイに切除出来たとしても「声と舌を失う大きな後遺症が残ります」と主治医から説明がありました。さらに主治医は「この状況で声と舌を失うのはやむを得ないですよ。命が助かるならそれぐらいは我慢してもらわないと・・・」と言っていましたが、さすがに家族としては「命が助かるなら何でもいい」とは絶対に思えないです。
 

末期がん克服には「癌細胞が棲み難い身体づくり」が必須キーワード
 

末期癌奇跡の完治h2
末期がん克服には免疫力強化をはじめとする「癌が棲み難い身体づくり」が必須キーワード

 
私は色々と調べていく中で西洋医学の限界や現実を知り、西洋医学以外にも目を向けて調べる必要性を感じました。そんな中「アメリカの政府や医学界では90年代から西洋医学によるがん治療の限界を認識しつつあり、がん治療の方針を大きく変え代替医療へ予算を投入し積極的に研究を進めている」「日本の医療の考え方は欧米と比べて30年遅れている」という事を知り、アメリカでの代替医療についても情報を得る努力を行いました。代替医療・統合医療にもいろいろな種類がありますが、その中でも「免疫力を高める事」はどんながん治療を行うにしても必要であり避けて通れないことだと知りました。幸いにも私はアメリカ・カリフォルニア州立大学UCLA医学部留学中の親友から、大学の授業で習ったばかりだという「免疫力を高める事の重要性」について詳しく教えてもらう事ができ、私の父の末期がん治療においては西洋医学と並行しながら最大限「免疫力を高める事」に重点を置く方針に決めました。
 
そしてアメリカ・カリフォルニア州立大学UCLA内で末期がん治療の代替医療として研究や臨床試験がされていた免疫賦活物質の使用による免疫療法をメインとして、父は徹底的に免疫力の強化を行うことに決めました。その他、生活改善、食事改善、体力維持向上、ストレスコントロールなど、父に必要だと思ったものは可能な限り取り入れました。父の身体に「癌細胞に対する攻撃力」と「癌細胞と病院での癌治療に耐える防御力」を復活させて「癌細胞が棲み難い身体を取り戻す」、それが私たち家族の重要なキーワードでした。
 
取り組み始めた頃は、免疫細胞の研究もまだまだ始まったばかりでしたし、これらの方向性が本当に正しいのかどうかは分からないままでした。しかし、とにかく正しい道だと信じて頑張り続けるしかありませんでした。
 
結果、やはり免疫力強化をはじめとする「癌細胞が棲み難い身体づくり」は正しい道で、入院からわずか4カ月で父は余命3か月だった末期がんを完全に消滅させる大きな成果を得る事が出来ました。
 
これら西洋医学以外に関して集めた様々な情報や免疫力を高めることの重要性、最先端医療を含む代替療法・免疫療法に関する情報もこのサイトへ可能な限り記してありますので、ご参考になればと思います。
 
現代医療(西洋医学による治療)の現実や限界、問題点を分かり易くこのサイトへ具体的に記しておきますので、西洋医学・病院での癌治療だけに頼ることのリスクをしっかりと知り、その上で西洋医学、東洋医学、免疫療法などの代替療法、その他民間療法等に至るまでも組み合わせて、それぞれの末期がん患者さんに合った適切な正しい治療法を見つけて頂ければと思います。
 
そして例え、製薬会社の治験のためや病院ビジネスのために主治医から代替療法を反対されようとも、あとで後悔しない納得できる治療を行うことが患者さん本人にとってもご家族にとっても何よりも大切だと思います。
 

誰のための命で、誰のための治療なのかを考える・・・。

 
どんな治療法であろうと、患者さんが良い方向へ向かえばそれで良いのです。
 
日本の医療もアメリカや欧州のように本当の意味での患者主体の体制や考え方に変わり、医師自身が治療効果はほとんど見込めないと分かっている抗がん剤を無理矢理病院ビジネスのために仕方なく使い続けるなどという医療はもう止めて、もっと末期がん患者のためになる本物の治療が日本のどこの病院でも受けられるようになればと願うばかりです・・・
 
末期がんを免疫力強化で完治させた父の闘病記をはじめとして、私の同級生の悪性リンパ腫完治の事例、そしてこのサイトを参考にして父と同じ免疫力強化を取り入れて末期がんから完治改善された方々の事例も別ページに掲載しておきますので、私がいろいろと調べた西洋医学の現実や問題点、そして免疫力を高める事の重要性、様々な代替療法などの情報などを併せて読んで頂き、これから末期がんと闘われる方や現在闘っておられる方の希望や勇気となり、自分に合った正しい治療の方向へ向かう新たな気づきやヒントになればと願っています。
 
※最先端の末期がん治療に関する研究や治療法に関しても随時追加して行こうと思います。
 
末期がん完治には免疫力を高めることが重要
 

末期癌奇跡の完治h2
健康維持には免疫力を高める事/腸内環境改善/生活習慣改善/ストレスコントロールが重要

   
末期がんとの闘いは患者一人の闘いではなく家族との共同の闘いですので、末期がん患者を持った家族は患者本人とどのように接し、どうすれば患者は希望と勇気を持つことが出来るのかや、どのようにして末期がんの症状を改善させて完治や生還へ導けば良いのかも考えてサポートしてあげる必要があります。
 
「免疫力を一気に高める」「生活改善」「腸内環境正常化」「体力維持向上」「恐怖や不安などのストレスコントロール」等などの徹底はご家族さまの協力や働きかけがあってのことですから、愛情を持ってサポートしてあげることが非常に大切だと思います。
 
末期癌治療は正しい道を進めば完治もあり得る
 

末期癌奇跡の完治h2
正しい道へ進んで「奇跡」を呼び寄せる

 
「希望と勇気」を持ち、「免疫力を高める」ことを最重要視して突き進んだ結果、余命3か月末期がんの私の父は通常絶対に必要だと言われていた手術も一切必要とすることなく、わずか4カ月という驚異的な短期間で無事に癌細胞を完全消滅させ、入院から半年で退院を成し遂げました。これを「たまたまの奇跡」だと言われる方もおられますが、私は末期がんになってしまった父に足りないモノや必要なモノを見つけ出して補うことを中心に行い、理論的に癌細胞が棲み難い身体に戻す努力をしたつもりですので、私の中では「たまたまの奇跡」ではなく「必然的」に起きた出来事なんだと思っています。

 
その奇跡的に見える「必然」へ導くためには、やはり本当に正しい情報が必要です。今や癌との闘いは本当に情報戦だと思います。いかに正しい有益な情報と出会うか、それが大切だと思います。
 
父の闘病時は末期がん治療に関するインターネットやブログなどの情報はまだまだ少ない時でしたので、情報収集にも限界がありました。現在はその時と比べてホームページやブログという素晴らしい情報源があるので、末期がんに関連するいろいろな情報も入手し易くなりました。しかし一方で現在は、患者や家族の希望を奪い、絶望させるだけの情報や嘘の情報を掲載している存在意味の全くないサイトも数多く存在し、情報が多すぎて何を信じ選択すべきかが分からなくなる、という状況にもなっています。ブログにもいろいろとあり、とても希望や勇気をいただける素晴らしいブログがある一方で、内容が尻切れトンボになって放置されているブログや内容が極端に薄いブログ、何でも推測だけで否定ばかりする攻撃的な内容のブログなど、ブログは誰でもスマホで気軽に始められるだけに本当に様々なブログがあります。
 
そして西洋医学だけが医学であり医療であると信じて疑わない医師のみならず、ネットは匿名世界という事もあり、医学的知識も末期がん闘病の経験もないのに、非常に偏った知識や知ったかぶりでコメントしたり、大した根拠もないにも関わらず何でも頭から否定する人たちがネット上には多くいるため、そういう人たちからの間違った意見や情報で、ネットを彷徨えば彷徨うほど何が何だか分からなくなるという現実も大きな問題だと思います。
 
世の中には何でも本物と偽物がある
 

末期癌奇跡の完治h2
本物と偽物、真実と嘘がある悲しい現実

 
ただ、一部の治療法や健康食品には偽物があるのは間違いない事実だと私も思いますし、そういう偽物の治療法や健康食品は淘汰されるべきだと思いますが、だからと言って全ての代替療法や健康食品が偽物だと言い切り、西洋医学だけが正しい医療であると結論付ける意見には違和感を感じてならないです。
 
ある糖尿病医も、代替療法を全面否定するサイトやブログでコメントされていて「こうした記事に接するとき、免疫療法を一方的に詐欺呼ばわりし、断罪する標準治療(西洋医学)推進派の文脈の中にもときどきある種の独善(自文化中心主義)を感じることがあります。私は糖尿病医であり腫瘍学に対しては素人ですが、癌の自然退縮など、まだまだ不明な点がたくさんあることも事実だと思います。ケリー・ターナーの『ガンが自然に治る生き方』に記述されているような事例を非科学的と真っ向から否定するOncologist(代替療法を全否定する人たち)の姿勢には疑問を感じます。もっと開かれた態度でがん患者やそのご家族と向き合うべきではないでしょうか?解決の唯一の方法は、私たち医療者が「コミュニケーション能力」を磨いていくことにあるとは感じますが、この問題はコミュニケーション能力だけでは克服できない領域を含みます。癌当事者の生きる世界を理解出来ない医療専門家、代替医療を軽視する科学(oncology)至上主義などです。医療の世界に文化人類学、医療人類学、医療社会学、哲学・倫理などの専門知が必要な理由はまさにここにあるのではないかと思います。」と記されています。凄く真っ当な正しいご意見だと思います。日本では、こういう医師は残念ながらまだまだマイノリティーな存在なんだと思うと悲しい限りです。
 
色々なホームページやブログなどで非常に偏った意見が過激に書かれていて、そのせいで本当は正しい情報を掴みつつあるのに手放してしまったり、逆に全く無意味な情報なのに藁をも掴む心境で冷静さを失って信じて騙されてしまったりと、本物の情報・正しい情報に辿り着くことが大変難しくなっています。何が本物の情報なのか、必要としている情報はどれなのか、それをご自身で取捨選択出来るようになられて、信じれる情報・正しい情報のみを整理して治療に取り入れるようにして下さい。
 
私のサイトでは客観的かつ事実のみを記し、本当に参考にして頂ける内容にすることだけを目指しています。父の末期がん闘病記以外に「癌のメカニズム」「免疫システム」「代表的な癌の部位別・臓器別情報(症状/ステージ判断/西洋医学のがん治療方法/生存率/余命)」、そして「現代医療(西洋医学)の実態」や「有効な代替療法(癌に効くと言われている代替療法や本物の免疫療法)」について私が随時調べて、がん治療をこれから行うに当たって必要だと思われる情報を、信頼できる国立がんセンターのサイトや書籍などから集め、分かり易く整理して掲載してあるつもりです。 
 
末期がん克服に必要な情報とは
 

末期癌奇跡の完治h2
末期がん克服に必要な情報とは? 

 

 
末期がんと闘うには、敵「癌細胞」のことを知り、味方の体の仕組みを勉強する必要があります。また、末期がん治療はやり直しがきかないので、あとで後悔しないためにも病院の言われるがままに流されて癌治療を進める事は非常に危険です。しっかりと勉強をする必要があると思います。色々な疑問点を整理して勉強をすれば、自ずと末期がんと闘うために必要なことが見えて来ると思います。

今まで胃がん、大腸がん、肺がん、食道がん、肝臓がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、膀胱がん、悪性リンパ腫など、様々な部位の末期がんの方々が私の父の経験を参考にしながら、勇気と希望を持って闘い、そして見事に完治・改善されています。例え末期がんであっても諦めずに正しい方向へ向かう努力を続ければ、改善・完治の可能性は飛躍的に高まります。
 
私のサイトで、現代医療(西洋医学)の限界と問題点などを理解されて、100%病院任せ・医者任せの治療から脱却し、どうすれば癌細胞が棲み難い身体になるのか、どうすれば癌細胞が縮小していくのか、どうやって病院でのがん治療の副作用から身体を守りながら末期がんと闘っていくべきなのか・・・。その適切な方向を見つけて頂ければと思います。癌の部位は様々だと思いますが、どの部位の癌であっても癌細胞自体のメカニズムは同じですし、免疫システムも誰でも同じように持っていますから、是非とも免疫力を高める努力はなさって下さい。
 
私の父の末期がんとの闘い方が全てだと言うつもりは全くありませんし、敵が癌である以上、私の父と同じことをすれば全く同じ結果が得られるという単純な話ではないかも知れませんが、しかし何もしないよりも、病院の標準がん治療だけに頼るよりも、飛躍的に改善や完治へ向かう可能性は高まるはずだと私は思います。
 
私の親友(父が闘病当時、アメリカ・カリフォルニア州立大学「UCLA」医学部留学中でした)の助けを受けながら、入院からわずか4ヶ月ほどで末期がんを完全に消滅させる事が出来た私の父の経験を通じて、皆さんの癌細胞を効果的に叩く正しい方向性を探るヒントやきっかけになれば幸いだと思います。今後も時間の許す限りさらに勉強し正しい情報を集めて更新を続け、末期がん治療をこれから行う方々にとって本当に役に立ち、必要な情報が私のサイトだけでほとんど揃うと皆さんに評価されるよう、引き続き頑張ろうと思っています。
 
このホームページを見られた患者の方々、そしてそのご家族の方々が末期がんとの闘いに勇気と希望を持ち、一人でも多くの患者さまが末期がんを克服しご快復され、末永くご健康で幸せな時間を過ごせますように願っています・・・
 
 

お急ぎの方は下記メニューより各コーナーへジャンプして下さい。 
 
末期癌克服への架け橋区切り線
末期癌からの奇跡の生還
<メインメニュー>

 

末期癌克服への架け橋区切り線
末期癌克服のための情報
<メインメニュー>
 
免疫療法による末期癌からの奇跡の生還区切り線

 

感謝

 
末期がん完治の感謝

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
Mandooh Ghoneum, PhD.
(マンドゥ・ゴーナム博士)

アメリカ・カリフォルニア州立大学
ロサンゼルス校UCLA医学部

UCLA/DREW医科大学免疫学教授

※1950年、エジプト生まれ。エジプトMansoura大学で理学部修士を取得、東京大学理学部博士課程に入り、理学博士号取得。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で医学部ポストドクターをへて、同大医学部解剖学、神経生物学教授。UCLA/DREW医科大学免疫学教授でもある。臨床免疫学会会員、放射線研究学会会員、自然免疫学会会員。ナチュラルキラー細胞とがん、ストレス、老化等の関係における研究に関しては、国際的に認められており、150以上の論文を発表している。国際産業医学、免疫学、毒物学会誌の編集委員会の委員として選ばれた。 1993年にアメリカ栄養大学がん治療センターからがん研究におけるすぐれた業績により表彰された。また、国際的ながん・エイズの臨床試験のチーム研究主任として積極的に研究を行っている。特にチェルノブイリの原発問題に対して、ロシアから要請があり、研究に従事している。
 
当時はお忙しい中、UCLA医学部留学中だった親友の突然のアポイントメントに快く応じて下さり、さらに私からの色々な質問に対して親切・親身になってお答え下さり、本当に本当に有難う御座いました。ゴーナム博士のお言葉が無ければ、代替医療や免疫療法、免疫細胞のパワーをあの時にどこまで本気で信じれたか分からないです。適切なアドバイスを頂き、ゴーナム博士のお陰で免疫療法や免疫力の凄さを信じることができ、結果的に父は無事に末期がんから生還出来たのだと思っています。心から感謝致します。
 
※ゴーナム博士と日本で初めてお会いした時に頂いたサイン入り書籍は、今でも感謝の気持ちと共に大切に保管してあります。
 

マンドゥ・ゴーナム博士直筆サイン
マンドゥ・ゴーナム博士プロフィール

 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
月刊がん・もっといい日

 

月刊がん「もっといい日」

月刊がん「もっといい日」

”わたしのおすすめホームページ”のコーナーで、「末期癌と言われても決してあきらめないで」という力強いメッセージを発信しているサイトとして、「月刊がん・もっといい日」で紹介・掲載されました。

この「月刊がん・もっといい日」は一般書店では販売されていない(年間購読のみ)癌情報に特化した月刊誌で、最新治療をはじめ、患者さんのケア・食事法など、多岐にわたり癌患者さんとその家族様への情報が満載です。病院やクリニックの待合室などによく置かれていますので、また機会があればご覧下さいませ。

この場をお借りしまして、月刊がん編集部の方々へ心より御礼申し上げます。当ホームページを取り上げて下さり、本当にありがとう御座いました。
 
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
ヤフージャパン

 

Yahoo!JAPANロゴ

当ホームページは、ヤフージャパンのカテゴリへ正式に登録されている「登録個人サイト」です。ヤフーの「登録個人サイト」は、Google等のロボット検索による登録ではなく、登録申請後ヤフー担当者が全てのページをチェックし、工事中ページの有無から社会的に存在する意味がある信頼性の高い内容のホームページかどうかまでを判断して登録するかどうかを決められているそうです。厳しい審査のため、登録申請しても1/3~1/5程度しか審査通過できないようです(ビジネス用途のサイト登録は費用を支払えば、個人サイトと比べると簡単に登録出来るそうです)。そのような中、当ホームページを「登録個人サイト」へ登録して頂けましたことを、ヤフー殿にはこの場をお借りして御礼申し上げます 。
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
朝日放送番組
「ターニングポイント」

 

TV番組「ターニングポイント」

『ターニングポイント』(Turning Point)は、テレビ朝日系列で放送されていたバラエティ番組。朝日放送とテレビマンユニオンの共同制作。

撮影に来られたディレクターさんや撮影スタッフさんは、わざわざ東京から大阪まで重い機材をお持ち下さり、時間をかけて遠方より足を運んで頂き、本当にお疲れ様でした。そして何より、ディレクターさんが「余命宣告をされた末期がんでも免疫療法で免疫力を高める事が出来れば完治する可能性のある事実を、私たちメディアは一人でも多くの方に知らせる事は使命だと思います。一人でも多くの癌患者さんに希望を持って頂いて、一人でも多くの癌患者さんが救われる事を願っています。そのために最高のVTRを撮影出来たと思います!」と言われていた事にプロ意識を感じました。

朝日放送殿とテレビマンユニオン殿が私の父の奇跡的な末期がん克服を取り上げて下さり、多くの末期がんと闘っておられる方々に観て頂けることで、間違いなく皆さんの勇気と希望となっていると思います。朝日放送殿とテレビマンユニオン殿に心から御礼申し上げます。
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
月刊「経営塾」

月刊経営塾表紙

経済情報誌として一流の月刊誌で、知らない人はいない「月刊 経営塾」。敷居の高いそんな素晴らしい月刊誌「経営塾」に私の父の闘病記を取り上げて下さり、本当に有難う御座いました。編集部の方がインターネットでたまたま当サイトを見つけて下さり「末期がんでもあきらめない事が大切だと多くの人に知ってもらいたい」「末期がんで闘病中の多くの方に希望と勇気を与えるから是非とも父の末期がん完治闘病記を紹介したい」として取り上げて下さいました。取材時は家族全員緊張していてあまりお礼を言えなかったですが、家族一同心から感謝しています。有難う御座いました。
 

月刊経営塾1

月刊経営塾2

月刊経営塾3

 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還区切り線

  

末期癌克服への架け橋・小見出
免疫強化物質について
癌を調べているうちに「癌と真っ向闘うには絶対に免疫力を高める必要性がある」という事を学び、免疫療法先進国であるアメリカへ目を向けた私は、当時UCLA医学部(アメリカ・カリフォルニア州立大学医学部/PhysiologicalScience)に留学中だった親友に相談をし、同大学内でも末期がん治療目的として研究・臨床試験がされ、アメリカで主に病医院・ドクターが癌の代替医療で使用しているという医療機関向けの特別な獲得免疫力(NK細胞)強化賦活物質「A.M.D」の存在を調べ紹介してくれました。2018年現在、この癌代替医療で使用される最新の病医院・ドクター向けの「獲得免疫力強化賦活物質4thGen.A.M.D」や、さらに近年臨床医による研究開発で誕生し劇的な治療効果を発揮している「自然免疫力(マクロファージ・貪食細胞)強化賦活物質HQ-LPS」とは一体何なのかも、皆さんからご質問が一番多い内容ですのでご参考までに簡単に説明を記しておきます。私の父が実際に使用した経験をもとに、癌治療補助の強力なアイテムのひとつとしてご参考になればと思います。 

 
【当方にメールが送れない場合・返事が届かない場合】
私が使用しています「@liveメール」(マイクロソフト社Hotmail)においては、何故かよく送信&受信トラブルが発生するようです。特にyahooメールからお送り頂く場合、不思議な事に迷惑メールフォルダーに振り分けられる事もなく削除され、こちらに届かない可能性が非常に高いです。万が一、当方メアドに送信出来ない場合や何度か送信しているのに返事がない場合は、予備メアド宛(sgw00744@nifty.com)へもメールを送ってみて下さい。確実にメールをお送りしたい場合は、ご面倒でも下記メアド両方へお送り下さい。
(メイン)sarah-chan@live.jp
(予 備)sgw00744@nifty.com 
 
【メールを送って下さる場合の注意点】
メールを送って下さる場合には最低限のマナーとして、お名前(ニックネーム可です)と返信先のメールアドレスを本文中に明記下さい。
 
携帯電話からメールをお送り下さった場合に、私のパソコンからお返事がお送り出来ないケースが多々ありますので、本文中に必ずあなた様のパソコンメールアドレスを添えてメール下さい。もしくはパソコンからのメールが受信できるように携帯電話の迷惑メールフィルターの設定を変更して下さい(最近の携帯電話・スマホはPCからのメールが受信できないように標準設定されている事が多いので。受信許可ドメイン指定で「@live.jp」「@nifty.com」を受信許可にされるか、パソコンメール全体を受信許可として下さい)。

 

 
当ホームページのトップページへのURLリンクは基本的にご自由にして頂いて結構です。サイトの内容をコピーして抜粋したりして掲載する場合には必ずご連絡下さい。お持ちのホームページやブログなどへリンクして下さると嬉しいです。当サイトを気に入って下さりリンクして下さったサイト様やブログ様は、相互リンクさせて頂きたいと思います。すでに当ホームページをリンクして下さっているサイト様やブログ様には、適宜こちらもリンクさせて頂きます。宜しくお願い致します。 
 
※皆様のホームページやブログなどで当サイトをご紹介して頂けますと助かります。
 

このサイトに書かれている内容はすべて私の父の実体験を普通に記したもので、巷に溢れている何かを販売するために作られた偽のストーリーや偽の闘病記ではありません。読み進めるうちに「詳しい情報が欲しい場合は書籍を購入して下さい」とか、詳しくは「有料でファイルをダウンロードして下さい」など一切ありません。内容は事実のみを記し、入院していた病院名やCT画像なども公開し、大手出版社の雑誌や全国放送のTV番組からの取材依頼もあり、このサイトが実話による本物の闘病記であるとお分かり頂けると思います。
 
 

< 末期がん克服・奇跡の物語>
入口はこちら

難病・末期癌からの生還<入口ボタン>