末期がんを僅か4か月で完治させた父の実体験をもとに・・・
末期癌克服への架け橋タイトル画像

はじめに

余命3か月の末期癌と宣告されても決して諦めない

末期癌と真っ向から闘った父の記録

正しく闘えば癌は治らない病気ではない 

 
希望と勇気をもって「末期癌克服への架け橋」

末期癌克服への架け橋

このホームページは、私の父がある日突然「中咽頭がん(末期)+舌がん(末期)+リンパ節数カ所へ転移 +余命3-6か月」と宣告され、約4ヶ月間で末期がんを克服した経験をもとに内容を記してあります。

 
私たち家族は不安と恐怖のどん底へ突き落とされた状況の中で、父のために家族皆のために必死に勉強をして、癌と闘うために集めたたくさんの情報から必要なものだけを選択しながら、私たち家族が歩んだひとつの道がここにあります。その時はその道が正しいのかどうか分からないままに、でもその道を進むしかない・進むべきだと信じて、家族全員が一丸となってその道を突き進みました。どんな結果になろうと絶対に後悔だけはしないようにと、全員覚悟を持って、全力で一日一日を大切にしました。
 
そんな闘病のすべてを記録したホームページです。
 
私たち家族が進んだ道は、父にとっては結果的に正しい道だったんだと思います。父は入院から約4か月ほどで癌が完全に消えてしまい、主治医も予想していなかった奇跡的な結果を父は掴み取る事が出来ました。私たち家族が進んだ道や集めた情報をここに可能な限り書き留めてありますので、現在、そしてこれから末期癌と闘わなければならない患者さんやそのご家族様のご参考になればと願うばかりです・・・。
 
末期癌でも諦めなければ治る可能性はゼロではありません。一人でも多くの方が希望と勇気と知識を持たれて末期癌と正しく闘い、完治される事を願っています。
 

癌を消滅させるにはどのようにすれば良いのか?

 
医学素人の私たち家族には、どうすれば癌を治せるのかなんて全く何も分かりませんでした。主治医からの病状説明ですら100%理解する事は出来ませんでしたから。治療方針の説明に入ると聞き慣れない薬の名前や検査方法、検査機器名などが出てきて、ただただ圧倒されるだけでした。
 
しかしこれが私たち家族にとっては最初の安心にはなりました。最新鋭の設備のある大きくてきれいな大学病院で、そこで働く医師は最高の技術と知識を持っているはずだと勝手に信じれましたので。根拠なんて何もありませんが家族全員「絶対にこの大学病院の先生が治して下さる!」そう信じていました。まるで神頼みな状況でした。
 
でも、だからと言って全てを病院に任せていて絶対に大丈夫なのか?医師も同じ人間なので、間違いもあればミスもあるだろうという不安もありました。あとで後悔しないためには、せめて医師と対等に話しが出来るようになって、父の状況を正しくつかめるようにならないといけない!とも思いました。父の状況がどうなっているのかつかめなければ、家族としても正しい対応を取れなくなりますので。病院だけを信じていたのに、あとで匙を投げられて裏切られるパターンはよくある話だと聞いていましたし。
 
そんな不安から私は、いろいろな書籍を図書館で借りてきて読み漁る毎日を始めることとなりました。
 
私なりに色々書籍を読んでは書いてあった情報をさらに調べて考える、そんな繰り返しの毎日でした。書籍でも、中には古い情報や間違った情報、筆者の偏った情報などもあるので、自分なりに納得が出来る情報と正しい情報だけを選び、書き留めるようにしました。気が付けば1週間ほどで大学ノート10冊程度にもなりました。
 
この勉強の時間が私にあった事が、後々色々な意味で正しい道へ進むきっかけとなったように思います。私にとっては無駄な時間では勿論なかったと思いますが、しかし現在末期癌と闘っておられる方々、これから末期癌と闘われる方々が時間のない中で私と同じことをする必要はないと思います(勿論時間がある時は有益な正しい情報はたくさん集めるようにして下さい)。
 
私たち家族が色々時間をかけて得た情報や知識、試行錯誤してきた事をこのホームページに整理して記しておきますので、皆様には無駄な時間を掛けずに最短で正しい方向へ向かって頂ければと願っています。私の父の末期癌完治事例や私たち家族の経験を、ひとつの道、ひとつの考え方、ひとつの事例として参考にして頂けましたら幸いです。
 

必要なのは「希望と勇気と正しい知識」

 
まず、患者さんは勿論、ご家族様に治るという「希望」がなければ、治るものも治らなくなってしまいます。私たち家族は父の病状も余命も全てを告知されていましたが、私の父だけは主治医から全ての告知をされていなかった事もあり、最初の頃の父は勝手に「ちょこちょこと腫れている部分を切ったら治る」みたいに思っていたようで、「余命が何か月」とか「声と舌を失う」とかと言われているとは全く想像すらしていませんでした。
 
しかしこれが良いように働き、父は治療が暫く進むまでは大きなストレスを抱えることなく、すぐに治ると希望を持てていました。私たち家族は大学病院を信じるのみで、さすがに「希望」と言えるほどのものは何も持っていませんでしたが、しかしその時は「絶対に諦めない」という「覚悟」はしっかりと持っていました。
 
そして可能な限り勉強をして「知識」を身に着ける努力は必要だと思います。正しい知識があれば正しい判断が出来るようになります。正しい判断が出来るようになると、正しい情報に巡り合えるようになります。正しい情報がどれなのかを見極める力はとても大切です。ホームページひとつをとっても、正しい情報だけを記しているものもあれば、意図的に嘘が書かれていたり情報が歪められているものもあります。正しい情報と出会うことが出来れば、どの方向へ向かうべきなのかが自然と見えて来ると思います。その情報が納得出来る正しい情報であるなら、あとはその道を簡単には諦めずに突き進む「勇気」を持って下さい。
 
私たち家族はこの「希望」「諦めない勇気(覚悟)」「正しい情報」があったように思います。
 

この世に「奇跡」はなく、何事も「必然」なのかも知れない

 
「希望」「勇気」「知識」を持って突き進んだ結果、私の父は通常絶対に必要だと言われている手術も一切必要とすることなく、わずか約4ヶ月という驚異的な短期間で無事がん細胞を完全消滅(克服)させ、入院から半年で退院し社会復帰を成し遂げました。
 

これを「たまたまの奇跡」だと言われる方もおられますが、私は末期癌になってしまった父に足りないモノや必要なモノを見つけ出して補うことを中心に行い、理論的に癌が棲み難い身体に戻す努力をしたつもりですので、私の中では「たまたまの奇跡」ではなく「必然」な出来事なんだと思っています。
 
その奇跡的に見える「必然」に導くためには、本当に正しい情報が必要です。
 
父の闘病時は癌治療に関するインターネットの情報はまだまだ少ない時でしたので、情報収集にも限界がありました。その時と比べ現在はインターネットという素晴らしい情報源があるので、癌に関連するいろいろな情報も入手し易くなりました。
 
しかし一方で現在は、患者や家族の希望を奪い、絶望させるだけの情報や嘘の情報を掲載している存在意味の全くないサイトも数多く存在し、情報が多すぎて何を信じ選択すべきかが分からなくなる、という状況にもなっています。
 
そして西洋医学だけが医学であり医療であると信じて疑わない医師のみならず、ネットは匿名世界という事もあり、知識も経験もないのに知ったかぶりでコメントしたり、大した根拠もないにも関わらず何でも頭から否定する人たちがネット上には多くいるため、そういう人たちからの間違った意見や情報で、何が何だか分からなくなります。
 
そのせいで、本当は正しい情報なのにスルーしてしまったり、逆に全く無意味な情報なのに藁をも掴む心境で冷静さを失って信じてしまい悪徳な業者に騙されてしまったりと、本物の情報・正しい情報に辿り着くことが大変難しくなっています。
 
何が本物の情報なのか、必要としている情報はどれなのか、それをご自身で取捨選択出来るようになって、信じれる情報・正しい情報のみを整理して治療に取り入れるようにして下さい。
 
私のサイトでは事実のみを記し、本当に参考にして頂ける内容にすることだけを常々目指しています。父の闘病記以外に「癌のメカニズム」「免疫システム」「代表的な癌の部位別・臓器別情報」、そして「現代医療(西洋医学)の実態」や「有効な代替療法(癌に効くと言われている代替療法や本物の機能性素材)」について私が随時調べて、がん治療をこれから行うに当たって必要だと思われる情報を、信頼できる国立がんセンターのサイトや書籍などから集め、分かり易く整理して掲載してあるつもりです。 
 

末期癌克服に必要な情報とは? 

  • なぜ人は癌や難病になるのか? 
  • 癌細胞や免疫細胞のメカニズムはどうなっているのか?
  • 現在の病状はどの程度進んでいるのか?末期がんの症状は?検査方法は?診断方法は?標準的治療法は?
    (癌の部位別・臓器別における詳細情報~検査方法/症状/病期・ステージ判断/治療法など~)
  • 病院治療(西洋医学)だけで癌は治せるのか?
  • 現在の病院治療(西洋医学)の限界と問題点は何か?
  • 病院治療の限界・問題点 (副作用)などの弱点を補う方法はないのか?
  • 病気になる原因は何?
  • 健康を取り戻すために必要なものは?体に良いものは何?
  • 非常に免疫力を低下させるストレスとは
  • 情報が氾濫する代替療法や機能性素材・・・どれが本物なのか?
  • 末期がんから生還した人はどのようにして癌を克服し生還したのか?


今まで胃がん、大腸がん、肺がん、食道がん、肝臓がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、膀胱がん、悪性リンパ腫など、様々な部位の末期癌の方々が私の父の末期がん克服プロセスを参考にしながら、勇気と希望を持って闘い、そして見事に完治・改善されています。
 
例え末期癌であっても諦めずに正しい方向へ向かう努力を続ければ、改善・完治の可能性は飛躍的に高まります。上にも書きましたが、癌が完治・改善することも含め、何事も「奇跡」などということではなく「必然」なことの結果だと私は思っています。私の父も癌と闘うプロセスにおいて正しい方向へ進み続けた結果、「必然的に」末期癌が消滅したのだと私は思っています。
 
私のサイトで、現代医療(西洋医学)の限界と問題点などを理解し、100%病院任せ・医者任せの治療から脱却し、どうすれば癌が棲み難い身体になるのか、どうすれば癌が縮小していくのか、どうやって病院治療の副作用から身体を守りながら癌と闘っていくべきなのか・・・癌の部位は様々だと思いますが、どの部位の癌であっても癌細胞自体のメカニズムは同じですし、免疫システムも誰でも同じように持っています。
 
私の父の癌との闘い方が全てだと言うつもりは全くありませんし、相手が癌である以上、私の父と同じことをすれば全く同じ結果が得られるという単純な話ではないかも知れませんが、しかし何もしないよりも、病院だけに頼るよりも、飛躍的に改善や完治へ向かう可能性は高まるはずだと私は思います。事実、このホームページをご覧になられて、私の父と同じように病院治療だけに頼らず、免疫力強化を中心に頑張って見事完治や改善されている方が多くおられますので。

私の親友(父が闘病当時、米国カリフォルニア州立大学「UCLA」医学部留学中でした)の助けを受けながら、入院からわずか4ヶ月ほどで末期がんを完全に消滅させる事が出来た私の父の経験を通じて、皆さんの癌を効果的に叩く正しい方向性を探るヒントやきっかけになれば幸いだと思います。
 
今後も時間の許す限りさらに勉強し正しい情報を集めて更新を続け、癌治療をこれから行う方々にとって本当に役に立ち、必要な情報が私のサイトだけでほとんど揃うと皆さんに評価されるよう、引き続き頑張ろうと思っています。
 
このホームページを見られた患者の方々、そしてそのご家族の方々が癌との闘いに勇気と希望を持ち、一人でも多くの患者さまが末期がんを克服しご快復され、末永くご健康で幸せな時間を過ごせますように・・・
 


 

メールを送って頂く際の注意点

【当方にメールが送れない場合・返事が届かない場合】

私が使用しています「@liveメール」(マイクロソフト社Hotmail)においては、何故かよく送信&受信トラブルが発生するようです。特にyahooメールからお送り頂く場合、不思議な事に迷惑メールフォルダーに振り分けられる事もなく削除され、こちらに届かない可能性が非常に高いです。万が一、当方メアドに送信出来ない場合や何度か送信しているのに返事がない場合は、予備メアド宛(sgw00744@nifty.com)へもメールを送ってみて下さい。確実にメールをお送りしたい場合は、ご面倒でも下記メアド両方へお送り下さい。
 

(メイン)sarah-chan@live.jp
(予 備) sgw00744@nifty.com

 

【メールを送って下さる場合の注意点】

メールを送って下さる場合には、最低限のマナーとして、お名前(ニックネーム可です)と返信先のメールアドレスを本文中に明記下さい。
 
携帯電話からメールをお送り下さった場合に、私のPCからお返事がお送り出来ないケースが多々ありますので、本文中に必ずあなた様のPCメールアドレスを添えてメール下さい。もしくはPCからのメールが受信できるように携帯電話の迷惑メールフィルター設定を変更して下さい(最近の携帯電話・スマホはPCからのメールが受信できないように標準設定されている事が多いのでご注意下さい。受信許可ドメイン指定で「@live.jp」「@nifty.com」を受信許可にされるか、PCメール全体を受信許可として下さい)。
 
尚、確実にPCから受信できる携帯電話・スマホのメールアドレスであれば、メール文中に添えて頂くメールアドレスは携帯メールアドレスのみでも結構です。
 
※※ 返信できない携帯メールアドレス例 ※※
 1. @の直前にピリオドがある場合 → abc123.@docomo.xx.jp
 2. @の前にピリオドが2つ以上連続する場合 → a..bc123@ezweb.xx.jp
 
※上記のケースは全て、メールアドレスの国際ルールに沿っていないためPCから一切お返事が送信出来ません。私はPCよりお返事を致します。よって、上記のようなメアドの場合はメールが送信出来ず、お返事をすることが出来ないことになりますので予めご了承下さい。
 
初めて頂戴しましたメール(1通目メール)には、返事の到着を急いでおられると思いますので基本的に2-3日以内にお返事をさせて頂いています(限られた時間で返信を行っているため、当日に返信できない事があります。また、2通目以降のメールは頑張って順次返信させて頂いていますが、かなりのメールが貯まっている状況で、現在返信にかなりの時間がかかっています。ご了承下さい・・・。緊急の内容は優先して返信するよう心掛けていますが遅れる場合があります。1通目のメールであるにも関わらず、2-3日以上経過しても私から返事がない場合は、文字化けやこちらにメールが届いていない、またはこちらからお返事をお送りしても配信不能で戻ってくる、受信側メアドに問題(国際ルールに沿っていないなど)があり送信出来ない・・・等が考えられますので、その場合はお手数ですがメール本文中に確実に受信可能なメールアドレスを明記した上でメールを再送信頂くか、または別のPC環境・別メールアドレスから再送信下さい。
 


 

当ホームページをリンクして下さる場合

当ホームページはリンクフリーですが、相互リンクさせて頂きますのでリンクされる場合は出来ればご一報下さい。すでに当ホームページをリンクして下さっているサイト様は、適宜こちらもリンクさせて頂きます。宜しくお願い致します。
 

 

その他

免疫賦活物質A.M.Dについて

 
癌を調べているうちに「癌を治すためには免疫力を高める必要性がある」という事を書籍などで学び、免疫療法先進国であるアメリカへ目を向けた私は、当時UCLA医学部(米国カリフォルニア州立大学医学部/PhysiologicalScience)に留学中だった親友に相談をし、アメリカで主に病医院・ドクターが癌の代替医療で使用しているという免疫強化賦活物質「A.M.Dの存在を調べ紹介してくれました。
 
2017年現在、この癌代替医療で使用される病医院・ドクター向けの「The Latest version of Arabinoxylane for Medical Doctors(以下、T.L.A.M.D.と略)」とは一体何なのかも、皆さんからご質問が一番多い内容ですのでご参考程度ですが簡単に説明を記しておきます。私の父が実際に使用した経験をもとに、癌治療補助の強力なアイテムのひとつとしてご参考になればと思います。
 

サイトリニューアルについて

スマホや携帯電話など画面の小さなモバイル機器でも正しく表示できるように、2017年春にサイトリニューアル致しました。

それに伴いサイト名も「難病・末期癌からの生還」から「末期癌克服への架け橋」と変更致しました。私の父のように末期癌克服を目指し、現在そしてこれから末期癌と闘わなければならない患者様やそのご家族様へ、希望や勇気、そして情報を持って頂くための架け橋となれるホームページを目指して、このような名称に変更致しました。