末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | 医療機関向け免疫賦活物質(免疫療法)資料室 | 免疫力アップによる前立腺がん完治生還症例

前立腺がんに対する免疫賦活物質Arabinoxylaneの効果

末期癌完治奇跡のプロセス区切り線

 

前立腺がん完治症例

 
 
アメリカでは、毎年16万5000人が前立腺がんに罹患し、そのうち65才以上の男性が1/4を占めています。また、3万5000人の患者さんが前立腺がんで死亡しているというとても恐ろしいがんです。
 
前立腺がんの治療は、体内でのテストステロン(男性ホルモン)の産生を低下させるホルモン療法が主ですが、副作用としてインポテンツが起こるおそれがあります。
 
すべての男性が早いうちにPSA(前立腺がんの腫瘍マーカー)一次検診を受け、がんが発見されたら、併用ホルモン療法(CHT=ユーレキシンとリューブロンを投与してテストステロンの産生を減らし、がん増殖のエネルギーを排除する方法)とArabinoxylaneの服用を2~3ヵ月つづければ、期待できる効果が得られるでしょう。
 


 

症例1◆60才の男性 前立腺がん ホルモン療法

 
この患者さんには、1995年2月にUCLA/DREW医科大学の医療ビルのエレベーターで偶然再会しました。いろいろ話しているうちに、彼は前立腺がんで治療中ということでした。
 
担当医師の説明では、中等度の動脈狭窄があるため、もし手術をした場合には、患者にとって心身ともにとても大きな負担となるということでした。彼は手術を躊躇していました。手術以外では放射線療法がありますが、長期的な結果はあまりよくなく、85%の症例で通常10年以内にがんが再発していることを彼は知っていました。
 
私は彼に、研究中であったArabinoxylaneについて説明し、4~10月の約6ヵ月間、フルタミドとルプロンの併用ホルモン療法にArabinoxylaneを服用することをすすめました。これは、テストステロンの産生を減少させ、前立腺内でがんに供給されるエネルギーを除去するためです。
 
Arabinoxylane投与中は、PSAおよびNK細胞の免疫機能を追跡しました。そして6ヵ月目の10月、治療経過を検討するために生検(疑いのある生体組織を切りとって顕微鏡で調べる検査)を受けてもらいました。9項目の組織試料を採取したのですが、すべて陰性。彼のガンは寛解していたのです。
 
Arabinoxylaneとホルモン療法がどのように関与したかはわかりません。ホルモン療法が進行を遅らせ、Arabinoxylaneがガン細胞を排除したのかもしれません。そこで、1995年10月末にホルモン療法を中止し、Arabinoxylaneだけを現在まで継続しています。毎年、生検を受けてもらっていますが、結果はすべての項目で陰性です。
 
Arabinoxylane投与後に、高いNK細胞活性を維持したことは実に興味深いことです。
 
1996年11月に山火事で彼の家が全焼してしまうという事件が起きたときには、NK細胞活性値が突然60%から19%に低下したことがあります。ストレスがNK細胞活性を弱めたのですが、2ヵ月後にはNK細胞活性が再び正常に戻ったので一安心しました。
 


 

症例2◆69才の男性 前立腺がん・ステージC 手術

 
この患者さんはプロのテニスプレーヤーで、とても69才には見えません。前立腺がんのステージはCまたはT3Bと診断されていました。臨床検査結果は、PSA値8.5(正常値4.0以下)でした。1996年1月一D日に凍結手術を受け、射精機能を失ってしまいました。
 
彼は、1996年1月24日に私どもの研究所を訪れました。このときのNK細胞活性値は33.7%でしたので、この数値をNK細胞活性基礎値としました。
 
1996年2月15日からArabinoxylaneの投与を開始し、NK細胞活性値とPSA値を毎月検査しました。するとNK細胞活性値は44.5%と上昇しました。PSA値は2ヵ月後に0.02となり、投与後6ヵ月には0.0になったのです。
 
ある日、私の家に彼から電話がありました。自宅にまで電話してくるくらいだから、病状が急変したのかと思いましたが、なんと、性機能が回復して射精機能が正常になったと、喜んで電話をしてきたのでした。もちろんテニスプレーヤーとしても社会復帰できたということです。
 
Arabinoxylaneを投与した2年間、PSA値が0.1~0.3と非常に低いレベルを維持していることからもわかるように、再発の兆候は認められません。
 
この患者さんはとてもエネルギッシュで、年に数回旅行しているといいます。これは精神的にもとてもいいことで、PSA値を低く保つために役立っていると思います。
 
前立腺がんは、凍結手術後の再発率がとても高いことで知られていますが、このかたのケースはArabinoxylaneの投与ががんの再発を防ぎ、正常な生活への復帰に大きく貢献した好例です。
 


 

症例3◆56才の男性 前立腺がん ホルモン療法

 
このかたは、1991年に前立腺がんと診断されました。そして、数年間ルプロンによるホルモン治療をつづけ、PSA値0.01ととても低い数値になりましたので、ルプロンの投与を中止しました。そして、Arabinoxylaneの投与を始め、7ヵ月間は0.04~1.7とPSA値が低く保たれていました。
 
ところが、1995年8月に、急にPSA値が4.3に上昇したので、少量のルプロンを3ヵ月間Arabinoxylaneと併用したところ、再びPSA値が0.01になったため、ルプロンを中止しました。
 
 
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士
 
末期癌完治奇跡のプロセス区切り線