末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | なぜ父の末期ガンは僅か4か月で消えて完治したのか?

余命3か月の末期癌を僅か4カ月で克服出来た理由とは

免疫力を高めれば、末期癌でも治る可能性が高まる
~あとがき~
 
免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・区切り線
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
末期癌を治せた理由を紐解く

 
末期癌と宣告されても完治するまで諦めない

末期癌克服への懸け橋

末期癌・余命3か月の宣告を受けて即緊急入院となった私の父を、家族の立場で支えた経験をもとに、当時私が何をどのように考えてどう判断したかをここでは「あとがき」として整理して記したいと思います。
 
父の精密検査の結果は、中咽頭がん末期+舌部末期がん+リンパ節転移あり(他臓器への全身転移の疑いあり)。さらに悪性度の高い癌細胞であるとの診断でした。末期癌特有の違和感や症状、痛みもあり、完全なステージ4の末期癌で進行も早く非常に最悪な状況とのこと。病院での治療説明では、抗がん剤、放射線治療、そして早急に声帯と舌を切除する10時間を軽く超える大規模な手術まで必要だという説明が主治医からありました。ただ、そこまでの病院ガン治療を行っても5年生存率は数パーセントしかなく、実質「延命しか出来ない」という主治医の絶望的な診断に家族はただただ愕然とするだけでした。
 

しかし私たち家族はこのまま余命宣告通り3か月で父を見送ることなど出来るはずもなく、最後まで諦めずに真っ向から末期癌と闘う事をまずは家族全員で確認し気持ちを一つにする事からスタートしました。

 
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
末期癌の痛みなどの症状を改善し、さらに完全完治へと導くために 

 

末期がん完治へ導くために
父が突然末期癌と診断され、私は次のような事をまずは調べなければならないと思い、自分なりにいろいろと調べ始めました。また末期癌患者を持つ家族として、患者が前向きになるように色々と考えないといけないなとも同時に考えました。「病は気から」ですから、やはり患者が末期癌を克服出来るという具体的イメージを持ち、がん治療に対して前向きな気持ちになる必要はあるのだと思います。

 

    • 一般にまだまだ不治の病というイメージが強い末期癌。末期癌と診断・宣告されたら、やはり覚悟を決めてもう諦めるしかないのか?
    • すでに末期癌特有の違和感、痛み、症状がある父。病院(西洋医学)では一般的にどのように末期癌治療が進められていくのか?
    • 西洋医学は非常に素晴らしい医療だと思いますが、末期癌の場合、西洋医学だけを完全に信じて頼って本当に大丈夫なのか?「最後には信じていた主治医から匙を投げられた」という話をよく耳にしますが・・・。
    • 病院の末期癌治療では、どこまでが限界で、どんな点が問題なのか?
    • 末期癌は下手に治療をするより「何もしない」方が長生き出来るというのは本当なのか?
    • 末期癌と闘うなんて無謀な事はせず、さっさと諦めて残された時間を人間らしく過ごせるようにするのが正しい選択なのか?
    • 調べれば末期癌でも治るケースはあるようだけど、治るのはやはり特別な治療を受けられる人だけだったり、特殊な条件が重なったケースなのか?
    • 医療先進国アメリカや欧州で進んでいると言われる末期ガン代替医療や免疫療法、色々な種類がある中で、末期癌に対して本当に効果が見込める治療法はあるのか?
    • 末期ガン治療においても非常に大切だと言われる「免疫力を高めること」。では本当に「免疫力」で末期癌を完治させることは可能なのか?
    • その「免疫力を高める」具体的方法、我が家もトライできるものは実際にあるのか?
    • 末期癌は生活習慣病のひとつだと言われているけれど、どのように生活習慣を改めれば良いのか?末期癌患者に必要な食事は?運動は?睡眠は?ストレス管理は?
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
末期癌患者を支える家族の役割りは大きい

 

末期ガンから生還するための家族の役目
また末期癌患者を支える家族としては、
 

    • 末期癌患者を持った家族は、患者とどのように接するべきなのか?今まで通り?それとも心配している事を分かって貰えるように接する?逆にあまり心配していないように接する方が良い?
    • どうすれば末期癌患者自身が抱える不安や恐怖を排除することができるのか?
    • どうすれば末期癌患者は完治をイメージでき、希望や勇気を持つようになれるのか?
    • 家族はどのようにして病院治療以外の情報を集め、その情報をどう判断して取捨選択すれば良いのか?
    • 病院治療以外で末期癌症状を改善させたり治す方向へ導けるものを見つけられたとして、それを患者本人が自発的に取り入れようとするためには、家族はどうすれば良いのだろうか?患者が嫌がっても無理矢理取り入れるべきなのか?

 
などなど、家族としてどうすべきかも一生懸命考えました。告知の仕方一つで末期癌患者を絶望にさせますし、家族など周りが希望を持てるような状況を作り出してあげる事で末期癌患者は前向きな気持ちになり、完治する気にもなるはずですから。末期癌を治した私の父のこの闘病記には、そんな好循環サイクルに入るためのヒントがどこかにあるかも知れません。
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
主治医が教えてくれない末期癌克服に必要な事とは

 

末期癌克服に必要な事とは
医者は人間の体の事を知り尽くしたスペシャリストですから、治療を進めるに当たって患者の体力や免疫力など身体全体の生命力や状態が非常に大切であることは誰よりもよく分かっておられます。なので、末期癌患者には残された時間が少ないですから、短期間で具体的に何をどうすれば免疫力が高まり、生命力や身体の状態を改善出来るのか、そういう事をスペシャリストとしての豊富な知識や経験で素早く教えてもらえるものと私たち家族は期待をしました。地球温暖化と同じく、デッドラインを超えてしまってはもう元に戻れないかも知れないですから、とにかく少しでも早くに。
 
しかし残念ながら幾ら父の主治医に相談したり聞いたりしても、結果的には病院の治療法以外の事は何も教えては貰えませんでした。逆に、病院治療(西洋医学)以外の事にはかなり否定的なのが現実でした。
 
私が当時具体的に知りたかった事は「免疫力を高めること」「食事&水の改善」「生活改善」「腸内環境改善」「体力向上」「ストレスコントロール」などです。これらを病院治療と並行して、可能な限り高いレベルで改善していく必要があると考えたからです。
 
現在癌と闘っておられる患者さんの多くが病院でのガン治療(抗がん剤、放射線、手術など)をメインに受けられていると思います。もしくは、病院でのガン治療を一通り終わられて、それでも引き続き癌と闘わないといけない状況にあるのだと思います。病院でのガン治療は、本当に患者さんの体力や免疫力などに非常に大きなダメージを与えます。そのダメージを最小限に抑える事は勿論、病院でのガン治療でダメージを受けた身体を可能な限り早く修復する事が、癌細胞と闘う上でとても大切で、それにどれだけ取り組んだかどうかで病院でのガン治療の結果やその後の経過にも大きく変わるのだと、当時父と病室が同じだった他の末期がん患者さんを見ていてそう私は感じました。現在病院でのガン治療を受けられている方やこれから病院でのガン治療を受けられる方は勿論、病院でのガン治療を一通り終わられた方も、是非とも父と同じように病院でのガン治療に耐えられるように体質改善され、そして病院でのガン治療でダメージを受けた身体の修復を素早く出来るように対策をして下さい。
 
父の闘病を通じて、病院でのガン治療から身を守るためにも末期がんと真っ向から闘うためにも、免疫力を高めることや体力の維持向上など、生命力や自然治癒力を高める事は絶対に必要不可欠だと私は感じました。アメリカUCLA医学部留学中の親友もとても重要な要素であると教えてくれたので、私なりに本当に色々と調べました。その調べたこともこのホームページに詳細を記しておきますので、ご参考にして頂けたらと思います。
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
免疫賦活物質による免疫力を高めることを実践

 
免疫療法で免疫力を高めて末期癌を克服
アメリカでは末期癌だけではなく難病ですら免疫力を高めることで治る可能性があるとの最新の研究データがあると知った私たち家族は、特に「免疫力を高める事」に注力し病院でのガン治療と並行しつつ独自に免疫療法による免疫力アップを積極的に行いました。父にはあれもこれもと試す時間的余裕がなかったので、一点集中でとにかく科学的根拠に基づいた確実なデータがあり、アメリカUCLA内の医科大学で研究されている最新最強の免疫賦活物質による免疫療法を実践することにしました。
 

免疫力を最大限に高めるために、食事や水の改善、適度な運動、ストレスコントロールなどについても徹底的にどうするのが正しいのか調べた上で父に必要だと思われるものを取り入れ、それらを総合的に高いレベルで実践するようにしました。

 

父が末期癌の宣告を受け、末期癌を克服するまでの父と家族のストーリーと共に、父が癌に対しての攻撃力と病院でのガン治療から身を守るための防御力など「生命力」「自然治癒力」を高めるために実践したアメリカUCLA研究の免疫療法などについての詳細が少しでも参考になれば幸いです。また、父を末期癌から救い生還させるために私たち家族が必死で勉強し集めた癌に関連する様々な情報や、末期癌完治に向けて必要な代替医療・統合医療などに関する様々な最新情報も当サイトにまとめてあります。癌細胞のメカニズム、免疫細胞の種類と働き、西洋医学によるガン治療の限界と問題点、癌の部位別西洋医学標準的ガン治療について(症状、ステージ判断、余命、5年生存率、標準的治療法の説明)、生活習慣による癌を招く原因にはどんなものがあるか、健康を維持するために必要なもの、食養生(食事の改善)などなど、国立がん研究センター発表のデータや各種書籍に記載の情報を自分なりに整理してまとめました。是非ご参考になればと思います。

 

末期がん克服9か条
末期癌克服の9か条

 
末期がん克服の9か条~ケリー・ターナー博士
腫瘍内科学領域研究者のケリー・ターナー博士の分析によると、末期癌を克服するには癌患者自身が以下の9項目を満たす必要があると書籍に記しています。
 
  1. 抜本的に食事を変える(父:入院で病院食となり、嫌でもバランスの取れた食事になった)
  2. 治療法は自分で決める(父:父の性格上、何事も指図されるのは嫌うので自然と自発的になるよう上手く仕向けて行った)
  3. 直観に従う(父:良いと思ったら信じるタイプだった)
  4. ハーブとサプリメントの力を借りる(父:主治医より家族の事を信じ、病院薬では得られない効果や作用があると信じて、家族が独自に用意した免疫賦活物質などの服用を続けた)
  5. 抑圧された感情を解き放つ(父:家族が必死になって父のストレス排除に努力した)
  6. より前向きに生きる(父:「病は気から」なので私たち家族は「治る」とイメージをさせ信じ込ませた)
  7. 周囲の人の支えを受け入れる(父:父は人一倍家族思いだったので、大切な家族からの愛を感じて受け入れる事をしていた)
  8. 自分の魂と深くつながる(父:神様やご先祖様のご加護を人一倍信じるタイプだった)
  9. 「どうしても生きたい理由」を持つ(父:娘の結婚式スピーチをするためには「声」を失うわけにはいかなかった)
 
このターナー博士の書籍は父が末期癌完治後に書かれたものですが、私の父もこれら9項目のことをほぼ徹底出来ていたことは偶然ではないと思います。
 

父の末期がん克服はたまたまの奇跡ではない
たまたまの奇跡で父の末期癌は完治したわけではない

 
末期がん完治はたまたまの奇跡ではない
これら父の経験をもとに、悪性リンパ腫だった私の同級生も父と同じ免疫療法を治療に取り入れて無事に完治して生還を果たしました。さらにこのサイトをご覧になり私の父と同じ方法による免疫療法で末期癌と闘い、無事に生還された多くの方々の完治ストーリーも掲載しておきます。
 
私の父が「たまたまの奇跡」で末期癌を完治出来たのではない事を知って頂いて、ご覧になられた方の希望や勇気、ご参考になれば幸いです。

 

※このページから入って来られた方は、是非 「末期癌完治の奇跡~末期癌からの生還~」トップページからご覧下さい。

 

末期癌克服への懸け橋・区切り線

感謝

 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
Mandooh Ghoneum, PhD.(マンドゥ・ゴーナム博士)

アメリカ・カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校医学部 UCLA/DREW医科大学免疫学教授

※1950年、エジプト生まれ。エジプトMansoura大学で理学部修士を取得、東京大学理学部博士課程に入り、理学博士号取得。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で医学部ポストドクターをへて、同大医学部解剖学、神経生物学教授。UCLA/DREW医科大学免疫学教授でもある。臨床免疫学会会員、放射線研究学会会員、自然免疫学会会員。ナチュラルキラー細胞とがん、ストレス、老化等の関係における研究に関しては、国際的に認められており、150以上の論文を発表している。国際産業医学、免疫学、毒物学会誌の編集委員会の委員として選ばれた。 1993年にアメリカ栄養大学がん治療センターからがん研究におけるすぐれた業績により表彰された。また、国際的ながん・エイズの臨床試験のチーム研究主任として積極的に研究を行っている。特にチェルノブイリの原発問題に対して、ロシアから要請があり、研究に従事している。
 
当時はお忙しい中、UCLA医学部留学中だった親友の突然のアポイントメントに快く応じて下さり、さらに私からの色々な質問に対して親切・親身になってお答え下さり、本当に本当に有難う御座いました。ゴーナム博士のお言葉が無ければ、免疫療法などの代替医療や免疫細胞のパワーをあの時にどこまで本気で信じれたか分からないです。適切なアドバイスを頂き、ゴーナム博士のお陰で免疫療法や免疫力の凄さを信じることができ、結果的に父は無事に生還出来たのだと思っています。心から感謝致します。
 
※ゴーナム博士と日本で初めてお会いした時に頂いたサイン入り書籍は、今でも感謝の気持ちと共に大切に保管してあります。
 

マンドゥ・ゴーナム博士直筆サイン
マンドゥ・ゴーナム博士プロフィール
 
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
月刊がん・もっといい日

 

月刊がん「もっといい日」

月刊がん「もっといい日」

”わたしのおすすめホームページ”のコーナーで、「末期癌と言われても決してあきらめないで」という力強いメッセージを発信しているサイトとして、「月刊がん・もっといい日」で紹介・掲載されました。

この「月刊がん・もっといい日」は一般書店では販売されていない(年間購読のみ)癌情報に特化した月刊誌で、最新治療をはじめ、患者さんのケア・食事法など、多岐にわたり癌患者さんとその家族様への情報が満載です。病院やクリニックの待合室などによく置かれていますので、また機会があればご覧下さいませ。

この場をお借りしまして、月刊がん編集部の方々へ心より御礼申し上げます。当ホームページを取り上げて下さり、本当にありがとう御座いました。
 
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
ヤフージャパン

 

Yahoo!JAPANロゴ
当ホームページは、ヤフージャパンのカテゴリへ正式に登録されている「登録個人サイト」です。ヤフーの「登録個人サイト」は、Google等のロボット検索による登録ではなく、登録申請後ヤフー担当者が全てのページをチェックし、工事中ページの有無から社会的に存在する意味がある信頼性の高い内容のホームページかどうかまでを判断して登録するかどうかを決められているそうです。厳しい審査のため、登録申請しても1/3~1/5程度しか審査通過できないようです(ビジネス用途のサイト登録は費用を支払えば、個人サイトと比べると簡単に登録出来るそうです)。そのような中、当ホームページを「登録個人サイト」へ登録して頂けましたことを、ヤフー殿にはこの場をお借りして御礼申し上げます 。
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
朝日放送番組「ターニングポイント」

 

TV番組「ターニングポイント」
『ターニングポイント』(Turning Point)は、テレビ朝日系列で放送されていたバラエティ番組。朝日放送とテレビマンユニオンの共同制作。

撮影に来られたディレクターさんや撮影スタッフさんは、わざわざ東京から大阪まで重い機材をお持ち下さり、時間をかけて遠方より足を運んで頂き、本当にお疲れ様でした。そして何より、ディレクターさんが「余命宣告をされた末期癌でも免疫療法で免疫力を高めれる事が出来れば完治する可能性のある事実を、私たちメディアは一人でも多くの方に知らせる事は使命だと思います。一人でも多くの癌患者さんに希望を持って頂いて、一人でも多くの癌患者さんが救われる事を願っています。そのために最高のVTRを撮影出来たと思います!」と言われていた事にプロ意識を感じました。

朝日放送殿とテレビマンユニオン殿が私の父の奇跡的な末期癌克服を取り上げて下さり、多くの癌と闘っておられる方々に観て頂けることで、間違いなく皆さんの勇気と希望となっていると思います。朝日放送殿とテレビマンユニオン殿に心から御礼申し上げます。
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
月刊 経営塾

 
経済情報誌として一流の月刊誌で、知らない人はいない「月刊 経営塾」。敷居の高いそんな素晴らしい月刊誌「経営塾」に私の父の闘病記を取り上げて下さり、本当に有難う御座いました。編集部の方がインターネットでたまたま当サイトを見つけて下さり「末期癌でもあきらめない事が大切だと多くの人に知ってもらいたい」「末期癌で闘病中の多くの方に希望と勇気を与えるから是非とも父の末期癌完治闘病記を紹介したい」として取り上げて下さいました。取材時は家族全員緊張していてあまりお礼を言えなかったですが、家族一同心から感謝しています。有難う御座いました。
 
月刊経営塾表紙
月刊経営塾3
月刊経営塾2
月刊経営塾1

 
免疫療法による末期癌からの奇跡の生還区切り線

  

末期がんでも完治した父の物語
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
末期癌を治せた理由を紐解く

 
末期癌・余命3か月の宣告を受けて即緊急入院となった私の父を、家族の立場で支えた経験をもとに、当時私が何をどのように考えてどう判断したかをここでは「あとがき」として整理して記したいと思います。
 
父の精密検査の結果は、中咽頭がん末期+舌部末期がん+リンパ節転移あり(他臓器への全身転移の疑いあり)。さらに悪性度の高い癌細胞であるとの診断でした。末期癌特有の違和感や症状、痛みもあり、完全なステージ4の末期癌で進行も早く非常に最悪な状況とのこと。病院での治療説明では、抗がん剤、放射線治療、そして早急に声帯と舌を切除する10時間を軽く超える大規模な手術まで必要だという説明が主治医からありました。ただ、そこまでの病院ガン治療を行っても5年生存率は数パーセントしかなく、実質「延命しか出来ない」という主治医の絶望的な診断に家族はただただ愕然とするだけでした。
 

しかし私たち家族はこのまま余命宣告通り3か月で父を見送ることなど出来るはずもなく、最後まで諦めずに真っ向から末期癌と闘う事をまずは家族全員で確認し気持ちを一つにする事からスタートしました。

 
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
末期癌の痛みなどの症状を改善し、さらに完全完治へと導くために 

 

末期がん完治へ導くために
父が突然末期癌と診断され、私は次のような事をまずは調べなければならないと思い、自分なりにいろいろと調べ始めました。また末期癌患者を持つ家族として、患者が前向きになるように色々と考えないといけないなとも同時に考えました。「病は気から」ですから、やはり患者が末期癌を克服出来るという具体的イメージを持ち、ガン治療に対して前向きな気持ちになる必要はあるのだと思います。

 

    • 一般にまだまだ不治の病というイメージが強い末期がん。末期がんと診断・宣告されたら、やはり覚悟を決めてもう諦めるしかないのか?
    • すでに末期癌特有の違和感、痛み、症状がある父。病院(西洋医学)では一般的にどのように末期ガン治療が進められていくのか?
    • 西洋医学は非常に素晴らしい医療だと思いますが、末期ガン治療の場合、西洋医学だけを完全に信じて頼って本当に大丈夫なのか?「最後には信じていた主治医から匙を投げられた」という話をよく耳にしますが・・・。
    • 病院の末期ガン治療では、どこまでが限界で、どんな点が問題なのか?
    • 末期癌は下手に治療をするより「何もしない」方が長生き出来るというのは本当なのか?
    • 末期癌と闘うなんて無謀な事はせず、さっさと諦めて残された時間を人間らしく過ごせるようにするのが正しい選択なのか?
    • 調べれば末期癌でも治るケースはあるようだけど、治るのはやはり特別な治療を受けられる特別な方だけだったり、特殊な条件が重なったケースだけなのか?
    • 医療先進国アメリカや欧州で進んでいると言われる末期ガン代替医療や免疫療法、色々な種類がある中で末期癌に対して本当に効果が見込める治療法はあるのか?
    • 末期ガン治療においても非常に大切だと言われる「免疫力を高めること」。では本当に「免疫力」で末期癌を完治させることは可能なのか?
    • その「免疫力を高める」具体的方法は実際にあるのか?
    • 末期癌は生活習慣病のひとつだと言われているけれど、どのように生活習慣を改めれば良いのか?末期ガン患者に必要な食事は?運動は?睡眠は?ストレス管理は?
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
末期癌患者を支える家族の役割りは大きい

 

末期ガンから生還するための家族の役目

また末期癌患者を支える家族としては、 

    • 末期癌患者を持った家族は、患者とどのように接するべきなのか?今まで通り?それとも心配している事を分かって貰えるように接する?逆にあまり心配していないように接する方が良いのか?
    • どうすれば末期癌患者自身が抱える不安や恐怖を排除することができるのか?
    • どうすれば末期癌患者は完治をイメージでき、希望や勇気を持つようになれるのか?
    • 家族はどのようにして病院治療以外の情報を集め、その情報をどう判断して取捨選択すれば良いのか?
    • 病院治療以外で末期癌症状を改善させたり治す方向へ導けるものを見つけられたとして、それを患者本人が自発的に取り入れようとするためには、家族はどうすれば良いのだろうか?患者が嫌がっても無理矢理取り入れるべきなのか?

 
などなど、家族としてどうすべきかも一生懸命考えました。告知の仕方一つで末期癌患者を絶望にさせますし、家族など周りが希望を持てるような状況を作り出してあげる事で末期癌患者は前向きな気持ちになり、完治する気にもなるはずですから。末期癌を完治させた私の父のこの闘病記には、そんな好循環サイクルに入るためのヒントがどこかにあるかも知れません。
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
主治医が教えてくれない末期癌克服に必要な事とは

 

末期癌克服に必要な事とは

医者は人間の体の事を知り尽くしたスペシャリストですから、治療を進めるに当たって患者の体力や免疫力など身体全体の生命力や状態が非常に大切であることは誰よりもよく分かっておられます。なので、末期癌患者には残された時間が少ないですから、短期間で具体的に何をどうすれば免疫力が高まり、生命力や身体の状態を改善出来るのか、そういう事をスペシャリストとしての豊富な知識や経験で素早く教えてもらえるものと私たち家族は期待をしました。地球温暖化と同じく、デッドラインを超えてしまってはもう元に戻れないかも知れないですから、とにかく少しでも早くに。
 
しかし残念ながら幾ら父の主治医に相談したり聞いたりしても、結果的には病院の治療法以外の事は何も教えては貰えませんでした。逆に、病院治療(西洋医学)以外の事にはかなり否定的なのが現実でした。
 
私が当時具体的に知りたかった事は「免疫力向上」「食事&水の改善」「生活改善」「腸内環境正常化」「体力向上」「ストレスコントロール」などです。これらを病院治療と並行して、可能な限り高いレベルで改善していく必要があると考えたからです。
 
現在癌と闘っておられる患者さんの多くが病院でのガン治療(抗がん剤、放射線、手術など)をメインに受けられていると思います。もしくは、病院でのガン治療を一通り終わられて、それでも引き続き癌と闘わないといけない状況にあるのだと思います。病院でのガン治療は、本当に患者さんの体力や免疫力などに非常に大きなダメージを与えます。そのダメージを最小限に抑える事は勿論、病院でのガン治療でダメージを受けた身体を可能な限り早く修復する事が、癌細胞と闘う上でとても大切で、それにどれだけ取り組んだかどうかで病院でのガン治療の結果やその後の経過にも大きく変わるのだと、当時父と病室が同じだった他の末期がん患者さんを見ていてそう私は感じました。現在病院でのガン治療を受けられている方やこれから病院でのガン治療を受けられる方は勿論、病院でのガン治療を一通り終わられた方も、是非とも父と同じように病院でのガン治療に耐えられるように体質改善され、そして病院でのガン治療でダメージを受けた身体の修復を素早く出来るように対策をして下さい。
 
父の闘病を通じて、病院でのガン治療から身を守るためにも末期癌と真っ向から闘うためにも、免疫力強化や体力の維持向上など、生命力や自然治癒力を高める事は絶対に必要不可欠だと私は感じました。アメリカUCLA医学部留学中の親友もとても重要な要素であると教えてくれたので、私なりに本当に色々と調べました。その調べたこともこのホームページに詳細を記しておきますので、ご参考にして頂けたらと思います。
 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還アイコン
免疫賦活物質による免疫力アップを実践

 
免疫療法で免疫力を高めて末期癌を克服
アメリカでは末期癌だけではなく難病ですら免疫力強化で治る可能性があるとの最新の研究データがあると知った私たち家族は、特に「免疫力を高める事」に注力し病院でのガン治療と並行しつつ独自に免疫療法による免疫強化を積極的に行いました。父にはあれもこれもと試す時間的余裕がなかったので、一点集中でとにかく科学的根拠に基づいた確実なデータがあり、アメリカUCLA内の医科大学で研究されている最新最強の免疫賦活物質による免疫療法を実践することにしました。
 

免疫力を最大限に高めるために、食事や水の改善、適度な運動、ストレスコントロールなどについても徹底的にどうするのが正しいのか調べた上で父に必要だと思われるものを取り入れ、それらを総合的に高いレベルで実践するようにしました。

 

父が末期癌の宣告を受け、末期癌を克服するまでの父と家族のストーリーと共に、父が癌に対しての攻撃力と病院でのがん治療から身を守るための防御力など「生命力」「自然治癒力」を高めるために実践したアメリカUCLA研究の免疫療法などについての詳細が少しでも参考になれば幸いです。また、父を末期癌から救い生還させるために私たち家族が必死で勉強し集めた癌に関連する様々な情報や、末期癌完治に向けて必要な代替医療・統合医療などに関する様々な最新情報もまとめてあります。癌細胞のメカニズム、免疫細胞の種類と働き、西洋医学によるがん治療の限界と問題点、癌の部位別西洋医学標準的ガン治療について(症状、ステージ判断、余命、5年生存率、標準的治療法の説明)、生活習慣による癌を招く原因にはどんなものがあるか、健康を維持するために必要なもの、食養生(食事の改善)などなど、国立がん研究センター発表のデータや各種書籍に記載の情報を自分なりに整理してまとめました。是非ご参考になればと思います。

 

末期がん克服9か条
末期癌克服の9か条

 
末期がん克服の9か条~ケリー・ターナー博士
腫瘍内科学領域研究者のケリー・ターナー博士の分析によると、末期癌を克服するには癌患者自身が以下の9項目を満たす必要があると書籍に記しています。
 
  1. 抜本的に食事を変える(父:入院で病院食となり、嫌でもバランスの取れた食事になった)
  2. 治療法は自分で決める(父:父の性格上、何事も指図されるのは嫌うので自然と自発的になるよう上手く仕向けて行った)
  3. 直観に従う(父:良いと思ったら信じるタイプだった)
  4. ハーブとサプリメントの力を借りる(父:主治医より家族の事を信じ、病院薬では得られない効果や作用があると信じて、家族が独自に用意した免疫賦活物質などの服用を続けた)
  5. 抑圧された感情を解き放つ(父:家族が必死になって父のストレス排除に努力した)
  6. より前向きに生きる(父:「病は気から」なので私たち家族は「治る」とイメージをさせ信じ込ませた)
  7. 周囲の人の支えを受け入れる(父:父は人一倍家族思いだったので、大切な家族からの愛を感じて受け入れる事をしていた)
  8. 自分の魂と深くつながる(父:神様やご先祖様のご加護を人一倍信じるタイプだった)
  9. 「どうしても生きたい理由」を持つ(父:娘の結婚式スピーチをするためには「声」を失うわけにはいかなかった)
 
このターナー博士の書籍は父が末期癌完治後に書かれたものですが、私の父もこれら9項目のことをほぼ徹底出来ていたことは偶然ではないと思います。
 

父の末期がん克服はたまたまの奇跡ではない
たまたまの奇跡で父の末期癌は完治したわけではない

 
末期がん完治はたまたまの奇跡ではない
これら父の経験をもとに、悪性リンパ腫だった私の同級生も父と同じ免疫療法を治療に取り入れて無事に完治して生還を果たしました。さらにこのサイトをご覧になり私の父と同じ方法による免疫療法で末期癌と闘われ、無事に生還された多くの方々の完治ストーリーも掲載しておきます。
 
私の父が「たまたまの奇跡」で完治したのではない事を知って頂いて、ご覧になられた方の希望や勇気、ご参考になれば幸いです。

 

※このページから入って来られた方は、是非 「末期癌完治の奇跡~末期癌からの生還~」トップページからご覧下さい。

 

末期癌克服への懸け橋・区切り線
 

感謝

 
末期がん完治の感謝

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
Mandooh Ghoneum, PhD.
(マンドゥ・ゴーナム博士)

アメリカ・カリフォルニア州立大学
ロサンゼルス校UCLA医学部

UCLA/DREW医科大学免疫学教授

※1950年、エジプト生まれ。エジプトMansoura大学で理学部修士を取得、東京大学理学部博士課程に入り、理学博士号取得。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で医学部ポストドクターをへて、同大医学部解剖学、神経生物学教授。UCLA/DREW医科大学免疫学教授でもある。臨床免疫学会会員、放射線研究学会会員、自然免疫学会会員。ナチュラルキラー細胞とがん、ストレス、老化等の関係における研究に関しては、国際的に認められており、150以上の論文を発表している。国際産業医学、免疫学、毒物学会誌の編集委員会の委員として選ばれた。 1993年にアメリカ栄養大学がん治療センターからがん研究におけるすぐれた業績により表彰された。また、国際的ながん・エイズの臨床試験のチーム研究主任として積極的に研究を行っている。特にチェルノブイリの原発問題に対して、ロシアから要請があり、研究に従事している。
 
当時はお忙しい中、UCLA医学部留学中だった親友の突然のアポイントメントに快く応じて下さり、さらに私からの色々な質問に対して親切・親身になってお答え下さり、本当に本当に有難う御座いました。ゴーナム博士のお言葉が無ければ、代替医療や免疫療法、免疫細胞のパワーをあの時にどこまで本気で信じれたか分からないです。適切なアドバイスを頂き、ゴーナム博士のお陰で免疫療法や免疫力の凄さを信じることができ、結果的に父は無事に末期がんから生還出来たのだと思っています。心から感謝致します。
 
※ゴーナム博士と日本で初めてお会いした時に頂いたサイン入り書籍は、今でも感謝の気持ちと共に大切に保管してあります。
 

マンドゥ・ゴーナム博士直筆サイン
マンドゥ・ゴーナム博士プロフィール

 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
月刊がん・もっといい日

 

月刊がん「もっといい日」

月刊がん「もっといい日」

”わたしのおすすめホームページ”のコーナーで、「末期癌と言われても決してあきらめないで」という力強いメッセージを発信しているサイトとして、「月刊がん・もっといい日」で紹介・掲載されました。

この「月刊がん・もっといい日」は一般書店では販売されていない(年間購読のみ)癌情報に特化した月刊誌で、最新治療をはじめ、患者さんのケア・食事法など、多岐にわたり癌患者さんとその家族様への情報が満載です。病院やクリニックの待合室などによく置かれていますので、また機会があればご覧下さいませ。

この場をお借りしまして、月刊がん編集部の方々へ心より御礼申し上げます。当ホームページを取り上げて下さり、本当にありがとう御座いました。
 
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
ヤフージャパン

 

Yahoo!JAPANロゴ

当ホームページは、ヤフージャパンのカテゴリへ正式に登録されている「登録個人サイト」です。ヤフーの「登録個人サイト」は、Google等のロボット検索による登録ではなく、登録申請後ヤフー担当者が全てのページをチェックし、工事中ページの有無から社会的に存在する意味がある信頼性の高い内容のホームページかどうかまでを判断して登録するかどうかを決められているそうです。厳しい審査のため、登録申請しても1/3~1/5程度しか審査通過できないようです(ビジネス用途のサイト登録は費用を支払えば、個人サイトと比べると簡単に登録出来るそうです)。そのような中、当ホームページを「登録個人サイト」へ登録して頂けましたことを、ヤフー殿にはこの場をお借りして御礼申し上げます 。
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
朝日放送番組
「ターニングポイント」

 

TV番組「ターニングポイント」

『ターニングポイント』(Turning Point)は、テレビ朝日系列で放送されていたバラエティ番組。朝日放送とテレビマンユニオンの共同制作。

撮影に来られたディレクターさんや撮影スタッフさんは、わざわざ東京から大阪まで重い機材をお持ち下さり、時間をかけて遠方より足を運んで頂き、本当にお疲れ様でした。そして何より、ディレクターさんが「余命宣告をされた末期がんでも免疫療法で免疫力を高める事が出来れば完治する可能性のある事実を、私たちメディアは一人でも多くの方に知らせる事は使命だと思います。一人でも多くの癌患者さんに希望を持って頂いて、一人でも多くの癌患者さんが救われる事を願っています。そのために最高のVTRを撮影出来たと思います!」と言われていた事にプロ意識を感じました。

朝日放送殿とテレビマンユニオン殿が私の父の奇跡的な末期がん克服を取り上げて下さり、多くの末期がんと闘っておられる方々に観て頂けることで、間違いなく皆さんの勇気と希望となっていると思います。朝日放送殿とテレビマンユニオン殿に心から御礼申し上げます。
 


 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還・大見出
月刊「経営塾」

月刊経営塾表紙

経済情報誌として一流の月刊誌で、知らない人はいない「月刊 経営塾」。敷居の高いそんな素晴らしい月刊誌「経営塾」に私の父の闘病記を取り上げて下さり、本当に有難う御座いました。編集部の方がインターネットでたまたま当サイトを見つけて下さり「末期がんでもあきらめない事が大切だと多くの人に知ってもらいたい」「末期がんで闘病中の多くの方に希望と勇気を与えるから是非とも父の末期がん完治闘病記を紹介したい」として取り上げて下さいました。取材時は家族全員緊張していてあまりお礼を言えなかったですが、家族一同心から感謝しています。有難う御座いました。
 

月刊経営塾1

月刊経営塾2

月刊経営塾3

 

免疫療法による末期癌からの奇跡の生還区切り線

  

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |