末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | 医療機関向け免疫賦活物質(免疫療法)資料室 | 多発性骨髄腫の完治改善症例

多発性骨髄腫に対する免疫賦活物質A.M.Dの効果

末期癌完治奇跡のプロセス区切り線

多発性骨髄腫完治症例

 
多発性骨髄腫は主に骨髄に浸潤する形質細胞の非制御増殖を特徴とするがんです。この病気は致死的疾患で、一般的に生存期間は診断がついてから1年前後とわずかです。化学療法を行うことにより生存期間が1年延びることもあります。
 
ここに紹介する症例は、A.M.D療法に対するストレスの影響度を示しました。
 
いずれの症例も、多発性骨髄腫の標準療法である化学療法とインターフェロン投与を行っています。ただし、ストレスに対する対処法は患者さんによって異なるので、A.M.D療法の結果も違ってくるという興味深いものです。
 


 

症例10◆56才の男性 多発性骨髄腫 放射線療法と化学療法

 
ヘビースモーカーだった56才の患者さんは10年前に禁煙し、飲酒の習慣もなく、重症疾患の既往歴もありませんでした。
 
がんと診断されたときも、すぐに仕事を辞めてできるだけストレスの原因になるものを排除するというふうに、病気に対してとても適切な対応をしました。
 
1994年10月、下部腹痛と全身虚弱などにより診察を受けたところ、多発性骨髄腫と診断されました。特に顕著な所見は、下部腰部の重篤な圧痛で、それ以外の身体所見は正常でした。
 
臨床検査データは、24時間尿のベンス・ジョーンズ・タンパク(BJP=多発性骨髄腫の腫瘍マーカー。正常値は0)値は934mg/日で、腰部X線では全身性骨減少と複数の腰椎の圧迫骨折が見られました。
 
多発性骨髄腫による重篤な腰痛があったため、腰部放射線療法(3000R)を開始、その後、化学療法を行いました。化学療法終了後、A.M.Dを1日3g投与し、その期間中は他の薬剤は使用しませんでした。
 
その結果、A.M.D投与2週間後にはNK細胞活性基礎値が20%から一気に71%に上昇し、そのまま高い数値を維持しました。
 
A.M.D投与中、血清免疫グロブリンレベルを何回も調べたところ、3種類の免疫グロブリン(IgG、IgA、IgM)はいずれも持続的に少しずつ上昇しました。
 
ある種の多発性骨髄腫で認められる単一のモノクローナル抗体(骨髄腫タンパク=Mタンパク)のピークは認められず、正常な免疫グロブリン合成が回復しました。ベンス・ジョーンズ・タンパク値は当初の934mg/日から0mg/日に低下したことも注目されます。
 
この患者さんは過去3年間、完全寛解を維持しており、現在では仕事に復帰しています。
 


 

症例11◆55才の男性 多発性骨髄腫 化学療法

 
映画会社に勤務している55才の患者さんは、1994年後半に多発性骨髄腫と診断され、化学療法とインターフェロンの投与を受けました。ベンス・ジョーンズ・タンパクは依然として高い数値を維持していました。
 
化学療法終了後にA.M.Dの投与を開始しました。NK細胞活性基礎値は22%でしたが、投与2ヵ月後には42%にまで改善しました。ベンス・ジョーンズ・タンパク値を毎月調べていましたが、A.M.D投与開始1年前は271~578mg/日で、A.M.D投与中は211~436mg/日と低下しました。
 
ペンス・ジョーンズ・タンパク値をさらに低下させなければなりませんでしたが、患者さんの仕事がきわめて多忙でストレスが多かったため、不可能でした。
 


 

症例12◆52才の男性多発性骨髄腫 化学療法

 
自営業を営む52才の患者さんは、1994年9月に多発性骨髄腫と診断されてすぐに化学療法を受けました。化学療法終了と同時にA.M.Dの投与を開始しました。この患者さんに関しては、A.M.Dに対する反応はおそかったように思えます。
 
NK細胞活性基礎値は15%でしたが、A.M.D投与2ヵ月後には32%にまで上昇、そのレベルを維持していきました。ただし、このように中程度の数値をそのまま維持しつづけたというのは、患者さんがご自分の会社の経営のために忙しく働きつづけた結果でした。私は患者さんにもっと休養し、リラックスするようにアドバイスしました。
 
私の意図することを理解してくれた患者さんはすぐに実行に移し、しばらくたってからNK細胞活性値を調べてみると、55%まで上昇していただけなく、ガンマーレベル(がん負荷)が初めて6.2から5.6に低下していたのです。
 


 

症例13◆65才の男性 多発性骨髄腫 化学療法

 
定年退職した65才の患者さんは、いつも冗談を言って笑わせたりする、とても陽気な人でした。しかし、いままでの7年間というものは、多発性骨髄腫にC型肝炎、糖尿病、高血圧症を併発し、これらの病気との闘いでした。そして、体の状態が許す限り、化学療法をつづけていました。
 
1995年1月にA.M.Dの投与を開始したときのIGG(骨髄腫の腫瘍マーカー)値は2880だったものが、1995年5月には2420、10月には2360に低下し、1996年までこのレベルを維持しました。
 
ところが、患者さんが故郷に帰り、3ヵ月間の休暇を過ごしたときはA.M.Dの服用を中止したため、IGGの数値が5000以上になってしまったのはとても興味深い現象です。
 
いつも陽気で、積極的な姿勢と強い信念を持っているこの患者さんの性格は、化学療法あるいはA.M.D療法を行っても、最高の結果が得られる下地を持っているということです。
 
 
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士
 
末期癌完治奇跡のプロセス区切り線
末期癌完治の奇跡区切り線
<父の末期癌克服に役立った武器資料室メニュー>