末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

末期癌完治奇跡のプロセス~タイトル画像小

HOME | 医療機関向け免疫賦活物質(免疫療法)資料室 | 免疫賦活物質AMDによるガン完治生還症例

症例が明らかにする免疫賦活物質Arabinoxylaneの効果

末期癌完治奇跡のプロセス区切り線

 

Arabinoxylaneの免疫調整作用および抗ガン活性

 
それでは、私たちの臨床経験から幾つかの具体的なケースを報告しましょう。
 
次に紹介するのは、「Arabinoxylaneの免疫調整作用および抗がん活性」を、前立腺がん、乳がん、血液がん(多発性骨髄腫、リンパ腫)、子宮頸がん、卵巣がん、膀胱がんなどで検討した結果です。
 
次の症例の大部分の患者さんの状態は、1995年の試験開始から1998年までの経過を示しています。がんの再発や患者さんの生存率についてさらに明らかにするために、Arabinoxylaneによる治療を始めてから3年未満の患者さんは入れてありません。
 
なお、NK細胞の活性は、K562(白血病がん細胞株)を標的として使用する「標準クロミウム放出試験(アッセイ)」により調べました。この試験では、100:―の比で患者さんの白血球100万個をK562がん細胞1万個に加え、4時間培養後、NK細胞によって死亡したがん細胞の割合を調べました。
 
方法を簡単に説明すると、まず、血液を10ml採血し、赤血球と白血球に分けます。次に、私たちの研究室で何年間にもわたって育てているがん細胞の細胞株をとり出します。これがK562です。
 
とり出したがん細胞の中にCr51(クロム51)という放射線物質を入れ、がん細胞の中に浸透させたあと、残っているCr51を洗い落とします。このようにしたがん細胞を、96の小さなくぼみがついているプレートの中に入れ、さらにその中に白血球を加えます。
 
そのプレートを、人間の体温と同じ温度に設定されている保温器に入れ、4時間後にとり出します。
 
がん細胞が死んでいれば細胞膜が破れているので、中に入れてあるCr51が外に出ているわけです。
 
そして、ガンマーカウンター(Cr51から放出されるγ線を計測する器械)でがん細胞が幾つ死んだかを数えます。
 
たとえば、最初にがん細胞が100あって、NK細胞によって20のがん細胞が破壊されたとすると、この場合には20%の活性率ということになります。あるいは、100のがん細胞のうち80が破壊されていたとすると、活性率は80%ということになります。
 
この試験方法は、世界じゅうのNK細胞学者が行っている一般的で最も正確な測定方法です。
 
この症例は、それぞれの患者の膨大なカルテ、報告書などから、皆さんにわかりやすくするためにエッセンスをまとめたもので、くわしい診療経過や詳細なデータは省略してあります。
 

 
 
 

著者:米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校
UCLA/DREW医科大学
免疫学教授 マンドゥ・ゴーナム博士
 
末期癌完治奇跡のプロセス区切り線