末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | 医療機関向け免疫賦活物質(免疫療法)資料室 | 末期ガン治療で免疫力や自然治癒力を高める武器たち

免疫力・自然治癒力・生命力を高める武器たち

末期癌克服への架け橋区切り線

父の末期癌を消滅させるために

 
余命3か月と宣告された父は、そのまま病院での癌治療のみだと手術で「声」と「舌」を失うことになり、さらにそれだけの後遺症や生活の質(QOL)を落とすことを覚悟して手術に挑んでも、5年生存率は限りなくゼロに近く、病院での癌治療(西洋医学)だけでは延命しか出来ない状況でした。
 
そこで我が家では、病院での癌治療だけに頼らずに父の末期癌を独自に治す事も積極的に取り入れる道を選びました。父の末期癌を治すために私が最重要視したキーワードは「癌が棲み難い身体に戻す!」であり、それを実現するには「免疫力を高めること」と「身体を根本から元気にする」の2つを満たす必要がありました。
 
ここでは私がいろいろと調べて、父の末期癌克服に絶対必要だと感じて、実際に父が癌治療に取り入れて実践使用したものです。
 
そしてさらにその後の研究開発により誕生した、実際に末期癌治療で成果を挙げている最新の素晴らしい武器を追加して、ここにご参考までに掲載しておきます。これからも科学的根拠があり「これは!」という武器が見つかりましたら、ここに追加して掲載したいと思います。ドクターや機能性素材メーカーさんからの科学的根拠のある情報も受付中です!
 

①獲得免疫(NK細胞)活性化物質
 医療機関向けArabinoxylane for Medical Doctors(A.M.D)
免疫力や自然治癒力を高める事が健康に生きていくためには絶対に必要不可欠な事だと学び、アメリカ・カリフォルニア州立大学UCLA医学部留学中の親友のサポートにより出会えた癌治療用として研究中だった「医療機関向け免疫賦活物質A.M.D」。この免疫賦活物質は獲得免疫と呼ばれる白血球内の「NK細胞の活性」を強烈に行う機能を持った特殊な物質。私の父が「末期癌になった」という事は、間違いなく免疫細胞の活性度は低く、早急にNK細胞の活性化が必要との判断で取り入れた。父の末期癌治療で実際に使用し、さらに私の同級生(悪性リンパ腫・再発)や私にメールを下さって父と同じように末期癌治療にこの免疫賦活物質を取り入れられた方々の多くが完治や改善に向かった事実から、末期癌克服には免疫力強化が大きな「鍵」だと思われる。最新のA.M.D.は父の闘病時よりも幾度と改良が重ねられ、非常に高いレベルへ免疫力活性を高めてくれて、さらに末期癌治療で多くの成果を挙げているとの事。取扱い病医院もしくは正規特別代理店より入手。

獲得免疫賦活物質
(NK細胞活性)
A.M.D

 
②自然免疫(マクロファージ)活性化物質・HQ-LPS(医療機関向)
人は自然免疫と獲得免疫の2つの免疫システムを持っているが、こちらは自然免疫であるマクロファージ(貪食細胞)の活性化物質。こちらも現在のところ主に医療機関向けに製造されているとの事。臨床医が長年研究を重ねて開発され、近年大阪のクリニックと台湾の多数のドクターを中心に末期癌患者に実践使用し、完治や改善の好成績を多数出している自然免疫賦活物質HQ-LPS。マクロファージは体内に入ってきたほこりや菌、ウイルス、そして癌細胞まで食べ尽くす。その異物の情報をマクロファージは獲得免疫細胞のT細胞やB細胞に伝えて総攻撃をかける。末期癌治療においてマクロファージの活性化も必須と思われる。父が闘病中には存在していなかったが、現在末期がん治療に非常に有効だと思われるので参考として紹介。取扱いドクターによる処方または正規特別代理店より入手。

自然免疫賦活物質
(マクロファージ活性)
HQ-LPS

 
③医療補助用植物発酵酵素
医家向けとして製造されている植物発酵酵素。5年以上発酵され低分子化されている特別品。5年以上の発酵期間を経て製造されているため、発酵による栄養価が非常に高く、腸の働きが鈍っている末期がん患者でもスムースに吸収出来ると言われている。人間のベースは「腸」と言われているくらい健康には「腸」が大切だが、癌患者の多くがその「腸」の健康状態が悪いと言われている。私の父もずっと胃腸系が弱かった。末期がんとなってしまった父には「腸」の正常化と活性化は絶対に必要だと判断。また、好き嫌いなどの偏食、加工食品の氾濫や野菜の栄養価低下などにより栄養バランスを保ちつつ適正な栄養を摂取することが困難な時代なため、バランスの取れた栄養を補給するためにも役立つ。活性酸素の除去能や免疫力を高める作用もある。父はかなり好き嫌いが激しく、さらに少食だったため、食養生的にこの植物発酵酵素が必須との判断をして取り入れた。正規代理店より入手。

医療補助用
植物発酵酵素
学術論文データ

 
④超自然活水器
人の体の70%は「水」。良い水の摂取は健康を維持するために必要であり、末期がんの父にはなおさら必須。父の抗がん剤治療時には役目を終えた抗がん剤を一刻も早く体外へ排出させて、新たな癌発生の原因や副作用の原因ともなる活性酸素の発生を抑制するためにこの水を多量に摂取させた。1日1.5~2リットル。この活水器の水は太古の水と同等の「蘇生型構造水」を生み出す。「水」は鉄などの金属と同じように「情報の記憶」ができ、生きた水は「パワー」を持っている。活水器内に入っている特殊なセラミックボールに水が触れることより「太古の水」と同じ振動数が水に転写され、非常にパワーを持った「太古の水」に生まれ変わる。この活水器は地層と同じろ過方式で、ろ過された水は残留塩素「0」。水道水に含まれる塩素は腸内の善玉菌まで殺し、腸内環境を破壊する。また、塩素を含んだ水道水は発がん物質「トリハロメタン」を発生させるため残留塩素を完全に除去することは非常に重要。電気やカートリッジ交換不要で経済的な活水器。一般的な家庭であれば定期的な逆流洗浄で10~20年以上使える計算。通常の浄水器は温水が使えないが、この活水器は特殊な活性炭を使用しているため60℃程度までの温水が通せる。当時の製品名「超自然活水器・潤」。現在の後継製品は「ピュアクォーレ」「キ・ア・ラ」。定価30~35万円程度。製造元「ACEインターナショナル」。
 
⑤ミトコンドリアパワー水
ミトコンドリアは人間の体の約60兆個ある細胞一つひとつに存在し、エネルギー(ATP)産生や活性酸素生成に関わり、それを介し「分化や増殖」を制御している可能性が高いとされている。また、自己再生に関わる分泌因子・サイトカイン等の分泌に関わっていると言われている。MAC(ミトコンドリア活性組成物・Mitochondria Activating Component)と名付けられた、ミトコンドリア活性を促進するという臨床結果を有するメディカルガスを溶け込ませたこの水は、ミトコンドリアを活性し、広義の細胞増殖因子、自己再生促進物質としての機能が推測される。iPS細胞を始めとして、ES細胞、線維芽細胞などの分裂を強く促進し、免疫細胞(B細胞、T細胞、NK細胞)の増加も実験で確認されている。この水は体が本来の機能を取り戻すことを目的とする、自己再生医療に有効である事が伺える注目の水。現在、母の健康維持目的で服用中。製品名「ミトコンドリアパワー」、製造元「アクアゼスト社」。 現在工場移転中のため入手不可(2018年2月現在)。

⑥若返りアミノ酸サプリ
アミノ酸による若返りサプリ。アミノ酸パワーでヒト成長ホルモン分泌を促す製品。老化は自然の摂理で避けようがない。老化により免疫力が低下する事も避けようがなく、一定の免疫力以下になる60代以降が癌年齢であるのはそのため。若返りサプリが末期癌治療に直接作用する事はないが、若返りは免疫細胞活性化の幅や高さを広げる可能性はある。父は末期癌完治後、若返りアミノ酸サプリを服用。当時の製品名「HGHZアルファ」。後継製品「HGHZリアージュ」。製造元「アウトバーン㈱」
 
⑦米国製マルチビタミン剤
UCLA医学部留学中の親友が、退院した父のために定期的に送ってくれたマルチビタミン剤。アメリカではドクターが健康維持のために薦めているNo1マルチビタミン剤。シルバー年齢向け処方のものを父は服用。1日1錠で煩わしさはない。ただアメリカ製品のため、錠剤がかなり大きい。適切な食事と併せて服用。製品名「Centrumマルチビタミン~シルバー」。アメリカより輸入。

LinkIcon

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
末期癌完治の奇跡区切り線
<父の末期癌克服に役立った武器資料室メニュー>