末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | 癌細胞から身を守る免疫力とは | 癌細胞を消滅させる免疫細胞

免疫力の大切さを知る

末期癌克服への架け橋区切り線

免疫のシステムとメカニズム「免疫とは何か」

 
私たちは、実は、気づかないうちに無数の細菌に囲まれて生活しています。たとえば、どんなにきれいにテーブルをふいても、ていねいに掃除機をかけても、完全に細菌を駆除することはできません。あるいは、インフルエンザが流行する季節に、その予防のためマスクをしても、ウイルスの侵入を防ぐことはできません。マスクのガーゼは、まるで巨大なトンネルの中を小さなネズミが通り抜けるかのように、ウイルスを通してしまうからです。これらの細菌たちは、傷口や粘膜から、あるいは食物とともにロから、体の中に侵入します。
 
また、私たちの体は細胞で構成され、新陳代謝によって、新しい細胞と古い細胞の入れ替えが行われています。ところが、この新しい細胞がつくられる過程で、できそこないの細胞が発現すると、そのまま細胞分裂で増殖し、癌のような難病になる場合さえあります。
 
このように、体内に細菌(微生物)が侵入したり、できそこないの細胞が増殖することは、大変危険なことであり、これらを防がなければ、生命を維持していくことが困難になります。これらを防ぐための機能が、人間が生まれながらにもっている「免疫」というものです。免疫の重要な働きは、排除すべきものを見分け、これを排除し、体の働きを正常に保つことにあります。
 

免疫の働きには三つある

 
免疫現象は、次のように、三つの働きに分けられます。
 

  • 微生物の感染防御
    ウイルスは細胞に侵入し、その中で増殖します。免疫機構(免疫系)が正常に働いていれば、ウイルスに感染した細胞を破壊して取り除き、それ以上の感染を阻止することができます。
  • 他の個体の細胞の拒絶
    血液や臓器を、他人の体に移植した場合には、提供を受けた人の免疫系(免疫を正常に働かせるしくみ)が抗体をつくって、移植された細胞を拒絶してしまいます。拒絶反応は、免疫細胞が移植された臓器を"異物"として認識して、活性化し、攻撃するために起きるのです。臓器移植の場合、これを防ぐためには、免疫抑制剤を使用します。免疫抑制剤は、移植後も長期間使わなければならず、ウイルスの感染などに抵抗する力が弱まる副作用もあります。
  • 変異細胞・老廃組織の除去
    白血球の一種であるマクロファージは、できそこないの細胞や、いらなくなった古い細胞を見つけると、パクパク食べて掃除してくれます。この働きをするために、免疫細胞があるのです。

 
これらの免疫機能を働かせるのに最も大切なことは、排除すべき相手と自分とを区別することにあります。
 

侵入者を区別する目印は「抗原」

 
私たちの体の免疫を正常に働かせるしくみ(免疫系)の最も大切な仕事は、「自己と排除すべき相手(非自己)を区別し、非自己を攻撃すること』にあります。
 
たとえば、インフルエンザの流行する寒い季節に人ごみの中に入ると、何かのひょうしに体内にインフルエンザウイルスが侵入することがあります。ウイルスが進入すると、免疫系はすぐに、「侵略者だ!!」と認識します。そして免疫系は、その侵略が体全体をおかすのを阻止するために攻撃を開始し、体内から排除します。
 
では、どのようにして、この侵略者を認識するのでしょうか。
 
侵略者(排除すべき相手)の特徴的な目印を「抗原」と言います。この目印を認識するのが、「リンパ球」です。リンパ球は細胞表面に、抗原をぴったりはめこむ構造をもっています。この部分を「抗原レセプター」と言い、一般的に「抗体」と呼ばれています。
 

病原体と戦う主役は白血球

 
体を守るうえで最も重要な免疫活動は、白血球によってなされています。白血球は、侵略者と戦う勇敢な戦士と言うことができます。この、大変に頼もしい白血球について述べましょう。
 
血液の45パーセントは、赤血球・白血球・血小板で構成されています。赤血球の役割は、ヘモグロビンというタンパク質を使って、酸素を体のすみずみまで運ぶことであり、血小板は、出血を止める働きがあります。
 
これらのうち、免疫活動の主役となるのは白血球です。
 
白血球には、1.リンパ球、2.マクロファージ、3.顆粒球の三種類があります。
 

  • リンパ球
    免疫系が最初にしなければならない大切な仕事は、排除すべき相手と自分とを区別することですが、その仕事をするのがリンパ球です。
  • マクロファージ
    マクロファージは、[大食細胞」とも呼ばれ、リンパの濾過装置であるリンパ節や、リンパ球をつくる[牌」などのリンパ組織はもとより、肺、肝臓などのさまざまな組織に存在し、細菌や異常細胞を見つけると、食べてしまいます。
  • 顆粒球
    顆粒球も、「食細胞」と呼ばれていて、マクロファージほど大食いではありませんが、細菌や異常細胞を排除する役目をします。

 

白血球によって異物を排除するしくみ

 
体の中に異物が侵入すると、リンパ球が登場します。リンパ球は、抗原に反応する抗原レセプターを放出します。先ほど述べたように、抗原レセプターのことを「抗体」と言います。
 
抗体というのは、異物についている抗原に噛みつきます。抗原と抗体は一対一で対応していて、一種類の抗原には、特定の抗体しか反応しません。これは、免疫系が、それぞれの抗原に合わせて抗体をつくっているからです。
 
抗原に抗体が噛みつくと、マクロファージや顆粒球などの食細胞が、異物であることを認識します。食細胞は、異物を認識する力が弱いので、リンパ球の抗体からの知らせによって、エサ(異物)のありかを知り、これを食べて排除します。
 
このように、リンパ球とマクロファージ、顆粒球の連携プレーで、病原体や、要らなくなった古い細胞が処理されています。
 
ところで、腫瘍細胞やウイルスの感染を受けた細胞は異物ではなく自分の細胞ですが、正常の細胞とはかなり違っています。正常な細胞との違いが大きければ、マクロファージ単独でも見分けることができるので、すぐにその細胞を食べ始めます。
 

リンパ球にはいろいろな仕事がある

 
リンパ球には、抗体を放出するものだけでなく、いろいろな働きをする細胞が含まれています。それぞれの作用によって、
 

  • B細胞
  • T細胞
  • NK細胞
  • LAK細胞

 
などに分けることができます。このそれぞれの細胞が、自然治癒力にかかわる重要なメカニズムをもっています。
 
特にNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は、マクロファージのように異物を直接に攻撃する細胞です。腫瘍細胞やウイルス感染細胞を見つけると、なんの操作もなくただちに破壊するので、ガン細胞の退治には大きな役割をになっています。「ピシバニール」などの抗悪性腫瘍剤は、このNK細胞を活性化するのが主な作用です。
 

癌退治の決め手は免疫力の強化

 
癌などの腫瘍をやっつけるために、手術・抗癌剤・放射線治療が行われていますが、これらの治療法には重篤な副作用がともない、また、治癒しても再発の可能性が高いようです。
 
できてしまった癌組織を正常組織に変えることは不可能なので、場合によっては、虫歯を削るように削り取る(手術によって除去する)ことも必要です。しかし、その際には、このような受け身の治療だけに頼ることなく、積極的に自分の免疫力を高める努力が大切になるのです。
 
免疫力を高めると、再発・副作用を防ぐ効果があることは、アメリカのカリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)DREW医科大学のM.ゴーナム博士の報告によっても明らかになっています。
 
免疫力を高めるには、食生活を改善し、B細胞、T細胞、NK細胞、LAK細胞を活性化する機能性素材を補うと効果があり、安全で効果的に治療を行うことができます。その際に、機能性素材として驚異的な効果を発揮するものが「免疫賦活物質A.M.D」なのです。
 
私の父が実際に使用して癌細胞破壊の大きな助けとなった免疫賦活物質。最新の医療機関向け免疫賦活物質については、別ページ資料室で詳しく述べています。
 

NK(NaturalKiller)細胞

 
NK細胞は、なんの命令も必要とすることなく、腫瘍細胞を見つけると、ただちに攻撃をするという役目をもっています。NK細胞がガン細胞を見つけると、すぐに「キス」をするかのように結合します。「キス」をして5分しないうちに、ガン細胞は溶けてしまいます。免疫強化物質は、このNK細胞活性に驚異的な力を発揮するようです。
 

B細胞

 
免疫の働きとは、自己と自己でないもの(非自己)を区別し、非自己(排除すべき相手)を攻撃することです。その第一段階として、非自己を認識しなければなりません。「抗体」が非自己の「抗原」に結びついて、初めて非自己であることが認識されます。この感知に必要な「抗体」を大量に生産する工場が、B細胞です。
 

T細胞

 
T細胞のうちで、ウイルスの感染を受けた自分の細胞やガン細胞を、破壊して殺すT細胞を、「キラーT細胞」と言います。T細胞の重要な働きは、自己の変異細胞を破壊することにあります。キラーT細胞は。指令を受けて初めて攻撃します。その指令を出す役割は、「ヘルパーT細胞」にあります。つまり、キラーT細胞は、ヘルパーT細胞の命令がないと攻撃できないしくみになっています。現在、世界中で猛威をふるっているエイズは、ウイルスがこのヘルパーT細胞を攻撃するため、キラーT細胞に命令が行かなくなり、空中に浮遊するカビが肺に侵入しても排除できず、カリニ肺炎を起こして死に至るというものです。
 

LAK細胞

 
LAK細胞は、破壊する能力をもつのに数日を要するのですが、NK細胞よりも多くの種類の腫瘍細胞を破壊するという役目をもっています。

 
T細胞は、[インターロイキン2」という物質をつくって、放出します。インターロイキン2は、T細胞を増殖する働きがあります。T細胞は自分自身を増殖させるために、インターロイキン2をつくっているのです。そして、ある種のリンパ球にこのインターロイキン2を作用させると、腫瘍細胞を破壊する能力をもつようになります。このように、インターロイキン2の作用で腫瘍細胞破壊作用をもつようになったリンパ球を、LAK細胞と言います。
 

インターフェロンγ

 
タンパク質の一種で下記のような働きをもっています。
 

  • B細胞の抗体産生を促進する。
  • キラーT細胞、NK細胞の細胞傷害活性(各細胞から酵素を出して腫瘍細胞に傷害を与えること)を高める。
  • マクロファージを活性化させ、殺菌作用や細胞傷害作用を高める。

 

末期がん克服への懸け橋区切り線
 

マクロファージ

異物が侵入したら即出動、カツカツ食べて排除する

 
異物を飲み込むようにして細胞内に取り込み、殺菌するのがマクロファージだ。ほぼ全身に分布し、異物の侵入を待ち構えている。
 

ゴミが入りやすい肺には多量に分布

 
細菌にウィルス、塵やホコリまで食べてしまう食いしん坊。それがマクロファージです。名前の由来は、Macro(大きい)、Phage(食べるもの)。その名のとおり大型サイズの細胞で、異物をカツカツと貪り食うようにして細胞内に取り込み、酵素で殺菌処理します。このように働く細胞を「貪食細胞」と呼びます。白血球の一種・好中球も貪食細胞です。
 
骨髄で造血幹細胞からつくられたマクロファージは、ほぼ全身に分布。異物が侵入すると、すばやく退治に出動します。

たとえば、呼吸をすると空気中のさまざまな微粒子が肺に入ってきます。肺は約90㎡もの面積で外界と接触し、つねに危機にさらされている臓器。その肺には70億から350億個ものマクロファージが存在し、傷害から守っています。

寿命が尽きた赤血球、白血球、血小板などの死骸は、おもに脾臓や肝臓にいるマクロファージが処理を担当。血小板の作用でできた血液凝固物、抗生物質や免疫反応で死にかけたウィルスや非自己細胞の残骸も、マクロファージがきれいに片づけてくれます。
 
しかしマクロファージも万能ではありません。手ごわい敵がいます。そのひとつが結核菌です。マクロファージは結核菌を細胞内に取り込んで処理しようとするのですが、完全には殺菌できません。そのため、内部で結核菌が増殖してしまいます。
 
そこで、マクロファージは結核菌のかけらを細胞表面にかかげて、緊急事態の発生をアピール。これをヘルパーT細胞が察知し、より強力な戦闘集団であるキラーT細胞、抗体という武器をもつB細胞などに働きかけて、徹底的な排除作戦が展開されるのです。
 

骨とマクロファージは遠い親戚

 
マクロファージはアメーバのような姿をしています。もっとも原始的な細胞のひとつで、単細胞時代の形をとどめているからです。
 
赤血球も白血球も血小板も、原始マクロファージが進化したもの。じつは心臓や血管もそう。血管内皮細胞などは、異物を飲み込むというマクロファージによく似た働きを見せることがあります。
 
また、骨の内側には管状の空間があり、神経などがとおっています。この空間をつくっているのも、マクロファージの親戚にあたる破骨細胞という細胞です。
 
胎児のときにできた骨は、誕生後にどんどんつくりかえられます。このとき、破骨細胞はなかの神経が圧迫されないように骨を溶かし、成長にあった大きさの空間を確保しているのです。
 


 

胸腺

免疫細胞のエリートを選別する訓練機関

 
長い間、胸腺は無益な臓器と思われていた。その機能が解明されたのは約40年前。なんと、重要な免疫臓器であることがわかったのだ。
 

胸腺と免疫機構の確立、その関係は

 
1961年、人工的に白血病を起こりやすくしたマウスから、胸腺を摘出する実験が行なわれました。その結果、このマウスは感染症にかかりやすく、異種の赤血球に対する抗体ができなくなったり、早死にすることなどが判明。胸腺が免疫の中枢臓器であることがわかってきました。
 
胸腺は、左右二葉からなる柔らかくて白っぽい小さな臓器で、心臓の前面を覆うように位置しています。ちょうど、胸のまんなかの骨の裏側あたりです。
 
妊娠2~3か月頃に形成され、生後まもなくから脂肪が入り込み、10代前半で約35gともっとも肥大。その後だんだん小さくなり、40代で約半分。70~80代ともなると、傷跡程度になってしまいます。
 
この大きさの変化は、免疫システムの確立と関係があると考えられています。つまり、胎児の時は免疫システムを構築するために活発に活動。生まれた時には、システムをほぼ完成させるというわけです。しかし、80代になり胸腺が小さくなっても、決して消失することはなく、末梢のリンパ球が無くなるといった危機があると、いつでも働くことができます。
 

胸腺の卒業試験は超難関

 
胸腺の役目は免疫細胞を訓練することです。メッシュ状をした胸腺には、胎生期は肝臓から、成熟後には骨髄から、幹細胞というすべての血液細胞の源が流れてきます。幹細胞はやがて増殖・分裂。できあがったリンパ球が胸腺に充満します。10代の人の胸腺には約10億個のリンパ球が住み着き、活発に増殖を繰り返しています。
 
胸腺はこれらのリンパ球に対して、2つのきびしいチェックを行なうのです。ひとつは、自己を認識できるかどうか。もうひとつは、自己と強く反応しないかどうか。つまり、なんらかの敵(菌やウィルスなど)によって自己が侵害されたときにのみ、それを正しく認識し、自己に対しては決して危害を加えることのないリンパ球を選別するのです。
 
チェックをクリアするのはわずか3~4%。それ以外のリンパ球には死がプログラミングされます。このプログラムされた死を、アポトーシスといいます。
 
こうして選び抜かれたのが、胸腺=Thymusの頭文字Tをとった、T細胞です。胸腺という。”学校”を巣立ったT細胞は、血液にのってリンパ節や脾臓、扁桃腺などの免疫臓器へ移動。免疫反応の主役としての務めを果たすのです。
 
ちなみに、試験に合格していないのに、監視の目をすり抜けて胸腺からでていってしまうT細胞もあります。これを自己応答性T細胞といいます。慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの自己免疫疾患は、自己応答性T細胞が自己に対して攻撃をしかけたときに起きる疾患です。
 


 

T細胞(Tリンパ球)

陸上に存在する多くの敵に対処するためにつくられた

 
T細胞は、リンパ球の70%を占める免疫細胞だ。いろいろな免疫反応に参加し、免疫システムの主役を務めている。
 

T細胞はハーブの香りがする胸腺で育つ

 
骨髄では、すべての血液細胞のもとになる幹細胞という細胞がつくられています。この幹細胞が骨髄を巣立ち、胸腺へ流れて分裂、増殖すると、T細胞になります(胸腺に入らず、肝臓や腸で成熟するT細胞もあるといわれる)。
 
T細胞の「T」は、胸腺=thymusの頭文字。フランス料理の食材にもなる仔牛の胸腺は、タイムというハーブの香りによく似ています。そこで、胸腺がthymusと名づけられました。
 
進化の過程でみると、胸腺がはっきりしてくるのは両生類になってから。約4億年前に海から陸に上がった生物、すなわち両生類は、それまでとは比較にならないほど多くの外敵(抗原)に立ち向かう必要が生じました。そこで胸腺を発達させ、外来抗原を排除して自己を守るしくみをつくったと考えられます。それがT細胞です。T細胞はリンパ球の一種であることから、Tリンパ球とも呼ばれています。
 

敵を探索するアンテナをもっている

 
T細胞は胸腺で教育を受け、キラーT細胞、ヘルパーT細胞、サプレッサーT細胞の3タイプに機能が分かれます。1960年代まで、T細胞は1種類だと考えられていました。というのも、免疫細胞はどれも見た目がそっくりで区別しにくいのです。
 
その後、機能分化していることが判明。識別するのに便利な印はないかと探したところ、細胞表面にあるタンパク質分子が利用できることがわかりました。
 
キラー細胞の「CD8」、ヘルパーT細胞の「CD4」がその分子です。が、これらは単なる標識ではありませんでした。ウィルス感染やガン化した細胞、つまり非自己細胞を認識するために重要な役割を果たしていることがわかったのです。
 
T細胞の表面にはもうひとつ、「TCR」と呼ばれるレセプター(受容体)があります。TCRも、非自己を探索するアンテナのようなもの。T細胞がTCRを発現する場も胸腺のなかです。T細胞はCD8やCD4、そしてTCRを使って、自己と非自己を正しく見分けているのです。
 
ところで、もうひとつのリンパ球・B細胞も、幹細胞からつくられる免疫細胞です。ある幹細胞がT細胞になるか、B細胞になるかはどのように決まると思いますか。遺伝子にプログラムされている? いいえ、答えは「偶然」。たまたま胸腺に流れついたものが、T細胞になったにすぎません。胸腺でキラーT細胞に分化するか、ヘルパーやサプレッサーに分化するかも、そのときの内部環境に左右されるといいます。免疫には結構あいまいな部分もあるのです。
 


 

3つのT細胞

T細胞は殺し屋、司令官、火消し役の3人組

 
T細胞はキラー、ヘルパー、サプレッサーに機能分化している。この3つの免疫細胞の連携プレーによって、侵害された細胞は排除されるのだ。
 

キラーはヘルパーの差し入れで目覚める

 
英語のkillerを名前の由来とするキラーT細胞は、まさに殺し屋。ウィルスに感染したりガン化してしまった細胞、すなわち非自己の細胞を探し出し、抹殺する免疫細胞です。しかし、キラーT細胞は自分勝手に殺しを実行するわけではありません。ふだんは眠りながら血中を漂っていて、司令官からの命令を受けたときにはじめて行動を開始します。
 
その司令官役がヘルパーT細胞です。ヘルパーT細胞は、インターロイキンという物質を分泌。インターロイキンは、馬の尻を叩くムチのようなもの。喝を入れられて目覚めたキラーT細胞は、作用を活性化するのです。またヘルパーT細胞は、もうひとつのリンパ球であるB細胞にも物質を発射し、抗体の合成を促しています。
 
そして、キラーT細胞やヘルパーT細胞などが暴走しないように、歯止めをかけるのがサプレッサーT細胞。免疫系が過剰に反応すると、正常な自己の細胞が傷つく危険があるからです。
 

ウィルスはこうやって退治される

 
ウィルスに感染した場合を例にとり、3つのT細胞の働きをもう少し詳しく見てみましょう。
 
まず体に侵入したウィルスは、マクロファージという免疫細胞が発見。食べて処理すると同時に、処理断片を細胞の表面に提示します。
 
ヘルパーT細胞はそれに気づくと、インターロイキンを合成して、眠っているキラーT細胞に向けて発射。これを活性させます。
 
活動を開始したキラーT細胞は分裂、増殖。仲間を増やしながら、ウィルスに感染した細胞を探します。そして感染細胞を発見したら、それに結合。細胞膜に次々と穴をあけ、タンパク質分解酵素(グランザイムなど)を撃ち込んで、内部で増殖していたウィルスも、細胞そのものも殺してしまうのです。
 
感染細胞に対する一連の排除作戦が終わると、今度はサプレッサーT細胞の出番。それ以上、過剰な反応が続かないようにブレーキをかけて、免疫反応は平静な状態に戻ります。
 
ヘルパーT細胞は、マクロファージがいなければウィルスの侵入に気づきません。キラーT細胞は、ヘルパーT細胞からの指令がなければ動けません。このように、免疫細胞の一糸乱れぬチームプレーによって成り立つシステム、それが免疫です。
 
この連携を寸断してしまう病気があります。エイズです。エイズウィルスは、マクロファージとヘルパーT細胞に感染。システムが破壊されるので、免疫力が急激に低下し、感染症にかかりやすくなるのです。
 


 

ヘルパーT細胞とHLA抗原

 

ヘルパーT細胞と抗原の出会いの一幕

 
反応が起きるときには、何らかのきつかけが不可欠。ヘルパーT細胞の場合は、マクロファージの「手」を見て反応がはじまる。
 

精子が他人の体に入っていけるワケ

 
リンパ球が関わる免疫反応は、マクロファージとヘルパーT細胞の出会いがなければはじまりません。両者がコンタクトするときに重要な役割を果たすのが、HLA抗原と呼ばれるものです。
 
HLA抗原は、すべての細胞についている「私の細胞であることの印」。マクロファージを含めてほとんどの細胞には、HLA抗原がついています。この印になんの変化もなければ、ヘルパーT細胞は知らん顔で素通りします。
 
しかしウィルスや細菌などの抗原が入ってくると、マクロファージが食作用でバラバラに切断。かけらをHLA抗原にのせて、「こんなものが入ってきたよ!」とアピールします。ヘルパーT細胞がこれに気づいて、各方面(キラーT細胞やB細胞)に指令を発すると、免疫反応がはじまるわけです。
 
ひとりひとり指紋が違うように、HLA抗原という印も違います。他人の臓器を移植したときに拒絶反応が起きるのは、印の違いを免疫細胞が見逃さないからです。
 
液性の成分、たとえば血漿や粘膜、ホルモン、タンパクなどにはHLA抗原がついていません。精子が他人の体に入って拒絶されないのも、HLA抗原がついていないからです。
 
意図的にHLA抗原を隠してしまうヤツもいます。ガン細胞です。HLA抗原がなければ、ヘルパーT細胞は行動が起こせません。だからガン細胞は殺されずにどんどん増殖し、体を蝕んでいくのです。
 

個性の違いは絶滅を防ぐ手段

 
HLA抗原についてもう少し詳しく紹介しましょう。
 
HLA抗原には、クラスIとクラスIIという2種類があり、クラスIのほうはほとんどの細胞表面にあらわれています。
 
形は、螺旋状のリボンに似ています。この螺旋の巻き方が、人によって微妙に違うのです。
 
違いを決定しているのは遺伝子。HLA抗原は、父母の遺伝子から6種類ずつもらって構成されている遺伝子群なのです。各分子には複数の種類があって、その掛け合わせで各人のHLA抗原の形が決まります。だからバリエーションは数万パターン。固有性が非常に強いので、HLA抗原を検査すれば個人がほぼ特定できるのです。
 
HLA抗原がこれほど多様化したのは、約200万年前から。多様化することで個々の免疫反応に強弱をつけ、疫病や感染症による大量死ヽつまり種の絶滅の危機を防いだのではないかと考えられています。
 


 

サプレッサーT細胞

免疫反応の名ストッパー、その発見の舞台裏

 
アクセルを踏み続けたら事故が起きる。ブレーキが必要だ。T細胞のなかにもブレーキ役が存在し、免疫反応を調節している。
 

3つ目のT細胞が存在する?

 
サプレッサーT細胞の発見は、その少し前に見つかったヘルパーT細胞の働きを確認する実験のなかで実現しました。あらましはこうです。
 
生まれたばかりのラットから胸腺を取り除いた後、抗原を注射して、抗体のできかたを調べることになりました。胸腺を取れば、T細胞の数は減少します。もちろんヘルパーT細胞も少なくなるため、B細胞への指令がじゅうぶんに行なわれず、抗体の産生も低下するはずだと予想されたのです。
 
ところが結果は逆。ふつうのラットより抗体が産生されやすくなっただけでなく、産生能が落ちるはずの時期になっても分泌が止まらない。ブレーキがきかない状態になったのです。
 
そこで他のラットのT細胞を注射したところ、抗体の産生能が低下してきたのです。このことから、T細胞のなかにはキラーでもヘルパーでもない、抑制作用をもつ別の細胞が存在することが判明。それがサプレッサーT細胞です。ちなみにこの実験を行なったのは、多田富雄・現東大名誉教授と千葉大大学院時代の奥村康先生らのグループです。
 

ときにはリンパ球を殺すことも

 
サプレッサーT細胞の詳細が解明されはじめたのは、1970年代の後半以降。単にB細胞に作用して抗体の産生を抑えるだけではなく、他にもさまざまなテクニックをもつことがわかってきたのです。
 
サプレッサーT細胞は、場合によってはヘルパーT細胞にも作用を及ぼします。つまりヘルパーT細胞の活性を下げることによって、ヘルパーT細胞からB細胞への指令を抑制。結果的に、抗体の産生能を低下させるわけです。
 
またサプレッサーT細胞は、抗原がなんどもなんども侵入して強い免疫反応が起きると、登場してくるのではないかと考えられます。こうして出現したサプレッサーT細胞は、余計なヘルパーT細胞やB細胞にブレーキをかけたり、ときには殺傷したりして、免疫の過剰反応を抑えているようです。
 
さらに近年、新たな作用が明らかにされつつあります。サプレッサーT細胞は活性する前の眠っているリンパ球には手出しをせず、抗原の侵入などで活発になったリンパ球だけを狙って殺傷するという働きがあることがわかりました。
 
免疫系が自分の組織を破壊する病気、すなわち自己免疫疾患のなかには、このようなサプレッサーT細胞の働きが阻害された結果、起きるものが多いと考えられています。実際に、体内で産生されるサプレッサーT細胞の阻害物質についての研究が進行中です。
 


 

B細胞(Bリンパ球)

抗体というミサイルを製造し敵を迎撃する

 
血液中に約2兆個存在するリンパ球のうち、20~30%はB細胞が占めている。抗体をつくり、敵(ウィルスなど)に向けて発射するのが役目だ。
 

生まれは骨髄、育ちはファブリキウス嚢

 
リンパ球の2大横綱といえば、T細胞とB細胞。この2つは、顕微鏡でどれだけ眺めても見分けがつきません。そのルーツも同じ。骨髄でつくられた幹細胞が、骨髄をでて胸腺に流れていけばT細胞に。骨髄でそのまま成熟すればB細胞になり、体の各部分に配置されて、免疫システムの重要な役割を担うわけです。
 
B細胞の存在を確認したのは、免疫学者ではなく、ホルモンの研究者です。彼は、生まれたばかりのニワトリに男性ホルモンを投与。すると、肛門近くにできるはずの袋状の臓器がつくられず、血清中に抗体があらわれないことを発見したのです。
 
この袋状の臓器がファブリキウス嚢と呼ばれるもので、ニワトリの場合、骨髄から流れてきた幹細胞はここで増殖・分化し、B細胞になるのです。ファブリキウス嚢は英語でBursa Fabricii。この頭文字をとって、B細胞と呼ばれるようになりました。人間などの哺乳動物にはファブリキウス嚢がなく、今のところそれに相当する臓器も見つかっていません。
 

約7割は消化管で敵を監視している

 
T細胞とB細胞は見た目はそっくりですが、もちろん役目はまったく違います。T細胞はおもに、ウィルスなどに感染した細胞を見つけて排除します。それに対して、B細胞は抗体という液性の物質をつくり、異物に向かって発射し、殺すのが務めです。
 
たとえば、水疱瘡のウィルスが体内に入ってきたとします。ウィルスはリンパ液の流れにのって、B細胞のいるリンパ節に入ります。B細胞表面には、アンテナ役の抗体分子が並んでいて、それとウィルスが結合。ウィルスは細胞内に取り込まれ、こなごなになった断片がB細胞表面に提示されます。
 
ヘルパーT細胞がこの断片に気づくと、インターロイキンという刺激物質をB細胞に向けて発射。これが合図となり、B細胞は細胞分裂しながら抗体が合成できるように性質を変化します。これが「プラズマ細胞(抗体産生細胞)」です。プラズマ細胞は大量の抗体を合成して、標的のウィルスに向かって抗体を発射し、殺傷します。抗体はミサイルのようなもの。B細胞はミサイルの製造所兼発射装置と思えばいいでしょう。
 
水疱瘡ウィルスに対してつくられた抗体は、おたふくカゼのウィルスには無効。それ専用につくられるからこそ、効き目が高いわけです。
 
血液中に4000~6000万個存在するB細胞のうち、約70%は消化管の壁に配備されています。食物の通り道となる消化管は外界と同じ。ウィルスや細菌の侵入が日常茶飯事に行なわれる危険地帯なので、たくさんのB細胞が監視しているのです。
 


 

リンパ球の守備範囲

T細胞とB細胞では相手にする敵が違う

 
どんな敵が侵入してきたかによって、免疫系は巧みに免疫細胞を使い分けている。その使い分けの基準はいったいなに?
 

細菌とウイルス、どこが違う?

 
みずから異物を攻撃するT細胞。抗体というミサイルで異物を迎撃するB細胞。リンパ球の2大横綱は敵との戦い方が違います。そればかりでなく、どのような敵を相手にするかという守備範囲の点でも大きな違いがあります。
 
T細胞がターゲッ卜にするのは、自己により近い異物。それに対してB細胞の標的は、自己とは遺伝的に遠い異物です。
 
たとえば、私たちの体にとっての代表的な外敵に、ウィルスと細菌があります。混同しがちですが、この2つは大きく違います。そしてT細胞とB細胞の分担も違います。
 
まず、ウィルスは細胞構造をもたないので、他の細胞に寄生しなければ増殖できません。タンパク合成やエネルギー産生なども、すべて宿主の細胞に依存。つまり、すねかじりなのです。一方の細菌は細胞をもち、分裂して増殖。エネルギー産生やタンパク合成も独力で行なうことができます。自立した一人前です。
 
ウィルスは体内に侵入すると、私たちの細胞(自己)に寄生します。つまり自己により近い異物なので、T細胞の守備範囲。それに対して、細菌は私たち人間と遺伝的に遠い異物。だからB細胞の守備範囲となるわけです。
 

ガン細胞を攻撃するのはどつち?

 
臓器移植は、相手が一卵性双生児でないかぎり、大なり小なり拒絶反応が発生します。このような場合の拒絶反応で主役を演じるのは。B細胞でしょうか。それともT細胞でしょうか? 答えはT細胞。他人の臓器は異物ですが、移植を受ける側も提供する側も同じ人間。遺伝的に近い関係だからです。
 
最近の研究では、20~30代の人でも一日約3000個の細胞がガン化するといわれています。それでもすぐにガンを発症しないのは、発生したガン細胞を免疫系が抹殺しているからです。ガン細胞ももとは正常な自己の細胞。だから、ガン細胞の攻撃を担当するのはT細胞ということになります。ウィルスに感染して非自己となった細胞も、T細胞の受け持ち範囲です。
 
T細胞とB細胞の守備範囲を、ドーナツ型をイメージして表してみましょう。中心部が自己。ドーナツの縁にいくほど、自己とは遠い非自己だとします。そうすると、自己に近い部分はおもにT細胞の守備範囲で、B細胞はほとんど関与していないことがわかります。逆に、自己から遠く離れた異物を担当するのはおもにB細胞。T細胞はほとんど関わりません。
 
T細胞とB細胞は、互いの守備範囲を大きく侵害しないようにしているようです。
 


 

NK細胞

生まれながらの殺し屋はガン細胞もいきなり殺す

 
1975年、日本、アメリカ、スウェーデンなどの研究者がほぼ同時期に、ガン細胞を殺す働きをもつ免疫細胞を発見した。それがNK細胞だ。
 

新しいリンパ球が見つかった!? 

 
20数年前まで、リンパ球にはT細胞とB細胞の2種類しかないと考えられていました。そして、リンパ球は免疫されたもの、すなわち一度抗原として認識したものだけに反応するのだと信じられていたのです。
 
あるとき、胸腺をもたないマウスからリンパ球をとりだし、ガン細胞と混ぜ合わせる実験が行なわれました。マウスには胸腺がないので、T細胞もありません。殺傷性のあるT細胞が欠けているのだから、ガン細胞はどんどん増殖するはず---という予想に反して、ガン細胞はリンパ球によって殺されたのです。
 
この実験によって、リンパ球のなかにはT細胞やB細胞とは異なる働きをする細胞があること、しかもその細胞は生まれながら(Natural)の殺傷力(Killer)を備えているので、とつぜん出会った抗原も殺せることがわかったのです。これが第3のリンパ球であるナチュラルキラー細胞、すなわちNK細胞でした。
 
当初は、「T細胞かB細胞に備わる別の働きなのでは?」「そもそも実験が間違っていたのだろう」などといわれましたが、今ではリンパ球に属する細胞の一群として、確固たる地位を確立しています。
 
ちなみに、T細胞でもB細胞でもないリンパ球を「ヌル細胞」と総称して呼んでいます。NK細胞はヌル細胞の一種ですが、近年、NK細胞とはまた違う細胞があることもわかってきました。NKT細胞です。
 

リラックスしたときに殺傷力がアップ

 
NK細胞の数は加齢とともに増加します。20~30歳の健康な人の場合、末梢血液中のリンパ球に占めるNK細胞の割合は約10~15%。それが50~60歳になると、約20%程度に上昇します。
 
では、質は? NK細胞の活性(殺傷能力)は年齢の影響を強く受けることが、人間でもマウスでも確認されています。若い頃の活性はとても高いのですが、中年になる頃からは低下する一方。
 
自律神経にも影響されています。リラックスして副交感神経が優位に慟きはじめると、殺傷能力は高まります。逆に、ストレスを受けて交感神経が優位になると、NK細胞の数は増加。しかし活性は激減するのです。役立たずの兵士がゴロゴロいるのと同じで、使いものになりません。
 
若くて健康な人でも、試算の上では、正常細胞が一日約3000個ずつガン化していくといわれています。NK活性が高いうちはまだしも、50代以降でストレス過多を自覚する人は要注意。NK細胞の機能を高める努力が必要です。なにしろマウスの場合、老いの行き着く先はほとんどがガンなのですから。 
 

NK細胞の3つの特徴

 

①HLA抗原を失った細胞を攻撃する

”私の細胞”であることを示す印、HLA抗原を失った細胞を攻撃、殺傷する(ガン細胞の一部はHLA抗原がない)。ガン細胞でも、HLA抗原のあるものはT細胞が担当する
 

②血液中に二定数が存在している

NK細胞は全身に約50億個存在し、ガン細胞がないかどうかパトロールをしている。それに対して、T細胞やB細胞は抗原の刺激を受けてはじめて、血液中に増加する
 

③抗体を介して抗原も殺傷できる

ガン化したり非自己化した細胞だけでなく、抗原の排除にも活躍している。抗体が結合した抗原に反応し、細胞内のパーフォリン、グランザイムなどのタンパク質分解酵素を抗原に打ち込み、死滅させる
 


 

樹状細胞

ここ10年で解明された抗原提示のエキスパート

 
その昔は、皮膚に存在する細胞の一種だと思われていた。ところが、T細胞が活動をはじめるのに不可欠な存在であることがわかってきた。
 

平時は見張り番。異常が起きると…

 
樹状細胞は長い突起をもつ、ヒトデのような形をした免疫細胞です。
 
皮膚の層には、細菌や刺激物を処理するラングルハンス細胞という樹状細胞の仲間が存在します。以前は、「ラングルハンス細胞=樹状細胞」だと思われていましたが、その正体が明らかにされはじめたのは90年代のこと。リンパ節に多く存在し、脾臓や肝臓などの各臓器、末梢血にもあって、免疫反応で重要な役割を演じていることが判明。現在では、多くの研究者が注目する細胞のひとつです。
 
樹状細胞は、抗原を提示してT細胞を刺激するエキスパート。効率よくT細胞の作用を導き出すといわれています。そこに至るまでにはいくつかの段階を経なければいけないので、順を追って説明しましょう。
 

  1. 樹状細胞は、骨髄のなかで幹細胞から分化。自己複製をしながら、前駆細胞をつくりだします。
  2. 前駆細胞は骨髄を離れ、血液にまじって全身の臓器に流れていきます。
  3. 各臓器に到着した樹状細胞は、「見張り番期」と呼ばれる段階になります。見張り番期の樹状細胞は、異物が侵入すると貪食。いよいよ戦闘の開始です。
  4. 各臓器に分布するマクロファージが同じように異物を貪食し、TNFというサイトカインを放出。樹状細胞のレセプターにTNFが結合すると、臓器を離れ、リンパ節に向かって移動をはじめます。
  5. 移動のあいだに、細胞表面にMHCクラスII抗原を発現します。リンパ節に到着すると、MHC抗原の上にのせた異物断片をヘルパーT細胞に提示。活性化させて、異物排除を誘導します。この段階を「抗原提示期」といいます。

 

胸腺ではT細胞の試験を担当する

 
抗原断片をMHC抗原にのせて、T細胞に提示する役割をもつ細胞を「抗原提示細胞」といいます。樹状細胞、マクロファージ、抗原と出会って活性化したB細胞、この3つが抗原提示の専門家。なかでも樹状細胞の力は抜群で、少数でも強力な反応を起こすことができます。そのため、あらゆる免疫反応の要として機能するのではないか、と考えられはじめました。
 
樹状細胞はもうひとつ、おもしろい役目をもつことがわかってきました。生まれたばかりのT細胞は胸腺で教育されますが、その際の試験官をしているのです。
 
T細胞が受ける試験は、「非自己に反応できるかどうか」と「自己に反応しないでいられるか」の2つ。前者を「正の選択」、後者を「負の選択」と呼びます。
 
樹状細胞は「負の選択」の担当教官です。つまり、樹状細胞がMHC抗原にのせた自己抗原(自己の組織や細胞)には反応せず、胸腺内皮細胞がかかげる非自己抗原を認識し、反応するT細胞だけが合格。免疫の最前線へとでていくわけです。
 
樹状細胞の本格的な研究がはじまってまだ10年。今後も新しい発見があるかもしれません。
 

樹状細胞の働きとは?

 
●胸腺で丁細胞を試験する
●T細胞を効率よく働かせる
●リンパ節と各臓器の間を動きまわって伝令的な役割をする
 


 

サイトカイン

細胞同士の情報交換で免疫反応が高まる

 
郵便、電話、Eメール……人間界の情報ツールはさまざま。免疫界でも、機能が異なる数々の伝達アイテムを駆使し情報交換が行なわれている。
 

互いに剌激しあい反応が連鎖する

 
細胞同士は、サイトカインと総称される物質を使って情報のやりとりをしています。たとえば、インフルエンザウィルスが侵入したとしましょう。マクロファージは、ウィルスを食べて処理しようとします。が、それだけでは太刀打ちできないので、インターロイキン1(IL-1)という物質を産生。これがヘルパーT細胞に働き、ヘルパーT細胞が活性します。
 
一方のヘルパーT細胞は、マクロファージが細胞表面に提示したウィルスの断片を認識すると、γインターフェロンをつくります。これは、マクロファージの作用をさらに活性化する物質です。この場合のIL-1やγインターフェロンがサイトカインの一種。他に、リンパ球やマクロファージがつくる「TNF(腫瘍壊死因子)」、単球やマクロファージがつくる「モノカイン」など、40以上の種類があります。
 
サイトカインは、抗原を発見したり他の細胞からの刺激を受けるなど、何かのきっかけで急速に合成。放出されます。そしてそのサイトカインにあった受容体をもつ細胞が受け取り、刺激によってサイトカインを合成し放出する、という具合に反応が連鎖します。
 

ガン細胞を壊すサイトカインもある

 
カゼをひいたときに熱がでるのは、IL-1の作用です。IL-1はT細胞を活性すると同時に、脳の視床下部にある発熱中枢を刺激し、熱をだすのです。オリンピックの100m走で、スタートの合図を待つランナーたちの体内では、IL-1が大量に産生されるとか。IL-1は、極度の興奮状態になったときにもつくられるといいます。
 
このようにサイトカインの働きはとても多様です。ひとつのサイトカインが数種類の働きをすることもあれば(作用の多様性)、数種のサイトカインがひとつの細胞に同じ作用を及ばすこともあり(作用の重複性)、標的細胞によって作用をかえることもあります。
 
さらに、細胞を増殖させたり作用を活性化するものもあれば、逆に抑制させるものや、炎症を起こすものもあります。つまり、よい作用だけでなく、悪さもするのです。たとえば、インターロイキンは現在までに18種類が見つかっていますが、研究者も戸惑うほど変幻自在の働きをするのがIL-6です。B細胞に抗体を産生させる、血小板をつくって出血を止めるなどの作用の他、リウマチ、炎症や発熱、エイズ発病後に頻発するカポジ肉腫の発生などにも関与することがわかってきました。
 
IL-2やインターフェロンなど、ガン細胞の破壊に関与するサイトカインは、ガン免疫療法に用いられています。
 

インターロイキン6の多様な働き

  1. 「B細胞に抗体をつくらせる。発熱・炎症を起こす」
  2. 「リウマチを起こす。肝細胞を刺激する」
  3. 「血小板をつくる。骨を吸収する」
  4. 「悪液質に影響を及ぼす(悪液質とは、体重が減ったり頬が痩せこけたりする症状。重い病気で死期が近づいたときによく見られる)」
  5. 「ハイブリドーマ(融合細胞)を成長させる」
  6. 「カポジ肉腫の発生にかかわる」など

 

末期がん克服への懸け橋区切り線
 

老化と免疫

私たちの免疫は300歳まで働き続けることができる

 
年とともに襲ってぐる容姿の衰え、体力の低下は気になるもの。しかし体を守る免疫機能は、それほど加齢の影響を受けずに頑張っている。
 

胎児のときの免疫細胞が今、体内に?

 
程度の差はあれ、だれでも年をとれば皺が増え、髪が白くなり、体の衰えを感じるようになります。では、体のなかで、加齢による変化がもっとも大きい臓器はどこでしょう?
 
答えは胸腺。T細胞という免疫細胞を血中に送り出している臓器です。
 
胸腺は、青年期をピークに縮小をはじめます。40代で大部分は脂肪化し、細胞の数は10分の1程度まで減少。70~80歳ともなると、1グラム程度の小さな脂肪のかたまりのようになってしまいます。
 
とはいっても、胸腺がT細胞を訓練して送り出すのは、お母さんのおなかにいる頃。妊娠2~3か月頃です。乱暴な話ですが、生まれた後に胸腺をとっても、免疫系に大きな影響はみられません。つまり、今私たちの体内を巡っているT細胞は、胎児のときにつくられて、その後分裂したもの。なかには20~30年生き続けるT細胞もあるので、胎児の頃にできたT細胞をまだもっている人もいるかもしれません。
 

衰えるのはガン細胞に対する免疫だ

 
というわけで、胸腺が年齢の影響を受けても、同じようにT細胞が影響されるわけではありません。実際に、1歳から100歳までの人を集めて調べたところ、T細胞やB細胞のリンパ球の働きにはほとんど年齢差がなく、加齢の影響を受けにくいことがわかりました。
 
その理由のひとっとして考えられるのは、免疫系に記憶があるからです。子どもの頃にハシカにかかれば、記憶をもったリンパ球が保存され、次に同じウィルスが侵入したときに備えます。脳の記憶機能は年とともに衰え、今朝なにを食べたかさえ忘れてしまうことがあります。が、リンパ球の記憶機能は衰えません。計算上、人間の免疫系は300年程度は働き続けてくれるはずです。
 
しかし残念ながら、年齢の影響を強く受ける免疫細胞もあります。それはNK細胞です。この細胞は生体防御の前線にいて、細胞がウィルスに感染すると真つ先に発見して破壊し、感染の拡大を食い止めたり、ガン細胞を出会い頭に破壊するパワーをもっています。この力が加齢とともに弱ってくるのです。70歳と20歳のNK細胞の活性を比べると、明らかに70歳のほうが低下していることがわかります。
 
高齢になるほどガンの発生率が高くなるのは、NK細胞の衰えと関連しているのかもしれません。年齢とともに低下するガン免疫をいかに活性化するか。これは一般の人だけでなく、免疫学者も大いに気になるところなのです。
 


 

放射線と免疫

放射線で傷つけられるのは免疫の機能だった

 
45年8月、広島に投下された原爆で被曝した人は約35万人。年末までに約14万人が死亡したと推定される。放射線は人体にどんな影響を及ぼすのか。
 

狂った設計図の免疫細胞かつくられる

 
広島の原爆投下から約2か月間に死亡した人たちのおもな死因は、敗血症。つまり感染症だったといわれています。私たちの体のなかで、放射能にもっとも弱いのは免疫系なのです。
 
放射線は、細胞の遺伝子(DNA)を傷つけます。遺伝子は設計図のようなもの。この設計図をコピーしながら、新しい細胞かつくられます。通常、遺伝子は核の奥深くに潜んでいますが、細胞分裂をするときに一瞬、無防備な状態になります。そこに放射線があたると、遺伝子が傷つくのです。たとえば遺伝子の傷が修復される際に、一部が欠けたままになったり、間違ってほかの遺伝子と結合したら? 正しい設計図の細胞はつくれなくなってしまいます。
 
筋肉や神経などは分裂しないので放射能の影響を受けませんが、免疫細胞は分裂がとても盛ん。私たちの体内で一日に生まれかわるT細胞やB細胞は、なんと約100億個。それだけに、放射線による障害を受けやすいのです。
 

低量浴びただけでバランスは崩れる

 
骨髄のなかには、免疫細胞や血液細胞のもとになる「造血幹細胞」があります。T細胞もB細胞もマクロファージも、赤血球も血小板も、すべて造血幹細胞が分化してできたもの。放射線を1シーベルト以上浴びると造血幹細胞は傷害を受け、出血、血液細胞の減少などさまざまな急性症状があらわれます。
 
照射量が多くなれば、当然ダメージは大。新しい免疫細胞が供給できなくなり、免疫系がなくなってしまいます。だから、体内に侵入する細菌やウィルスなどを排除できなくなり、感染症で死んでしまうわけです。
 
動物実験によれば、致死量の放射線を当てると、免疫系ではまず胸腺がダメージを受け、胸腺内にあるT細胞の遺伝子がズタズタに切断されて死滅。そのうちB細胞もマクロファージもつくれなくなり、死に至ります。ちなみに、人間にとっての致死量は7シーベルト。99年9月、茨城県東海村で起きた臨界事故で死亡した2人の作業員が浴びた放射線量は、6~20シーベルトだったといわれています。
 
照射量が致死量まで達していない場合は、数か月で造血機能が回復し、被曝前のレベルに戻りますが、異物を発見して排除する免疫システムの実働隊ともいえるT細胞は、機能が低下。抗体を産生するB細胞は逆に増加。バランスが崩れてしまいます。なぜこのような状態が起こるのかは、まだわかりません。
 
ある調査によれば、広島では50年頃に白血病が多発。60年頃からは各種のガンが増えはじめ、今でも赤血球には変異細胞が多く見つかるといいます。
 


 

ストレスと免疫

免疫の要・リンパ球はストレスや夜更かしが苦手

 
不況、リストラ、人間関係、家庭の問題・・・私たちの周りにはストレスの素がいっぱい。じつはストレスが免疫に大きな影響を与えているのだ。
 

白血球はリラックスすると元気になる

 
私たちの体の臓器や細胞は、自律神経系の交感神経と副交感神経の刺激を受けて動いています。たとえば血管は、交感神経の支配下では収縮し、副交感神経の支配下にあるときは拡張します。これによって血液を循環させているわけです。心臓のポンプ運動も呼吸も、腸の蠕動運度も同じ。では、免疫を担っている白血球はどうなのでしょう。
 
近年、重要な免疫臓器である胸腺やリンパ節などにも、自律神経の末端が届いていることが判明。顆粒球やリンパ球などの白血球も、自律神経系の刺激を受けていることがわかってきました。
 
具体的にいうと、侵入した細菌、死んだ細胞などを食べて処理する顆粒球は、交感神経の支配下に。ウィルスや細菌、感染細胞を退治する免疫の要・リンパ球は、副交感神経の支配下にあるのです。
 
交感神経が優位に働いているのは、おもにストレス下や緊張状態にあるとき。一方、副交感神経が優位なときは、リラックスして気分が落ち着いています。
 
それなら、顆粒球を働かせるためにストレスを感じたほうがいい? NO! 顆粒球は細菌などを処理した後に、酸素の悪玉といわれる活性酸素を大量に発生。その結果、まわりの細胞や組織を広範囲に傷つけてしまうのです。またストレスを受けて顆粒球が増加すると、相対的にリンパ球が減るので、感染防御力が落ちてしまいます。
 

ストレス時のホルモンがリンパ球を壊す

 
ストレスは脳の視床下部という部分を刺激します。すると、脳からの信号が腎臓のそばにある副腎という臓器に送られ、ホルモンが分泌されます。これがステロイドホルモンです。ステロイドホルモンにはさまざまな作用がありますが、免疫に関する作用で重要なものを列挙してみましょう。
 

  1. 胸腺を萎縮させ、リンパ球(T細胞)の成熟を妨げる
  2. 大量に分泌されると、末梢血中のリンパ球(T細胞)を破壊する
  3. 免疫反応を全体的に抑制する

 
このようにストレスは、あらゆる方向から免疫細胞の機能を低下させていることがわかります。
 
ちなみに、体内時計(サーカディアンリズム)の狂いも免疫に大きく影響します。ある実験で、昼夜逆転した生活をする人と、通常の生活をする人の白血球数を比較したところ、不規則な生活の人は顆粒球が増加し、リンパ球が激減していることがわかったのです。
 
早起きして、昼間は楽しく働いて、夜はちょこっとビールを飲んでぐっすり眠る---これが免疫機能を高める理想の生活かもしれません。